ものづくり Feed

2017年4月29日 (土)

Appleの自動運転技術は売れるか?

Appleの自動運転技術のためのテストカーが
走り始めたことをBloombergが伝えていますね。

こちら

Check Out the Lexus That Apple's Using to Test Self-Driving Car Technology

20170428_233110

レクサスの450hをベースとしていますが、
写真を見ると(写真はBloombergの記事から)
フロント、フェンダー、ルーフなどに
センサーやカメラがあるのがわかりますが、
なんともアップルらしくない装備ですよね。

野暮ったいといいますか、
とりあえずといったやっつけ感が強いですね。

アップルがクルマを作る・・・
それはなかなか難しいのではないかと思います。
ま、テスラのようにやれば、面白いですけど、
そこまでは考えていないのではないかと思っています。

それよりむしろこの技術を
自動車メーカーに売り込むのかもしれません。

圧倒的な高価なものになるのか、
安価で広く一般に普及させるものになるのか
注目ですよね。

2017年4月27日 (木)

常識破りなクルマがアップルから出るのでしょうか?

アップルにとって、今の稼ぎ頭はiPhoneですよね。
ジョブズが去って久しくなりますが、
iPadしかり、iPhoneしかり・・・
残念ながら彼の時代に実現したデバイスを超えるものはまだ出ていません。

経営陣は「次」が欲しい!って声を受け止めると共に
何かをやりたいと考えているでしょう。

クルマのソフトウェアに活路を見出そうとしていますが、
自動車産業はなかなかそう思い通りにはいかないですよね。
だって、アップルのCarPlayと
クルマの基幹ソフトウェアとの融合は
これまで自動車メーカーが築いてきた中枢部分を共有することになり
自動車メーカー自体を囲い込むことになってしまいます。

自動車メーカーはナビゲーションも含めて
アップルに手の内をされけ出すことはないのでしょうから。

そのような事情からか、
アップルは自動車そのものにも打開策を見出そうとしています。

それをいつものAutoBlogGreenが伝えています。
こちら

考えてみると・・・

自分の愛車のV37スカイライン・ハイブリッドは
DAS:ダイレクト・アダプティブ・ステアリング・・・
つまり、通常手にしているステアリングはバイワイヤ・・・
いわば、ゲームのステアリングと同じで
クルマの進行方向はコンピュータが判断し、制御しています。

そうなると別にステアリングは円である必要もなく、
極端な話、ジョイスティックでも良いわけです。

そんなクルマと人とのインターフェイスに
アップルはねらいをつけているのだと思っています。

2017年4月19日 (水)

腕時計で血糖値を測れるとしたら!AppleWatchで長寿社会

健康・・・
私たちはこの言葉にとっても弱いですよね。

これまでアップルも研究を進めてきた
採血せずとも血糖値を測ることができる
センサーをいよいよApple Watchに搭載するのではって
ニュースがここ数日流れていました。

ここではギズモードさんの記事を掲載しておきますね。

Apple Watchが血糖値を測定。Appleの秘密のチームが、先進的なヘルスケア機能を開発か?

もし可能になったら、
こういったスマートウオッチの市場を拡大させる起爆剤になりますよね。

自分も定期的に血液検査が必要な人間です。
食事の後などに、どれくらい血糖値が上がるのか
そして、下がるのか、
それをApple Watchが教えてくれるとしたら・・・
そりゃ!とってもありがたいです!

糖尿病の予備群って至る所にいらっしゃいますもんね(^^;)

健康って、ほんと
自分の生き死にに関わりますからねぇ。

テレビ離れといわれますが、
テレビ番組を眺めるとあるわあるわ
健康志向番組が!
〜〜〜〜が健康に良い!カラダに良い!ってね。
それから
自然食品・・・などの通販も盛んですよね。
粉末を溶かした汁を飲んだり、
錠剤になってます!って口にしたりするだけで健康!

お手軽な健康法や生活習慣病予防の方法などに
関心を寄せる人はとっても多い。

このヘルスケアに関する市場って、
ネットで調べてみたら出るわ、出るわ!

こちらの富士通総研のサイトも参考になるかも?

ヘルスケア産業における新しい価値の創出

記事によると・・・
「市場規模は、2025年度には医療分野で60兆円、介護分野で20兆円、健康・生活支援分野で20兆円超になると予想され、大繰りにすると100兆円規模の成長産業と捉えることができる。(【図2】)」
って、あります。

これから進む「長寿社会」。
僕は高齢社会ではなくて、
「長寿社会」って言葉が良いかなって思いますが、
ICTがパソコンやタブレットを使いながら、
ますます広がっていくためには
やっぱ、この健康分野ですかね。

2017年4月13日 (木)

ホンダジェット 快走(快飛行)!

