ものづくり Feed

2017年5月 6日 (土)

エコカーの有り様が変わるかも?

昨日のこのブログで
デーモンとエクソシストを取り上げながら、

・・・アメリカンに話を戻しますが、
一大産油国になりましたからねぇ・・・。
こんなクルマがどんどんでますわな。
ま、エコカーは売れなくなりますけどね(^^;)・・・

って書かせていただきましたが、
トランプ政権が対日貿易赤字を前面に出して
貿易の2国間協定を進めようとしています。
クルマを買え!って言うでしょうから、
日本はそのほかでも話を飲むことになりそうです。

やっぱり一番はエネルギーだと思います。

その点について
国沢師匠も記事にしていらっしゃいました。

中東からではなく
今や世界一の産油国となったアメリカです。
ガンガン生産していますから、
日本にも買ってもらわんとね!ってなることでしょう。

そうなるとガソリンの値段は上がることはなく、
もしかしたら若干下がるかもしれませんし、
安定供給がしばらくは続くことになります。

そうなると・・・

これまではガソリンの価格の上昇もあって、
ハイブリッドカーやEVが売れていましたが、
ガソリン車が延命どころか
かつての旧車もどんどん乗れ!ってことになるかもしれませんし、
日本にもアメ車のようなクルマたちが新しいジャンルとして
売れ出すかもしれません。

そう、ピックアップとかね。
自分もあのかつてのハイラックスのピックアップ用な
ボディスタイルは便利だよなあって思っています。

そのパワーユニットは多様化が進むでしょうね。
EV、ハイブリッド(パワー重視)やATの多段化などなど。

エネルギーがゆとりを持つことで、
今よりももっと多様で
楽しいクルマたちが増えていくような予感がしています。

ま、いつもの楽観的な自分です。ワクワク!(^o^)/

2017年5月 5日 (金)

デーモンとエクソシストの対決!?

アメリカって面白いなって思います。
今日のタイトルは
皆さんもご存知のアメ車のお話です。

こちらのクルマたち・・・

デーモン:悪魔さん

Demon Unleashed | Challenger SRT® Demon | Dodge

20170504_214243



エクソシスト:悪魔払いさん

THE EXORCIST - 1000 HP ZL1 Camaro by Hennessey

20170504_214325

写真はいずれもyoutubeから

こうやって、ライバル関係を築いてクルマ業界を盛り上げる!

電動モーターもいいけどさぁ・・・。
モンスターエンジンのクルマもいいもんだぜぇ。
って、
ピックアップにも負けないアメリカンなクルマ好きが
大喜びしそうなアイディアにワクワクします。

こんなライバル関係ってかつての日本にもありました。

例えば
レビン/トレノとシルビア(ちょっと上)
カローラとサニーやシビック
スターレットとマーチやシティ
マークⅡとスカイライン
クラウンとセドグロ
などなど

クルマ雑誌も対決企画で盛り上がりましたよね・・・。

でも、なーんか、昨今はそれぞれでやっていて、
イマイチ盛り上がらない。
トヨタはハイブリッドで一人で利益を独占してたし・・・
後輪駆動車は風前の灯火だし・・・
(だからV37スカイライン・ハイブリッドに乗っているんですけどね)

世の中全体で見ても
日本の技術を見直す、ちょっとナルちゃんなテレビ企画が多いです。

ライバル関係って面倒くさいのかな?
そういった切磋琢磨を好まない人が増えたのかな?

クルマ業界も「意図的に」盛り上げて欲しいな。

あ、アメリカンに話を戻しますが、
一大産油国になりましたからねぇ・・・。
こんなクルマがどんどんでますわな。
ま、エコカーは売れなくなりますけどね(^^;)

2017年5月 2日 (火)

早くもiPhone8のリークが始まった!

iPhone8・・・たぶん9月頃には発表されると思いますが、
アップルは製造を始めようとしているかもしれません。

製品をユーザーに速やかに届けるための在庫を確保ですね。

ここ数日はいろんな噂が出てきました。

サムスンがそうであるように
前面からボタンがなくなるようですね。

ソースはいつもの気になる記になるさんのサイトから

こちらには、なんと金型のリーク!

「iPhone 8」に関する金型とその図面の写真が登場

それから、デュアルカメラは
今度は縦になるみたい。

早くも「iPhone 8」用とされる保護フィルムまで登場

というように保護フィルムなどもリーク!

サードパーティも初期に爆発的に売れる際に
フィルムやケースの需要が伸びるので
予約などの青田買いも起きますよね。

無線充電まで搭載するのではと
いろんな噂が出始めたiPhone8。
やっぱり、7はつなぎだったか!
でもな、とりあえず、auの買い換え用のプランに入っているから
発売後半年ぐらいの初期トラブルが出た後のモデルを買おうっと(^o^)

2017年5月 1日 (月)

NISMOに期待ワクワクですね!

