ハイブリッドやPHV Feed

2017年10月22日 (日)

みんな日産が、クルマが好きなんだもんね

今回の日産自動車の件、
たくさんのコメントをいただいています。

コメントをよく読んでいますと
そこにクルマが好き、日産が好きって聞こえてくるようです。
みなさん、良い方ばかり。
うれしいですよね。

国沢師匠からは
安全上の問題はないこと
社内の伝達に課題ありと・・・

せっかく販売台数が上半期1位をとったのですから
李下に冠
グループ全体で引き締めていってほしいものです。

ねっ、「いつかはEV」さん、そして「K」さん!

昨日は曇り空で雨の予感もしましたが、
V37スカイライン・ハイブリッドを洗車しました。
日頃からちょくちょく手入れをしているので、水だけで十分。
気持ちよく走って帰ってきました。

夜はカミさんのリーフ30で子供の塾の送迎。
これまた、いつものようにスイスイと気持ちよく走ってきました。

どちらも良いクルマ!
ねっ、「わっスナフキン」さん!

リーフも初代から、中期、30、そして、2代目とファンを獲得しています。

「原田幸一」さん、「asobous」さん、「大家芳夫」さん!
みなさん!
リーフって、いろいろありますが、良いクルマですもんね。
そうそう、「大家」さん、納車おめでとうございます!!!

納車を待っておられる「shin」さん!
楽しいことは後回しでも良いじゃないですか!
きっと今以上の満足が待っていますって!

今日は選挙。
台風前ですので、朝からカミさんと投票に行ってきます。
コメントをくださっている皆さん
そして、このブログへお越しくださる皆さんも
くれぐれもお気を付けて。
大きな災害がないことを祈っています。

2017年10月17日 (火)

連絡が来るまで動かないぞ〜!日産自動車さん

日産のリコール問題。
いろんな情報が飛び交っていて、
国沢師匠もまとめてくださっています。
ありがとうございます。

こちら

日産完成車検査不正の対象車は車検無料になりました~


こうやって取材して、情報を渡してくださること
とってもありがたい。

たぶんオーナーの皆さんの中には
日産のディーラーに連絡をされた方もいらっしゃることでしょう。

でもね、僕はしません。

だって、筋が通らないですもん。
なんでオーナーから問い合わせる必要があるのでしょう?

ディーラーには申し訳ないけど、
本社が今回の不祥事を起こしたのですから、
本社から連絡があり、
ディーラーはそれをまとめ、
丁寧にオーナーに連絡をする・・・
これが筋だと思います。

だから、
「自分のクルマってどうなっていますか?」
なんて、僕はしません。

車検の整備とほぼ同じ項目なので、
メンテパックの費用分は返却するという話も
国沢師匠の記事からわかります。

それはそれでありがたいのだけれど、
ディーラーさん、しっかり動いてくださいね。

2017年10月13日 (金)

日産のリコール 来ましたか?

今回の日産自動車の事件。
僕もそうですが、日産車乗りの方はうれしくないですよね。

もう何らかの動きはありましたか?

自分は
リコールの案内が
本社か販社か、どちらからあるかわかりませんが、
案内をユーザーに発送した時点から
バトンは本社から販社、ディーラーへと渡ると思っています。

つまり、リコールの案内をした時点から
販社やディーラーの対応が勝負ではないかと思うのです。

自分もV37スカイライン・ハイブリッドとリーフ30を
同じディーラーから買いましたから、
その店舗を所有する販売会社と
ディーラーの店長の動きに注目しています。
そして、店長の指示を受けた
セールス及びサービススタッフがどんな対応をするのかが
日産自動車にとって今後を占う重大な役目になってくると思います。

お客だぞ!

