ものづくり Feed

2018年3月13日 (火)

同僚に強者がいた!ランドクルーザーの先輩。

とある同僚が
昼休みに外で昼食をとってきたのでしょう。
クルマで戻ってきて、
私のランドクルーザープラドの周りをゆーっくりと
ぐるりと一周。

あとで、どうしたんですか?
と尋ねると・・・

同僚曰く
「自分もランドクルーザーの100に乗っていたんですよね。
 14年近く乗って、約17万㎞乗りました。
 乗り換えるときにビックリしたんですよ。
 いくらで売れたと思います?」

私「んー。150万円ぐらいでしょうか?」

同僚「250万円で某国にドナドナでした!」

うーん、すごい。
10年以上乗って、
17万㎞も乗って
そんな値段が付いたの?

驚異のリセール!!!!!!

そんなに良いんだ!って驚いています。

今回のランドクルーザープラドも
セールス担当の言われるがままに
内装や装備などを決めていきましたし、
セールスは3年目、5年目の市場価格を追っていきますから!
って、ニコニコ話していましたっけ。
で、そういうことだったのかと思った次第です。

専ら、あんまり無茶しない運転なのですが、
こりゃ、プラドもしっかりと大切に乗ろうと思っています(^o^)

ま、その時々で相場は変わるのでしょうけどね(^^;)

2018年3月11日 (日)

大柄なボディを心配する方へ ランドクルーザープラド

まずはいただいたコメントから・・・

piazzaさんから・・・

知人のC-HRのスタック救出時に起きた出来事・・・
僕のクルマはセレナ4WDなので牽引しようと思いC-HRの牽引フックを探したところボルトをねじ込むタイプでした。牽引ボルトを探してもらったところ、無いというではないですか!こういう部品ならボルト径は一緒だと思った僕は自宅へリーフの牽引ボルトを取りに行きました。
いざボルトを取り付けようと思ったら合わない!・・・(中略)・・・こういう部品はフックのデザインは自由で構わないけど最低でもボルト径は全メーカー共通にしないとおかしくない!?と思いました。

こちらがブログへのリンクです。

まずは大きな被害にならずによかったですね。
でも、さぞや心配されたことでしょう。

こういったことは何か大きな被害がないとなかなかメーカーは動いてくれませんが、
今年のような大雪は毎年どこかで起きているわけで、
メーカー間で共通事項として揃えていただきたいです。

もしメーカーの方で当方のブログをお読みの方がいらっしゃいましたら、
どうか検討事項として俎上によろしくお願いいたします。


さて、今日の話題です。

ランドクルーザープラド・・・
デカいクルマだなぁ・・・って自分もそうですが、
よく言われています。

走っていてもほとんどの乗用車を見下ろしていますので、
逆の立場でしたら、クルマに乗っていて着座位置も下なので
よけいに大きさを感じます。

運転は大変じゃないのか?

これもよく言われます。

でも、マイチェンしたプラドなら大丈夫ですよ。
それは、ここです。

Img_0544
写真はイクリプスのナビ連動ドラレコより

このようにマイチェン後のプラドのボンネットには
中央が凹のプレスが入っています。

これが運転席から見ると
道路の左サイドの白線が入るように
もっと細かく言えば、凹の左サイドにかかるように走ると
ちょうど白線のちょい内側を走ることができますよ。

ですから、あんまりボディのでかさは気にしなくて良いです。

幅と全長はスカイラインやマークXとほぼ同じで
上にひっぱっただけですから!

2018年3月 7日 (水)

何という心地良さよ ランドクルーザープラド

つい先日まで
V37スカイライン・ハイブリッドで通っていた道を
代車のプリウスPHVで走り、
アクアで走り、
ついにランドクルーザープラドで走るようになりました。

通い慣れた道・・・
直線や大小のコーナー、
荒れた路面、ギャップのあるところなど
覚えています。

そんな路面をランドクルーザープラドはどう走ったのでしょう。
それは国沢師匠が10年近く前に書かれた記事を彷彿とさせるものでした。

こちらの記事

トヨタ車イチ乗り心地の良いランクルプラド

そう、この記事は2009年10月9日付けとなっています。

今のランドクルーザープラドは基本的にこの頃と変わっていません。
途中2010年に左ハンドル車のVSCに関するリコールがなされていますが。

そして、自分が乗っている2.7リッターのガソリンモデルは
その記事がごとく
素晴らしい乗り心地を提供してくれたのです。

例えば・・・
荒れたアスファルトで路面に大小のひびが入っているような箇所では
荒れた路面を走っていることはわかるのですが、
ざらざらゴトゴトといった感触は押さえられています。
路面の白線のゼブラマークとその厚みはわかりますが、
それをやわらかーく包んだように伝えてくるのです。

