Windows Feed

2017年5月22日 (月)

ランサムウェアはWindows7を狙う・・・

ランサムウェア・・・
狙ったのは現時点で最もシェアの大きな
Windows7を狙ったものであることがわかってきましたね。

ムニャムニャさんからもコメントをいただきました。
ありがとうございます。

ソースはこちらのITMedeiaNews

「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ

そして、興味深い記事がアップされました。

こちらです。

「WannaCry」騒動とは何だったのか? 感染理由とその対策

この記事でここってポイントがありました。
以下はその記事からの引用です。
・・・1つ目はその出自で、このWindowsの脆弱性は米国家安全保障局(NSA)が保持しており、Microsoftには知らされていませんでした。当然ながらMicrosoftがこの脆弱性を知っていたとしたら、修正プログラムをもっと早期に出せていたはずで、この点に関してMicrosoftはNSAを非難しています。・・・

NSAが知っていた脆弱性!

これが何を意味するのか・・・。
私の興味は尽きませんが、
あれこれここで書くのはやめときましょう。

皆さんもいろいろとお考えください。

とにかく、月例のセキュリティアップデートは
面倒くさがらずに
きちんと行いましょう。

WindowsってそんなOSなのですもん。

2017年5月19日 (金)

ランサムウェアと巨大なWindowsの管理

ランサムウェア・・・WannaCryptの猛威が世界中を席巻しています。
出所はどこだ!
マスコミはかの国をあげていましたが、まだわかりません。

マイクロソフトは3月にその危険性を察知して
最新アップデートで対応していました。

今回はそのアップデートを怠っていたPC
または、その対象になっていなかったPCが感染していると思われます。

そこで、マイクロソフトはサポートが終了していた
XPやVISTA、8等に対するセキュリティアップデートを
特別に発表しました。

こちらです。

ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス


今でも街のちょっとした事務所や
病院などを覗いたとき
XPが動いていますもんね。

ま、それを狙ったウイルスだと言えますし、
マイクロソフトもヤバいと思った3月に
すべてのバージョンのアップデートを用意すれば
良かったのですよね。

このあたりがマイクロソフトらしいなって。

今回の事件を機に
Windows10にしちゃいなよ!
って、メッセージを発信しているみたい(^^;)

とにかく、個人のパソコンも攻撃を受けますので、
すべてのパソコンで注意をしましょう。

2017年5月18日 (木)

今年も注目!AppleのWWDC2017 

Appleの新製品などが発表されるイベントWWDC。

そのWWDCの2017において
先日、ここでも書いたように
早くも新しいMacBookProが発表されるのではないかと
いつもの気になる記になるさんが紹介されています。

Apple、「WWDC 2017」で「MacBook Pro」や「MacBook」などの新モデルを発表か

この記事のソースは
こちらのブルームバーグ

Apple Plans Laptop Upgrades to Take on Microsoft

だって、先日、マイクロソフトから
新しいサーフェスが発表されました。
そのサーフェスにも
Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」が
搭載されていましたので、
MacBookProにも積まないとね!

しかし、デザイン等は変化がないらしいので、
追いついてきた?
マイクロソフトのサーフェスに対抗できるのかな?

自分も買い換えを検討したいと思います。

皆さんもWWDC2017を要チェック!ですっ!

2016年9月 7日 (水)

運転中、Cortana!次の予定は何だったっけ?

通勤途中や仕事でクルマを運転中に
ふと・・・
「その次の次の訪問先ってどこだったっけ?」
とか
「次の訪問先の時間って、何時何分だったっけ?」
とか
「明日の予定は?」
などなど
スケジュールやto Doの管理や確認のために
信号停車などでスマホを確認することってありますよね。

運転中ならネットに接続するクルマの
カーナビ等のマイクに話しかけると・・・
マイクロソフトだったらCortana

マックのSiri
やグーグルの音声認識APIなどが反応して
結果がモニターに提示される・・・って良いですよね。

マイクロソフトがメルセデスと連携して
Exchange機能を提供するってお話が
AutoBlogさんに掲載されていました。

こちら



マイクロソフトって、
巨大になりすぎたWindowsをこれからどうするのか?
Officeで食っていくのか?
いろいろと興味は湧きますが、
グーグルやアップルのようにクルマとの連携も模索しているようですね。

テレビもそうですが、
カーナビ関連もAndroidやWindowsがOSとして動いているようですが、
イマイチ動作がシャキッとしませんよね。
もうちょっとメモリを増やしたり
良いCPUを積めば改善されると思うんですけどね。
まだ、そういったキビキビとした動作の技術などは
小出しにしながら進めていくのでしょうかねぇ。

2016年6月 2日 (木)

刷新!?MacBookProの関連ポート

WWDC2016を前に
Mac関連の記事が賑やかになってきました。

中でもMacBookProが
いよいよUSB-Cへと移行するという話になっています。

あら〜。
SDのカードスロットや
MagSafeポートがなくなるみたいで、
MacBookと同じになるみたい。

うーん。
これがMacのやり方なんですよね。
どっかの「窓」さんと違って引きずらない。
やると決めたら、スパッと切り替えちゃう。

それにみんながついていく・・・

ま、うまくいかないことも多々あるわけですが。

でもなあ。
このMagSafeって良かったのにな。
SDカードスロットは
通常サイズのカードがはみ出るというのは
かっこ悪かったですけどね。

もし、買い換えたとして・・・
コンデジのファイルをどうしようかな?

