車・バイク Feed

2018年11月15日 (木)

スタッドレスに履き替えた その後 ランドクルーザープラド

先日、お伝えしたランドクルーザープラドのスタッドレスへの履き替え。
その後の様子について書きますね。

交換したのは
ホイールがFJクルーザーの鉄チンホイール
タイヤはFJクルーザー用のサイズのタイヤで
サイズは265/70 R17になります。
銘柄は、ダンロップのウインターマックスSJ8です。

さて、このタイヤの履き心地ですが・・・。

まず、燃費は あまり変わりません。

乗り心地は 良いです。
サマータイヤは、19インチの
ダンロップ グラントレックAT23でした。
17インチへのダウンということで
タイヤのサイドウォールの厚みが増して、
空気量も増えたことが良い乗り心地に影響しています。

ロードノイズは 
もともと静かなランドクルーザープラドですが、
ちょっと増えたかなって思うくらいですね。

剛性は 高い方でしょう。
スタッドレスですから、
タイヤのトレッド面は押せば柔らかいのですが、
しっかり踏ん張っています。

でも、速度を上げてコーナリングする際は
ちょっとだけ、アウト側に膨らみますね。
コーナーでは、19インチに比べて
速度は抑えめ、
ほんの少しだけ早めにステアリングを切り始めた方が
狙ったラインをトレースできます。

さて、このスタッドレスは
今のところ、総じて、良好。
少しずつ冷えてきていますし、これからがこのタイヤの本番です。

ちょっと楽しみ。

そうそう、交換した19インチの夏タイヤは
実家の倉庫に横積みで眠っています。

2018年11月 3日 (土)

漢(おとこ)のスタッドレスに履き替え ランドクルーザープラド

皆さん、お久しゅうございます。

久しぶりにここに帰ってきました。
なかなか忙しくて・・・って
いかんいかん、口にしてはいけない言葉ですね。

阿蘇方面に仕事に行く機会が多くて
ランドクルーザープラドは大活躍してくれています。

11月・・・霜月
そう、霜が降りる頃になりました。
そろそろ朝は5度以下になる日が出てきて、
スタッドレスに履き替えました。

こちら

Img_3011

そう、FJクルーザー用にしたんです。
鉄チンホイールに
タイヤも265/70/R17というサイズです。

17インチの純正タイヤは265/65/R17ですが
このタイヤは扁平率が70になりますので、
ちょっと径が大きくなります。

それからオフセットが15と1㎝外に出ますから
ツライチになってバッチリ!

Img_3014

ネットでもこのホイールに変えた方がいらっしゃいますが、
バッチリ装着できることを
トヨタのメカも知らなかったみたいです。

19インチから17インチになりましたので、
タイヤの存在感が増しましたね。
それに黒の鉄チンホイールなので、まさに漢(おとこ)のクルマって感じですよ。
装着しているのはダンロップのウインターマックスSJ8。

ぼちぼちその乗り味をレポートしますね。

2018年10月 2日 (火)

ランドクルーザープラド 2.7リッターのガソリンモデルでもパワーあり!

今のメインのクルマは
ランドクルーザープラドの2.7リッターのガソリンモデルです。

職場が山間地になって、上り下りのワインディングを走る機会が多いのですが
足回りの良さについては何度かお伝えしてきました。

今回は非力だと言われるエンジンパワーについて
ちょっと書きますね。

結論は

トルクも含めて
パワーでは、ディーゼルモデルに脚光が当たりますが、
ガソリンモデルでもそんなに気にしなくて良いですよ。

ということです。

仕事柄、山間地の「なんとかスカイライン」とか「まるまるハイウェイ」などを走るのですが、
制限速度50㎞程度の上りはグイグイと力強く走る!ということです。
アクセルを踏み込むとあらら?という速度まで上がってしまうこともあって
気をつけています。

前はスカイライン・ハイブリッドに乗っていましたが、
このプラドのガソリン・モデルは思っているよりも
力強く、速いってことです。

自分はオフロードを走ることはありません。
でも、何があっても仕事場にたどり着く!というテーマには
このクルマがうってつけだったんです。

だんだんと秋が深まっています。
そろそろスタッドレスに履き替えないといけません。

さーて、どうしましょうかね?

2018年9月15日 (土)

止まれなかった速度だったか?吉澤ひとみ容疑者の事故

お久しゅうございます。
連休、皆さん、いかがですか?
すっきりしない天気です。
時折、強めの雨になりますし、歩行者や自転車はいきなりダッシュですから
ドライブは気をつけたいですね。

さて、国沢師匠も書かれていた
吉澤ひとみさんが起こした事故が話題ですね。

たぶんこのブログにお越しになる皆さんと同じく
車種は・・・アルファードだよなあ。
自動ブレーキは・・・ついてるよなあ・・・止まれなかったのかな?
ドラレコ・・・止まってる場所は大丈夫なの?

