ハイブリッドやPHV Feed

2017年10月10日 (火)

12月!V37スカイラインのマイチェン!!

すみません。
ついつい、いろいろあって・・・。
V37スカイラインのマイチェンにも触れとかなきゃm(_ _)m

東京モーターショーにV37スカイラインのマイチェン版が
登場しますよね。

日産自動車も公式サイトでアナウンスしています。

こちらですよね。

こちらが日産の公式サイト

写真はこのサイトから

20171009_211702
でもまあ、なんでブラウンの色なのでしょう?
うーん、わからん。
落ち着いた色ではあるんですが、ショーモデルですからねぇ。
もうちょっと華が欲しいなあ。
グリル下が大人しくなっているしねぇ。
せっかくのモデルなのにな。

米国のインフィニティQ50は赤で攻めていますけど・・・。

このあたりがなーんかユーザーとのズレを感じるんですよね。

ライバルであるクラウンやマークXがアピールする方向性を
横で睨みながら、もっと上を突っ走って欲しいって思うのは僕だけでしょうか?

12月の発売の頃にはピリリとしたCMを期待しています。

東京モーターショーに行かれる皆さん!
直接の声が一番です。
日産のブースでスカイラインの宣伝をもっと楽しく!!って
スタッフの方に伝えてくださいm(_ _)m

2017年10月 4日 (水)

V37スカイラインのリコールとメンテプロパック

たぶん来るだろう
V37スカイライン・ハイブリッド

リーフ30のリコール

V37については
今度のオイル交換の際にでもって思っていましたが、
点検項目が車検並みになるみたいで
時間がかかることが予想されます。

こりゃ、代車の手配も頼むかな?

正直言って、面倒!

これはリコール対象の日産車のオーナーは皆思いますよね。

そうしたら
師匠から耳寄りな情報が!!

こちらの記事

日産の完成検査不正の件、日産車ユーザーは少しメリットあるかも

そうか!
車検と同じ点検項目なら、一緒にやっちゃえばいいのか・・・
って、一瞬お得なように思ったのですが、
考えてみるとメンテプロパックに入っていたのでした。
たしか車検付きだったと思います。
V37スカイラインはさらに5年、10万㎞の保証もありますしね。

来年の春の車検まで待とうかと思いましたが、
メンテプロパックがあるので、
仲良しのセールスさんと打ち合わせてみましょうかね。

1ヶ月もしないうちにリコールの連絡があるでしょう。

2017年9月25日 (月)

おおっ!チカラ入っているね!ボルボXC40

国沢師匠も購入予定としてその名前をあげた
ボルボのXC40!

相当、チカラの入ったモデルですね。

ソースはいつものAutoBlogGreenさん
こちらの記事

3 ways the Volvo XC40 is a game-changer


20170923_222955
写真はこの記事からですが、
やっぱりツートンカラーって流行るみたいね。
新型のリーフと似ているリアスタイルですが、
無骨というか質実剛健なボルボであっても
ちょっとおしゃれな内装になっています。
この内装はちょっといいかも!
カッチリしていて、クロームの使い方も大げさすぎずちょっとピリッとしてナイス!

スタイルは
ま、ボルボらしいと言えますよね。
でも、フロントデザインはよく考えられています。
SUVでは、車高が上がり、フロントが厚くなりますので
どのメーカーも苦心するとこです。
C-HRなんかは相当苦労したのでしょう(^^;)

この記事に添えられた写真を見ていくと
側面衝突の様子も掲載するなど
安全のボルボらしいですよね。

ま、自分は買えるわけではないですし、
ボルボって
買う直前まで行った 850 T5ーRのイメージがあって
それに恋い焦がれているんです(^^;)

2017年9月23日 (土)

異音の問題は難しいですよね V37スカイライン・ハイブリッド

今日はV37スカイライン・ハイブリッドの異音に関するコメントをいただいたので
そのお返事も兼ねて・・・

こちらが「をぐまろ」さんからのコメント
・・・以後ステアリングからの異音はどうなりましたか? 当方タボですが異音出っぱなしですw 舵角センサーかなDで交換してもらいましたがやはり鳴りやまず…あとリヤのボードあたりからジリジリって音が鳴りそれも原因不明のまま・・・

2017年9月22日 (金)

トヨタのGR旋風やいかに?

まずはこの写真から

20170921_230111
うん!なかなかかっこよい!

