NISSAN Feed

2017年12月18日 (月)

新型リーフとボルボV40のデザイン

先日、ボルボV40をリーフ30で追走する機会がありました。
リアのブーメラン型のコンビネーションランプがよく似ていますよね。
でも、決定的に違う点がありました。
それは

ルーフの高さとサイドウインドウのデザインでした。

リーフの立場から言えば、
残念ながらあのスタイルに及ばないように思います。

新形をお乗りのみなさん、納車をお待ちの皆さん。
ごめんなさい。

V40のリアはウインドウを上下に狭くしていくことで
スポーティなデザインを実現しています。
ルーフラインとの融合は絶妙です。

そのきれいなデザインと引き換えに
サイドウインドウが居住スペースに食い込んでいて
リアシート周りの空間が狭められて、
居住性を犠牲にしていることもわかります。

一方の新型のリーフは
先代の高く、伸びやかなルーフラインを継承して
居住空間は優っているとも言えます。

でも、なんか違う。

つまり、この「新型」といわれるリーフは
先代のデザインの焼き増しであって、
オリジナルではないことがとっても残念。

あのコンセプトモデルに似せてはいるけれど。

そんなことを考えながらボルボV40の後を走っていました。

やはり、NISMOバージョンを待ちたいな(^-^)

2017年12月16日 (土)

僕が初期型リーフに求めていたこと そして、これから

日付も変わろうとしていますが、
やっと今日の更新をすることができます。
お許しを。

今日は国沢師匠のリーフに関する記事に対する僕なりの返答のブログになります。
いつもの日々是修行やAll Aboutにも書いておられます。

自分が初期型のリーフを買った頃、発表から半年以上経っていました。
まだまだ評価は高かったことを覚えています。
自分でも試乗してみましたが、その結果はすこぶる良好。
家族で乗っても、その異次元の世界にワクワクしたものでした。

唯一気になっていたのが、バッテリーの寿命でした。

普段からパソコンなどを使っているので、
リチウムイオン電池が劣化していくことはわかっていたので、
その点について何度もセールス担当に尋ねていました。

自分は過去に初代のプリウスも中古ですが、持っていました。
トヨタはこの初期型のプリウスのバッテリーは無償で交換していました。
そのことを引き合いに、
「日産自動車もきちんと対応するよね!?」
と話していたことを覚えています。

「きちんとバッテリー保証をすることになっています!」

結局のところ、皆さんもご存知のように
日産自動車の対応はかんばしいものではありませんでした。

オーナーズミーティングも2年間でしたっけ、
行われて、一般のオーナーが開発スタッフとの意見交換もできていたと思います。
しかし、劣化が話題になっていった頃から、その機会もなくなりました。

なーんか違う・・・
もっと初期型オーナーを大切にしてほしい・・・
と思う一人です。

何度かアンケートがあって、テレカが届いたくらいですかね。

でも、テレマティクスを通して、ビッグデータを日産自動車は
手に入れたと思うけど・・・。

国沢師匠と同じく、
自分も2台のリーフを所有しています。

リーフ30については、大満足です。
新型が出る前の在庫処分価格でしたし、
初期型を高く下取ってもらえたので、良しとしなければなりません。

でも、今も初期型を大切にしていらっしゃる方もおられますでしょうし、
自分もリーフ60が出てきたたら、ニスモともに検討するでしょう。

日産自動車には電気自動車がうまく社会で循環するシステムを作ってほしい。
買う人も売る人もリサイクルする人もみんながwin-winになってほしい。
そんな基盤作りをトヨタとともに作ってほしいのです。

こうやって書いていくと、このブログを読んだ日産自動車のリーフの関係の方は
読む気が失せるでしょうが、これは一オーナーとしての考えですのでご容赦を。

2017年12月11日 (月)

Infiniti QX50 可変圧縮エンジン 20年来の技術が花開く!

