車・バイク Feed

2017年5月30日 (火)

世界三大レースに勝つ!佐藤選手、おめでとうございます!

さとうたくーま(失礼m(_ _)m)!

佐藤琢磨 選手!
インディ500の優勝おめでとうございます! 

世界三大レースと言われる
ル・マン
F1のモナコ
そして、
インディ500
これまではル・マンで勝った日本人ドライバーは
たしか関谷正徳さん、荒さんですよね。
関谷さんには、BMのミニカーにサインをしていただきました。

インディ500で勝った!って、
日本人ドライバーとしては、佐藤さんが初めてです。

いろんなサイトやマスコミから
ニュースが出ていますので、そちらにお任せです。

たぶん、国沢師匠からも記事が出るのではって
思っています。
師匠は佐藤選手を祝福すると共に
ホンダのアロンソ選手についてもコメントが出るかもですね。

マシンが勝つのもうれしいですが、
やっぱりドライバーが勝つ方がうれしいかな。

でもな・・・ホンダにとっては
F1で苦しんでいるだけに惜しかった。

さあ、これでル・マンにも勢いがつくというものです。
昨年、ほんとにほんとに惜しかったトヨタ。

レースは時の運も味方につける必要がありますが、
きっとやってくれるのではと期待してしまいます。

ちなみに、モナコではアイルトン・セナが
5勝していたんですよね。
やっぱり凄いなあ、セナ。

2017年5月17日 (水)

V37スカイライン 19インチのダンロップRFTって長持ち?

自分のV37スカイライン・ハイブリッドの
走行距離は2年でもう40,000㎞を超えようとしています。

よく走ってくれます。

さて、そのタイヤなんですが、
タイプSPなので純正のダンロップのランフラットを
履いています。

そろそろタイヤ交換かなって思っていますが、
確かめてみるとまだまだ大丈夫そうです。

それでも気になっていて、
先日、タイヤ館に行ってみて、ポテンザのランフラットを見たところ
どえりゃ〜、高ぇ!

参りましたm(_ _)m

仲良くなっているディーラーのサービスフロントに話すと
ランフラットではないタイヤに変えている人も多いみたい。

うーん。
どうしようかな・・・。

ま、ぼちぼち選ぼうと思っています。

ま、それはさておき
純正のダンロップのRFTタイヤは
定期的にローテをしていることもありますが、長持ちです。
これはうれしい!

2017年5月13日 (土)

ポルシェ ハイブリッド開発中止

RRのポルシェ911・・・
今もスポーツカーの王者ですよね。
自分は先輩のカレラに乗ったことがありますが、
コンパクトなボディ、
伝わる鼓動、
ステアリングのフィール・・・
これが、「ポルシェの世界」かと感激したことを
今でもハッキリと覚えています。

そんなポルシェがプラグインも含めて
ハイブリッドの開発を中止したといつもの
AutoBlogGreenさんが伝えています。

こちら



たしかに、あのRRの型式で
絶妙な重量バランスのクルマに
バッテリーを積み込むことは非常に難しいと思われます。

これが一番の中止の理由でしょう。

さらには
何度かここで書いているように
今や産油国となったアメリカでは
そして、トランプ政権では
エコカーの意味がなくなってきていることも
響いているのだと思います。

2017年
トランプ政権と共に
エコカーにとって曲がり角であると思われます。

さあ、こんな状況で勝つのはどのメーカーでしょう。

2017年5月11日 (木)

Appleがテスラを買収?!

最近、自動運転技術のテストを公道で始めたApple。
クルマづくりはEVによって
ハードルは下がったように見えますが、
その膨大なデータやノウハウは一朝一夕にはものにできないと思われます。

Appleがその潤沢な資金をどう動かすか・・・

いつものAutoBlogGreenさんで注目した記事はこちら



なるほどね。
シティグループがAppleがもつ資産を
どのように運用するかという点を考え、
「買収」するとしたら・・・候補の中に
Appleが入っているのでは?ということです。

いや、なかなか鋭い視点だと思います。

イーロン・マスクさんがどのように考えるかでしょうが、
最近ロケット事業がだんだんとうまく行くようになってきましたから、
彼の関心はそちらに移行するかもしれません。

テスラもこれから次々と新型車を生み出します。

考えてみると同社のクルマ部門も相当なポテンシャルをもっていますよね。
あれだけのクルマを世に送り出しているのですから。

Appleにとっては、
テスラを買収できたら、そりゃ、もうバッチリですよね。

火のないところになんとか・・・
と言いますからねぇ。

追伸
火という言葉を使いました。
お気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、
すみません。
今回の山林火災等で被害に遭われた皆様に
心からお見舞いを申し上げます。