写真はこちらの
トヨタのGRのサイトから

特に気に入ったのは、プリウスPHVのGRモデル。

最近のキーンルックのトヨタ顔はどうも苦手でして、
カローラ、カムリ、プリウスやプリウスPHVは特にねぇ・・・。

モリゾウさんも同じだったのかもしれません。

走りを楽しむモリゾウ社長自らが
このGRには深く関わっておられるようです。

プリウスのPHVは先代から気になっているモデルなのですが、
EVとしては中途半端で
やっぱり、EVになりたかったけどね・・・みたいな
EVはまだ早いよ・・・みたいな

いろんな声がこのクルマからは聞こえてくるんです。

だから、走る!
それをイメージした!!
ってモデルGRは主張がハッキリしているから
ちょっと心ひかれるモデルになったと思っています。

2017年9月16日 (土)

あたりの柔らかいオールシーズンタイヤ V37スカイライン・ハイブリッド

台風が迫っています。
みなさん備えはいかがですか?

息子たちの学校は今日が体育大会。
しかし、学校は台風接近のため、午前中で終わる決定をされました。

想定外はなく、もし、体育大会を強行した場合、
屋外で突風でも吹いたら、大変なことになります。
こういった英断はこれからますます必要です。



さてさて・・・

先日交換したV37スカイライン・ハイブリッドのタイヤは
ダンロップのランフラットSP5000になります。
よく見るとM+Sというオールシーズンタイヤです。

ブロックパターンが細かで、柔らかく、
減りは速そうですが、それ以上の満足が得られています。

それは、路面の当たりがとてもスムーズで
ロードノイズも小さく、快適であること!です。

純正のランフラットの固い当たりとは大違い。

峠を攻めたりすれば、踏ん張りなどが懸念されますが、
もとよりそんなに攻めたりしませんし、
安全で快適に走ってくれれば、それで良いのです。

オールシーズンタイヤは
スタッドレスには遠く及ばない雪道性能で
いざという時を凌ぐくらいなのですが、
ランフラットなのに柔らかく快適という利点もあります。

だから、ちょっと涼しくなってきた今、
V37スカイライン・ハイブリッドはとってもスムーズに走っています。

2017年9月14日 (木)

気になるミニバン セレナe-Power

昨日もちらっと書いたセレナのe-Power。

東京モーターショーで紹介されるのでしょうかね?
値段がちと高めのセレナですが、
ノートの売れ行きを見て、
良心的な価格設定がされるといいなって思っています。

なんでミニバン?って思われた方もいらっしゃるかと思います。

リーフとスカイラインの2台体制の我が家なのですが、
最近80を越えたお袋がちょっと衰えてきたなって感じることです。

今のところ、リーフ、スカイラインの
前後どちらのシートにも
とりあえず、お袋は座ることができます。
まぁ、自分と一緒に栗の畑の草刈りなどもやっているぐらいですから
とっても元気。

でも、やがて・・・たぶん数年後ですが、
よっこらしょが
手を添えて、支えてクルマの乗り降り・・・ってなるだろうから
ミニバンが楽かなって思うのです。

10年くらい前に
105歳まで生きた祖父をメルセデスのV350に乗せたことを思い出します。
104歳くらいだった祖父の手をとり、支えながら、
スライドドアのステップの下に足を乗せる台を置いて、
ゆっくりと乗ることができました。
祖父の体力も凄いけど!

いずれ訪れるその時も考えたクルマ選びもしなくちゃなって思っています。
で、セレナのe-Powerも気になるってお話でした。

もちろん、e-NV200の進化版も気になりますよね。
30kWhの搭載を見送ったのですから、
新型のリーフ40kWhを搭載してモデルチェンジしても良いんですよね。
それに100Vの外部電源プラグを用意して・・・。

2017年9月 4日 (月)

ノートにインテリジェントクルーズもついた!

モデル末期と思われていた日産ノート。
e-Powerが絶好調ですが、
更に魅力的な装備が追加されましたね!

そう、インテリジェントクルーズ!!!!

