Apple Feed

2017年4月29日 (土)

Appleの自動運転技術は売れるか?

Appleの自動運転技術のためのテストカーが
走り始めたことをBloombergが伝えていますね。

こちら

Check Out the Lexus That Apple's Using to Test Self-Driving Car Technology

20170428_233110

レクサスの450hをベースとしていますが、
写真を見ると(写真はBloombergの記事から)
フロント、フェンダー、ルーフなどに
センサーやカメラがあるのがわかりますが、
なんともアップルらしくない装備ですよね。

野暮ったいといいますか、
とりあえずといったやっつけ感が強いですね。

アップルがクルマを作る・・・
それはなかなか難しいのではないかと思います。
ま、テスラのようにやれば、面白いですけど、
そこまでは考えていないのではないかと思っています。

それよりむしろこの技術を
自動車メーカーに売り込むのかもしれません。

圧倒的な高価なものになるのか、
安価で広く一般に普及させるものになるのか
注目ですよね。

2017年4月27日 (木)

常識破りなクルマがアップルから出るのでしょうか?

アップルにとって、今の稼ぎ頭はiPhoneですよね。
ジョブズが去って久しくなりますが、
iPadしかり、iPhoneしかり・・・
残念ながら彼の時代に実現したデバイスを超えるものはまだ出ていません。

経営陣は「次」が欲しい!って声を受け止めると共に
何かをやりたいと考えているでしょう。

クルマのソフトウェアに活路を見出そうとしていますが、
自動車産業はなかなかそう思い通りにはいかないですよね。
だって、アップルのCarPlayと
クルマの基幹ソフトウェアとの融合は
これまで自動車メーカーが築いてきた中枢部分を共有することになり
自動車メーカー自体を囲い込むことになってしまいます。

自動車メーカーはナビゲーションも含めて
アップルに手の内をされけ出すことはないのでしょうから。

そのような事情からか、
アップルは自動車そのものにも打開策を見出そうとしています。

それをいつものAutoBlogGreenが伝えています。
こちら

考えてみると・・・

自分の愛車のV37スカイライン・ハイブリッドは
DAS:ダイレクト・アダプティブ・ステアリング・・・
つまり、通常手にしているステアリングはバイワイヤ・・・
いわば、ゲームのステアリングと同じで
クルマの進行方向はコンピュータが判断し、制御しています。

そうなると別にステアリングは円である必要もなく、
極端な話、ジョイスティックでも良いわけです。

そんなクルマと人とのインターフェイスに
アップルはねらいをつけているのだと思っています。

2017年4月19日 (水)

腕時計で血糖値を測れるとしたら!AppleWatchで長寿社会

健康・・・
私たちはこの言葉にとっても弱いですよね。

これまでアップルも研究を進めてきた
採血せずとも血糖値を測ることができる
センサーをいよいよApple Watchに搭載するのではって
ニュースがここ数日流れていました。

ここではギズモードさんの記事を掲載しておきますね。

Apple Watchが血糖値を測定。Appleの秘密のチームが、先進的なヘルスケア機能を開発か?

もし可能になったら、
こういったスマートウオッチの市場を拡大させる起爆剤になりますよね。

自分も定期的に血液検査が必要な人間です。
食事の後などに、どれくらい血糖値が上がるのか
そして、下がるのか、
それをApple Watchが教えてくれるとしたら・・・
そりゃ!とってもありがたいです!

糖尿病の予備群って至る所にいらっしゃいますもんね(^^;)

健康って、ほんと
自分の生き死にに関わりますからねぇ。

テレビ離れといわれますが、
テレビ番組を眺めるとあるわあるわ
健康志向番組が!
〜〜〜〜が健康に良い!カラダに良い!ってね。
それから
自然食品・・・などの通販も盛んですよね。
粉末を溶かした汁を飲んだり、
錠剤になってます!って口にしたりするだけで健康!

お手軽な健康法や生活習慣病予防の方法などに
関心を寄せる人はとっても多い。

このヘルスケアに関する市場って、
ネットで調べてみたら出るわ、出るわ!

こちらの富士通総研のサイトも参考になるかも?

ヘルスケア産業における新しい価値の創出

記事によると・・・
「市場規模は、2025年度には医療分野で60兆円、介護分野で20兆円、健康・生活支援分野で20兆円超になると予想され、大繰りにすると100兆円規模の成長産業と捉えることができる。(【図2】)」
って、あります。

これから進む「長寿社会」。
僕は高齢社会ではなくて、
「長寿社会」って言葉が良いかなって思いますが、
ICTがパソコンやタブレットを使いながら、
ますます広がっていくためには
やっぱ、この健康分野ですかね。

2017年3月22日 (水)

深紅のiPhone7と来れば・・・

昨日の夜、
アップルストアにちょっとした新製品が登場しましたね。

・深紅のiPhone7&7 PLUS

・iPad Air2の後継モデル

でした。

こちらが深紅のiPhone7

20170321_223057



iPadAir2の後継モデル

20170321_223049

写真はいずれも
こちらのAppleのサイトから

この深紅のiPhoneを見て、
あのアップルロゴの上に黄色の跳ね馬が似合う・・・
って思った人は結構いらっしゃるんじゃないかと。

出るでしょうね。
サードパーティから。

でも、この深紅のモデルには
HIV/AIDSプログラムの資金として
「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付!
という意味があります。

そして、これらは前座?のモデルともなっています。

このあとに
ベゼルが小さくなった新型のiPad Proが控え、
その他のモデルも登場するはずです。

僕はこの深紅のモデルはパスですね。
リキッドブラックの7PLUSを持っていますし。

ベゼルが小さくなる iPad Pro は興味があります。
皆さんはいかが?