また、ゴーッとロードノイズが聞こえてきそうですが、
音はしているのにとても柔らかな音になっています。

それに、路面のギャップもそう。
ドン!と来るようなところでは
グッと車体が身体に伝えてくるものの
悪い感触のショックはほぼありません。

あら、越えちゃった・・・みたいな・・・

これがV37スカイライン・ハイブリッドなら
ひびがはいった箇所をタイヤが通過するごとに
ゴトゴトといった感触を腰に伝えてきていました。
路面の状況をストレートによく伝えてくれるのですが、
良い面は角がとれたストレートさが好きでした。
いつか書いたように、まさに腰で乗る、受け止めるって感じですね。

ランドクルーザープラドはどれもがソフト、
包み込んだような当たりの柔らかさがあって
これがラダーフレームだなって
オフロードでも生きるんだなって、わかります。

ま、これも自分の主観なので
申し訳ないのですが、
先に挙げた国沢師匠もそうなんで、
最近でもあまりその評価は変わっていらっしゃらないです。
10年近くも守っているって、コストダウンもありますが、
お値段的にもパフォーマンスはすごいクルマです。

もし、試乗されたことのない方は
一度、試してみてください。
できれば、ガソリンモデルの方がいいなって思います。
巡航するときの「ランドクルーザー感」はよりあるかと。
ディーゼルモデルはエンジンで乗るってところがありますしね。

今回、ランドクルーザープラドを購入するに当たって、
相談したんですけど、ちょっと背中を押してくださいました(^o^)

2018年3月 1日 (木)

ドイツに見るディーゼルの未来・・・

3月になりましたね。
春の嵐・・・皆さんは大丈夫でしたか?
思わぬ被害に遭われた方もいらっしゃるかも?
お大事にされてくださいね。



さてさて・・・ディーゼル・・・
自分もかつて
日産のテラノ、そしてマツダのCX-5に乗っていました。
今回もプラドを買うに当たって
ガソリンモデルと比較をしました。
だから、関心はあるんです。

かつて吐いていた黒煙の対策として
簡単に言えば
燃料がよく燃えるようにエンジンを改良し、
さらにDPFで捕まえて、定期的にその黒煙の成分を燃やすようになりました。
さらに、プラドのディーゼルモデルのように
アドブルーによって排ガスの浄化を進めています。

そのディーゼルはトラック等で物流を支えていますし、
日常生活で欠かせないエンジンだと言えます。

ところが、ドイツからニュースが飛び込んできました。
ソースはNHKです。

こちら

ドイツ ディーゼル車の市街地乗り入れ禁止を裁判所が容認

この動きはやがて欧州にも影響を与えていきますし、
それは欧州でクルマを販売するメーカーに
大きな影響を与えることになるのでしょう。

やっぱり、ドイツ、欧州は特に乗用車の部門で
EVやPHEV等へ大きく舵を切っていくのです。
ディーゼルモデルがどうなるのかは
素人の自分にはわかりません。

きっと国沢師匠もこの記事に関心をもって
情報を収集されているでしょうから、
近いうちに何らかの答がでるだろうなって期待しています。

師匠、よろしくお願いします。

筆者 拝

2018年2月24日 (土)

おめでとう ホンダ・ジェット!

すみませんm(_ _)m
うっかり更新のボタンを押していませんでした。
今から今日の更新です。


ホンダジェットがやりましたね!
小型ビジネスジェットの納入数で
セスナのサイテーションM2を超えて世界一になったんですよね!

ソースはこちらの記事
ホンダジェット、年間で世界1位に。小型ビジネスジェット機の納入数でセスナ抜く

こちらがサイテーションM2

20180224_00536
写真はこちらのセスナ社のサイトから

そして、話題となっているホンダジェットのYoutubeのCM

Youtubeビデオはこちら

20180224_00158
写真はそのビデオから

このビデオも凝った作りになっています。
それを表すのが
ビルの谷間を舞い上がるホンダジェットが
ビルのガラス窓に映っていますよね。
丁寧に作ってあります。

ここ2年ほど、F1では厳しい結果しか残せなかった
ホンダですが、
このジェットのように大空高く舞い上がり
ホンダの強さをF1でも見せて欲しい。

今年はF1もホンダはやってくれるかもしれません。

2018年2月23日 (金)

白物家電も!Made in World・・・

かつて日本製品が世界を席巻していた頃

Made in Japan

は大きなトレードマークになっていました。

今でもその名残はありますが、
もう「昔はこうだったよな・・・」的な
感傷的なフレーズに浸っていては
自分がおまんまを食べられない時代になってきましたね。

もう皆さんお気付きのように
私たちが使っているもの
身に付けているものの多くは
ブランド名はいろいろありますが、
製造している国は多種多様であり、
Made in ほにゃらら は意味をなさなくなってきています。

ま、食品は最後の砦ですけどね。

まさに
Made in World

では、これまでの加工貿易を中心とした形態を
ガラリと変えることができるかと言えば、そうはいきません。

では、日本の産業の根幹である製造業を中心とした産業はどうしたらいいんでしょう?