昨日、S13やS14の話をしましたが、
イニDにも登場するクルマたちに
日産自動車のクルマも登場しますよね。

シルビア、180、シルエイティ、R32、GTRであるBNR32・・・

どのクルマもコンパクトで
良いスタイルで、しっかり走って・・・良いクルマたちです。

そんなクルマたちを大切にされているオーナーにとって
悩みの種は「パーツ」。

もう製造されなくなったパーツで
流用できないモノはほんと困ったちゃんです。

そんな悩みを解決するためにNISMOが動きました!

こちら・・・

まずはR32 GT-Rの部品を再生産。日産のエキゾチックカー、NISMOによって延命できそう

いつかメルセデスが190Eのバックアップをするって
記事にしました。

こちらでした。

日々の彩りとエコカー: W201 メルセデスの190Eが復活する?!

このNISMOの発表!

この取組が本社を巻き込むと良いですね。

そして・・・
復刻
安全デバイスの追加
運転支援システムの追加
などで楽しい走りを提供するクルマが生まれると良いな。

願わくば、86のようにはなってほしくないなって(^^;)

2017年4月29日 (土)

Appleの自動運転技術は売れるか?

Appleの自動運転技術のためのテストカーが
走り始めたことをBloombergが伝えていますね。

こちら

Check Out the Lexus That Apple's Using to Test Self-Driving Car Technology

20170428_233110

レクサスの450hをベースとしていますが、
写真を見ると(写真はBloombergの記事から)
フロント、フェンダー、ルーフなどに
センサーやカメラがあるのがわかりますが、
なんともアップルらしくない装備ですよね。

野暮ったいといいますか、
とりあえずといったやっつけ感が強いですね。

アップルがクルマを作る・・・
それはなかなか難しいのではないかと思います。
ま、テスラのようにやれば、面白いですけど、
そこまでは考えていないのではないかと思っています。

それよりむしろこの技術を
自動車メーカーに売り込むのかもしれません。

圧倒的な高価なものになるのか、
安価で広く一般に普及させるものになるのか
注目ですよね。

2017年4月27日 (木)

常識破りなクルマがアップルから出るのでしょうか?

アップルにとって、今の稼ぎ頭はiPhoneですよね。
ジョブズが去って久しくなりますが、
iPadしかり、iPhoneしかり・・・
残念ながら彼の時代に実現したデバイスを超えるものはまだ出ていません。

経営陣は「次」が欲しい!って声を受け止めると共に
何かをやりたいと考えているでしょう。

クルマのソフトウェアに活路を見出そうとしていますが、
自動車産業はなかなかそう思い通りにはいかないですよね。
だって、アップルのCarPlayと
クルマの基幹ソフトウェアとの融合は
これまで自動車メーカーが築いてきた中枢部分を共有することになり
自動車メーカー自体を囲い込むことになってしまいます。

自動車メーカーはナビゲーションも含めて
アップルに手の内をされけ出すことはないのでしょうから。

そのような事情からか、
アップルは自動車そのものにも打開策を見出そうとしています。

それをいつものAutoBlogGreenが伝えています。
こちら

考えてみると・・・

自分の愛車のV37スカイライン・ハイブリッドは
DAS:ダイレクト・アダプティブ・ステアリング・・・
つまり、通常手にしているステアリングはバイワイヤ・・・
いわば、ゲームのステアリングと同じで
クルマの進行方向はコンピュータが判断し、制御しています。

そうなると別にステアリングは円である必要もなく、
極端な話、ジョイスティックでも良いわけです。

そんなクルマと人とのインターフェイスに
アップルはねらいをつけているのだと思っています。

2017年4月19日 (水)

腕時計で血糖値を測れるとしたら!AppleWatchで長寿社会

健康・・・
私たちはこの言葉にとっても弱いですよね。

これまでアップルも研究を進めてきた
採血せずとも血糖値を測ることができる
センサーをいよいよApple Watchに搭載するのではって
ニュースがここ数日流れていました。

ここではギズモードさんの記事を掲載しておきますね。

Apple Watchが血糖値を測定。Appleの秘密のチームが、先進的なヘルスケア機能を開発か?

もし可能になったら、
こういったスマートウオッチの市場を拡大させる起爆剤になりますよね。

自分も定期的に血液検査が必要な人間です。
食事の後などに、どれくらい血糖値が上がるのか
そして、下がるのか、
それをApple Watchが教えてくれるとしたら・・・
そりゃ!とってもありがたいです!

糖尿病の予備群って至る所にいらっしゃいますもんね(^^;)

健康って、ほんと
自分の生き死にに関わりますからねぇ。

テレビ離れといわれますが、
テレビ番組を眺めるとあるわあるわ
健康志向番組が!
〜〜〜〜が健康に良い!カラダに良い!ってね。
それから
自然食品・・・などの通販も盛んですよね。
粉末を溶かした汁を飲んだり、
錠剤になってます!って口にしたりするだけで健康!