と恩着せがましく声高に言うつもりはありませんが、
私たちユーザーと接する最前線。
丁寧に真摯にこの問題にあたってくれないと
「もう買わん!」という事態になりかねません。

大切なことは「ユーザー目線!」

どれだけ寄り添えるかと言うことです。

これを読んでいる販社やディーラーがあるかもしれません。
プレッシャーを与えるわけではありませんが、
くれぐれも私たちに誤解を与えることがないように
丁寧に対応していただきたいと思います。

2017年10月12日 (木)

1日約300㎞のドライブ V37スカイライン・ハイブリッド

180万超えのページビューへの御礼。

一時期、やめようかとおもった当ブログですが、
続けることへの皆様の応援をいただき、何とか続けることができています。

気が付けば、180万ページビューを超えていました。

20171011_233318

拙いブログではありますが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m


さてさて・・・
昨日は片道約150㎞先までの仕事。
V37スカイライン・ハイブリッドで行きました。

一般道を使った方が早いルートで、片道約4時間ほど。
途中2回ほど、コンビニなどで休憩しました。

ま、よく走りますよね、このクルマ。
疲れ知らずだし、凄いなって思います。

途中、渋滞する箇所が何カ所かありましたが、
運転支援システムが本領を発揮!

いつもここで書くように、
1台前のクルマの動きをミリ波レーダーで捉えます(股抜き)ので、
とても楽なんです。

もちろんブレーキペダルはいつでも踏めるようにしていますけどね。

ここぞという時には瞬発力はありますし、
燃費も良いですし、
適度な重さのステアリングもあります。

V37スカイライン・ハイブリッドはGTカーとしては最適です。

2017年10月10日 (火)

12月!V37スカイラインのマイチェン!!

すみません。
ついつい、いろいろあって・・・。
V37スカイラインのマイチェンにも触れとかなきゃm(_ _)m

東京モーターショーにV37スカイラインのマイチェン版が
登場しますよね。

日産自動車も公式サイトでアナウンスしています。

こちらですよね。

こちらが日産の公式サイト

写真はこのサイトから

20171009_211702
でもまあ、なんでブラウンの色なのでしょう?
うーん、わからん。
落ち着いた色ではあるんですが、ショーモデルですからねぇ。
もうちょっと華が欲しいなあ。
グリル下が大人しくなっているしねぇ。
せっかくのモデルなのにな。

米国のインフィニティQ50は赤で攻めていますけど・・・。

このあたりがなーんかユーザーとのズレを感じるんですよね。

ライバルであるクラウンやマークXがアピールする方向性を
横で睨みながら、もっと上を突っ走って欲しいって思うのは僕だけでしょうか?

12月の発売の頃にはピリリとしたCMを期待しています。

東京モーターショーに行かれる皆さん!
直接の声が一番です。
日産のブースでスカイラインの宣伝をもっと楽しく!!って
スタッフの方に伝えてくださいm(_ _)m

2017年10月 4日 (水)

V37スカイラインのリコールとメンテプロパック

たぶん来るだろう
V37スカイライン・ハイブリッド

リーフ30のリコール

V37については
今度のオイル交換の際にでもって思っていましたが、
点検項目が車検並みになるみたいで
時間がかかることが予想されます。

こりゃ、代車の手配も頼むかな?

正直言って、面倒!

これはリコール対象の日産車のオーナーは皆思いますよね。

そうしたら
師匠から耳寄りな情報が!!

こちらの記事

日産の完成検査不正の件、日産車ユーザーは少しメリットあるかも

そうか!
車検と同じ点検項目なら、一緒にやっちゃえばいいのか・・・
って、一瞬お得なように思ったのですが、
考えてみるとメンテプロパックに入っていたのでした。
たしか車検付きだったと思います。
V37スカイラインはさらに5年、10万㎞の保証もありますしね。

来年の春の車検まで待とうかと思いましたが、
メンテプロパックがあるので、
仲良しのセールスさんと打ち合わせてみましょうかね。

1ヶ月もしないうちにリコールの連絡があるでしょう。

2017年9月25日 (月)

おおっ!チカラ入っているね!ボルボXC40

国沢師匠も購入予定としてその名前をあげた
ボルボのXC40!

