NISSAN Feed

2018年6月14日 (木)

暑くなってきたけど・・・バッテリークーラーを!

昨日、コメントpiazzaさんからコメントをいただきました。
なかなか更新できずにごめんなさい。
少しは慣れてきましたけど
まだまだ、新しい仕事に追われています(^^;)

コメントで北海道のshinさんのブログを紹介してくださっています。

こちら
https://ameblo.jp/sh1n0bu0515/entry-12383165361.html

以前、このブログでも紹介したと思いますが、
私の友人が昨年の夏に東北地方を高速道路を使いながら
リーフ30で旅をしました。
当然、高速道路の急速充電を繰り返しながら走ったわけですが
バッテリー温度が上昇し、4回目にはレッドゾーンに突入。
充電ができなくなってしまい、日産に電話すると
「下から水をかけてくれ!」と言われたそう・・・。

それが新型リーフでも変わらないとすると・・・

街で見かける新型リーフって増えていますよね。

この夏、新型リーフで旅をする方もいらっしゃることでしょう。
そんな楽しい旅のはずが、
バッテリー温度の上昇でなかなか充電できなくなった・・・としたら・・・。

多くの皆さんが指摘されているように
次のリーフには
バッテリークーラーをぜひ装備していただきたいと思います。

せっかくバッテリー容量が増えて、
走行可能距離が伸びて、
新規ユーザーが増えているのですから。

きっと次のリーフは
新しいシャシーでしょうし、
もしかしたら、勢いのある中華人民共和国製の
バッテリーになっているかもしれません。

2018年6月 4日 (月)

クルマの機能 アップグレードを当たり前にしてほしい

国沢師匠のこの記事を読んでいて
思ったことを書きます。

こちらの記事

正面衝突被害低減ブレーキ、初採用はレクサスLSでした~。間違えた経緯は以下!


読んでいていて、タイトルのことを思った次第です。

スマホやPCを使っていらっしゃる皆さんは
アップルやマイクロソフトから
修正パッチやプログラムが要請されているかと思います。

クルマも今や様々なプログラムが動いていて
そのアップグレードもナビゲーションや
レーダー探知機などでも行われていますよね。

ところが、大切な基幹プログラムについては
あんまり行われていません・・・定期点検などで行われているものもありますが。

このボルボのように
大切な安全プログラムにおいて
有償でもアップグレードが行われることって大きなことだと思います。

クルマのテレマティクスが進む今、
良い点はどんどん私たちコンシューマに還元して欲しい。
リーフなんてどんどん集めているので
よりオープンに還元することも進めて欲しいって思います。
それが若い世代にも合うと思います。

2018年5月 4日 (金)

皆さん、お久しゅうございます。リーフのバッテリーリユースに思う。

皆さん、お久しゅうございます。

GWをいかがお過ごしですか?

ヒロシです・・・じゃないですけど(^^;)

北海道のshinさんと同じく
3月末に久しぶりの異動がありまして、
4月から今まで以上に
責任のある仕事をさせていただいています。

4月は新しい仕事場で
バッタバタの毎日でした。
たぶんこの1年はそうかなって思います。

さてさて、クルマの話題は・・

まずは、リーフのリユースバッテリー
はっきり言いまして、中途半端な・・・って。
せっかくのモジュールバッテリーなので不良箇所を交換して
100%新品同様!で売って欲しい。
でないと、まだ不安をもたせてしまうじゃないですか?

例えば・・・
自分はマキタの充電式の刈払機(草刈り機)と
充電式のインパクトの電動ドライバーを愛用しています。
18Vの同じバッテリーが共有できて、パワフルでとっても便利!

Amazonにもたっくさん
マキタの互換バッテリーが売られているんです。
それも「とても安価」で。

もちろん「安価」であるがゆえに、不良品もあります。

それでも、たぶん中華人民共和国の製品だと思うのですが、
トラブル対応がとっても良いんです。

2個セット1年保証のバッテリーの
1つが充電不良で交換できるか?ってメールしたら
なんと
同じ2個セットを無料で買えるクーポンを送ってくれたんです。
そして、きちんと2個セットが届いたんです。

中華人民共和国のパワーを感じましたし、
こんなことかつての日本はやっていたけど、
今はできないだろうな・・・って。

日産自動車さん、もっと思い切った、太っ腹なことをしないと
やっぱり電気自動車の雄としての地位は危ういですぜ・・・って
思っています。

皆さんはどうですか?