昨日から九州は気持ちよく晴れて
いよいよ春本番!を感じています。
吹く風はちょっと冷たいですけどね。
体調を崩していらっしゃる方はいませんか?
新年度のロケットスタートで
疲れていらっしゃる方はいませんか?
無理せず、ゆっくりしてくださいね。

さてさて・・・

F1でちょっと元気のないホンダですが、
空の上では快走(快飛行)をしていますね!

こちらの共同通信のニュース

ホンダジェット出荷「世界首位」 1~3月に15機

写真はこちらのホンダジェットのサイトから

20170412_132208

航空機産業も自動車産業と同じく
裾野が広いですので、
より生産が進めば、
多くの雇用も生み出していくのでしょう。

こういった分野でもホンダが存在を示すというか
イメージリーダーになるというのは
この分野に目をつけた方の「明があった!」ということです。

期待されていたMRJが
なかなか「離陸しない状態」が続いているのと
好対照なニュースになっていますよね。

F1も陸上で快走してもらいたいって
多くのファンが願っています。

でもな、F1ももう少し分かりやすく
ストレートな勝負ができるレギュレーションになってほしいものです。
いちいち解説者の説明が入らないと
「?」ってなってしまうのは困ったものだと思います。

2017年4月12日 (水)

エコカーにとって正念場の時が来るか?

これまでアメリカでは
デカプリオさんがプリウスに乗って、
一気にその認知が高まったように
エコカーがよく売れていました。

そのアメリカの自動車絵巻が
シェール革命によって大きく変わってきています。

かつてのまさにアメリカンなクルマたちが売れています。
ピックアップトラックなんか好例ですよね。
一方のエコカーはそれなりの規制の下に
ある一定数は売れるものの
補助金等の手厚い保護の傘がなくなりつつあります。

それをAutoBlogGreenが伝えています。
こちらの記事


補助金等が削減されていけば、
わざわざエコカーに乗り換えなくても
燃料代は安いし、
今まで通りのクルマでいいや!って
考えるアメリカの消費者もいらっしゃるでしょう。

さらに、COPなど地球の気候変動を抑制するための
取り決めなどについても
トランプさんはアメリカの方針を変えていくでしょうし、
(これまでも消極的?)
それは世界的に影響を与えることでしょう。

こういった状況になってくるからこそ、
一人一人がどう考えるかという
市民レベルでの判断の場が生まれることになると思います。

それは段階的に補助金が削減される日本も同じです。

エコカー、特にEVなどにとって
いよいよその静かでなめらかな乗り味や
トルク感たっぷりの走りなどが
評価されるときがやってきています。

2017年3月11日 (土)

欧州!やっぱりホットハッチを作らせたら上手いな!

ホットハッチ・・・
かつて
日本車なら
ダイハツのシャレード・デ・トマソや
シビックやCR-X、スターレットなど
外国車なら
プジョーの205
ルノーの5(サンク)・ターボ
ランチアのデルタHFなどなどが
思い浮かびます。

205やデルタは
ラリー用にモディファイして
でっかいウイングやバーフェンつけて、
WRCでバリバリ走っていましたよね。

そんなクルマを作らせたら欧州は上手です。

それで、来たなあって思ったのはこれ!
記事はいつものAutoBlogGreenさんから



写真は上記サイトから

20170309_135128

そう、ルノーのEV ZOEです。
その名も Zoe e-Sport Concept。
あの小型でおとなしい感じのZOEがこんなに変身するなんて!
こういった心意気がとっても刺激的で、
僕たちもうれしくなりますよね。

こういったモデルが提案されると
国沢師匠のトヨタのMIRAIが好評だったように
EVも面白そうじゃん!
将来が楽しみ!って思ってくれる方が世界中に広がりますよね。

日産自動車もルノーに負けじと
モディファイしたリーフを提案してくれるといいんだけどな。

2017年3月 7日 (火)

子どもたちのアイディアと匠のコラボ どんぐりコップ

一昨日、子どもたちと地域のコラボのお話を書きました。
オリーブやなし、竹炭といった地域の資産と
子どもたちのアイディアが融合して
「宝物」がいっぱい!

その中のお気に入りの一つを紹介します。

それがこれ!

どんぐりコップ!

Img_0685

Img_9012

Img_1039

子どもたちのアイディアと
校区にある小代焼の窯元「ふもと窯」のコラボによる作品です。

「ふもと窯」といえば、あの井上泰秋先生の窯元。
この作品は泰秋先生の息子さんが製作されました。

素朴さと小代焼の釉薬の流れが
独特の風合いを醸しだし、
どんぐりの帽子・・・
殻斗(かくと)がフタになっていますが、
取り外すとお菓子を入れるなどのサブ器に変身!

