HONDA Feed

2018年7月13日 (金)

原付免許で110CC程度のバイクに乗れるようにしたら良いのに!

かつて自分の家にはお袋が乗る50CCのホンダ・スーパーカブがありました。
自分も乗ることがあって低燃費でよく走りました。壊れもせず。

日本にはスーパーカブという素晴らしいバイクがある!

これは自分の一つの誇りでもあります。

でも、世界との認識の違いをベトナム生活で知りました。

かの国にはChinaの影響もあってか、
HONGAなどのシールを貼ったまがい物もあるくらい
HONDAのブランドイメージはとても高いものがあります。

ある日、ベトナムでの友人のロンさんと話していて
バイクの話になりました。

私「おっ、カブじゃん!とっても良いバイクだよね」
ロンさん「うん。HONDAって人気だし。」
私「でも、ロンさん、乗ってるバイクはHONDAだけどカブじゃないね」
ロンさん「カブは良いバイクだけど、50CCじゃ、パワーがないからダメだよ」
私「そんなにパワーが要るの?」
ロンさん「だって、家族で一度に4〜5人、乗ることがあるからね〜」
私「そうか!だから、110CCなんだ!」

そこで、国沢師匠の記事・・・

災害に備え12万円で買えるバイクなどいかがか?

こんなに安価で良いバイクがあるなら
じゃんじゃん日本にも入れれば良いのに!って思います。

でも、そうなると・・・

高価なバイクと安価なバイクが日本で競合して
互いにパイを食い合うかもと心配になります。

ですから、乗ることができる人口を増やした方が良いと思います。

若者が・・・って心配する向きもありますが、
もう若者の人口はあてにならないくらい減っています。
それに18歳で成人ですもんね。

50CCというジャンルは残しつつ
110くらいまでは原付免許で可能という仕組みまで広げて欲しい。

それは、660CCという軽自動車も同じです。

海外展開まで考えると1000CC以下ぐらいにもっていかないと
海外では勝てないのではと考えます。

もう良いんじゃないかな。そんな時期に来てるんじゃないかなって
考えています。皆さんは?

2018年2月24日 (土)

おめでとう ホンダ・ジェット!

すみませんm(_ _)m
うっかり更新のボタンを押していませんでした。
今から今日の更新です。


ホンダジェットがやりましたね!
小型ビジネスジェットの納入数で
セスナのサイテーションM2を超えて世界一になったんですよね!

ソースはこちらの記事
ホンダジェット、年間で世界1位に。小型ビジネスジェット機の納入数でセスナ抜く

こちらがサイテーションM2

20180224_00536
写真はこちらのセスナ社のサイトから

そして、話題となっているホンダジェットのYoutubeのCM

Youtubeビデオはこちら

20180224_00158
写真はそのビデオから

このビデオも凝った作りになっています。
それを表すのが
ビルの谷間を舞い上がるホンダジェットが
ビルのガラス窓に映っていますよね。
丁寧に作ってあります。

ここ2年ほど、F1では厳しい結果しか残せなかった
ホンダですが、
このジェットのように大空高く舞い上がり
ホンダの強さをF1でも見せて欲しい。

今年はF1もホンダはやってくれるかもしれません。

2018年1月20日 (土)

覚えていますよ シティR 徳大寺さんの記事

僕が人生で一番最初に買ったクルマが
HONDAのシティRです。

バイトにバイトを重ね、中古で買いました。
このクルマを買ったセールスさんとは今もお付き合いがあります。
今でも「◎◎くん!」って呼んでくださいます。

そのシティRに関して懐かしい徳大寺さんの記事を
ベストカーのWebが公開してくれています。

こちら

革新のトールボーイ ホンダシティに徳大寺有恒が乗った - ベストカー

うん。懐かしい。
僕はこの記事を読んでシティへの興味が高まり、
赤いスターレットKP61と思い悩み、
シティRにしたのでした。

今では軽自動車の方が大きいけど、面白いクルマでした。
ホイールベースが短いので
乗り心地はあまり良くなく、コーナーではトリッキーな動きをしました。
でも、当時は広い空間を持っていて、
車内に収納がいっぱいあって、ポケッテリアと
HONDAは呼んでいましたっけ。