記事はこちらのレスポンスさん

日産 ノート、安全性能向上…新グレード「ブラックアロー」を追加

V37スカイライン・ハイブリッドでも
このインテリジェントクルーズの便利さ、快適さは素晴らしく、
とっても運転が楽になります。

ノートにも同じような、あるいは進化したシステムが装備されたなら、
こりゃ、とっても魅力的です。

リーフ30にもこれがついていたなら、
もっとよかったのになって思っていたんです。

この装備が付いていると
ドライバーは前方車に合わせて
加減速を繰り返すクルマから自動ブレーキの安心感を感じます。

そう、普段はその自動ブレーキがどのように作動しているかはわかりません。
でも、インテリジェントクルーズの作動状況から
クルマが前方車の情報を収集し、加減速の制御をしているということが
はっきりわかるので、いざという時にクルマが支援してくれることを
ドライバーは実感できるのです。

スカイラインにも自動運転、プロパイロットはついていませんが、
すべてを任せるのはちょっとね・・・って
いう人にはこれくらいがちょうどいいかも?って思うんです。

V37スカイライン・ハイブリッドには
カメラとミリ波レーダーの両刀使いの運転支援システムがついていますので、
そこまでは達していませんが、十分な装備と言えます。

これでまたノートがライバルを突き放します。

ちょっと気になっているのは
現行のノートはモデル末期だったために、
たぶんシャシーなどのボディはもうとっくに元を取っていると思われます。
このまままだしばらくは延命して、利益を上げるのかな?
そうなると
マイクラの登場はさらに遅れるのでしょうか?
それから、ファン待望のセレナのe-Powerが遅れています。
それも待ち望むユーザーは多いけどな。

2017年8月27日 (日)

交換してよかった!タイヤ V37スカイライン・ハイブリッド

約5万㎞を走ってきたV37スカイライン・ハイブリッド。
ダンロップのランフラット050はまだまだ残っていましたが、
大径タイヤゆえ、ほんの少しの偏摩耗が周期する音が出てきていました。
値段の安いタイヤを探して、同じダンロップのランフラットで
別銘柄の5000に交換。

これが正解でした!

先も書いたように
このタイヤはブロックパターンが小さいのですが、
これが効いているのでしょう。

・ロードノイズが減った。
・路面の当たりが柔らかくなった。

よって、しなやかに走るんです。

これはバイワイヤのステアリングを握っていても
はっきりわかります。

ステアリングに添える手のひらも気持ちよい!

一つ気になるのは純正との経年変化の違いです。
摩耗やフィールの変化が早期に現れるのでしょうか?

とりあえず、今は絶好調なので、大満足で乗っています。

しなやかにシャキッと走るってとっても大事ですよね。
雨中でも安心ですしね!

2017年8月25日 (金)

自分で乗って確かめるべし!V37スカイライン・ハイブリッド

V37スカイライン・ハイブリッドには
いろんな機能が付いています。

発表から数年経ちますが、
運転支援システムについてはまだまだトップクラス。

一台前のクルマの動きを把握して
そのクルマが右左折のためにブレーキをかけたとき、
前のクルマよりも先にブレーキをかけるという
素晴らしい制御をしてくれます。
このおかげで、何度か助かったことがあります。

また、DAS(ステアリングバイワイヤ)も
違和感なく、逆に便利であり、スポーティな走りも
街乗りも得意です。

さらに、レーダークルコンもしっかりしていて、
カルガモ走行も楽々。
追従して走り、前走車に合わせて停止するブレーキも
とっても上手です。

このデカいエンジンでも
自分のような田舎道で
省エネ運転をすれば、リッター17㎞ぐらいは余裕で走ります。

世の中はyoutubeをはじめとする動画ブーム。
クルマに関してもいろんな動画が上がっています。
このV37スカイライン・ハイブリッドについても同じ。

オーナーとしては、? それってどんな意図で作ったの?
ってものもたくさんあります。
ちょっとそれはないでしょ?って思う評価もありますよ〜。

例えば、
DASは路面のインフォメーションが不足してしまうのでは?
普通のステアリングとフィールが異なるのでは?ってご心配。

V37スカイラインのオーナーは
みんなそんなこと感じていないと思います。
僕も別段気にしたことはないんです。
違和感を感じたことはありません。

むしろ、その技術を楽しんで乗っています。
こんなに安心して走れるクルマって、そうありませんし、
これまで乗ったクルマで一番です。

とにかく、迷ったら、
自分で試乗車のステアリングを握って、
走って、確かめてみるべし!って思います。

あなたの運転感覚を信じてくださいね。
どのクルマを選ぶかはあなた次第ですもんね。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索