2017年3月 2日 (木)

ほら、やっぱり来たUSB-TypeC

春、3月を迎え、もうすぐ新学期。
アップルの製品も新製品が発表されていく次期です。

今、巷では新しいiPadについてだったり、
赤いiPhoneの登場だったりの噂が流れています。

そうしたら、やっぱり来ました。
USB Type-Cの噂が!
iPhone8に搭載するのではというお話です。

こちら

次期iPhoneにUSB-C採用のうわさ。Lightning端子廃止?付属ケーブルに採用でMacBookとの接続に対応?

今まではライトニングでしたよね。

もうダイソーにも売っているライトニング。
サンダーボルトなんてサーフェスも装備してますよね。

そんな中で出てきたのが
AやらBやらミニやらで上下の別があって
差しにくいったらありゃしない!
のUSBが
Cになって、ユニバーサルになったものだから、
アップルはこれこれ!って
MacBookやProに採用してきたわけです。

これからWindowsもCになっていくでしょう。

みーんなCになれば
コストダウンにもなりますしね。
一気にUSB市場が活気づきますよ。

でもなあ・・・
いっぱいあるんだよな・・・
USBのAやBやミニ端子と周辺機器が。

買替え需要を引き出すことになるけど
お金がかかるから・・・アタマ痛い(^^;)

2017年2月13日 (月)

生体認証:いろんな認証があって良いよね!

生体認証がどんどん私たちの生活に入ってきています。
家のカギもやがてそうなるだろうって言われていますよね。

そうそう、家のカギの危なさが
やっとテレビとかでも扱われるようになって
自分もちょっとうれしい。

・・・キーメーカーと番号さえあれば、
誰だってカギのコピーを作れちゃうということですよね・・・

さて、今日はiPhoneのお話です。

ご存知のように
今のiPhoneは指紋認証ができるようになっています。
自分は左右の親指や人差し指を認証用に
覚えさせています。

時々、困ったこともおきます。
iPhone7Plusを左手に持ったときに
右手の親指や人差し指で認証するのですが、
たまに指をケガして、絆創膏を貼っているとき
当然、認証は使えません。
これって、咄嗟の時に面倒くさいですよね。

そんな時に朗報なのですが、
次のiPhone8では
虹彩認証、アイリス認証が採用されるのかもと言われています。

アイリス認証は
こちらのサイトによると・・・
(1)認識精度が高い。
(2)非接触での認識が可能。
(3)偽造が困難。
(4)アイリスは安定している(生涯ほとんど変化しない)ため再登録が不要。

なので、iPhoneを見つめるだけで
ロック解除されるってなかなか面白そうです。
そして、めんどくさがりにはピッタリかも!(^o^)

この生体認証・・・
いろいろとこわーいお話や物語、映画もありますが、
ま、平穏に使えることを考えておきましょう!

2017年2月 1日 (水)

新しいiPadシリーズの登場間近?!

暦も今日から2月!
新年明けてから、もう1ヶ月経っちゃいました。
皆さん、それから御家族の皆さんは
インフルエンザやノロウィルスは大丈夫ですか?
手洗いでしっかりウィルスをこそぎ落としましょう!

さてさて、巷ではそろそろ新しいiPad登場の噂が出てきましたね。

こちら
いつもの気になる、記になるさん

モデルチェンジに向けた在庫調整が始まった?? 日本や欧米のApple Storeで「iPad Pro 12.9インチ」と「iPad Air 2」の出荷予定日が1週間以上に


自分もビジネスにプライベートに使っている
大型のiPadの12.9インチが
登場したのが2015年の9月頃で
発売が同年の11月でした。
1年以上が経過していますので、そろそろですよね。

スマートキーボードの必要性はあまり感じません。
もともとデカいので、ソフトウェアキーボードで十分。

それよりもアップルペンシルの使い勝手が良くて
Goodnoteに直接メモするスタイルが定着しています。
さらに、Mazecの日本語変換も便利です。

まさにペーパーレス。

次のiPad12.9はどうなるのでしょう?

たぶん、もうちょっと薄くなって、軽くなりますよね。
今でもよっこらせって持ち上げていますので、
軽くなると大変有りがたい。

それから、これまでの9.4インチサイズは
筐体はそのままで画面が大きくなると言われています。
そう、ベゼル(周囲の部分)が小さくなれば
画面は大きくなりますもんね。

このベゼルいっぱいに画面を大きくするのは
これまでの9.4インチ版だけでしょうか?