日産のQ50の派生モデルとしてのSUVであるQX50は
ただのスキンを変えただけのモデルではないことは
クルマに興味のある方はチェックされていたことと思います。

このブログでも先日紹介しました。

こちらの記事

新型 QX50 スカイライン・クロスオーバー


このQ50のSUVになるわけですが、
エンジンに大きな特徴を持っています。

そのエンジンは「可変圧縮エンジン」という
圧縮比を物理的に変えていく夢のようなエンジンです。

この図を見てください。

Image1

この図はソースとなった記事から

このエンジンは、
コントロールアームを制御するアクチュエータを使用し、
リンクを介してピストンの動きを変え、
ピストンがシリンダ内に到達する行程を変更する複雑なシステムになっています。
このシステムは
なんと圧縮比を8:1から14:1範囲で可変して作動するといいます。

電動化へと流れているクルマの動力が
内燃機関エンジンの残る道を示すであろう画期的な技術であると思われます。

ソースはこちらの記事です。

NISSAN'S CRAFTY ENGINE ENDS A CENTURY OF COMPROMISE


どんなエンジンなのでしょう。
このモデル、日本でも売って欲しいな・・・
そうスカイライン・クロスオーバーとしてね。

2017年12月10日 (日)

クルマのインターフェイス タッチパネルの操作感

今日はクルマのダッシュパネルのお話です。
皆さんのクルマのダッシュパネルの操作感はいかがですか?
しっくりきていますか?
タッチしたときに、あれれ?そこじゃなかったのに・・・ってことありませんか?
自分はリーフ30とV37スカイラインに乗っていますが、
操作感の違いを感じることが多々あります。

結論はV37スカイラインの方が操作性はかなり上だということです。
V37スカイラインはナビと操作用と2つの液晶パネルがついていて
その両側にスイッチ類がついています。

リーフも一つのナビ液晶の両サイドにスイッチがついているのは同じですが、
液晶パネルに手を伸ばしたときにその差が現れます。

液晶パネルに音楽のメニューなどを表示させ、
アイコンに指を伸ばしたときに
狙ったアイコンにピタリと合わないことがあるんです。
そう、間違ってしまうということ。

ですから、リーフで操作するのは面倒に感じることがあって。
これは左利きの人には関係ないのかな?とも思いますが、
腕をのばすって動作もけっこう大きいので、
腕というアームを伸ばしたことでブレやすくなるわけですよね。

それが、V37スカイラインの場合、そういった誤操作がないんです。
左手を伸ばしたときにちょうど良い按配でスイッチや操作パネルが配置されています。
これが絶妙。
ちと反応は鈍いところは玉にきずですけどね(^^;)

昭和の僕たちはいろんなダッシュパネルを見てきました。
それは、ナビという装備が生まれ、標準化される中で
これまでの操作スイッチと
エアコンのダクトと
どう配置するかでデザイナーは相当悩んだこととだと思います。

今は、だいぶ整理されてきていて、
パネルが上で操作しにくいとか
運転中に気になる・・・などの評価がほぼなくなりましたよね。

昭和の僕はそんなことを考えながら、ダッシュパネルを見ています。


2017年12月 9日 (土)

日産車をご愛用いただいているお客さまへ

今日、家に帰ったら、タイトルの手紙が届いていました。

「日産車をご愛用いただいているお客さまへ」

今回の検査に関する本社からのお詫びの手紙です。

Fullsizerender
タイトルを見て、ん?どうして「様」ではなくて「さま」なんだろうと
思いながら、中身を読むとそれは丁寧なお便りでした。

対象が多いのでしょう。
この発送まで、かなりの時間がかかりましたね。

でも、きちんと手紙が届いたのですから、これは良しとします。

今後のことなのですが
僕の場合、ディーラーからは
「車検時の点検をこの検査に充てることにします。
よって、車検時の点検費用は不要となります。」ということでした。

ありがたいことです。
だって、クルマは元気なのですから。

でも、この辺り、若干ディーラーによって、販社によって
対応が異なるようです。

自分の友人は9月に車検だったということで、
車検はそのまま通常通りに行って、
別途、今後検査をするみたい・・・って、なんか変?
「そりゃ、おかしいんじゃない?」って友人に話すと
「えっ?そうなの?」って返事。
いいように丸め込まれているみたいで、
その販社にはちょっと不誠実だなと感じたところです。
区切りようがないってわかりますが、
車歴の記録として残しておいて、
次の車検までその検査の権利をとっておくって
できるでしょうし・・・。
ユーザーをつなぎ止めることにもつながるでしょうしね。

