小林麻央さん Feed

2017年5月25日 (木)

笑顔が積み重なるよう・・・小林麻央さんのお父様の愛

今日は
昨日、小林麻央さんのブログにリブログさせていただいた
文章を転記します。

小林麻央さんのお父様がお見舞いに持参された
お干菓子から伝わる愛
そこに、麻央さんのたくさんの笑顔。
お父様の心にそれが溢れるがごとく積み重なっていることを
ひしひしと感じました。

そして、麻央さんのブログに集う
がんと闘うご本人やご家族の思いが
伝わってきました。

色鮮やかなお干菓子・・・
お父様が持ってこられたことに大きな意味がありますよね。

お嬢さんの喜ぶ顔がみたい・・・

きっとお父様にインプットされ、積み重なってきた
たくさんの
たくさんの麻央さんの笑顔が溢れてきて、
この色鮮やかなお干菓子になったのですね。

この色鮮やかなお干菓子を介して
お父様の愛はもちろん
麻央さんの娘さんとしての愛がこのブログには溢れています。

いつものごとく
家族に読み聞かせをしていると
読む自分を家族がじっとみつめていました。

いつの間にか
麻央さんのお父様を通じて
自分がオーバーラップしていたのでしょう。

麻央さんのブログに集う多くの皆さん、
中にはがんと闘うご本人や御家族もいらっしゃることと思います。

この麻央さんのブログを通じて
皆さんもご自身の愛を確かめ、
御家族や御友人との愛を確かめて
大きなチカラとされていることと思います。

麻央さん、ありがとうございますm(_ _)m

筆者 拝

2017年3月23日 (木)

歌舞伎王子さまの4歳

闘病しながら
ブログを綴っておられる小林麻央さん。
闘病の思いを載せて、日々の様子を綴っておられます。

こちら

息子 4歳!


ご子息の勸玄(かんげん)さんが4歳の誕生日。
かねてから歌舞伎王子のかんかんさん。
稽古に精進することがもう頭にしっかりあって
将来が楽しみです。

自分はこうやって麻央さんのブログに共感し、
その想いをブログにするぐらいしか
寄り添うことができませんが・・・。

自分の場合・・・
義理のお母さんや妹さんが乳がんにかかり、
自分の妻自身も乳がんを心配しての毎日ですので、
自分の家族皆が麻央さんの日々を応援しています。

自分は毎晩、家族がリビングにそろっているとき、
麻央さんのブログを朗読しています。
(ちょっと朗読は得意かな?(^^;))

麻央さんの想いはストレートで
読みながら、詰まってしまうことも多々あります。

子どもたちは画面の写真も見ながら
しっかりと聴いていて、家族の時間となっています。

麻央さんのブログがこれからもずっと続き、
元気や勇気、そして、寄り添うことの大切さを
私たちに伝えてくださることを
病に打ち勝ってくださることを
心から祈っています。

2017年3月12日 (日)

311に思う・・・寄り添っていくこと

3.11 祈りの日でした。 

自分は午後から自宅に帰って
ちょっと横になったのですが、
あの時間が気になっていました。
不思議とその10分くらい前に目が覚めました。

学校から帰ってきた娘と一緒に
あの時間、2時46分に黙祷をしました。 

小林麻央さんのブログを
いつも家族の前で朗読をするのですが、
家族であの日のことを思い出していました。

もうすぐ4月。
熊本地震も1年を迎えます。

発生後、すぐに被災された地域の支援に行っておりましたが、
それは今も時間を見つけて個人的にも続けています。 

東北がそうであるように
熊本もまた
復興にはまだまだ時間がかかります。 

また、世の中には
さまざまなご病気等と闘っておられる方もいらっしゃいます。 
自分は思います。
病も地震と同じく想定外はないのだと。

だから、いろんなことで困っている人たちと
みんなでいたわり合い
寄り添って未来へ、明日へ、進んでいきたいと
強く強く思っています。

2017年1月14日 (土)

闘う小林麻央さん!

小林麻央さん・・・
今、がんと闘っておられます。

ブログにその状況を綴っておられます。
こちら
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

ご主人の海老蔵さんのブログと共に自分も読者の一人です。

海老蔵さんは熊本県山鹿市の
昔ながらの芝居小屋「八千代座」での舞台を
毎年されていて、
山鹿市の温泉宿に宿泊されます。

先日のテレビ放送でも
時間にゆとりがあるのか
山鹿市でのインタビューが長く時間を割いていましたし、
奥さんの麻央さん、お嬢さん、息子さんも
山鹿市に来ていただいています。

そう、熊本と縁のある方なのです。

自分も山鹿市に職場がありますし、
お散歩されているお姿を拝見したことも何度かあります。
(プライベートの時間なのでお邪魔はしません)

そんな麻央さんが今、
そう、この今の時間も、闘っておられます。

ブログを拝見していますと
いつしか心が震えているのがわかります。

折れそうになる心を
御家族と共に奮い立たせ、
前へ進もうとされています。

同じような境遇で病と闘っていらっしゃる方も
たくさんいらっしゃることと思います。

生きる・・・

自分には応援の声を届けるしかありませんが、
そうやって生きようとされる姿は
たくましく、そして、尊敬せずにはいられません。

少しでも寄り添いたい・・・その一念です。

前へ、前へ進みましょう!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索