燃料電池自動車 Feed

2016年10月26日 (水)

ややっ!師匠!!モンテカルロを走る!MIRAIのラリーカー

国沢師匠がご自分のMIRAIを喜多見さんとともに
ラリーカーに仕上げて、ドイツWRCへ!

オフィシャルカー、そして、
セレモニアルスタートのファーストカーに選出されたのは
昨年の8月のこと。

当時、ドイツでもこの水素燃料電池自動車は
大きく取り上げられていました。
国沢師匠のミライ・ラリーは
植草さんのボディデカールがバッチリ決まって、
大人気だったんですよね。

こちらが当時の記事です。

セレモニアルスタートは何とファーストカー!(21日)

これに刺激を受けた人が多くいたのだと思います。
AutoBlogGreenにこんな記事がありました!



eラリーにMIRAIのラリーカーが登場して、
ルノーのZOEを従えて、勝っちゃってます!!

記事にあるように
欧州のラリーにおいて
本格参戦となったわけで、
「ロールアウト」って表現されています。

ですから、これからのクルマではあるのですが、
このトヨタの最新のテクノロジーを集積させた
MIRAIが欧州において、広く認知されていけば
VWやBMW、メルセデスなどのドイツ勢や
ジャガーやランドローバーといったイギリス勢
そして、フランスやイタリアのメーカーも
大きな刺激を受けていると思うのです。

そうなると、相手を同じ土俵に引っ張り出せるわけで、
このeラリーも盛り上がって欲しいなって思ったところでーす!

AutoBlogさんは
こちらの

MIRAI NEWS

なるコーナーを用意されています。
こちらもどうぞ!!

2016年10月14日 (金)

欧州はディーゼルから脱却できるのか?

AutoBlogにこんな記事が・・・

Germany calls for a ban on combustion engine cars by 2030

なになに・・・
ドイツは2030年までに内燃機関のクルマは禁止?!
とな!

裾野の広い自動車産業は
多くの技術の集積の上に成り立つので
国を挙げて支援しないと・・・って昨日書きましたが、
ドイツはやりますな。

国を挙げてVWの不正問題を乗り越える?のでしょうか?
そのためのこの矢継ぎ早のEV発表?!
そんな見方もできるなって思っています。

でも、アウトバーンといった国境をクルマで超えていくという
クルマの地位や責任、役割の高い欧州で
EVが確固たる地位を築くまではまだ時間がかかると思います。

アメリカは「はぁ?」みたいに思っているでしょうし、
中国も本音は「理想はそうだけど」ではないかと。
インドだって、アフリカだって、
EVの便利さはわかるけど・・・インフラ整備等がね・・・
なのだと思うのですが。

それでもドイツというしたたかな国が
かつてのComboだ!チャデモだ!って
充電プラグで覇権争いをしたように、
EVにおいてもその地位を確保しようと動いていることが見えてきました。

さて、日本はどうする?
燃料電池電気自動車なの?
それはまたまた先の話だと思うのですが。

2016年10月 6日 (木)

BMWのi4登場!?i5も?!

BMW・・・
かつてはスポーティなセダンって
3、5、7 そして、クーペの6、8シリーズがありました。
ちなみに僕は3、5のシリーズをもっていました。

現在ではより販路を広げるために、
1、2、4などのシリーズを展開しています。

これは、より幅広く消費者のニーズに応えようという作戦。
ですよね。

そのBMWのEV or レンジエクステンダーは
i3やi8になりますよね。

i3はずんぐりむっくり、
i8は華麗なボディを纏っています。
ま、極端な差を用意した形になってしまいました。

AutoBlogGreenさんが
新しいBMWのEV関連のクルマを紹介しています。

こちら



この記事ではSUVにi5という名称を与えるみたいです。
そして、i3とi8の隙間を埋めるとして、
「i4」になるという話です。

リアのクォーターとリアのコンビランプの処理は、
まさにBMWのiシリーズであることを物語ります。

写真はAutoBlogGreenさんより!

20161005_231659

20161005_231707

このクルマ、BMWらしく、スイスイ走り、クラス1の水準を確保したら、
オモシロイですよね。

2016年8月 7日 (日)

発見!福岡市内でMIRAIタクシー

昨日、娘が医療系の大学の体験講座を受講するというので、
その大学のある福岡市に行ってきました。

今、日本で最も若者が増えている街、福岡・博多あたり。
その言葉通り、元気がある街です。

また、海も近く、都市計画がうまくなされ、
幹線道路と都市高速道路のバランスも良く、
さらに、地下鉄と西鉄の電車やバスも連携して、
住みやすい、住んでみたくなるような街が形成されています。

僕も好きだな・・・フクオカ!