自分の場合、車検はもうちょっと先の約半年後ですから。

この手紙のタイトル通り、
愛用している僕たちオーナーに誠実に、丁寧な対応が現場には求められます。

2017年12月 7日 (木)

日産車が売れている!中国で!!!!!

国内ではあの事件以来、売り上げが落ちたと言われる日産自動車。
ま、国内生産が一時止まりましたしね。

そんな日産自動車ですが、中国でがんばっています。

ソースは日本経済新聞のこちらの記事

11月の中国新車販売 日産21.8%増 年間150万台の大台突破へ: 日本経済新聞

記事から引用しますと
・・・中国での11月の新車販売台数(小売台数)が前年同月比21.8%増の16万5384台だったと発表した。前年実績を10カ月連続で上回った。販売が好調で、17年通年は過去最高となる大台の150万台の突破が視野に入った。・・・

国内向けの生産ラインが止まっただけでこの数字。

強気のはずです!!!

それから驚いたのは、シルフィが売れているといいます。

これは、日本メーカーでありながら、
主となるマーケットは中国に移転したんです。
それを私たちは受け止めるべきでしょう。

さらに、国内の検査制度って何なんだろうと。
ほんまに車検業界も含めて、パンドラの箱を開けちゃったみたい。
なくしても良かった制度だけど・・・。
あんまり言うとマズいか・・・。

さて、新型のリーフなどを待っていらっしゃる方も
これから納車へ加速するといいですね。
元気な日産ですから!
年末ですし、12月末から工場は年末年始のお休みに入りますもんね。

中国と言えば、何やかんや政治では起きていますが、
やはり世界にとって巨大なマーケットである中国ですもん。
EVにおいてもアメリカみたいに世界への影響力を高めていますよね。
インドが台頭する次期まで
どこまでその地位を高めることができるか、彼らは考えていますよね。
そして、時間はあまりないこともわかっているのでしょう。
だから、焦っているようにも思います。

2017年12月 5日 (火)

デフ交換後のV37スカイライン・ハイブリッド

一昨日の日曜日の午後4時頃
ディーラーから「作業完了」の電話がありました。

向かうといつものメカの方から丁寧な説明がありました。

どうやら・・・

デフのオイル漏れは、個体によって発生している模様です。
一度、私よりも前に同様の症状が出た
V37スカイライン・ハイブリッドがあって、その際は分解整備を試みた。
しかし、完治せず、交換に至ったので、
私のクルマは同様の症例として、即交換になったとのことでした。

作業が終わったクルマで30㎞ほど走ってみました。

より滑らかにパワーが伝わっているように感じます。
路面に伝わるパワー感が心地よかったのが印象に残っています。

部品としては特に変わりはないようですが、
パーツそのものの精度が上がっているのかもしれませんね。
ま、勝手にそう感じているだけかも(^^;)

V37スカイラインにお乗りの方は
定期点検の際に、デフのチェックを一言、申し添えられると
安心かと思います。

これ以外に面白いなって思った出来事がありました。

ディーラーの中では玄関付近に子どもたちが遊ぶスペースがあって
幼稚園の年中さんぐらいの男の子が遊んでいました。
ディーラーの奥の駐車場から自分のV37スカイライン・ハイブリッドが出てきて、
ディーラーの玄関前に停止しました。
すると、その男の子が驚いたような顔でV37スカイラインを見ています。
「このクルマ、何!!!!」
「すごーい!かっこいい!」って。
自分は
「ありがと(^o^)」って声をかけてクルマに乗り込みました。
小さなお子さんにもインパクトが大きいみたい。
泣かなくて良かった(^o^)

