車・バイク Feed

2017年9月15日 (金)

困ったもんだ・・・運転支援システムがついていても

運転支援システム・・・
各社によってその警告の出し方や
制御については違いがあります。

例えば
ステアリングの自動操舵についても
ある一定時間ステアリングから手を離すと
キャンセルされたりね。

さて、読売新聞がこんな記事が掲載しました。

こちらがリンク先です。

ハンドル握ったのは25秒だけ…自動運転事故

テスラの自動運転技術を使ってクルマを運転?していた方が事故でお亡くなりになりましたよね。
それに関して、米国家運輸安全委員会(NTSB)の見解に関する記事です。
引用させていただきますと・・・

何度も音声などでハンドルを握るよう警告したが、運転手は機能を過信し、十分な注意を払わなかったと指摘している。一方、長時間、ハンドルを握っていなくても、自動走行できるようにしたテスラの設計が、運転手の過信につながったと結論付けた。その上で、自動運転は限られた条件でしか使えないようにするなどの対策が必要との考えを示した。

考えさせられますよね。
私の場合、V37スカイライン・ハイブリッドで運転支援システムを使います。
まあ、よく反応します。
システムは1台前のクルマの動きも見ていますし、
高速道路(70km/h以上)ではステアリングもアシストしてくれます。
V37スカイライン・ハイブリッドの場合、
ステアリングから手を離す時間制限はないんですが、
その分、レーンキープの力が弱くしてあるようです。
この運転支援システムを使う時って、
のんびり運転しているかというとそうではなくて、
逆に自分も感度を上げている場合がほとんどです。

クルマが支援してくれているのはよくわかるけど、
何かが起きるかもしれないから気をつけておこう。

そんな気持ちなんですよね。

ところが、人によっては、
「なぁーに、クルマが勝手にやってくれるぜ!」って
クルマの警告を無視してしまうんですよね。

そうなると・・・

はぁ。困ったもんだ。
あくまでも「支援」ですもんね。
機械が判断するのですから、万能ではありませんもんね。

2017年9月 1日 (金)

クルマ同士の意思疎通 AIとテレマティクス

9月になりましたね。
朝夕がちょっと涼しくなってきました。
うれしい!
そしてそして、サッカーワールドカップ出場!おめでとうございます!!!!!

さて、いつかも書いたように
自動運転技術が進歩するには
クルマ同士の意思疎通が必要になると思っています。

私たちドライバーの「あ・うん」の呼吸みたいな。

そんな場面はいくらセンサーやカメラをつけても難しいですよね。

いつものAutoBlogGreenさんのこちらの記事に

Smart Vision EQ Fortwo is the future of autonomous city cars

Smartのクルマが「On My Way」って表示しながら
走っている様子が紹介されています。

写真もこの記事から

20170831_170141
ま、いろんな意思をこうやってアピールするって
わかりやすいけど、実際はインパネに
「ここは相手に進路を譲るよ」
とか
「進路を譲ってくれた後続車に御礼のハザード」
とか
表示するかもなって思っています。

そして、鍵となるテレマティクスで
瞬時に相手のクルマにも
制御信号と共に表示用のメッセージを送る・・・
なんてこともやるんじゃないかな?って思っています。

AIが発達して、クルマ同士が意思疎通する・・・
きっとできるようになりますって!

2017年8月29日 (火)

うちの子達とも話しました。もし 高速道路 バス故障停車 ガードレールの外へ

先日の高速道路でのバスへの追突事故。
オープンキャンパスに参加し、
近い将来の夢を描いていた多くの高校生が事故に巻き込まれました。

お亡くなりになった方へお悔やみ申し上げるとともに
お怪我された方へお見舞いいたします。

うちの高校生の娘も
この夏、いくつかの大学のオープンキャンパスへ参加しました。
私も参観ついでに参加したので、自家用車で行きましたが、
いつ何時どんなことが待ち受けているかわかりません。

まさに、想定外はない・・・
今回もそのことを突きつけられました。

だから
大切なことは自分の身を守るために
どう動くかということです。

「つなみてんでんこ」もそうであったように
まずは自分の命を守るために
必死に動かねばなりません。

国沢師匠も子供たちに伝えよ!
って記事にされていますが、
我が家でも子供たちと話をしたところでした。

結論は・・・

どんなに雨が降っていても
どんなに先生が待てと言っても
高速道路から出なければならない!
我が子たちは中学生以上なので
先生に伝えることやもし頑なな先生がいたとしても
越えることはできる!

