車・バイク Feed

2017年8月26日 (土)

へぇ20年ぶりなのか!ジムニー フルチェンジ!

ジムニーが20年ぶりにフルモデルチェンジをするって!

レスポンスさんが伝えています。
こちら

スズキ ジムニー がついに20年ぶりフルモデルチェンジ! 東京モーターショーで公開か


ジムニーって、タフで、山間地をよく走り、
スタックした自分よりも大きなクルマをレスキューする動画などが
アップされていますよね。

ま、いろいろ改造されてしまったジムニーは
あんまり好きではありませんが、
ほぼノーマルで品良く
そして、山道を駆けるジムニーは好きです!

もうちょっと乗り心地が良いといいのにな〜。
って思っていたのですが、
新型はどうでしょ?

自分の退職後の足にもいいかもって思いますが、
昨今の軽自動車は「値段が高い!」ので
そんな値段するの!?
って、価格にならないことを希望します。

みんなのジムニーであってほしいな〜(^o^)

2017年8月22日 (火)

過去をモチーフに メルセデスのマイバッハ6カブリオレ

最近のメルセデスのデザインは
押しが強いというよりも
口悪く書けば、押しつけがましいといいますか、
「ほれほれ!かっこいいだろ〜」みたいな
主張が感じられて、どうも好きになれないのですが。

このビジョン マイバッハ6カブリオレって
すげえデザインで、コーサンです。20170821_223128
写真はいつものAutoBlogGreenさん
記事はこちら

Vision Mercedes-Maybach 6 Cabriolet is last year's concept with a soft top

なんだか鯨(クジラ)ですよね。

ところが、サイドビューはこんな感じで流れるよう・・・

20170821_223110
って、あれ?これって?
って気が付いたのがこちらのクルマ・・・

S ベイカー ツアラー!20170821_223606
写真は同じくAutoBlogGreenさん
記事はこちら


ロングロングなフロント
ショートデッキ
そして、リアが下がりながら流線型のデザイン。

これをモチーフにしたんだなってわかりますよね。

なんだか迷っている感のある
メルセデスのデザインは過去のマシンにその原点を見出そうとしているかもしれません。

2017年8月21日 (月)

原付バイクの厳しい販売状況

原付バイクが売れない・・・

ヤフーニュースなどニュースサイトは、
こんな記事がありましたね。

バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず

乗る人が少ない・・・
つまり、これまで市場を牽引してきた若い世代が
極端に減っていく時代が本当にやってきました。

人口減少・・・

ちょっと前まではそんなに現実的ではありませんでしたが、
はっきりとわかるようになってきたのです。

原付バイクといえば、
地方の私たちにとって
高校時代、大学時代の大切な足でした。

通勤、通学の足として
クルマやバイクは必需品になるのですが、
こんなに売れなくなっているなんて・・・
そうお感じの方も多いかと思います。

自分たちが高校生の頃はいろんな原付バイクが走っていました。
特にスクーターが本格的になった時代で
ホンダのタクト、パッソル、パッソーラ
ヤマハのジョグ、
スズキはジェンマなどがありましたね。

自分は高校3年の後半に
ホンダのスペイシー50を買ってもらい、通学に使っていました。
大学生になってからは、ヤマハのパッソーラを買いましたが、
このパッソーラはリアランプがホンダのCB750Kのようで
あんまり速くはなかったですが、乗りやすかったですね。

このブログをお読みなる方は
結構自分と同じヺヂサンが多いでしょうから
皆さん、スポーツ系やアメリカン系(ヤマハのスペシャルなど)
スクーターなどにお乗りになった方も多いのでは?

ま、普通免許で乗ることができる排気量をアップしようという動きもあります。
また、出川哲朗さんのように電動バイクもあります。(足が短いですが)

打開策ですか・・・
パイが小さくなっているので厳しいのはわかっていますが、
もっと値段を下げて、
もっとおしゃれで格好いいバイクを出して欲しいな。
今の若い子達は価値あるものにはしっかりとお金をかけるでしょうし、
もっとネットに繋がるなどの機能も欲しいですね。

さて、どんなアイディアを各メーカーは出してくるのでしょう?