徳大寺さんも書いておられるように
HONDAって低いクルマが好きでしたが、
ここで一気に変化したわけです。
このあと、ターボ、ターボⅡと進化していきましたよね。

でも、やっぱりHONDA・・・
この次のシティは一転してロー&ワイド・・・。
ここまで変えなくても・・・って当時思いましたね。

懐かしい。

考えてみれば、ベストカーって
徳大寺さんの貴重な資料をたっくさんもっているわけで、
それは大きな資産です。

2018年1月 1日 (月)

枠にはまるな 今年もそんな年に!

昨夜は
同級生のウッチャンが紅白でがんばっていました。
とある学校の記念式典では
生い立ちの写真を一緒に選んだこともあります。
いやあ、ウッチャン!がんばってたなぁ。
元気をいっぱいありがとう。

さて、2018年、平成30年になりました。

新年あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

皆さんはどんなお正月をお迎えですか?

お仕事の方もいらっしゃることでしょう。
お疲れさまです。
皆さんのおかげです。

タイトルは2013年のHONDAのキャッチフレーズ
懐かしく思いだした方もいらっしゃることでしょう。

僕は、今年も、やっぱりこのスタイルでいこうと思います。

常識を疑い、前年踏襲をやめて、前へ進む!

そんな仕事でありたいと思います。

懐かしい動画「枠にはまるな」はこちらの
youtubeのHONDA Movie から

2013東京モーターショー「枠にはまるな。」コンセプト映像

写真はその動画から!

20171231_224643

2017年12月26日 (火)

シビックタイプR UKモデルとの差は安全装備にあり!

気になるクルマの筆頭がシビックタイプR・・・。
でも、運転支援システムが・・・ない。
V37スカイライン・ハイブリッドに乗っていて、
この自動ブレーキやアダプティブクルコンなどの運転支援システムは
どうしても譲れない装備なんですよね。

そういやあ、タイプRはUKから輸入車だったよなあ・・・って
ホンダUKのサイトを見たら・・・

こちらがホンダUKのサイト

すると・・・

20171225_161725

あるんですよ。

自動ブレーキ技術

交通標識を認識する技術、
レーンキープ警報、
アダプティブクルコンも?・・・。

なんで装備しないんだろう。
自慢のホンダセンシングを・・・。

そうしてくれると
スポーティな走りも安全な運転もできますよ!って
アピールできるのにな・・・。

V37スカイライン・ハイブリッドと同じか
それを越えていく技術なら僕は動くのにな・・・。

本田技研工業さん!
シビックタイプRってとても高評価!
安全面も手抜かりなし!って企業イメージもアップでしょ?
よろしく頼みます。
僕はせっせとお金を貯めたいと思います。

2017年12月25日 (月)

メリークリスマス & 今一番気になるクルマ

皆さん!メリークリスマス!

実は今、とっても気になっているクルマがあるんです。

それは!

ホンダ シビック タイプR です。
6MTというもの良いですよね。
シフトダウン時にはブリッピングもしてくれるし・・・
自分がもったクルマの中では、VWのトゥーランが回転あわせをやってくれていました。
それは気持ちが良いんですよね。

シビックタイプRの評判はいいし・・・

国沢師匠の記事はこちら

シビック・タイプRのサーキット&一般道試乗動画


本田技研工業のある熊本県民だし・・・
試乗しに行ってこようかな。

でも、4人乗りだし・・・
デザインは若者向けだし・・・
まずもっと先立つものがないし・・・。
子どもたちが学業を終えるまでの我慢ですかね。
MT車には死ぬ前に一度乗っておきたいなぁ・・・。



昨日は毎年我が家では恒例となったケーキ作りに頑張りました。

Img_2265

Img_5792

Img_0247

2017年12月14日 (木)

なんだかつまらないな COTY

COTYの大賞がVOLVOのXC60に決まりましたね。
このVOLVOの受賞に「何でだろ?」って思った方も多いかと思います。

でも、何でだろ?

