電気自動車 EV Feed

2017年10月 6日 (金)

ん?何か届いた・・・グリーン・リンケージ倶楽部??

昨日、自宅に往復はがきが届きました。
ん?なになに?
グリーン・リンケージ倶楽部・・・。

きっと同じハガキが先代リーフの初期型を買われた方々に届いているかと思います。
対象者は
「平成23年度および平成24年度の電気自動車」の補助金を利用された方
となっています。

こちらがグリーン・リンケージ倶楽部へのリンクです。

リンク先は「環境経済株式会社」。

このように説明してあります。
・・・経済産業省では、平成25年度より、
国内の地球温暖化対策の一つとして、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用による温室効果ガスの排出削減量等をクレジットして国が認証する「J-クレジット制度」を実施しています。(中略)J-グリーン・リンケージ倶楽部はJ-クレジット制度(※1)に則った排出削減プロジェクトで、こうした要件を満たす為に、補助金の申請時に誰でも入会できる、国が用意したプロジェクトです。・・・


J-クレジット制度はこちら

補助金でお世話になっている
次世代自動車振興センターの総本山でもあるわけです。
いや、総本山は経産省ですね。

往復はがきで報告する内容は
・会員番号
・補助金が公布されたクルマのナンバー
・現在の所有の有無
・上記質問が「有」だったら、他のCO2削減プロジェクトへの入会の有無
となっていました。

その後、モニター調査(1日の走行メーターの写真を送る)があるかも?
ってかいてありました。

それについては先のグリーン・リンケージ倶楽部のサイトに

・・・本事業では、これらの個人向け温室効果ガスの排出削減活動の取りまとめを行うとともに、制度参加者に対してアンケートを実施する事で、より効果的な個人向け排出削減活動へ向けて展開を図ります。・・・

とありますので、その一環なのでしょう。

集約するデータがこれくらいで良いのかな?って思いますが、
ま、それはこの団体にお任せしましょう。

地球温暖化を飲み込んでしまうほどの
大規模な気候変動が起きていますよね。

みんなが安全で安心に暮らせる世が一番なのですけどね。

2017年10月 2日 (月)

リーフ30で超ロングドライブ!

リーフ30の大幅値引きを紹介した私の友人。
リーフをとっても気に入ってくれています。
普段は奥様が使っておられますが、
アクセルワークがとってもお上手なのでしょう。
電費はほぼ10を指しています。

その友人が先日の連休でロングドライブを敢行!!

なーんと、熊本から秋田までリーフで行ってきた!
っていうんですから、驚きました!

お子さんとの超ロングドライブ!

秋田で用を済ませた後、岩手に回って
被災地を巡り、大川小学校でも手を合わせてきたと
話をしてくれました。

どうでした?リーフは!?

100〜150㎞ぐらいで充電を続けながら相当なペースで走ったそうですが、
疲れしらずで快適だった!
とのこと。

旅の話はリーフのことよりも
秋田や岩手などの話が中心になりましたから、
いかにリーフの旅が快適でスムーズだったのかを
物語っていました。

それにしても秋田までって凄い!

バッテリー容量がもっと増えると
そんな旅を楽しみたい人がもっともっと増えるのではないかと思います。

って、僕もやってみたいな・・・
リーフの60で!!(^o^)

2017年10月 1日 (日)

見てきました。新型リーフ・・・。

いよいよ10月になりましたね!
神無月です。
早いなぁ・・・ほんと早っ!

さてさて、新型のリーフを見てきました。
もう写真はいっぱい上がっているので写真は撮らず・・・。
やっぱり、写真家が意図的に撮った写真ではなくて
自分で確かめないといかんですね。

結論から・・・
ビッグマイチェンじゃん!って声や
先代の方が個性的って声が上がるのはよーくわかりました。

立ってみているとそう感じませんが、
椅子に座って眺めてみると見えてきます。

やっぱり全体的にあんまり変わっていない。

特にドアはそのまんま。

フロントが低くなった・・・って声がありますが、
いや、変わっていないでしょって思います。
Vモーションのところは違います。
しかし、Vモーションから左右に広がり、
ボンネットに上がってくる際に
ちょうどボンネットの両端が持ち上がりますが、
そのラインと
先代のリーフのでっかい空力ライトのラインが重なるのです。
そう!イメージは変わらない。
いや、ボンネットそのもののラインになったので
余計、厚ぼったく感じました。

ルーフラインやドアへと続くラインもほぼそのまんま。

もっとも変わったのはリアで
ちょっと延長されて、あのカボチャの馬車風の丸っこいラインが
端正なラインに変わっています。
ここが最大のポイントだったのですが、V40と似てるという点が痛かった(^^;)

内装は、ま、いいんじゃないですか。
とにかくあまり奇をてらったデザインにはなっていません。
集約するってことも操作性の向上からするといいね!なのですが・・・。

LeafSPYみたいなアプリがあるくらいですから
それに見合った表示モードでもあると面白かったかも(^^;)

試乗はできませんでしたが、
リーフ30のエアロでも見劣りはしませんでした。

(やせ我慢じゃないですよ〜)

フロントのエアロの形が好きなのですが、
やっぱり新型って、ニスモや60kWh版が本命なのだと思います。

さてさて、いろいろとニュースが流れていますが、
このリーフ、売れ行きが好調であるといいな!
皆さん、電気自動車を楽しんでください!
秋のドライブシーズン、快適です!