私もない頭をひねっていろいろと情報を集め、
考えています。
だって、これからの世代にキャリア教育を勧めているのですから。

先日のYahoo!のニュースに一つの方向性が出ていましたね。

それはこちらのニュースです。

東洋経済オンラインの記事

パナ「美髪ドライヤー」1000万台ヒットの理由
2/18(日) 6:00配信


松下電器産業
ナショナル
パナソニック

日本の経営でも
松下幸之助さんは今でも手本となるところがあります。

うちは
たまたまでしょうが、
見直してみると
ほぼすべての家電がパナソニックなんです。

異なるのは、デジイチがSONYで
パソコン、スマホがアップルで・・・
ってな具合です。

パナソニックって、日本の白物家電の雄ですよね。

そのパナソニックがアジアに市場を開いていこうとしている。

これまでもその動きはあったのですが、
その良さがアジアの経済発展と共に
認められているのです。

その根拠は
「製品にうるさい日本人の目にかなった製品」
と言えるのではないでしょうか。

企業のマーケティングは
経済発展いちぢるしいアジア、アフリカ諸国の
ニーズをうまくつかみ
テスターとしての日本人をうまく利用しながら
活路を見出そうとしています。

2018年2月22日 (木)

訂正あり プリウスPHV その2 トヨタらしい

昨日のスタイル、内装編に続いて
乗ってみて受けた印象を少しだけ・・・

良いところ
・乗り味は良いですね。
 とても落ち着いています。

 大きなバッテリーを積んでいるからでしょう。
 ここでも、国沢師匠が勧めるはずだよなって思っていました。

 国沢師匠の過去記事はこちら

 トヨタの本気!新型「プリウスPHV」を早くも試乗でチェック!これがプリウスの本流だ!(1/3)

 クルマのタイプは異なりますが、
 V37スカイラインでゴツゴツ感じるところでも、
 しなやかに、いなすように走って行きます。
 悪く言えば、
 リアバッテリーの重さを感じながらの落ち着きです。
 つまり、
 運転していて、シートに座ったお尻から後ろに
 重たいモノがあることがわかるんです。
 だから落ち着いているんだなと思うものの
 バッテリーの重さを感じてしまう・・・
 ちょっと重いなぁって感じるところが惜しいなと。
 あと少しだけバッテリーが軽くなれば、
 クルマ全体で重心の低さを感じられて
 この乗り味は全く違ったものになると思います。

・動力性能は必要十分。
 リーフほどではありませんが、、
 パワー感はしっかりあって、
 時速130㎞くらいはEVモードで引っ張れます。


もうちょっとのところ
・前輪がどこにあるのか、よくわからない。
 オーナーの皆さんは、
 それは「慣れ!」っておっしゃるのでしょう。
 だいぶ乗ったんですが、
 まだ左前輪がどこで動いているのかが
 うまくつかめません。
 この感覚はもうちょっと。惜しい。

・左後方の視界
 なだらかにスラントしたルーフと
 後方に行くに従って
 厚くなっていくボディ形状の影響で
 左後方がよく見えない。よくわからない。
 気を使いますね。

・やっぱり少し寒い
 試乗車のエアコン設定は
 27.5℃に設定してありました。
 自分は冬場はだいたい25℃以下に
 設定するのですが、
 なんでこんなに高く設定してあるのかな?
 って思ったら、
 朝の通勤時に25℃設定では、寒いと感じたのです。

まとめ

総じて、良いクルマですね。
 

「トヨタらしい」クルマです。

バッテリーはリチウムイオンを8,8kWhにしていますよね。
実績を積み重ねているからだと思います。
リチウムイオンもプリウスαで使っているけど
そこまでとは思っていないのかな?
ガソリンタンクとの関係からこれぐらいの容量がいいんですよね。
きっと。