でっかくなるというトラックパッド・・・
タッチID、タッチバーなんか気になりますけどね。

レガシーインターフェイスをスパッと切っちゃいたい方は
これぐらい潔くないとね。
でも、もうちょっと準備したいって
僕みたいな方は様子見になりますかね。

いろんな情報はいつもの
「気になる 記になる」さんのこちらのページから

次期「MacBook Pro」のものとされる筐体の写真が流出 ー タッチバーやUSB-Cを搭載か

2016年2月28日 (日)

これにはAdobeも真っ青(^^;)! YouTubeのぼかし追従機能

自分は仕事柄、しばしば動画編集を行います。
また、動画編集をお教えするときもあります。
ですから、使っているアプリやソフトはいろいろ。

AppleのiMovie
Adobeのプレミア
Windowsのムービーメーカー
iPhoneやiPadのアプリなどなど

今、テレビの世界でもぼかし機能はよく見ますよね。
例えば、ライバルスポンサーのロゴや
飲み物の自動販売機をぼかすなど。

プレミアなどはある対象に
ぼかしを入れた際に、
その対象が動いても追っかけてぼかしを入れることが出来ます。
これって、個人ユースでも
個人情報を保護する場面などでけっこう、重宝します。

それが、なんとYouTubeの編集機能に
付いちゃったってお話しなんです。

これって、ビデオ編集で一時代を築いた
Adobeは驚いているんじゃないですかね〜。
たぶん、もっともっとWeb上での機能は高まっていくでしょう。
MicrosoftもOffice365では
ブラウザを使って、ワードやエクセルの編集を可能としています。
PCにアプリをインストールして使うことが
無くなろうとしているのです。

予想するに、もうあと5年もすると
アプリをそれぞれのPCやタブレットに
インストールすることは無くなり、
Webで使用することになりますね。

データ量もテラバイト単位が当たり前になるのでしょう。
音声や動画コンテンツが目を見張るようなクオリティで
ネット上を飛び交う・・・。
そんな時代にテレビはどうなっているのか?
放映権は?ニュースは?
いろいろと興味は尽きません。

あっ、そうでした、こちらがソースです。

YouTubeが動く物体を自動追従する「カスタムぼかし」機能を公開。アップ後の追加、複数物体にも対応

2015年9月 8日 (火)

楽しみな9月9日(日本は9月10日) アップルのスペシャルイベント

今日はMacネタになります。

少し売り上げが鈍化しているらしいAppleWatch。
でも、この手のデバイスにしては、
よく売れたんですけどね。

そんなアップルが9月9日にスペシャルイベントを開催!
いよいよ秋から来年の春頃までの
目玉モデルを発表しますね。

それらは・・・
iPhone6S
AppleTV
iPad Pro
などが噂されています。

iPhone6Sについては、ま、ルーティンといいますか、
シナリオ通りの発表ですよね。
処理速度が速くなって、
カメラの性能が上がって・・・。
うわさ通りに感圧タッチになっているかな?
新しい使い方を提案してくれるかな?

AppleTVについては
より性能が向上していると期待できますね。
きっと今のタイプよりも反応良く
テレビに表示するはずです。
また、プレゼンテーションに使用するための
無線機能が向上しているといいなと思います。
今はプレゼンテーションに使用するためには
無線のルータ等が必要ですもんね。

さらに!
画面が大きくなるiPadProにも期待大です。
iPhone6Plusが登場して、
私もiPadを広げる機会が減りました。
きっと皆さんも同じかと。

ちょっとした画像や資料の提示には
今のサイズは中途半端に感じられます。

でも、サイズを大きくすると
ソファに座って、ブラウジングしたり
片手に持って操作する際にも
邪魔な大きさに感じてしまうかも知れません。

会議や学校で使うことを意識しているといいます。
ライバルのマイクロソフトのSurface3が
教育現場に浸透しつつ合って、
アップルとしては無視できなくなりつつあります。

ちょっと大きなiPadProが市場にどう受け入れられるか
それも興味があります。

最後に自分ですけど・・・
iPhone6Sは見送ります。
今のiPhone6Plusで十分だから。
次のiPhone7を待ちます。

AppleTVはきっと買います。
今のモデルの反応の鈍さゆえ、ほとんど使っていませんから。

iPadProは仕様を最終チェックしてみます。
でも、買ってしまいそう・・・(^^;)

皆さんはどうされますか?