相当、チカラの入ったモデルですね。

ソースはいつものAutoBlogGreenさん
こちらの記事

3 ways the Volvo XC40 is a game-changer


20170923_222955
写真はこの記事からですが、
やっぱりツートンカラーって流行るみたいね。
新型のリーフと似ているリアスタイルですが、
無骨というか質実剛健なボルボであっても
ちょっとおしゃれな内装になっています。
この内装はちょっといいかも!
カッチリしていて、クロームの使い方も大げさすぎずちょっとピリッとしてナイス!

スタイルは
ま、ボルボらしいと言えますよね。
でも、フロントデザインはよく考えられています。
SUVでは、車高が上がり、フロントが厚くなりますので
どのメーカーも苦心するとこです。
C-HRなんかは相当苦労したのでしょう(^^;)

この記事に添えられた写真を見ていくと
側面衝突の様子も掲載するなど
安全のボルボらしいですよね。

ま、自分は買えるわけではないですし、
ボルボって
買う直前まで行った 850 T5ーRのイメージがあって
それに恋い焦がれているんです(^^;)

2017年9月23日 (土)

異音の問題は難しいですよね V37スカイライン・ハイブリッド

今日はV37スカイライン・ハイブリッドの異音に関するコメントをいただいたので
そのお返事も兼ねて・・・

こちらが「をぐまろ」さんからのコメント
・・・以後ステアリングからの異音はどうなりましたか? 当方タボですが異音出っぱなしですw 舵角センサーかなDで交換してもらいましたがやはり鳴りやまず…あとリヤのボードあたりからジリジリって音が鳴りそれも原因不明のまま・・・

2017年9月22日 (金)

トヨタのGR旋風やいかに?

まずはこの写真から

20170921_230111
うん!なかなかかっこよい!

写真はこちらの
トヨタのGRのサイトから

特に気に入ったのは、プリウスPHVのGRモデル。

最近のキーンルックのトヨタ顔はどうも苦手でして、
カローラ、カムリ、プリウスやプリウスPHVは特にねぇ・・・。

モリゾウさんも同じだったのかもしれません。

走りを楽しむモリゾウ社長自らが
このGRには深く関わっておられるようです。

プリウスのPHVは先代から気になっているモデルなのですが、
EVとしては中途半端で
やっぱり、EVになりたかったけどね・・・みたいな
EVはまだ早いよ・・・みたいな

いろんな声がこのクルマからは聞こえてくるんです。

だから、走る!
それをイメージした!!
ってモデルGRは主張がハッキリしているから
ちょっと心ひかれるモデルになったと思っています。

2017年9月16日 (土)

あたりの柔らかいオールシーズンタイヤ V37スカイライン・ハイブリッド

台風が迫っています。
みなさん備えはいかがですか?

息子たちの学校は今日が体育大会。
しかし、学校は台風接近のため、午前中で終わる決定をされました。

想定外はなく、もし、体育大会を強行した場合、
屋外で突風でも吹いたら、大変なことになります。
こういった英断はこれからますます必要です。



さてさて・・・

先日交換したV37スカイライン・ハイブリッドのタイヤは
ダンロップのランフラットSP5000になります。
よく見るとM+Sというオールシーズンタイヤです。

ブロックパターンが細かで、柔らかく、
減りは速そうですが、それ以上の満足が得られています。

それは、路面の当たりがとてもスムーズで
ロードノイズも小さく、快適であること!です。

純正のランフラットの固い当たりとは大違い。

峠を攻めたりすれば、踏ん張りなどが懸念されますが、
もとよりそんなに攻めたりしませんし、
安全で快適に走ってくれれば、それで良いのです。

オールシーズンタイヤは
スタッドレスには遠く及ばない雪道性能で
いざという時を凌ぐくらいなのですが、
ランフラットなのに柔らかく快適という利点もあります。

だから、ちょっと涼しくなってきた今、
V37スカイライン・ハイブリッドはとってもスムーズに走っています。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索