2017年12月 3日 (日)

デフ交換 V37スカイライン・ハイブリッド 代車は・・・

V37スカイライン・ハイブリッドは
昨日からデフの交換修理でドック入りしています。

代車にやってきたのは
現行マーチ・・・。

うーん。
これは、軽にも負けている・・・。
いくつかこれでは・・・って思う点がありました。

その1 狭い。なんとかせんとこれは軽より狭い・・・。
その2 うるさい。遮音がアウトなので、クルマの中はとってもうるさい。
その3 トランクが小さい。これは意外で、V37スカイライン・ハイブリッドのそれよりも狭い。
その4 ステアリングが重い。なんで?家の駐車場でもよっこらしょとステアリングを切っています。

ま、良い点も上げておきます。

その1 余裕ある走り
リッターエンジンを積んでいて、
余裕のある走りはまあそう。
アクセルを踏み込んでも
軽のエンジンのようにグオオオオってはうなりを上げない。

その2 足廻り
タイヤも含めて、サスの踏ん張りも良いし。
しっかり走るという印象はOK。

その3 明るいバックカメラ
これはね、V37スカイライン・ハイブリッドよりも明るくて見やすい(^^;)

やっぱ、今のマーチを買うなら、軽を買った方がいいのでは?(^^;)

本日、V37スカイライン・ハイブリッドのデフ交換が終わるはずです。
元気になって帰っておいで!!    

2017年11月30日 (木)

新型 QX50 スカイライン・クロスオーバー

V37スカイライン・・・
とってもかっこよくて、安全性が高くて大満足なんですけど、
ラインナップが寂しいですよね。

これまでだったら、次のような派生モデルが登場します。
それは・・・
セダン
クーペ
ワゴン
そして
SUVという流れ・・・

北米では、クーペが出ていますが、
ワゴンは人気がないのかな?
SUVが出てきましたね。

そう
ライバルと言われている
BMWやメルセデスのラインナップを見ればわかります。

新型QX50については、

こちらが2017 LA Auto Show のインフィニティのサイトです。

写真はこのサイトから20171129_224552

エンジンはこちら、この写真もこのサイトから

20171129_224601

このエンジンも新技術の注目のエンジンですよね。

ただ、皆さんもご存知のように
V37スカイラインは日本ではセダンのみという悲しいラインナップ。

クーペさえ導入しない日本市場。
SUVも指をくわえてみているだけなの?

2017年11月29日 (水)

R32をより良い状態に!NISMOヘリテージ!!!

R32スカイラインGT-R・・・

小ぶりなボディにアテーサの4WDを搭載した
インパクトのある「スカイラインGT-R」です。

平成5〜6年式の程度の良いR32GT-Rなら
中古車でも600万円を超えるタマもありますよね。

昭和のヲヂサンたちにはスカイラインGT-Rといったら
このR32かR34ですかねぇ。
R33もありましたけど、今イチの人気で
これを買った親戚が嘆いていたっけ。
いや、僕はかっこいいと思っていますよ。

先日、このR32を大切にする方々にとって
うれしいニュースがありましたよね。

そうNISMOヘリテージ!

こちらがNISMOヘリテージのサイトです。

見てみると
樹脂パーツやエンブレム、ハーネスなど
なくなってしまうと中古品ではまかなえなかったり、
製作が難しいパーツがたくさん。

これはR32スカイラインGT-Rを大切に乗りたい方々にとって
ビッグなニュースだと思います。

そして、オーテック、ニスモはR33、R34へと拡大していくと
アナウンスしています。

このブログでもメルセデスがあの190シリーズに対して
同様のサービスを展開し始めたと記事にしました。

気に入った相棒を長く乗る・・・その姿勢は尊敬しますし、
そういったクルマたちが生きながらえることができるクルマ社会も必要ですよね。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索