このどんぐりコップ!
大好きです!

最後にこのアイディアと作品は
この小学校とふもと窯のオリジナルですよ!

2017年3月 2日 (木)

ほら、やっぱり来たUSB-TypeC

春、3月を迎え、もうすぐ新学期。
アップルの製品も新製品が発表されていく次期です。

今、巷では新しいiPadについてだったり、
赤いiPhoneの登場だったりの噂が流れています。

そうしたら、やっぱり来ました。
USB Type-Cの噂が!
iPhone8に搭載するのではというお話です。

こちら

次期iPhoneにUSB-C採用のうわさ。Lightning端子廃止?付属ケーブルに採用でMacBookとの接続に対応?

今まではライトニングでしたよね。

もうダイソーにも売っているライトニング。
サンダーボルトなんてサーフェスも装備してますよね。

そんな中で出てきたのが
AやらBやらミニやらで上下の別があって
差しにくいったらありゃしない!
のUSBが
Cになって、ユニバーサルになったものだから、
アップルはこれこれ!って
MacBookやProに採用してきたわけです。

これからWindowsもCになっていくでしょう。

みーんなCになれば
コストダウンにもなりますしね。
一気にUSB市場が活気づきますよ。

でもなあ・・・
いっぱいあるんだよな・・・
USBのAやBやミニ端子と周辺機器が。

買替え需要を引き出すことになるけど
お金がかかるから・・・アタマ痛い(^^;)

2017年2月22日 (水)

クルマがネズミに狙われる!?

ネズミにとってクルマは好物?

フォーブスに興味深い記事が載っていました。
ボルボがネズミに食べられているって!?

こちら

ネズミに狙われるボルボ、環境重視の意外な盲点が問題化 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

読んでいただくとわかるのですが、
エンジンのコード類が
大豆由来の成分であることが原因らしいのです。
集団訴訟も・・・って
ちょっとおっかない話です。

でも、環境に配慮したクルマってことで
バイオ原料、
バイオプラスチックなるものがクルマの部品に使われています。

こんな論文もあるんですね。

バイオプラスチ ックの 自動車部品への応用 - J-Stage

読んでみると面白い!
へぇ〜〜!!の連続でした。

いろいろ調べてみると
2011年ぐらいには「ソイフォーム」
SOYつまりこれも「大豆」由来の一体成形部品で
フォードはリアシートにも使っていたみたい。

私たちの身の回りにも
いろいろとバイオプラスチックがあります。

こちらの日本バイオプラスチック協会のサイト
へぇ〜(^o^)/

人類が厳しい状況になっても
ネズミさんは生き残るのでしょうね。

2017年2月21日 (火)

エンジンの中の様子が見える!

いや、この目で見たことなかったです。
エンジン内部の
吸気→圧縮→点火→爆発→排気のサイクルを。

自宅には小さい頃から親父のオートバイがありました。
小学校高学年の頃には
数台あるうちの親50CCのバイクにまたがって・・・。
(ど田舎の小高い山の上の神社の近くに実家はあります)

エンジンにはとても興味があって、
意味もなくプラグを外して磨いてみたり
キャブを掃除してみたりといじっていました。
バイクのエンジンを分解して、
小さなシリンダーに驚いてましたね。
中学になって習う内燃機関もふむふむとよく理解。

でも、そのサイクルの実際の様子を
この目で見たことがなかったんです。

アメリカのエンジン好きのおっちゃん達が作ったYoutubeビデオ。
これ!

SmarterEveryDay BEHIND the SCENES - See Through Engine


写真はそのサイトから

20170220_102436


また、他にもこんなビデオもあったんですね。

See Through Engine - 4K Slow Motion Visible Combustion

写真は上記サイトから

20170220_103120

子どもたちとこのビデオを視聴!

まずは、撮影体制から・・・

そっかー、なるほどぉ。
こうやって可視化すれば良いんだな!
でも、これって強度が心配。
だから、カメラを長いアームで伸ばしてるんだ!

そして、いよいよ
エンジンの内部の燃焼の様子が出てきました。
あら〜。
こうなっているんだぁ。
エンジン音がいろんな部品の作動や爆発によって構成されていること

排気ガスのこと
もちろん、エンジンのパワーのこと
などなど
吸気から排気までのサイクルがよーくわかります。

EVとハイブリッドに乗っていますが、
内燃機関のクルマって、面白いよなって改めて思った次第です。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索