2017年5月 9日 (火)

なんでこんなバックシャンになったの?BMW5シリーズ

いつものように
AutoBlogGreenさんの記事を読んでいて、
おお!BMWの5シリーズもプラグインの技術を高めてきたね!
2リッターターボのエンジンも積んで、
モーターで31マイル走る・・・

こちらの記事


でも、記事を読みながら
かつて5シリーズオーナーだった自分からすると
どうも合点のいかない新しい5シリーズに
噛みつきたくなってしまいました。

これがフロントから

20170508_224300

そして、リアから

20170508_224312

写真はいずれもこの記事からです。

このL字のリアランプがチューブ式に光って
かっこいいのはわかります。
リアスタイルはかっこいい!

でも、フロントからは「鈍重」なイメージ・・・(^^;)

なんでこんなに厚ぼったい、
キレのない鈍いデザインにしたのでしょう。

なんか最近のドイツ車はいかんなあ。
VW
アウディ
メルセデス・・・みんな、なんか変?
に見えるのは私だけ?

デザイナーが個性を出したい、
クルマのキャラを打ち出したい!ってのはわかりますけどね。
食指がうごかんです。はい。(^^;)

2017年5月 6日 (土)

エコカーの有り様が変わるかも?

昨日のこのブログで
デーモンとエクソシストを取り上げながら、

・・・アメリカンに話を戻しますが、
一大産油国になりましたからねぇ・・・。
こんなクルマがどんどんでますわな。
ま、エコカーは売れなくなりますけどね(^^;)・・・

って書かせていただきましたが、
トランプ政権が対日貿易赤字を前面に出して
貿易の2国間協定を進めようとしています。
クルマを買え!って言うでしょうから、
日本はそのほかでも話を飲むことになりそうです。

やっぱり一番はエネルギーだと思います。

その点について
国沢師匠も記事にしていらっしゃいました。

中東からではなく
今や世界一の産油国となったアメリカです。
ガンガン生産していますから、
日本にも買ってもらわんとね!ってなることでしょう。

そうなるとガソリンの値段は上がることはなく、
もしかしたら若干下がるかもしれませんし、
安定供給がしばらくは続くことになります。

そうなると・・・

これまではガソリンの価格の上昇もあって、
ハイブリッドカーやEVが売れていましたが、
ガソリン車が延命どころか
かつての旧車もどんどん乗れ!ってことになるかもしれませんし、
日本にもアメ車のようなクルマたちが新しいジャンルとして
売れ出すかもしれません。

そう、ピックアップとかね。
自分もあのかつてのハイラックスのピックアップ用な
ボディスタイルは便利だよなあって思っています。

そのパワーユニットは多様化が進むでしょうね。
EV、ハイブリッド(パワー重視)やATの多段化などなど。

エネルギーがゆとりを持つことで、
今よりももっと多様で
楽しいクルマたちが増えていくような予感がしています。

ま、いつもの楽観的な自分です。ワクワク!(^o^)/

2017年5月 5日 (金)

デーモンとエクソシストの対決!?

アメリカって面白いなって思います。
今日のタイトルは
皆さんもご存知のアメ車のお話です。

こちらのクルマたち・・・

デーモン:悪魔さん

Demon Unleashed | Challenger SRT® Demon | Dodge

20170504_214243



エクソシスト:悪魔払いさん

THE EXORCIST - 1000 HP ZL1 Camaro by Hennessey

20170504_214325

写真はいずれもyoutubeから

こうやって、ライバル関係を築いてクルマ業界を盛り上げる!

電動モーターもいいけどさぁ・・・。
モンスターエンジンのクルマもいいもんだぜぇ。
って、
ピックアップにも負けないアメリカンなクルマ好きが
大喜びしそうなアイディアにワクワクします。

こんなライバル関係ってかつての日本にもありました。

例えば
レビン/トレノとシルビア(ちょっと上)
カローラとサニーやシビック
スターレットとマーチやシティ
マークⅡとスカイライン
クラウンとセドグロ
などなど

クルマ雑誌も対決企画で盛り上がりましたよね・・・。

でも、なーんか、昨今はそれぞれでやっていて、
イマイチ盛り上がらない。
トヨタはハイブリッドで一人で利益を独占してたし・・・
後輪駆動車は風前の灯火だし・・・
(だからV37スカイライン・ハイブリッドに乗っているんですけどね)

世の中全体で見ても
日本の技術を見直す、ちょっとナルちゃんなテレビ企画が多いです。

ライバル関係って面倒くさいのかな?
そういった切磋琢磨を好まない人が増えたのかな?