それも心配ですが。

また、4人乗りにしているのも
わかっていると思うんですが、
バッテリー管理と重量バランスを考えていて
後々、トラブルになることを避けているのだろうと思います。

結局、今ある技術でお客もメーカーも
納得できる解答を導き出した姿がこれなのです。

世界的にEVやPHEVへと移行している中で
「石橋を叩いて」トヨタが出した答えとも言えるクルマが
このプリウスPHVです。

もうちょっとこのクルマに乗ることができるので、
ゆっくり考えて、追記したいと思います。


動力用のバッテリーの間違いでコメントをいただき、
ありがとうございました。

黒じ さん
くるまわんたろう さん
御礼申し上げます。

黒じさんから・・・
プリウスPHVはリチウム電池ですよ。
ニッケル水素電池はルーフの太陽光パネルの発電を充電用に変換するために使っています。

同様のコメントをくるまわんたろうさんからもいただきました。
お詫びして、本文を訂正します。

2018年2月21日 (水)

プリウスPHV その1

プラドが来るまで
代車として相棒はプリウスPHV。

感じていることをちょっと書かせてください。

まずは外観。

良くも悪くも個性的。
国沢師匠がおっしゃるように
ノーマルプリウスよりも格好いい!と思います。
フロントもリアもね。
GRだったら、もっとフロントは精悍になりますけど。

昨日の写真に上げたように
精悍なヘッドライトが素敵です。
「くの字」で挟み込んだようなフロントは個性的。
これは好みが分かれるかな。
リアはグッと持ち上がって、
リアウインドウはダブルバブルも特徴的。
造詣がしやすいウエットカーボンを使っているのでしょう。

また、サイドデザインはルーフを後端までなだらかに流していて、
スタイリッシュ!でも、これが・・・。

全体的にFCVのMIRAIのテイストを散りばめていて、
やっぱり本家のプリウスよりも格好いいかな。
どのクルマにも似ていないってことを貫いたデザインにチャレンジしています。
その分、好みは分かれ、先を行きすぎたのかもしれません。

内装のデザインも少々・・・

バスタブ型のダッシュボードは、トヨタであることを語っています。
面白いと思ったのは、
ここの造型。

ドアのラインがフロントに向かって
なだらかに上がっていくんですよね。
これは新しい面白いテイストだと思います。

Aピラーに向かって上がっていくラインImg_2753
皆さん、センターの大型の11.7インチの液晶パネルに目が行きます。
でっかいですよね。
そして、動きもスムーズ。
ま、少々フォントがぼけて見えるのは設定の問題でしょうか?
また、オープニングの画面とサウンドが少々、派手。
開発に気合いが入っちゃったことが伝わります(^^;)

それから、スピード表示のフォントが
白文字で周りを黒で縁取ってあって
見やすい工夫がしてあります。
いろんな世代の人のことを考えてあるって思いました。
写真は助手席の同乗者に撮ってもらいました。
Img_3474


いくつか留意点をお伝えするなら・・・

その1 後席の居住性
    なだらかに下がっていくルーフによる欠点はこれです。
    身長170㎝弱の息子が後席に座りましたが、
    きちんと座ってヘッドルームは5〜7㎝程度でしょうか?    
    175㎝以上の方でギリギリくらいじゃないかと思います。
    これはちょっと・・・

その2 後席は2座
    これは以前、私も指摘したように
    非常に痛い!
    ディーラーの若きセールスも苦笑い。
    バッテリーの配置や重量バランスもあるのでしょうが、
    なんとか5人座れるような広さが欲しいですね。

その3 浅いトランク
    あんなに大きなウェットカーボンのリアハッチなのに
    開くと・・・あらら?
    こんなに浅いなんて・・・カミさんも苦笑い。

その4 狭いダッシュボード収納
    助手席前のグローブボックスが狭くてあんまりモノが入らない。
    V37スカイラインも狭いですけど。
    ま、マニュアル類はメーカーサイトにPDFでアップされていますから
    スマホやタブレットにダウンロードすればいいんですよね。

その5 シートヒータースイッチ
    こんなに奥に設置しなくても・・・。
    それもシーソースイッチが縦方向についていて、これは要検討です。   

Img_4193

その6 ステアリングヒーター
    ステアリングヒーターは必須だと思うのですが、
    10時10分の位置を中心として暖かくなります。
    残念ながら4時40分あたりは暖かくなりません。

その7 パーキングブレーキ
    足踏み式なんですが、電磁式にしてほしかったな・・・。    

まだ、ちょっとあるんですけど、このあたりのつめの甘さがトヨタらしくないですね。 

次回に続く

2018年2月20日 (火)

日産:ウサギ作戦、トヨタ:カメ作戦?