2014年4月 9日 (水)

おいおい、また? Windows in the Car

Windows in the Carが発表されましたね。

こちらのギズモードには
デモ動画も貼られています。

マイクロソフトの車用インターフェース「Windows in the Car」アップルのCarPlayに酷似



きっとWindowsPhoneとの連携も
視野に入れてのあのタイル表示。
独特のフラットデザイン。

しかし、アップルのCarPlayの
後追いというのは明白です。

ま、売れるか売れないかは
市場が判断するでしょうから
それに任せるとして・・・。

自分はクルマのインターフェイスも
ますます
デジタルとアナログが
融合するのだなって思います。

クルマの中で、このデモのような
フラットデザインのアイコンを
運転中に見るなんてとても難しいことです。

タッチパネルはそれなりに快適ですが、
ドライブ中となると
やはりカチッと押し込むような
ボタンが一番でしょう。

このデモのようにハングアップしたら
そりゃ大変ですから。
ま、それはWindowsだしなあ・・・失礼。

トロンっていう手もあるけどなあ・・・。

腕時計は
カシオの電波ソーラーを使っています。
針はアナログのクロノグラフ。
でも、中身はデジタル。

クルマもそうかなって思います。

音声操作がもっと正確になって
いや、
もっとコンピュータ技術が進化して、
知能が発達していけば・・・。

それももうやがてでしょう。
テクノロジーは、
今、私たちが「不便」だと思っていることを
「課題」として、それを解決するという
ブレイクスルーで進化していくものですから。

2013年10月17日 (木)

キーワードは「タッチ(touch)」

現代の子供たちは生まれながらにして
デジタルの世界にいるために、
デジタルジェネレーションと言われます。

さらに、最近のスマートフォンや
タブレット端末の普及により
新しい呼び方が生まれつつあります。

このタブレット型の情報端末の操作には
自分たちのオジサンが使ってきた
マウスは必要ありません。
さらに、キーボードも必要ありません。

そう、たいていことは「タッチ(touch)」で
済んでしまいます。

そこで、
「タッチ・ジェネレーション」
なのです。

自分の子供たちに
パソコンの操作を教えることがあります。
自分「マウスをほら、手で包んで!右クリック!」
子供たち「はあ?何?くりっくぅ?」
自分「いや、だからぁ・・・。」

皆さんのご家庭でこんなことはないですか?

マウスの製造で有名なロジクールが
製品発表に伴って
こんなコメントを出しています。

PC-Watchの記事はこちら

ロジクールが考える、これからのマウスが考えなければならないポイント
~「ユーザーにとってタッチの感触が興味の的」


マウスで有名な企業も危機感を感じているはずです。
自分のようなオジサンでさえも
iPhoneやiPadに慣れてしまっているせいか
画面を思わずなぞりそうになります。

そんな経験、皆さん、ありませんか?

このタッチ・ジェネレーションは
どんな情報社会を生み出し、
また、その恩恵を享受するのでしょう。

いろんなことが考えれますよね。
もしかしたら、
MicrosoftはOSのシェアで
利益を上げることはもう厳しいかもしれません。
OfficeをいろいろなOSに提供する
Adobeみたいな会社になっているかもしれません。

Appleはどうでしょう。
ここのiOSとMacOSは高い親和性と独自の路線で
突っ走っていくのでしょうか?

もうすぐ、新しいiPadが登場します。
新しいMacOSが登場します。

サムソンなどがウェラブルや曲面の端末を
出していますが、
Appleはそれをじっと見ています。
レガシーデバイスをことごとく否定し
未来へ突き進む力、ジョブズのスピリッツが
残っているでしょうか?

タッチ・ジェネレーションを取り込む輝きを
放ち続けるでしょうか?

2013年6月20日 (木)

警報レベル!Webサイト改ざんが多発!

今年に入って4月以降、

日本中でWebサイトの改ざん事例が多発しています。

4月以降で1000件を超えた報告となっています。

特に、今回はアカウントやパスワードの情報を窃取することで

Webの更新者になりすまして、侵入し、

WebサイトにJavaScriptなどを埋め込みます。

これが、改ざん。

そして、そのページを閲覧したパソコンがマルウェアに感染し、

さらに被害が拡大するというものです。

詳しくはこちらの

JPCERTのWebサイト改ざんに関する注意喚起 

をご確認ください。

危ないなあって思っていたら、

なんと!

トヨタ自動車の公式サイト、

第三者による不正アクセスによりサイトが改ざん

6月5日~14日にニュースを閲覧した場合、

不正なプログラムが実行された可能性 

というニュースがCarWatchに掲載されました。

トヨタ自動車のサイトが攻撃されたか

あるいは

サイトの関係者のPCが感染して、漏れたのかは

わかりませんが。

皆さん!

今一度、マルウェアのチェックパターンを最新のものとし、

ウイルスチェックをしましょう!

もし感染していたら、

直ちにアカウントやパスワードを変更しましょう。

そのPC等でアクセスした

アカウントやパスワードの入力情報が残っていれば

流出しているかもしれません。

お気をつけください!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索