NISSAN Feed

2017年6月25日 (日)

新型リーフ ねらいは「走りのEV」

新型リーフの登場が迫っています。
スペックや写真、予想CGなど
いろいろと噂が出てきましたが、
このところ、ディーラーから徐々に話が出ていますね。

僕もいろいろと集めているんですが、
だんだんとその姿が見えてきました。

そのコンセプトはズバリ!

「走りのEV」

です。

走行可能距離の表示が300㎞オーバー?みたいなのですが、
それは、ま、バッテリーの容量でなんとでもなります。

もっと大切なのは・・・
パワーアップしているらしいのです。

九州では、あの大きな某サーキットで
ディーラーの上席を集めた試乗会が開かれたといいます!

サーキットですよ。

これは、爽快に走る!ことをアピールしていると思いませんか?

電費の追究は、日産の膨大な先行投資が効いている
充電網で「もういいかな?」ってことなのでしょう。

バッテリークーラーなどがついているといいですね。
そうなると、モータースポーツで活躍するでしょう。

国沢師匠の意見と投資が
かつての走りの日産、技術の日産を突き動かしたのかもしれません。

2017年6月23日 (金)

新型リーフ いつものAutoBlogGreenさんに

6月もやがて終わりますが、
新型リーフの登場ももうすぐですね。
心待ちにされている方も多いかと思います。

いつものAutoBlogGreenさんにも記事がアップされています。


写真はこの記事から

20170622_215138

20170622_215159

どうやら、やはり、以前からスクープされていた
リーフのカモフラージュモデルと同じみたいですね。

記事によると
やはり水平基調がポイントで
ヘッドライトやリアコンビネーションランプが
表しているようですね。

フロントはワイド&ローで
より精悍さを増すのでしょうし、
ルーフは流行りのフローティングタイプの
デザインになるみたいです。

なんとなく全体のフォルムは
現行のモデルと似ていますので、
シャシーはそのままなのでしょうか?

いろいろと興味は尽きません!!

2017年6月22日 (木)

新型のカムリとマークX

カムリ・ハイブリッドの2018年モデルが
AutoBlogGreenさんに紹介してありました。

記事はこちら


写真はこの記事から

20170621_232448

20170621_232455

サイドはスポーティでなかなかですよね。

フロントは、好き嫌いがハッキリするかも?
少なくとも日本では爆発的に売れる!ってなことは
厳しいでしょう。
ま、セダン全体が日本では厳しいですもんね。
それは、スカイラインに乗っていてもわかります。

セダンって、基本的なカタチですし、
静粛性にも、ボディ剛性にも有利だし、
乗っていて楽しいんですけどね。

なんでもかんでもそろっているSUVやミニバンが
日本では強いですもんね。

気になるのは
マークXがこれに変わってしまうのではないかということ。

今ではスカイラインの格下になっていますが、
かつてはライバルでした。

国産のFRセダンって
スカイラインとクラウンぐらいになっちゃうのかな?

FRって素直なドライビングだし、良いんだけどな。

2017年6月17日 (土)

新型リーフを購入のまな板に!

そんな方から直接、質問をいただきました。
値引きなど詳しく書いてありましたので、
ここでは詳細は触れません。

でも、ウラヤマシス!!!

リーフ30のエアロを買った自分としては
とても満足しているのですが、
だんだん新型の登場が近くなって、
検討を本格的にされている方がうらやましい!

40kWhのバッテリーになると言われていますよね。
残走行可能距離の表示が250㎞は超えるでしょうから、
気分的にもとっても良いことです。

また、現行のリーフ30も
以前よりも値引き幅が増しているみたいですね。
リーフ30も良いクルマになってきましたので、
ディーラーと新型を横目で見ながら、
交渉すると面白いかもしれませんよ。

新型が出ると
中古車価格がもっと下がるでしょうし、
在庫があれば、処分価格になるでしょうしね。

リーフの購入が面白くなってきましたよ。

2017年6月15日 (木)

エンジンオイルの透析?

自分のV37スカイライン・ハイブリッドは
EVのオドメーターもあって、
だいたい半分くらいはEVとして走っています。
それでも、エンジンがあるので、
エンジンオイルを交換しなくてはなりません。

エンジンオイル・・・
自分の場合、5,000〜10,000㎞くらいで交換しています。

定期点検ではオイル代はかからないのですが、
距離を走るので、ちょくちょくディーラーに行って
交換してもらっています。
オイル代は半額で3,000円くらいは支払います。

このクルマのエンジンオイルを
透析をするように自分で処理できたら・・・って、
思っていたんですが、
なーんとオイルの透析装置を
クラウドファウンディングでやってみようと
ドイツの方が提案しています。

ソースはこちらのengadget(エンガジェット)!

自宅で使える、クルマのエンジンオイル清浄装置 ドイツから登場 「20万kmまで交換不要」

こんな動画を見ていると
緑のケースへのパーツの組み込みが表示されますが、
簡単な装置であることがわかり、ホンマかいな?