そんな街を百道(ももち)方面に走っていくと・・・
特徴的なリアスタイルのタクシーが目の前に滑り込んできました。

「ん?これは!!!」

そう、MIRAIのタクシー版だったのです。これには驚きました。

Fullsizerender_46

しばらく追走してみましたが、
見たかった排水は確認できず・・・。
暑かったしなぁ。

それでも、あのMIRAIが福岡市内を
平然と走っている姿って、うれしかったな。

2016年6月15日 (水)

クロームメッキのミライ in UK !!!!

トヨタの燃料電池電気自動車のMIRAI。

日本では国沢師匠が個人で購入されたMIRAIを
ラリーバージョンに手直しして、
ドイツWRCでも先導者をつとめられました。

きっと欧州トヨタは羨望の眼差しを注ぐとともに
やるきを掻き立てられたのではないでしょうか?

そんな動画がUK イギリスから届きましたよ!

なんと、なんと!
国沢師匠のMIRAIに対抗するために
彼らはMIRAIをクロームメッキバージョンにしたんです!

こちらがその動画。

Toyota Mirai - UK motorsport debut


写真はその動画から

Mirai
ソースはAutoBlogさん。


このthe Gurston Down の後には
あのグッドウッドがやってきます。
きっとUKのトヨタはこのメッキバージョンのMIRAIを持ち込むことでしょう。

それにしても、独特の音を響かせながら
燃料電池電気自動車としては
UK初のコース記録を作ったMIRAI。

グッドウッドでのデビューとその観客の反応が楽しみですね!

2016年6月 8日 (水)

祝!熊本県庁の水素ステーション オープン!

昨日の6月7日付けの
地元紙である熊本日日新聞にこんな記事が・・・

県庁に水素補給所
県内初 燃料電池車も導入

とあります。

そう、6月6日に水素ステーションの
開所式と納車式が
蒲島郁夫熊本県知事とホンダの池史彦会長の列席の下
行われたということです。

緑色の柵の中で点検等が進められていた
熊本初の水素ステーション。
これって、MIRAIが来たときは充電させてくれるのでしょうか。

たぶん、OKを出してくれると思いますが、
MIRAIのユーザーの方がいらっしゃったら、
ぜひ、熊本県庁の水素ステーションでの充填にチャレンジしてみてください!(^^)/

また、クルマの方ですが、
リース契約されたのはもちろん
ホンダのクラリティFC。

やはり、大津の本田技研がありますので、
昔っから熊本はホンダとのつながりが深い。

以前、ホンダのレジェンドが公用車でしたもんね。

九州の自治体では
福岡県、福岡市、北九州市、佐賀県、大分市が
FCVを導入しているとのこと。

今後、熊本県は試乗イベントなどを
開くということなので、その時はぜひ行ってみようと思います!

2016年5月13日 (金)

熊本県庁にクラリティ発見!

本日、復興支援の打合せが熊本県庁でありました。
会議を終えて、県庁から出ようとすると・・・

おやおや〜!!

ほぼ工事の終わった水素ステーションの前に
このクルマが!!!

Fullsizerender_24_2

そう!クラリティ!

Fullsizerender_25

けっこうカッコイイじゃん!って思った次第です。

乗ってみたいなぁ〜!

というところで、
いろいろと走り回っている毎日です!

行ってきます!

2016年5月 9日 (月)

熊本県庁に設置中の水素ステーション & 今日から本格的な支援へ

つい先日、熊本市に仕事で出かけた際に
熊本県庁に設置中の水素ステーションを見てきました。

こちら

Fullsizerender_21

Fullsizerender_23

Fullsizerender_22

ホンダになっていますよね。
これはやはり、クラリティが蒲島知事用の公用車になるのかな?
楽しみにしてます!