2017年8月12日 (土)

ランフラットタイヤの交換〜V37スカイライン・ハイブリッド

5万㎞近くを走ってきたV37スカイライン・ハイブリッド。

極低速で交差点の角を曲がったり、
スーパーなどの駐車場を巡る際にステアリングを切っていくときに
何かの周期的な音が出ていました。(グウン、グウン・・・みたいな)

メカの方の大径タイヤの偏摩耗が要因かもしれない・・・

タイヤの減りも気になっていましたし、
雨天時の走行の際にも気をつけた方が良いかな?って
思っていたので、昨日、4本とも交換してきました。

銘柄は
ダンロップのランフラット
SP SPORT 5000 です。

Img_4799
ランフラットは固い!ってことで
ノーマルタイヤに変えるか非常に迷いました。
また、価格もとんでもなく高いですもんね。

自分もネットを探しました。
245/40 R19のタイヤを・・・

候補はいくつかでてきて、
ネットオークションに出ている「バリ山」のノーマルタイヤ

新品のランフラットタイヤなどなど
いろんなマーケットも。
知り合いに依頼もして・・・。

なんとか4本、新品でとても安い価格のこのタイヤを見つけてきました。

結果!見事、その音は解消されました!
メカニックさん!ありがとうございます。

そして、新しいタイヤってゴムがしなやかで乗り心地がまるで変わりました。

このタイヤは標準のタイヤよりもパターンが細かくて
より優しい乗り心地で、静かに走るようになりました。
これだったら、ランフラットでもいいなって思います。

Img_1655
これで、V37スカイライン・ハイブリッドのしなやかな、
そして、疾い走りが蘇ります!!

最後に・・・
このタイヤをディーラーに持ち込んだのですが、
別の業者に交換を依頼。
その交換工賃がたいそう高額で・・・。
ランフラットがあまり普及していない田舎は大変です(^^;)

2017年8月11日 (金)

夢 楽しさ・・・未来を意識した国沢師匠の記事

国沢光宏さんを師匠と呼ばせていただいています。

たくさんの記事を広範囲に書かれる姿勢はピカイチです。

その多様な視点、そして、行間を読み取ることを意識すると
さらに記事に深みがあり、裾野が広がることがわかります。

先日のグレートレースでのご活躍、
私たちクルマ好きにとって、夢のようなお話でしたよね。

アメリカの大地を
ヒストリックカーで走る。
パートナーは「スバル」。
クルマを探し、それを走らせる・・・

師匠を支える名メカニックを始め、多くの皆さん。
凄いことです!

このところ、マツダの新技術を紹介されています。

そうか、マツダはそうくるのか。
相当な自信があるんだな。

それでも叱咤激励の記事になっています。

時に印象を悪くする企業もあるかもしれません。

でも、それが企業自体の風通しを良くし、
成長に繋がるという素直さや謙虚さがあれば
師匠の記事もありがたいと思えます。

師匠と共にクルマの社会の夢を語り、
楽しい未来を語り合いたいと思います。

未来のことを「予測困難」というネガティブな
「がんばらなきゃ!」って記事にする人が多いですが、
僕は
「未来は無限大であり、無限の可能性がある!」

そんな立場で行こうと思っています。

今日も師匠の記事の行間を読みたいと思います。

2017年8月10日 (木)

CBR250RR かつてのVT250の再来!!

今日はオートバイのお話。

ホンダのCBR250RRが売れています。
このところなかなか販売が伸びなかった分野で
久々のヒットとなっています。

バイワイヤのスロットルなんか
レスポンスが良いだろうなって思います。

こちらがホンダのCBR250RRのサイト

写真はそのサイトから20170809_222900 大きくしてみると
タンクの下にバイワイヤのステッカー。

昭和の私たちにとって
バイクやオートバイは憧れの対象のひとつでした。

僕も大好きです。

中学を卒業した後、
仲良しだった友達はヤマハのペケJ(XJ)の400に乗っていました。
僕は原付だったので、
ホンダのスペイシー50やヤマハのRZ50にのって
ぶっ飛ばしてました。
スペイシー50なんか車体は重たいスクーターでしたが、
速度が乗るととんでもないスピードが出ていましたが、
実際の速度はここでは書きません。
RZはいわずもがなですね。

大学生になって
別の友達はVT250に乗っていました。
ブルーのストライプで爽やかでかっこよかった。

このタイプですね。20170809_224519 写真はホンダのサイトから

ヒラリヒラリと舞うように走る様は
見ていてかっこよかったなぁ。

CB400もかっこよかったですよねぇ。

結局、自分は原付以外の免許は取っていません。

大学生の頃にとれば良かったのですが、
高校生の頃から仲良しだった友達を
阿蘇の大観望でなくしたんです。

なんでもないコーナーで、彼は自損事故を起こし
亡くなってしまいました。

ご遺族とも話をする中で
免許とったら乗るだろうな・・・
ほしくなるな・・・

自分は安全に操る自信がなくなったんです。

ですから、阿蘇路で出会うライダーに安全運転でね!
って、クルマのステアリングを握りながら、心の中で声をかけています。

さてさて、この250という分野。
維持費の面からも魅力的。

でも、価格が・・・高ぇ!(^^;)

20170809_222916


2017年8月 7日 (月)

そうか!ホンダF1の復活のカギはジェットエンジン!