2017年9月21日 (木)

よかった!売れてるよ!新型リーフ!(^o^)/

新型リーフが予想以上に売れているみたいです!

こちらの記事

<日産>新型リーフ本格生産開始式典 受注は4000台超

9/19(火) 19:34配信


記事から引用させていただきますと
・・・日産自動車は19日、10月2日発売する新型の電気自動車(EV)「リーフ」の本格生産開始を記念する式典を同社追浜工場(神奈川県横須賀市)で開いた。西川広人社長は式典で新型リーフの受注が4000台を超えたと・・・

キリッとした顔とお尻のデザインは
フツーになったとも言われますが、
その「フツー」がとっても大事。
「フツー」であった、ちょっぴりスパイスがきいて、
「これだったら、乗れるね!」みたいな
感覚がとっても大事かと。

ただ、ちょっと心配なのは
先代のリーフも発表時に大きな反響を呼び、
バックオーダーを抱えて
納車まで相当な時間がかかったことを覚えていらっしゃいますでしょうか?

だから、この新型リーフも
登場した今がそれだけの受注を抱えたとしても
それが1年後、2年後にどうなっているかはわかりません。

もしかして来年出るという60kWhのモデルは
それを見越しているのかもしれません。

2017年9月12日 (火)

新型リーフのニスモ?!

昨日、リーフの60やニスモバージョンが
本命ではないかと書きましたけど、
やっぱり、それを期待する人は世界中にいるみたいです。

いつものAutoBlogGreenさんにまあかっこいい新型のリーフ・ニスモの予想図が出ています。

こちらの記事

Want a Nismo next-gen Nissan Leaf? Here's what it could be like

写真はこの記事から!

20170911_223643

20170911_223652
ニスモって赤いラインですが、
この青もありですよね。

リップスポイラー、
ブレーキキャリパー、
カーボンミラーのキャップ、
リアのダブルスポイラー、
同じくリアのディフューザー・・・

ねっ!
こりゃ、格好いい!
すごい!
これなら欲しい!
V37スカイライン・ハイブリッドを売り払っても良い!って思っちゃいました。

2017年9月11日 (月)

そう400㎞・・・でも、60待ち! 新型リーフ

新型リーフは走行可能距離を400㎞って打ち出しています。
でも、それはJC08なので、
やはりEPAの240㎞程度が実用の走行可能距離だと思います。

でもね、補助金が1㎞あたり1000円なので、
400㎞で40万円!
すこしても割安感を出すためには
できるだけ長い距離を提示しないとあかんわけです。

私たち初期型からのオーナーは
リーフのだいたいの走行距離がわかりますので、
たとえ新型リーフを買って、運転席に座って
走行可能距離の表示を見ても、こんなもんだよねって。

しかし、初めてのオーナーさんは「こりゃなんだ!!」って
気持ちになるかもなぁって心配してしまいます。

売れるかなぁ・・・
リーフのオーナーとしては
売れて欲しい!
EVの市場価値をもっと高めて欲しい!って心底思います。

中古車価格も安定しますしね。

市場原理が相応的にバランスされて欲しいんです。

おまえ買うか!?

って聞かれたら・・・
もうちょっとグレードや装備、追加モデルが整理されないと・・・って思います。

そう、自分は結論が出ていて、
来年の60kWhのモデル待ちです。
そして、エアロモデルも!

それから気になっているのは
セレナのe-Powerのリリースがアナウンスされないこと
面白そうなんですけどね〜。
大丈夫でしょうかね。
その仕上げに苦労してるって耳にしましたけど。

2017年9月10日 (日)

新型リーフ Kindle版で読もうっと!

昨日は自閉症スペクトラム症などの特性をもった子供たちへの
支援ツールとしてのiPadの活用について講習会をしました。
参加されるお母様方の熱意と学ぶ姿勢にこちらが学ぶことができました。

皆さん!お疲れさまでした。



さてさて、今日もちとバタバタするので、
ディーラーには行けないだろうな・・・。

ってことで、リーフのカタログがKindle版でダウンロード可能です。

実はセレナもiPad版をダウンロードしていましたしね。

以下の写真はいずれもiPad Pro 12,9にダウンロードした
新型リーフのカタログからの引用です。

Photo

Leaf002Leaf003_2子供たちの感想は!
「かっこよくなったね!」でした。
でも、すかさず、ボルボの40と同じリアじゃん!

するどいな子供たちは!

iPad12.9インチでじっくり読みます!