面白そうなんですが、
一度、クラウドファウンディングには痛い目に遭っているので
ま、様子を見守りたいと思います。

2017年6月14日 (水)

「赤」の次は「黒」 インフィニティ

インフィニティQ50の「赤」といえば、
GT-Rのエンジンを積み込んだ
プロトタイプのオールージュがありましたね。

記事はこちらのAutoBlog日本語版さん

【試乗記】市販化が待望される"4ドアのGT-R" インフィニティ「Q50 オールージュ プロトタイプ」


このオールージュは残念ながら市販されませんでした。

そして、
レッドスポーツというモデルもあります。
これはインフィニティQ50、Q60にもあります。

Q60は
日本でもファン待望のスカイライン・クーペなのですが、
さらなるスポーツモデルが出てきました!

その名も「プロジェクト・ブラックS」
そう「黒」で攻めてきたわけです。

記事はレスポンスさん
こちら

インフィニティとピレリが提携---高性能車用タイヤを共同開発

F1のERS、ハイブリッドシステムを入れて
500馬力というパワー、
そして、ピレリのイエローレターのタイヤが格好いいですよね。

こうやって改めて
インフィニティのQ50やQ60を眺めていると
レクサスよりもずっとスポーティだと感じますし、
スマートだと思います。

2017年6月10日 (土)

プロパイロットのフルラインナップを目指す?!

新しいエクストレイルが出ましたね。
日産のアイデンティティとするのか
ノートe-Powerで味をしめたか
Vモーショングリルをはっきりと力強く出してきましたね。

こちらが日産自動車のエクストレイルのWebサイト

写真はこのサイトから

20170609_235007

なかなかのかっこよさだと思います。

そして、このモデルにもプロパイロットがメーカーオプションになりました。

やがて発表される新型のリーフにもプロパイロットが搭載されます。

なんだか一気にプロパイの搭載車が増えそうですよね。

自動ブレーキに続いて、
自動運転技術でも日産自動車が先頭を走ることになりそうです。

2017年6月 9日 (金)

ヒヤリとしました。V37スカイライン・ハイブリッドの自動ブレーキに救われた!

昨日はV37スカイライン・ハイブリッドで出張。
仕事を終えて、夕方の薄暮の時間の帰り道でのこと。

国道を数珠つなぎの車列を走っていました。
私のすぐ前には白い軽トラック。
その前は、トヨタのウィッシュだったでしょうか?

西に向かっていましたので、夕陽がまぶしい時間帯でした。

とある交差点の信号が青になり、車列がスタートしました。

先頭が元気よく走り出したようで
車列はすーっと加速しました。
ウィッシュも元気よく加速し、
前の軽トラもつられてグンと加速。

自分はそこまで慌てることもないかと
大きく遅れないように加速し、速度が乗ったときでした。

突然!車内にピーッと警告音!
そして、次の瞬間にアクセルが右足に反力をつけながら戻り、
かなりの強さで自動ブレーキが反応しました。
慌てて、自分の足も反応しましたが、
明らかに自動ブレーキが速かった!

何事かと確認すると
ウィッシュが左手のスーパーに入ろうと
急に減速し、左折したのです。

ご存知のように
V37スカイラインは1台前のクルマの動きも監視していますので、
急な動きを察知して、
警告し、危ないと判断して、ブレーキをかけてくれたわけです。

それは間違いなく、前方の軽トラのブレーキよりも速かった!

ふーっっと息をつきました。

助かった。

ありがとう。
V37スカイラインの自動ブレーキや
運転支援システムは万が一の際にとっても有効に作動します。
今でもトップクラスですよ!

2017年6月 8日 (木)

伸び伸び〜ケンメリの横姿よ!

昨日の国沢師匠の記事を開いたら
目に飛び込んできたのは・・・
あれ?シルバーのケンメリじゃ?

こちらの記事でしたね。

ガソリン価格、さらに安定へ(6日)

写真は師匠の記事から

ほんまに格好いい!

伸び伸びしています。
ロングノーズで、
しかもリヤは流れるようにサーフィンラインも
伸びやか。

そして、ショートキャビン・・・。

シルバーの色と共に
とーっても格好いいですよね。

V37スカイライン・ハイブリッドもロングノーズで
自分は好きなんですが、
リヤがサーフィンラインを出してはいるものの
現代風でちょっと短いですよね。

日本ではこれで使い勝手が良いのですが、
もうちょっと長くてもよかったかな?って思います。

この頃の日産のデザインって
たしかにアメ車ぽくもありますが、
それをうまく消化していると思います。

気になるのは、次のフェアレディZ・・・。
何度か書いていますが、
少なくとも今よりもロングノーズでぜひお願いしたいです。

2017年6月 4日 (日)

日産がバッテリー生産から撤退?!

日産自動車はリーフやeNV-200のバッテリーを
NECとの合弁会社である
AESC=オートモーティブ・エネルギー・サプライ・コーポレーションから調達しています。
この合弁会社を中国系の企業に売却すると言われていますよね。

だんだんとそれが具体化しているようで
いつものAutoBlogGreenさんが伝えています。

こちら


この記事の中で気になるのは
こちら・・・
As for Nissan, it's possible it will still source some batteries from AESC, but it might be cheaper to buy them from someone else. Some signs point to LG Chem as a possible supplier for future electric vehicles, too. ・・・
以上、記事からの引用

新型のリーフのバッテリーは
どこから調達しているのでしょう?
AESCでしょうか・・・。

そして、気になるのは
AESC売却後の初代リーフのバッテリーは
どうなるのでしょう?

うまく転がれば、もっと安価に載せ替え可能になるでしょうが、
最悪の場合、なくなってしまうか特別品として価格が上昇するかもしれません。

なんか気になるなぁ。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索