VWのゴルフも取っただろ!って言われたらそうなんですけど。

結構な価格のクルマに賞をあげたって、販売が伸びるとも思えません。
日本の皆さんがそう買えるわけでもないのに。

このクルマを買おう!って、気持ちが生まれない・・・

評判の良かったN-BOXは多くの1位を獲得したのに
伸びなかった・・・。

N-BOXあたりが今の日本の経済においても
ちょうど良かったのに・・・。

ヒョーロンカの皆さんはどこを向いている?
自動車産業を盛り上げたいんじゃないの?

国沢師匠の記事によれば
ホンダそのものへの気持ちが問題なのかもって・・・。

COTYの投票数を分析したら、あらまぁ!(11日)


そんなおべっかを使った企業が受賞するの?
または
企業姿勢が得票を左右するの?

COTYってそんなもん?

これじゃあ、つまらない。
賞をもらっても、誰も振り向かない。

2017年11月27日 (月)

CIVICはその地位を取り戻すのか!

ホンダのCIVICが今のところ、好調な滑り出しを示していますね。

東洋経済オンラインも記事にしています。

こちら

復活シビック「予想裏切る好発進」が示す意

この記者もかつて私たち昭和のヲヂサンたちが
若かりし頃のワンダー、そして、グランドといった大成功した
憧れのシビックの再来と喜んでいるのかもしれません。

こちらがホンダのシビックのアーカイブサイトです。

写真はこのサイトから

これはワンダー

20171126_215843
20171126_220202
これはグランド

20171126_220213これもワンダーですよね。

懐かしいですよね。
MTが売れているのも面白いなって思います。

自分は今のシビックから
かつての高揚感をもつことはありません。
なんかガンダムチックなんですもん。
かつてのスマートさが感じられないから。

セダンなら・・・断然、V37スカイラインのデザインが好きです。
今のセダン界では屈指のデザインだと惚れ込んでいるんです。

それでもシビックがこれだけ話題になる
または話題性をもっているとしたら、
面白いことです。

いつものようになりますが、
クルマ界を元気づけてくれたら良いなって思います。

2017年11月 5日 (日)

充電時間の短縮へ向けて EV関連産業の育成も

新型リーフの充電時間がけっこうかかっていることを
先日の永田さんとのやり取りからお伝えしたところです。

初期型や中期型リーフの24kWhのバッテリーって
家庭での充電が3kWh×8時間でちょうど良かったんですよね。

ところが、30となり、40ですから!

新型のリーフでバッテリー残量が厳しくなって
家庭で充電する場合、お得な深夜時間帯では
充電が終わらない場合も出てきますよね。
それで、6kW充電ができるようにオプションがあります。

20171104_231832



日経にはこんな記事がありました。

ホンダ、EV充電時間半減 : 日本経済新聞

この記事の中には日産自動車も同様に動いているようです。

今後は急速充電器の増加とともに
その容量を大きくすることも必要になります。

やれやれと言いたくなりますが、
これによってEVの製造業の裾野が広がるわけですから
国内産業の育成にもつながります。

2017年9月28日 (木)

日本に、熊本にカブが帰ってきた!

昨日の地元紙「熊本日日新聞」の朝刊1面は
次のようなタイトルでした。

スーパーカブ熊本回帰
中国から生産移管 11月に新型車
ホンダ

写真はぼかしています。

Snapseed
熊本は阿蘇のふもとに本田技研工業の工場があり、
一大企業城下町が形成されています。

自分も学生の頃、
部品を納入している協力工場について
徹底的に取材をして、論文を書いたことがありましたっけ。

価格はついに20万円を超えて
23万円になってしまう(50CC)という・・・
ちとお高い・・・
生産拠点を中国から移しても
値段はやっぱり上がるのね・・・なのですが、
自分も学生の頃に乗ったことのある
スーパーカブが日本に帰ってきて
それも熊本で生産されるって、うれしいな。

新しいカブ・・・もしお買い求めの際は
熊本の阿蘇のふもとで生まれたバイク!です。

熊本地震の復旧復興を乗せて走ります!
可愛がってあげてください。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索