そんなことでした。

事故については、
こちらの師匠の記事を読んでいただければ

吉澤ひとみひき逃げ事故の動画を検証。衝突速度は20km/h前後


歩行者や自転車の方、心からお見舞い申し上げます。
運が良かったとしか思えないですが、
自動ブレーキが気になります。

たぶん吉澤さん運転のアルファードは
時速50㎞以上じゃないでしょうか。

だから、クルマの影から出てきた人たちにうまく反応できなかった。

ということなのでしょう。

吉澤さんが駐車していたクルマのことを供述していて
マスコミさんは供述とドラレコ画像が違う!って指摘していますが、
吉澤さんから見えにくかったことは間違いないでしょう。
ですから、師匠も書かれているように
このドラレコの画像提供者は大丈夫なの?って思っています。

吉澤さんって書いていますけど、別にファンじゃないですし、
そもそもこの方がモー娘。のメンバーだったって知らないっす(^^;)

とにかく、気をつけて安全運転で、飲酒運転なんて言語道断です。

2018年7月22日 (日)

暑い・・・シートベンチレーション ランドクルーザープラド

暑いですよね。
熊本も暑いです。

「皆さん、おげんきですか〜」

かつて、陽水さんのセフィーロのCMを思い出しちゃいました(^o^)

プラドはエアコンが良く効きます。

それに加えて、これがあるんです。

20180722_175641

そう、シートベンチレーション機能が・・・。

これは、TZ-GとTXのLパケについているんですが、
背中や足の太ももの蒸れには効果があります。

どっかと座っていれば、空気がでてくる部分を塞いじゃいますが、
少し浮かせたときに勢いよくエアが出てくることがわかります。

ふと涼しさを感じているので、良いみたい。

ついていないリーフのモケットシートが
暑苦しく感じるので、効果は高いですよ。

このプラドの空調ですが、
リアには輸出向けのようにルーフには吹き出し口がありません。
中央のコンソールボックスに吹き出し口があります。
サードシートはつらいかも・・・。
この夏、息子に座ってもらって試して見ようかな?

まだまだ暑さは続くみたい
今日は少し雲が出たので、直射日光が緩和される時間もあって一安心。
災害をもたらすほどは不要ですが、ちょっと夕立でもくれば・・・。
もくもく入道雲が見たいって思っています。

被災地では片付け、ボランティアに汗を流しておられることと思います。
どうかお身体をご自愛ください。

筆者 拝

2018年7月18日 (水)

マジすか!?リーフ30のバッテリー劣化って・・・

皆さん、暑いですね。
熱中症で病院等に搬送される方がニュースになっています。
水害の被災地でもボランティアでそういった症状になる方も・・・
致し方ないのですが、迷惑かけないボランティアでいたいですね。

無理をしないこと!

です。

昨日は、小学生が亡くなるという悲しい出来事もありました。
お悔やみ申し上げますとともに、熱中症になられた方々にお見舞い申し上げます。


さて、今日は国沢師匠の記事に気になる記述が・・・

こちらの記事

リーフに60kWh電池追加は12月か? ただ隠蔽体質が不安です


その中身を抜粋しますと・・・
寿命面で大いに不安。先代後期の30kWh型についていえば海外を中心に劣化が激しいという情報でており、これに対し日産はプログラムの問題だったと制御PCの書き換えで対応している(なぜか同じタイプの電池使う日本では未対応)。

マジすか!
破格の条件で買った、我が家のリーフ30エアロスタイルもヤバいのかな?

今のところ、バッテリーはフルマークで元気なんですが、
暑いからですねぇ。
あーあ、セグ欠けを見たくないですよね。

気になるのは「海外を中心に劣化情報があって、プログラムを書き換えて対処している」ってこと。

日本はどうなの?

もうね、これが一番いかんのですよ。

60のバッテリーを出して、走行可能距離600㎞!!!!!!とか
アピールして、補助金60万円!とかやるんでしょうけど、
もうね、補助金で安いだろ?って下駄を履かせるのも止めて良いかもしれないです。

日産さんのどっかに甘えが出ちゃうんじゃなかろうかと・・・。

もうね、下取も安くなるしね。

リーフというクルマそのもので勝負してほしいものです。

あーあ、どうするんだろ?日産。
どうなるんだろ、リーフ30。

もうね、見捨てたらイカンですよ!日産自動車さん!

2018年7月13日 (金)

原付免許で110CC程度のバイクに乗れるようにしたら良いのに!

かつて自分の家にはお袋が乗る50CCのホンダ・スーパーカブがありました。
自分も乗ることがあって低燃費でよく走りました。壊れもせず。

日本にはスーパーカブという素晴らしいバイクがある!