2017年9月 8日 (金)

新型リーフ みなさんどうします

ブログについて、
いろいろとご意見をいただいています。
ありがとうございますm(_ _)m

もうね、皆さんのお言葉にただただ頭が下がります。
こんな拙文にほんとにありがたいお言葉をありがとうございます。

新型のリーフが出てきたからこそ、
僕たち初期型からのオーナーは日産のEVの
これまで

これからを語っていかねばならないのかもしれません。

ね、shinさん。


新型リーフ、
このブログにもよく来られている「K」さんはもう発注した!
というコメントをいただきました。

すごい!

ネットにもいろんな意見があったり、
自動パーキングについての動画がアップされていたり、
ワンサカ情報が出てきています。
購入をお考えの方はチェックされているでしょう。

また、初期型リーフを大切に乗ってこられた方は
これを機に買い換えをされるでしょうしね。

走行可能距離はJC08では400㎞ですが、
これは残念ながらEPA240㎞程度が正解だと思います。

ロイター通信の記事

日産、新型リーフ航続距離400キロ 価格は旧型と同水準に - ロイター

400って数字をまともに受け止める・・・
これまでEVに乗ったことがない方は信じちゃうでしょう。
これまでのリーフを販売してきたディーラーは
よもや「400㎞走ります!」って売り文句にしてないと思います。

初期型や中期型からのオーナーの買い換えは
きっと安心されると思います。
その進化にもほれぼれでしょう!

リーフ30の最終型を今年に入って買った方は
新車のリーフ30の場合、
大幅値引きとリーフの下取り査定アップなどの好条件があったでしょうし、
中古車の場合は、新車に比べて大きな値下がりをお買い得と判断された方もいらっしゃるでしょう。

リーフ30のユーザーはお金に余裕のある人は買い換えも検討されるでしょうが、
ま、ふつーはなかなかねぇ。

この新しいリーフを買う方は
新規のEVユーザーよりもリーフの買い換えの人が多いのではないかと思いますが、
どうなんでしょう?

このあたりも今度ディーラーに行って、試乗がてら聞いてこようと思っています。

最後に、先代リーフのエアロスタイルに乗っている自分やshinさんの場合、
やっぱり、意外とエアロスタイルってまだまだいけるじゃん!って
思っているんです。
北海道のshinさん!「ですよね〜(^o^)」

この新型を買おうとする方にとっては
余計なこと!って叱られちゃうかもしれませんが、
やっぱり、
1〜1年半ぐらいで出てくる60kWhモデルと
新型リーフの販売状況を見て、間違いなく投入される
ニスモかオーテックのエアロスタイルモデルが
もしかしたら、「本命」かもしれません。

2017年9月 6日 (水)

意外ともつんだな!テスラのバッテリー!!

本日、新しいリーフが発表されますね。
自分は仕事ですし、夕方も余裕がないので、
ディーラーにいくことができません。
今週は無理かな?週末も日曜日だったら行けるかも?
でも、たくさんお客さんが来るだろうから
やめとこうかと思っています。
北海道のshinさんのブログを楽しみにしていましょうかね。

さて、EVのバッテリーといえば、課題は「劣化」。
自分も初期型リーフで痛い目に遭いました。

V37スカイライン・ハイブリッドに乗る自分には
気になるのが・・・テスラなんです。

このテスラのバッテリー(パナソニック)はどうかといいますと・・・
意外に優秀であることがわかってきました。

ええっ!25万㎞も走って90%を保っている!

ソースはこちらです。

テスラ・モデルSの寿命を決め得る「バッテリー」の劣化具合はどれくらいなのか?

いや〜!とっても優秀です。
テスラのタクシーも20万㎞走って元気だと言いますし・・・。

日産自動車さん・・・初期型リーフは見切り発車だったでしょ?!
って、マジで思ってしまいます。

リーフ30は初期型とはまるで別物のバッテリーの様子なので、
きっと新型リーフも良いバッテリーを積んでいると思われます!

テスラ・・・いいなぁ。
買うならこっちかもね。

2017年9月 5日 (火)

いよいよ明日です New 日産リーフ!

9月6日が明日に迫ってきました。
ショールームによっては
ベールに包まれたリーフもあるようで、
やっとこさ、その姿を現します。

北海道のリーフオーナーのshinさんも
ご自分のブログに書いておられるように
初期型からのオーナーはいろんな気持ちで
この発表を迎えているのです。

shinさんのブログはこちらです。

新型日産リーフをどうみる? 発表2日前 一番気になるのは やっぱり 実際の走行可能距離?

たぶんね、新型リーフって
補助金が40万円ですから、
JC08の走行可能距離は400㎞って宣伝するでしょう。

でもね、たぶん、実際は250㎞程度で
280㎞行けば良い方じゃないかなって思っています。
エアコンとかもガンガン効かせた場合ね。

僕が書いていることが杞憂に終わって、
300㎞もらくらくじゃん!ってなったら、
それは凄い!し、そうなってほしいって思います。

それがEVに対するイメージの刷新に繋がるからです。

EVへのネガティブなイメージを
このNewモデルは払拭できるのか・・・

それがとっても楽しみ。

それと、スタイル!
でもね、shinさんも書いていたけど
僕たちエアロスタイルって好きなんだよなぁ(^^;)

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索