12.9インチ版が14インチ近くの画面になったら・・・
それは楽しみですが、
その技術はもうちょっと後ですかね〜。
12.9インチでもうちょっと元を取りたいか?

いずれにせよ、もう1ヶ月もしないうちに
ネットは新型の情報で溢れることでしょう。

スマホの画面が大きくなって・・・と
なんだかんだいっても
ペーパーレスにはiPadくらいのサイズがないと厳しいんです。
とくにヺヂサンには(^^;)

2017年1月24日 (火)

iPhone8に向かって?!

iPhone7の新色である
ジェットブラックは今までとはちょっと違う色で
人気を集めましたよね。

それは次のiPhone8のデザインにつながる
イメージなのではないかと思っています。

いくつかのサイトに情報が漏れてきているように
iPhone8はかつてのiPhone4のように
サンドイッチ構造の進化版になると言われています。

動画はこちらです。

Introducing iPhone 8 - 'X' Edition

写真はこの動画からです。

20170123_160526


これに有機ELで縁を回り込むようなデザインになれば
それが噂のiPhone8の姿になりますよね。

さらに、自分としては
もっと行って欲しいと思っています。

それは・・・

両面ガラスなら
両面ディスプレイであって、
背面となる面の色はディスプレイなので
自由に設定できる!っていうものなのです。

ま、バッテリー消費の課題がありますけどね。

アップルにはそれくらい突き抜けたスマートフォンを
提案して欲しいな!

2017年1月19日 (木)

やっぱり待ちます!MacBookPro

MacBookPro・・・
自分は15インチのLate2013を使っています。
こちら・・・

20170118_174905

日常の使用には全く問題はなく、
快適に動画の編集もできています。

昨年末にMacBookProのニューモデルが登場し、
ちょっとだけ悩みましたが
経験上、新しいMacはいろいろと出てきますので、
待つことにしたんです。

また、いつものように
レガシーデバイスを一気に更新する牽引役なので
USBもタイプCにしちゃいましたもんね。
揃えねばならないグッズも多いですし。

その分、サードパーティは利益になりますけどね(^^;)

そんなMacBookProですが、
早くも今年のモデルの噂が出ていました。

いつもの
気になる、記になるさんの記事ですが
こちら

次期「MacBook Pro 15インチ」では32GBのRAM、次期「MacBook」は16GBのRAMが選択可能に??


そうですね。
一気にRAMも32GBも可能にしますよね。
CPUも最新の第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」になりますし。

やっぱりこれが本命かな。
自分は楽しみに待とうと思います。
それまではこのMacBookProをちょっと重たいですが
相棒にしてがんばろうっと!

2017年1月11日 (水)

スマホ 触っていない人が珍しい時代・・・iPhone とともに

iPhoneが登場して10年になります。
関連記事が上がっていますよね。

自分もiPhone3GからずっとiPhoneを続けています。

iPhone3Gを手に入れた頃は
電車やバスの待ち時間、
電車内での移動中などに画面を眺めながら
操作していると
物珍しそうに見られていました。

ところが、どうでしょう。

今や多くの人々が
ちょっとした空き時間にはスマホを手にとって
思い思いのサイトを眺め、扱っていますよね。

SNSをやったり、
ニュースをチェックしたり、
メールを読み書きしたり、
調べ物をしたり、
写真を撮ったり、
ビデオを撮ったり・・・とさまざま。

逆にスマホを片手に何かをしていない人を
探す方が難しい時代になりました。

それは親から子へと広がり、
情報端末をどのように扱うのか、
とともに、
情報そのものの扱い方もこれからの時代にとって
必要な力となっています。

キーボード入力よりもフリックが速いという方も出てきましたね。

中でもiPhoneはその直感的な操作で
分かりやすく、瞬く間にそのシェアを獲得していきました。
その後、Androidが続いていきましたよね。
ジョブズが世に送り出した革命的な製品の一つです。

iPhoneの操作性の良さは
今でも引き継がれています。

だって、今年80歳を越える自分のお袋が
iPhoneでラジオを聴き、
ショートメールでフリックで書いて連絡をし、
辞書やネットで調べ物をしているのですから。

iPhoneを中心にしたスマホの革命は
しばらくは続くと思います。
願わくば、アップルさんには
スマホはスマホのOSで進んで欲しいなと思います。
windowsのように
何でもかんでも同じOSにしてしまうと
かえって、その操作性に不満が出てしまいますもんね。

ただ、一つだけ不安なのは
アップルの製品を送り出すタイミングの速度が速まっていること。
その分、検証が不足してしまい、
もともと初物は気をつけた方が良いアップル製品は
今回のMacBookProのように
致命的な欠陥が表出してしまった製品が出ていることです。

USBタイプCを搭載し、
レガシーデバイスの一層を提案してきたアップルですが、
このMacBookProの不具合は速やかになくして欲しいですよね。

アップルの初物には注意って
私たちアップルのファンにとっては必ず言われてきたことですが、
今のMacBookProの事態がちょっと気になっています。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索