ウサギとカメ・・・

日産の先代リーフエアロや
V37スカイライン・ハイブリッドに乗って、
今、トヨタのランドクルーザープラドへと変更する中で
じっくりと両社のクルマ作りを考えています。

結果、日産とトヨタをウサギとカメだなって感じています。

日産自動車はウサギ・・・

皆さん、ご存知のように
自動ブレーキという言葉を流行らせ、
モービルアイの技術を取り入れながら、
矢継ぎ早に運転支援システムを投入してきました。

V37スカイライン・ハイブリッドに先進的な装備を取り入れたのは
もう3年も前になるのです。

また、24kW/hのリチウムイオンバッテリーを搭載し、
リーフを発売して、今に至っています。
エポックメイキングなクルマで
カー・オブ・ザ・イヤーも獲得しましたね。

V37スカイライン・ハイブリッドの安全装備は
特に問題もなく、一線級でしたが、
リーフのバッテリーはそううまくはいきませんでした。
続くバッテリーのセグ欠け、充電器不足、充電速度の遅さなどなど。

プロパイロットなんかもそう。
エクストレイルやセレナで投入し、
まずまずの評価を得て、
リーフへ投入。
それなりに仕上がってきています。

つまり、将来の技術の先食い
他者をリードしていき、ある程度は売れています。
ノートe-Powerなんてシャシーの原価はすっかり回収しているでしょうから
ウハウハでしょう。

今、ちょっと不満も出てくるかもしれないけど、
最新鋭の技術を投入し、それを市場に訴えていく・・・
それが、今の日産自動車から受ける印象です。
そして、あまりに寂しい国内市場向けのラインナップに
どうしたものかと考え始めています。

V37スカイライン・ハイブリッドを手放したのも
それがあるかもです。

トヨタ自動車はカメ・・・

自動運転技術については
マイチェンして、大人気のアル/ヴェルで
追いついてきました。
これからフルラインアップへと行くのでしょう。
確実に安全性が確保されるまで石橋を叩いているように
感じます。

それも、海外の技術をあまり使わず、
デンソーなどの国産の技術で勝負しようとしています。

それは、国内の協力工場(下請けとも言います)の
技術を高め、雇用を確保することにもつながります。

そう、トヨタは日本市場向けの豊富な車種を展開しながら
日本の製造業を保っているとも言えるんです。

バッテリーなどの電池もそう。
パナソニックと協力して
次世代のバッテリー開発を進めています。

初代プリウスがバッテリーの無償交換を進めたように
責任をとるという姿勢は評価できると思います。

確実なものをユーザーに届けるという姿勢ですよね。

先を走って行く日産が良いのか
確実に進めていくトヨタが良いのか

それは私たち、消費者に委ねられています。
確実な情報を得て、多角的、多面的な見方で
判断することが必要ですよね。

昨今の様子を見ていて、勝手に書かせていただきました。
ま、一人の考えとして、聞き流してくださいませ。

こんなことを書いていたら、
国沢師匠も同じようなことをお考えのようですね。

こちら

遠くない将来、日本市場はトヨタ車だけで満足出来る様になる?

2018年2月19日 (月)

プラドが来るまで〜代車はプリウスPHV

昨日、午前中に
V37スカイライン・ハイブリッドが引き取られました。
朝からささっと内装の掃除をしました。
マットの上には
ゴムマットを敷いていたので、
全席の足元は新車のよう。
また、トランクにも同じくマットを敷いていたので
ここもキレイ。

ちょっちょっとダイソンをかけておしまい。

ただ、外装が雨続きでざっと洗車したのみで、
キレイにワックスがけしてあげる時間がなくてごめん。

トヨタのディーラーのモータープールに入っていきました。

ありがとう。
このクルマのおかげで仕事でも
ロングドライブが多いにも関わらずとっても安心できました。

最大のロングドライブは大分道を抜けて
佐多岬フェリーで高知まで行ったことでしょうか。

まさに、GTカーでしたよ!
オーナーの皆さん、それぞれのV37スカイラインを可愛がってあげてください。


さて、太っ腹の福岡トヨタさんは
しばらくの間の代車として・・・

Img_0465

Img_0467

そう!
この鮮やかなブルーのプリウスPHVを用意してくれました。

リーフオーナーの視点から
これまでのクルマとの生活経験から
このプリウスPHVの印象をお伝えできればと思います。 



そうそう、プラドの納車は3月4か5日の予定です。
ガソリン車は発注から納期まで1ヶ月半はかからないと思います。
発注のタイミングもありますが、
販売ディーラーの取り扱う新車台数によって
割り当てが決まっているようです。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索