これは自分の一つの誇りでもあります。

でも、世界との認識の違いをベトナム生活で知りました。

かの国にはChinaの影響もあってか、
HONGAなどのシールを貼ったまがい物もあるくらい
HONDAのブランドイメージはとても高いものがあります。

ある日、ベトナムでの友人のロンさんと話していて
バイクの話になりました。

私「おっ、カブじゃん!とっても良いバイクだよね」
ロンさん「うん。HONDAって人気だし。」
私「でも、ロンさん、乗ってるバイクはHONDAだけどカブじゃないね」
ロンさん「カブは良いバイクだけど、50CCじゃ、パワーがないからダメだよ」
私「そんなにパワーが要るの?」
ロンさん「だって、家族で一度に4〜5人、乗ることがあるからね〜」
私「そうか!だから、110CCなんだ!」

そこで、国沢師匠の記事・・・

災害に備え12万円で買えるバイクなどいかがか?

こんなに安価で良いバイクがあるなら
じゃんじゃん日本にも入れれば良いのに!って思います。

でも、そうなると・・・

高価なバイクと安価なバイクが日本で競合して
互いにパイを食い合うかもと心配になります。

ですから、乗ることができる人口を増やした方が良いと思います。

若者が・・・って心配する向きもありますが、
もう若者の人口はあてにならないくらい減っています。
それに18歳で成人ですもんね。

50CCというジャンルは残しつつ
110くらいまでは原付免許で可能という仕組みまで広げて欲しい。

それは、660CCという軽自動車も同じです。

海外展開まで考えると1000CC以下ぐらいにもっていかないと
海外では勝てないのではと考えます。

もう良いんじゃないかな。そんな時期に来てるんじゃないかなって
考えています。皆さんは?

2018年7月 3日 (火)

売れるといいな カローラ・スポーツ

トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用した
カローラ・スポーツ・・・


写真はトヨタ自動車のサイトから

20180703_175216

売れるかも・・・
いや、そうじゃないかも・・・って自動車評論もわかれていますよね。

自分も86と92に乗ったことがあって気になるんです。

そんな時代のカローラのセダンって、バーガンディの内装で
バーのラウンジみたいな雰囲気もありましたよね。
どれもがミニマークⅡやミニソアラみたいでf^_^;

さて、今回のキーンルックのカローラ・スポーツを
売れるかも・・・って紹介しているサイトがこちらのカートップさん

https://www.webcartop.jp/2018/07/252577

そうかぁ。
プリウスやC-HRのユーザーまで取り込もうというのか。
確かにいつも書いてますけど
プリウスを高速道路でガツンと加速させた時の
あのブーンとマスが回る感じ・・・ダイレクト感があんまりない感じが
変わっているのかなぁ?

込み込みで300万円を超えるかも・・・ってカローラですから
金銭面で余裕のあるヲヂサン世代には受けるのかも?

お前はどうなんだい?

って、言われちゃいますけど、
わたしゃ・・・あんまり・・・って書いたらトヨタさんに叱られちゃいますかね。

ま、プラドのユーザーなんでお許しをf^_^;

筆者 拝

2018年6月25日 (月)

シートポジション ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドに乗っていて、
最近、シートポジションを乗用車ライクに変えてみたら
ドンピシャ!って話です。

ランドクルーザープラドといった背が高いクロカン四駆(よんく)は
アップライト・・・背もたれを起こしがちにポジションを取りがちです。
自分もそうでした。

でも、両足と左のフットレストとの関係があんまり良くなくて
左の臀部(お尻の下)がちょっとした筋肉痛?になることがありました。

そこで、思い切って
シートバックを少し寝かせ、座面の前を少し上げて
お尻が収まったような乗用車のスポーツセダン風のポジションを取ってみたわけです。

すると、少し視界が悪くはなりましたが、
腰が深く収まって、フットレストとの関係も良好になり、
快適にドライブできるようになりました。

こうなると以前から書いているように
コーナーを腰でグイグイ曲がっていく感覚があって
すこぶる快調なんです。
もとより懐の深いシャシー性能ですから、
これがクロカンSUV?ってな感じで走って行きます。

やっぱり、ドライビングポジションって大切だなって再確認したわけです。
普段使いのクルマはもちろん
試乗する際も慌てず、ゆっくりと自分がしっくりするドラポジを大切にして
そのクルマ本来の性能や味などを楽しみたいものですね。

2018年6月 4日 (月)

クルマの機能 アップグレードを当たり前にしてほしい

国沢師匠のこの記事を読んでいて
思ったことを書きます。

こちらの記事

正面衝突被害低減ブレーキ、初採用はレクサスLSでした~。間違えた経緯は以下!


読んでいていて、タイトルのことを思った次第です。

スマホやPCを使っていらっしゃる皆さんは
アップルやマイクロソフトから
修正パッチやプログラムが要請されているかと思います。

クルマも今や様々なプログラムが動いていて
そのアップグレードもナビゲーションや
レーダー探知機などでも行われていますよね。

ところが、大切な基幹プログラムについては
あんまり行われていません・・・定期点検などで行われているものもありますが。

このボルボのように
大切な安全プログラムにおいて
有償でもアップグレードが行われることって大きなことだと思います。

クルマのテレマティクスが進む今、
良い点はどんどん私たちコンシューマに還元して欲しい。
リーフなんてどんどん集めているので
よりオープンに還元することも進めて欲しいって思います。
それが若い世代にも合うと思います。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索