パナソニック Panasonic_ Feed

2018年2月23日 (金)

白物家電も!Made in World・・・

かつて日本製品が世界を席巻していた頃

Made in Japan

は大きなトレードマークになっていました。

今でもその名残はありますが、
もう「昔はこうだったよな・・・」的な
感傷的なフレーズに浸っていては
自分がおまんまを食べられない時代になってきましたね。

もう皆さんお気付きのように
私たちが使っているもの
身に付けているものの多くは
ブランド名はいろいろありますが、
製造している国は多種多様であり、
Made in ほにゃらら は意味をなさなくなってきています。

ま、食品は最後の砦ですけどね。

まさに
Made in World

では、これまでの加工貿易を中心とした形態を
ガラリと変えることができるかと言えば、そうはいきません。

では、日本の産業の根幹である製造業を中心とした産業はどうしたらいいんでしょう?

私もない頭をひねっていろいろと情報を集め、
考えています。
だって、これからの世代にキャリア教育を勧めているのですから。

先日のYahoo!のニュースに一つの方向性が出ていましたね。

それはこちらのニュースです。

東洋経済オンラインの記事

パナ「美髪ドライヤー」1000万台ヒットの理由
2/18(日) 6:00配信


松下電器産業
ナショナル
パナソニック

日本の経営でも
松下幸之助さんは今でも手本となるところがあります。

うちは
たまたまでしょうが、
見直してみると
ほぼすべての家電がパナソニックなんです。

異なるのは、デジイチがSONYで
パソコン、スマホがアップルで・・・
ってな具合です。

パナソニックって、日本の白物家電の雄ですよね。

そのパナソニックがアジアに市場を開いていこうとしている。

これまでもその動きはあったのですが、
その良さがアジアの経済発展と共に
認められているのです。

その根拠は
「製品にうるさい日本人の目にかなった製品」
と言えるのではないでしょうか。

企業のマーケティングは
経済発展いちぢるしいアジア、アフリカ諸国の
ニーズをうまくつかみ
テスターとしての日本人をうまく利用しながら
活路を見出そうとしています。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索