さて、国沢師匠がご心配の我が家の30kWhの
リーフエアロスタイルですが、1万5千㎞を経過してますが、
バッテリーは元気です。とっても!
フル充電で200㎞以上のスタートを保っています。

GWは中日。
明日、明後日と続きますが、
どうか皆さんくれぐれも安全運転で
楽しいお休みをお過ごしください。

また、お仕事の方、大変お世話になります。
皆様のおかげで日本は動いております!
お心とお身体をご自愛ください。

2018年3月20日 (火)

リビルドバッテリーの広がりに期待

ハイブリッド車、電気自動車・・・
バッテリーの搭載は不可欠です。

そして、今の技術での主流はリチウムイオン。
その多くのバッテリーが劣化という課題を抱えています。

バッテリーの劣化は総合的な性能低下につながり、
売りである燃費も下がってしまいます。
それはV37スカイライン・ハイブリッドでも同じです。

ですから、V37スカイライン・ハイブリッドを購入する際に、
担当セールスから「バッテリーは劣化しますから」と
何度も言われたことを思い出します。
また、初代プリウスは永久保証でしたよね。

これだけハイブリッドが普及した我が国であっても
そのメインバッテリーの積み替えは結構な費用がかかります。
それで中古車業界が二の足を踏んでいましたよね。
自分が15年ほど前に買った初代プリウスも
ずっとお世話になっていたマツダのセールスさんから買ったのですが、
その取り扱いの難しさを指摘されていたことを思い出します。

そんなバッテリーが安く交換できたら・・・

つまり、補機用の鉛バッテリーのようにリビルドが
ビジネスとして定着すれば・・・と期待していたら
出てきましたね!

ソースはいつものレスポンスさんから

20/30 プリウス のバッテリーもリビルドで格安交換するアーネスト、いずれはレクサス用も…IAAE 2018

メーカーが提示する価格の半額くらいになれば、
リーフの中古車だって、きちんとした市場が出来上がると思います。

メーカー主導のリサイクルが
あんまり上手くいっていないからリーフの中古車がダメなわけで
うまく経営に乗るように進むことを期待します。

筆者 拝

2018年3月14日 (水)

クルマに翼が生えたよう リーフ30・エアロ

ときどき、週末などはカミさんが乗っている
リーフ30のエアロスタイルのステアリングを握ります。

ランドクルーザープラドとの違いを感じるわけで、
そのことを今日は話題にします。

皆さんももう言わなくてもわかるよ!
って思っていらっしゃるように
ランドクルーザープラドと乗り比べると
リーフはまるで羽根が生えたように、軽く気持ちよく走ります。

重たいコートを脱いだような感覚です。

これはV37スカイライン・ハイブリッドとも異なります。
スカイラインはまだリーフと比べると重い。

このリーフが持つ独特の感覚はやっぱり凄いなあって思います。
この感覚に惚れて初期型からのオーナーになったのですから。
やっぱりリーフって面白い。

新型のリーフは評判が良いし、
街で見かけることも多いですよね。
初期型と比べると上々な滑り出しでしょう。

一方のランドクルーザープラドは
もうしっかりとした感覚が一番でしょう。
そして、乗り心地の良さはリーフより上だと感じています。

さまざまな路面の状況・・・
舗装の荒れやギャップに遭遇した際の
身体に伝わるショックが上質なんですよね。
これはオンロードを意識した
マイチェンモデルの19インチのタイヤでも
良い乗り心地なのですもん。

春らしい天気が続いています。
だんだんとクルマの燃費が向上する季節の到来です。
それはEVでも、ハイブリッドでも、内燃機関のクルマでも同じですよね。
皆さん、交通安全に気をつけて、楽しいドライブを!

2018年3月 3日 (土)

ランドクルーザープラドを選んだこと

今日、午前中に
ランドクルーザープラドが納車されます。

プラドを選んだ訳を書き留めておきます。

その1

もしも・・・への備え

これに尽きます。
熊本地震、九州北部豪雨等の被災地支援を続けています。
また、先日は九州でも雪が降り積もり、
多くのクルマがスタックし、事故も発生していました。
(自分も橋の上でスリップして肝を冷やしました(^^;))

タフなクルマが必要だと痛感しました。

仕事上、立場上
どうしても職場に行かねばならないことがあります。
その時に、雨が降ろうと槍が降ろうと
大風でも大水でも
たどり着けるクルマが必要だと思うのです。

そう考えると選択肢はあまりないんですよね。
さらに、昨年9月のマイナーチェンジモデルが
予想外にキリッとした好みのフロントデザインになって
これだ!って!
 