クルマ業界も「意図的に」盛り上げて欲しいな。

あ、アメリカンに話を戻しますが、
一大産油国になりましたからねぇ・・・。
こんなクルマがどんどんでますわな。
ま、エコカーは売れなくなりますけどね(^^;)

2017年5月 4日 (木)

アクセルとブレーキの踏み間違え・・・悲しい出来事です

ゴールデンウィーク・・・
皆さん、お元気でいらっしゃいますか?

昨日、ちょっと所用で福岡に行きました。
午前中の九州道は上下線共に混んでいました。
福岡ではどんたくですし、
南下ルートは帰省や行楽の皆さんで賑わっていました。

V37スカイライン・ハイブリッドで走りましたが、
とても快適!渋滞していても追従クルコンで苦にならないです。
また、再スタートではアクセルを踏みますが、
これが適度に緊張感を保ってくれていて、良いバランスです。

皆さん、事故なく楽しいGWであってほしいと思います。

そんな中、
先日もアクセルとブレーキの踏み間違えの事故が起きましたね。

ドライバーだった女性はおつらいでしょうが、
お怪我をされた皆様の一日も早いご回復をお祈りします。

熊本には「ナルセペダル」という発明品もあります!
アクセルを右にずらすという方法ですが。

やはり、踏み込むという動作はドライブにとって
重要な要素になっています。

その踏み込みに対して、
センサー類を使って防止しようとする技術は
多くのメーカーが搭載しています。

それでもなくならない・・・
それに対して、国沢師匠の記事は大変興味深いモノでした。

こちら

自動ブレーキではアクセルとブレーキの踏み間違い事故を防止出来ない

なるほど!
踏み込むことはブレーキもアクセルも同じですが、
そのチカラに差があるという点です。

アクセルとブレーキ、どちらも踏み込みますが、
当然、ブレーキの方が力が入りますよね。

それをバイワイヤで関知し、制御できるというもの。

その手があったなぁって思っています。

これは費用的にも安価でしょうし、
是非とも搭載して欲しいですよね。

今日も皆さん、安全運転で!

2017年5月 1日 (月)

NISMOに期待ワクワクですね!

昨日、S13やS14の話をしましたが、
イニDにも登場するクルマたちに
日産自動車のクルマも登場しますよね。

シルビア、180、シルエイティ、R32、GTRであるBNR32・・・

どのクルマもコンパクトで
良いスタイルで、しっかり走って・・・良いクルマたちです。

そんなクルマたちを大切にされているオーナーにとって
悩みの種は「パーツ」。

もう製造されなくなったパーツで
流用できないモノはほんと困ったちゃんです。

そんな悩みを解決するためにNISMOが動きました!

こちら・・・

まずはR32 GT-Rの部品を再生産。日産のエキゾチックカー、NISMOによって延命できそう

いつかメルセデスが190Eのバックアップをするって
記事にしました。

こちらでした。

日々の彩りとエコカー: W201 メルセデスの190Eが復活する?!

このNISMOの発表!

この取組が本社を巻き込むと良いですね。

そして・・・
復刻
安全デバイスの追加
運転支援システムの追加
などで楽しい走りを提供するクルマが生まれると良いな。

願わくば、86のようにはなってほしくないなって(^^;)

2017年4月30日 (日)

S13やS14が元気(^o^)/ in 福島

福島のエビスサーキット!
「世界中のドリフト大好き」の人たちが集まる
聖地になっていますよね。

昨夜のニュースキャスターでも紹介していました。

うれしかったのは、
S13やS14がとっても元気に走っていたこと。

いやいや10万㎞超えのモデルでも
100万超えは当たり前!
一頃の代名詞だったAE86は・・・
手を出しやすい価格のタマが少なくて。
すっかりS13や14になっていますよね。

こうやって改めてS14を見ると
今や日本にはこんなモデルはもうないなあって
感慨深いです。
トヨタの86ももうなんかね。
ふっくらしていて、ちょっと違う。

先日、国沢師匠も書いておられましたが、
かつてのモデルにちょっと安全対策をして
リバイバルさせると面白いけどなぁ。

クルマ好きのヺヂサンたちが泣いて喜びますよ。

自分がV37スカイライン・ハイブリッドを買ったのも
案外そんなところが好きだったりして。

ドリフトって公道ではダメですけど、
リアがすーっと流れる感覚は好きですね。
今でもBMWのE36のリアの流れる感覚が
とっても素直だったことをカラダが覚えています。

こちらがエビスサーキットのサイトです。

くるまの遊園地 エビスサーキット

GW中もイベント盛りだくさんですね!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索