お手軽な健康法や生活習慣病予防の方法などに
関心を寄せる人はとっても多い。

このヘルスケアに関する市場って、
ネットで調べてみたら出るわ、出るわ!

こちらの富士通総研のサイトも参考になるかも?

ヘルスケア産業における新しい価値の創出

記事によると・・・
「市場規模は、2025年度には医療分野で60兆円、介護分野で20兆円、健康・生活支援分野で20兆円超になると予想され、大繰りにすると100兆円規模の成長産業と捉えることができる。(【図2】)」
って、あります。

これから進む「長寿社会」。
僕は高齢社会ではなくて、
「長寿社会」って言葉が良いかなって思いますが、
ICTがパソコンやタブレットを使いながら、
ますます広がっていくためには
やっぱ、この健康分野ですかね。

2017年4月13日 (木)

ホンダジェット 快走(快飛行)!

昨日から九州は気持ちよく晴れて
いよいよ春本番!を感じています。
吹く風はちょっと冷たいですけどね。
体調を崩していらっしゃる方はいませんか?
新年度のロケットスタートで
疲れていらっしゃる方はいませんか?
無理せず、ゆっくりしてくださいね。

さてさて・・・

F1でちょっと元気のないホンダですが、
空の上では快走(快飛行)をしていますね!

こちらの共同通信のニュース

ホンダジェット出荷「世界首位」 1~3月に15機

写真はこちらのホンダジェットのサイトから

20170412_132208

航空機産業も自動車産業と同じく
裾野が広いですので、
より生産が進めば、
多くの雇用も生み出していくのでしょう。

こういった分野でもホンダが存在を示すというか
イメージリーダーになるというのは
この分野に目をつけた方の「明があった!」ということです。

期待されていたMRJが
なかなか「離陸しない状態」が続いているのと
好対照なニュースになっていますよね。

F1も陸上で快走してもらいたいって
多くのファンが願っています。

でもな、F1ももう少し分かりやすく
ストレートな勝負ができるレギュレーションになってほしいものです。
いちいち解説者の説明が入らないと
「?」ってなってしまうのは困ったものだと思います。

2017年4月12日 (水)

エコカーにとって正念場の時が来るか?

これまでアメリカでは
デカプリオさんがプリウスに乗って、
一気にその認知が高まったように
エコカーがよく売れていました。

そのアメリカの自動車絵巻が
シェール革命によって大きく変わってきています。

かつてのまさにアメリカンなクルマたちが売れています。
ピックアップトラックなんか好例ですよね。
一方のエコカーはそれなりの規制の下に
ある一定数は売れるものの
補助金等の手厚い保護の傘がなくなりつつあります。

それをAutoBlogGreenが伝えています。
こちらの記事


補助金等が削減されていけば、
わざわざエコカーに乗り換えなくても
燃料代は安いし、
今まで通りのクルマでいいや!って
考えるアメリカの消費者もいらっしゃるでしょう。

さらに、COPなど地球の気候変動を抑制するための
取り決めなどについても
トランプさんはアメリカの方針を変えていくでしょうし、
(これまでも消極的?)
それは世界的に影響を与えることでしょう。

こういった状況になってくるからこそ、
一人一人がどう考えるかという
市民レベルでの判断の場が生まれることになると思います。

それは段階的に補助金が削減される日本も同じです。

エコカー、特にEVなどにとって
いよいよその静かでなめらかな乗り味や
トルク感たっぷりの走りなどが
評価されるときがやってきています。

2017年3月11日 (土)

欧州!やっぱりホットハッチを作らせたら上手いな!

ホットハッチ・・・
かつて
日本車なら
ダイハツのシャレード・デ・トマソや
シビックやCR-X、スターレットなど
外国車なら
プジョーの205
ルノーの5(サンク)・ターボ
ランチアのデルタHFなどなどが
思い浮かびます。

205やデルタは
ラリー用にモディファイして
でっかいウイングやバーフェンつけて、
WRCでバリバリ走っていましたよね。

そんなクルマを作らせたら欧州は上手です。

それで、来たなあって思ったのはこれ!
記事はいつものAutoBlogGreenさんから



写真は上記サイトから

20170309_135128

そう、ルノーのEV ZOEです。
その名も Zoe e-Sport Concept。
あの小型でおとなしい感じのZOEがこんなに変身するなんて!
こういった心意気がとっても刺激的で、
僕たちもうれしくなりますよね。

こういったモデルが提案されると
国沢師匠のトヨタのMIRAIが好評だったように
EVも面白そうじゃん!
将来が楽しみ!って思ってくれる方が世界中に広がりますよね。

日産自動車もルノーに負けじと
モディファイしたリーフを提案してくれるといいんだけどな。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索