その2
運転支援システムがついたこと

V37スカイライン・ハイブリッドを選んだ理由も
3年前の当時、これほど高い運転支援システムを有したクルマは
スバルのインサイトとこれしかなかったんです。

人や自転車の認識など公式には発表されていませんが、
よく反応してくれました。

今ではもっと認識の精度が上がっているでしょうが、
V37スカイライン・ハイブリッドは
素晴らしい運転支援システムを持っているスポーツセダンです。

ランドクルーザープラドも
昨年9月のマイナーチェンジを期に
トヨタのセーフティセンスPが搭載されました。

V37スカイラインのように114㎞/hまでの
オールラウンドに近いカルガモ走行はできませんが、
これはクロカンSUVなんですもん。
用途を考えるとこれで仕方ないかなって思います。

ONOFFのスイッチを付ければいいじゃんって考えもあるでしょうが
そこにヒューマンエラーがあったら、事故につながっちゃうかもしれませんもんね。

人も認識するようですし、
石橋を叩いて渡るトヨタの考え方は
この運転支援システムの性能があれば、
だいじょうぶだなって思っています。

3 3列シートを備えていること

ミニバンも考えていました。
セレナもe-Powerがでましたよね。
やがて、ニスモ仕様も出てくるでしょう。
でもね、万が一に耐えきれないです。
お袋も入れて6人が乗ることを考えたら、
このランドクルーザープラドでしょう。


モデルは・・・
2.7ガソリン:燃費が悪いのは覚悟の上です。
TX Lパッケージ:皮シートとシートベンチレーションが魅力です。

また、使っていきながら、その様子をお伝えしたいと思っています。
もちろん旧リーフ・エアロスタイルもね。

よろしくお願いいたします。

筆者 拝

2018年2月27日 (火)

旧型リーフのちょっとリ・デザインしたら・・・

国沢師匠の記事に
旧型のリーフを使った
自動運転車の紹介がありましたね。

こちらの記事

写真はその記事から

20180225_215809
リーフが最初からこのスタイルだったら・・・
って思うともっと人気がでたのになって思っています。

ポイントは
電気自動車らしいグリル・・・つまり、お口です。

自分がエアロスタイルにこだわったのはここ!
たぶんエアロスタイルを購入された皆さんは同じかと思っています。

フロントバンパーのパーツをぐるりと囲む
黒いラインは別として、
その下の口の部分がブラックアウトされ、
トヨタのGRシリーズと同じく
キリッと引き締まったデザインになっていることが一つ。

もう一つは、これはエアロスタイルにもなかったですが、
カエルのように飛び出したヘッドライトにも
ブラックに塗装されていて、飛び出し感が弱くなっている点。

これでもう相当かっこよくなっていますよね。

ここで日産の公式サイトから
もう一度旧型リーフは・・・

20180225_220002

お目々とお口に注目。

自分があまり良く思わなかったのは
口にね、クロームのラインを入れてあって、
グリル周りが凡庸なデザインの上に、
まるで銀色の前歯が入っているように見えていた点なんです。

だから、エアロスタイルのフロントグリルになって
ああ、これだったらいいなあって思っていました。

新型のリーフは
旧型のリーフのフロントとリアを大きく変えて
そのデザインは評価されています。

でも、ここで自動運転技術のベース車両のように
少しだけローダウンして、
フロントのデザインをこんな風にして
ルーフをブラックにして・・・
バッテリーを40〜50kWhにして、
さらにバッテリークーラーなんかをつけて
プロパイロット3搭載リーフ!なってことにしたら・・・
結構売れるんじゃなかろうかって思っていますけど(^^;)

2018年2月20日 (火)

日産:ウサギ作戦、トヨタ:カメ作戦?

ウサギとカメ・・・

日産の先代リーフエアロや
V37スカイライン・ハイブリッドに乗って、
今、トヨタのランドクルーザープラドへと変更する中で
じっくりと両社のクルマ作りを考えています。

結果、日産とトヨタをウサギとカメだなって感じています。

日産自動車はウサギ・・・

皆さん、ご存知のように
自動ブレーキという言葉を流行らせ、
モービルアイの技術を取り入れながら、
矢継ぎ早に運転支援システムを投入してきました。

V37スカイライン・ハイブリッドに先進的な装備を取り入れたのは
もう3年も前になるのです。

また、24kW/hのリチウムイオンバッテリーを搭載し、
リーフを発売して、今に至っています。
エポックメイキングなクルマで
カー・オブ・ザ・イヤーも獲得しましたね。

V37スカイライン・ハイブリッドの安全装備は
特に問題もなく、一線級でしたが、
リーフのバッテリーはそううまくはいきませんでした。
続くバッテリーのセグ欠け、充電器不足、充電速度の遅さなどなど。