さてさて、

熊本地震、これまでボランティア等で
できるだけの支援をしてきました。

そして、これまでの自分の仕事を一段落させて、
今日から自分も終日、本格的に被災地の支援に入ることになりました。
支援の詳細はこれから行われる会議で決まります。

自分にどれだけのことができるかわかりませんし、
これまでの経験がどれだけ生かせるかもわかりません。

被災された皆さんに少しでもお役にたてればと
思っています。

このブログも更新できなくなる日が出てくるかも知れませんが
そんな時は支援に精を出しているんだなって
ご了承くださいますようお願いします。

また、更新できるときは、お伝えできる範囲になりますが、
生の声をお届けできたらと思います。

新しい出会いが待っているかと思うと
楽しみであり、そして、とても引き締まる思いです。

では!行ってきます!

2016年4月24日 (日)

想定外はないから・・・まだまだ油断できない&ホンダ・クラリティ

昨日あたりから
少し大きめの余震が減ってきました。
これは落ち着いてきたのかな・・・
って、2回目の震度7の地震「本震」が来ましたので
やはり不安。

こちらのウェザーニュースからも解説が出ています。
昨日22時現在のものです。

ここでも解説しておられるように
大きな揺れ、そのものが減っているだけで
地震の回数自体は減っていない。
だから、収束に向かっているとは言えません。

油断してはならないのです。
それがまた、緊張を生み、
ストレスにつながるので・・・嫌だな。

さてさて、
久しぶりにクルマのお話しもしないとね。
三菱自動車工業の不正問題が出てきて
VWと同列みたいになっていて、
そこまではないかなって思っています。
これはまた後日皆さんで考えることにして、
最近、気になっていたのは
師匠もレポートされていた
ホンダの燃料電池電気自動車であるクラリティのこと。

こちらが師匠の記事

ホンダ燃料電池車クラリティの一歩踏み込んだ試乗レポート

熊本県庁にも水素ステーション設置工事がされていて
もしかしたら、熊本県大津のホンダとの関係から
蒲島熊本県知事の公用車はクラリティになるのかなって
思っていて、気になるクルマなんです。

師匠はこのクラリティのデザインは
アメリカ向けでかっこよくない!って
書いておられて、デザイナーも認めるようなこと言ってたみたいですが。
(んなこと、言って良いの?)

同じ燃料電池電気自動車であるMIRAIと比較されますが、
自分はクラリティの方が落ち着いていて
いいかなって思います。
自分で所有するならクラリティだな・・・。

写真はこちらのホンダのサイトから

20160424_001035


実は自分はこのえんじ色
バーガンディ?のボディって
かっこいいかも?って思っています。
ブラックとか
濃い色は似合うって思うんですよね。
白はちょっとぼてっと見えてしまいますから
エアロパーツあたりで引き締めるといいかも?
皆さんはいかがでしょうか?

2016年3月28日 (月)

久々に息子とクルマ談義(^o^)/

昨日の夜、塾を終えた息子をリーフでお迎え。

お迎えのクルマが列をなす中、
すぐにリーフとわかった様子で走って乗り込んできました。

帰り道の前をフェアレディが少し大きめの排気音を響かせて走っています。

フェアレディのドライバーさんは
あまりアクセルを踏み込みたくないらしく
その前のクルマと間が空きがちでした。

と、少し車間が空きすぎたと思ったのでしょう。
排気音を響かせて、アクセルON!
こっちも合わせてDモードで加速しました。

息子「やっぱ、リーフの加速は違うわ」
私「うん。スカイラインとも違うんだよね」
息子「独特のカーブでGが盛り上がるよね!」
私「フェアレディよりも一瞬の立ち上がりパワーはあるかも?」
私「初期型のリーフってモータも違うしね。
  2、3世代より、ちょっとパワーがあるみたいだよ。」
息子「(^o^)」

その後もスムーズな加速で、Dモードを楽しみながら
帰りました。

いつもながら、このEVのスムーズさって
他では味わえないなって思います。

ねっ。ユーザーの皆さんはお感じでしょ?

国がEV用の充電器の整備を進める一方、
水素ステーションの設備拡充を加速させるって
ニュースで見ました。

どうでしょう?
2020年がひとつのマークになっていますが、
それまでにFCVの普及を加速させることが出来るでしょうか?

自分はEVとPHVは
すっかり市民権を得ているように思います。
どちらかというとPHVだらけになっているんじゃないかと。
それだけ、「プリウス」という
従来のセダンやハッチバック、SUVというカテゴリーと
同じく、「プリウス」というカテゴリーが出来てますからね。

そんなことも息子と会話が出来ます。
イニDもそうですが、クールな息子は実はクルマが好きみたい(^o^)/

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索