先日、私も記事にした
ホンダF1の復活の兆し・・・。

その理由がわからなかったのですが、
国沢師匠の記事によると
ホンダジェットの技術を持ってきたということです!

こちらが師匠の記事

ホンダ、F1にホンダジェットの技術を導入! 早くも成果が!


なるほど!
つまりは最先端のF1であるが故に、
さらに先を行くジェットエンジンの技術を
取り入れたということです。

初代のセルシオは源流主義とかいって、
緻密な部分まで仕上げた結果のクオリティって
よく言いましたよね。

それと似たもので
かつてBMWのE39に乗っていた頃、
ちょっとした下り坂でアクセルオフにして
惰性で走らせるようなときに
E39はスルスルスル〜ってなめらかに走って行く様は
とても気持ちが良く、精度の高さを感じていました。

今の自分の愛車と比較すると
リーフもV37も負けず劣らずの滑らかさです。

さて、この精度の高いホンダジェットの技術が
エンジンばかりではなく、
マクラーレンのシャシーや
エアロまで入ってくることも考えられて、
こりゃ、もしかすると、マクラーレンホンダF1は大化けするかもしれません。

勝つ!
ホンダのテクノロジーとなると
企業全体のイメージアップにもなりますし、
ホンダのクルマたちにも好影響になります。

これからのマクラーレンホンダに期待大!!!!

2017年8月 3日 (木)

New リーフ 2018 そのルーフはブラックアウト?

新型リーフの発表を前に、
また、少しずつ、その外観の情報が出てきています。

写真1は AutoExpressさんのこちらの記事から

New 2018 Nissan Leaf spied bare ahead of September reveal
20170803_000839
写真2は express(イギリス)さんのこちらの記事から

New Nissan Leaf 2018 LEAKED images reveal radical redesign


20170803_000946
いよいよCMなどの撮影が始まったのでしょうか?
ロケ地はスペインみたい? 

予想通り
ヘッドランプもリアランプも
横長にリデザインされて
ロー&ワイドに見えるようになっています。

骨格は今のリーフと同じみたいですよね。

2017年7月31日 (月)

EVの馬たちが繋がられたイオンモール!

久しぶりに福岡県大牟田市のイオンモールに行ってみました。
すると!

Img_1130あれ?
アウトランダーPHEVが並んでる!
プリウスPHVも!

Img_5101

なーんと10台も普通充電器が設置されていました。

遅ればせながら、やっとキター!

こんな光景を待っていたんです。
そう、カリフォルニアのように
まるで、馬が手綱を結ばれて休憩しているような光景を!

他のイオンさんと同じように
WAONカードなどの認証が必要ですが、
今のところ、無料とのこと。
そして、1、2、3時間が選べるとのこと!

Img_9307

Img_4471

Img_1010
これはゆっくり買い物も楽しめますね。

だんだんとこんな光景が増えていくのでしょう。
ま、EVが増えれば充電争いも起きるですかねぇ。
あんまり見たくないし、
自分もそんな思いはしたくないな。

PHVの皆さんは
純EVのことを考えてくださいね〜。

イオンさん!ありがとうございます。

もっともっと増やしてください!

2017年7月30日 (日)

うーん やっぱ、グリルレス(^^;) テスラ モデル3

テスラのモデル3が出ましたね。

いろいろとスペックが出てますので、
そちらにお任せ。

いつものAutoBlogGreenさんにも
記事が多々出ていますが、
まずはこちらから・・・

Tesla Model 3 handover event is tonight - here's what we know



この記事の下に動画が上がっていますよね。

登場してきたモデル3のフロントがこちら
写真はこの動画から20170729_234126
うーん。
自分はやっぱ、アカンかな。
こういった明るい色だとグリルレスの
のっぺらぼうのお顔が・・・。

自分はちょっと・・・。

それから、車内の画像になっていきます。20170729_234147
でっかい液晶パネルが鎮座していて、
操作性を考えたのでしょうが、
あんまりスマートではないですよね。

売れるのかな?

新型のリーフの方が出足は伸びるかもです。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索