プロパイロットなんかもそう。
エクストレイルやセレナで投入し、
まずまずの評価を得て、
リーフへ投入。
それなりに仕上がってきています。

つまり、将来の技術の先食い
他者をリードしていき、ある程度は売れています。
ノートe-Powerなんてシャシーの原価はすっかり回収しているでしょうから
ウハウハでしょう。

今、ちょっと不満も出てくるかもしれないけど、
最新鋭の技術を投入し、それを市場に訴えていく・・・
それが、今の日産自動車から受ける印象です。
そして、あまりに寂しい国内市場向けのラインナップに
どうしたものかと考え始めています。

V37スカイライン・ハイブリッドを手放したのも
それがあるかもです。

トヨタ自動車はカメ・・・

自動運転技術については
マイチェンして、大人気のアル/ヴェルで
追いついてきました。
これからフルラインアップへと行くのでしょう。
確実に安全性が確保されるまで石橋を叩いているように
感じます。

それも、海外の技術をあまり使わず、
デンソーなどの国産の技術で勝負しようとしています。

それは、国内の協力工場(下請けとも言います)の
技術を高め、雇用を確保することにもつながります。

そう、トヨタは日本市場向けの豊富な車種を展開しながら
日本の製造業を保っているとも言えるんです。

バッテリーなどの電池もそう。
パナソニックと協力して
次世代のバッテリー開発を進めています。

初代プリウスがバッテリーの無償交換を進めたように
責任をとるという姿勢は評価できると思います。

確実なものをユーザーに届けるという姿勢ですよね。

先を走って行く日産が良いのか
確実に進めていくトヨタが良いのか

それは私たち、消費者に委ねられています。
確実な情報を得て、多角的、多面的な見方で
判断することが必要ですよね。

昨今の様子を見ていて、勝手に書かせていただきました。
ま、一人の考えとして、聞き流してくださいませ。

こんなことを書いていたら、
国沢師匠も同じようなことをお考えのようですね。

こちら

遠くない将来、日本市場はトヨタ車だけで満足出来る様になる?

2018年2月19日 (月)

プラドが来るまで〜代車はプリウスPHV

昨日、午前中に
V37スカイライン・ハイブリッドが引き取られました。
朝からささっと内装の掃除をしました。
マットの上には
ゴムマットを敷いていたので、
全席の足元は新車のよう。
また、トランクにも同じくマットを敷いていたので
ここもキレイ。

ちょっちょっとダイソンをかけておしまい。

ただ、外装が雨続きでざっと洗車したのみで、
キレイにワックスがけしてあげる時間がなくてごめん。

トヨタのディーラーのモータープールに入っていきました。

ありがとう。
このクルマのおかげで仕事でも
ロングドライブが多いにも関わらずとっても安心できました。

最大のロングドライブは大分道を抜けて
佐多岬フェリーで高知まで行ったことでしょうか。

まさに、GTカーでしたよ!
オーナーの皆さん、それぞれのV37スカイラインを可愛がってあげてください。


さて、太っ腹の福岡トヨタさんは
しばらくの間の代車として・・・

Img_0465

Img_0467

そう!
この鮮やかなブルーのプリウスPHVを用意してくれました。

リーフオーナーの視点から
これまでのクルマとの生活経験から
このプリウスPHVの印象をお伝えできればと思います。 



そうそう、プラドの納車は3月4か5日の予定です。
ガソリン車は発注から納期まで1ヶ月半はかからないと思います。
発注のタイミングもありますが、
販売ディーラーの取り扱う新車台数によって
割り当てが決まっているようです。

2018年2月18日 (日)

いよいよ今日がお別れ・・・V37スカイライン・ハイブリッド

福岡トヨタ自動車の若きセールスさんと打ち合わせして
今日、V37スカイライン・ハイブリッドを届けることにしました。

プラドの納車まで乗っていい!って
太っ腹の対応だったのですが、
自分で起こす可能背はとても低いものの
もらい事故でも起きたら
目も当てられないことになってしまいます。

V37スカイライン・ハイブリッドも
プラド乗り換えの大切な下取車ですから。

代車は前から話している
プリウスPHVになると思います。

そういや以前、前の型のプリウスPHVの試乗モニターに
当たったっけ。

ちょっと興味のあったプリウスPHVと3月初めのプラドの納車まで
お付き合いが始まります。

V37スカイライン・ハイブリッドのお別れ前に
もう一度、しっかり洗車しようと思います。

ありがとう。
日産スカイライン・ハイブリッド 350GT
インフィニティQ50。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索