しかし、小学生のお子さんとなるとちょっと心配。
東日本大震災でも不幸にも、ものすごく辛いことですが、
被害に遭った小学校の子供たちがいましたよね。
ですから、この事故の教訓を保護者はもちろん、
学校の先生方にもしっかり考えていて欲しいと思います。

2017年8月28日 (月)

レースからの撤退相次ぐ・・・大手自動車メーカー

ル・マンからポルシェが撤退する・・・
これにはトヨタも衝撃を受けたことでしょう。

WECからは
昨年、フォルクスワーゲングループのアウディが撤退。

メルセデスもDTMから撤退・・・
フォーミュラEに行くと言いますし・・・

耐久レースばかりでなく、
F1もまた撤退が相次ぐのではないかといわれています。

そんな中、希望の光が見えだしたホンダでしたが、
ベルギー(スパ)ではまた元に戻るのでは?ってお話。

ソースはこちらの国沢師匠の記事

ホンダF1、崖っぷちです(26日)

先を読むのが難しい不透明な社会、
明日がどうなっているかも読むのは難しいですから、
企業もレースにどれだけ投資するのか?

そんな余裕はない?

昭和のヺヂサンたちには
F1やル・マンで大手自動車メーカーの技術が進化し、
それが市販車にフィードバックされるって思っていましたが、
なんだか昨今は様子が違います。

これは縮小傾向なのか
はたまた
エンジンからEVへの
大きな転換期なのか・・・

不透明だからこそ、チャンスが転がっていて
無限大だと思うのはお花畑な考えなのでしょうかねぇ(^^;)

2017年8月27日 (日)

交換してよかった!タイヤ V37スカイライン・ハイブリッド

約5万㎞を走ってきたV37スカイライン・ハイブリッド。
ダンロップのランフラット050はまだまだ残っていましたが、
大径タイヤゆえ、ほんの少しの偏摩耗が周期する音が出てきていました。
値段の安いタイヤを探して、同じダンロップのランフラットで
別銘柄の5000に交換。

これが正解でした!

先も書いたように
このタイヤはブロックパターンが小さいのですが、
これが効いているのでしょう。

・ロードノイズが減った。
・路面の当たりが柔らかくなった。

よって、しなやかに走るんです。

これはバイワイヤのステアリングを握っていても
はっきりわかります。

ステアリングに添える手のひらも気持ちよい!

一つ気になるのは純正との経年変化の違いです。
摩耗やフィールの変化が早期に現れるのでしょうか?

とりあえず、今は絶好調なので、大満足で乗っています。

しなやかにシャキッと走るってとっても大事ですよね。
雨中でも安心ですしね!

2017年8月26日 (土)

へぇ20年ぶりなのか!ジムニー フルチェンジ!

ジムニーが20年ぶりにフルモデルチェンジをするって!

レスポンスさんが伝えています。
こちら

スズキ ジムニー がついに20年ぶりフルモデルチェンジ! 東京モーターショーで公開か


ジムニーって、タフで、山間地をよく走り、
スタックした自分よりも大きなクルマをレスキューする動画などが
アップされていますよね。

ま、いろいろ改造されてしまったジムニーは
あんまり好きではありませんが、
ほぼノーマルで品良く
そして、山道を駆けるジムニーは好きです!

もうちょっと乗り心地が良いといいのにな〜。
って思っていたのですが、
新型はどうでしょ?

自分の退職後の足にもいいかもって思いますが、
昨今の軽自動車は「値段が高い!」ので
そんな値段するの!?
って、価格にならないことを希望します。

みんなのジムニーであってほしいな〜(^o^)

2017年8月22日 (火)

過去をモチーフに メルセデスのマイバッハ6カブリオレ

最近のメルセデスのデザインは
押しが強いというよりも
口悪く書けば、押しつけがましいといいますか、
「ほれほれ!かっこいいだろ〜」みたいな
主張が感じられて、どうも好きになれないのですが。

このビジョン マイバッハ6カブリオレって
すげえデザインで、コーサンです。20170821_223128
写真はいつものAutoBlogGreenさん
記事はこちら

Vision Mercedes-Maybach 6 Cabriolet is last year's concept with a soft top

なんだか鯨(クジラ)ですよね。

ところが、サイドビューはこんな感じで流れるよう・・・

20170821_223110
って、あれ?これって?
って気が付いたのがこちらのクルマ・・・

S ベイカー ツアラー!20170821_223606
写真は同じくAutoBlogGreenさん
記事はこちら


ロングロングなフロント
ショートデッキ
そして、リアが下がりながら流線型のデザイン。

これをモチーフにしたんだなってわかりますよね。

なんだか迷っている感のある
メルセデスのデザインは過去のマシンにその原点を見出そうとしているかもしれません。

2017年8月21日 (月)

原付バイクの厳しい販売状況

原付バイクが売れない・・・

ヤフーニュースなどニュースサイトは、
こんな記事がありましたね。

バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず

乗る人が少ない・・・
つまり、これまで市場を牽引してきた若い世代が
極端に減っていく時代が本当にやってきました。

人口減少・・・

ちょっと前まではそんなに現実的ではありませんでしたが、
はっきりとわかるようになってきたのです。

原付バイクといえば、
地方の私たちにとって
高校時代、大学時代の大切な足でした。

通勤、通学の足として
クルマやバイクは必需品になるのですが、
こんなに売れなくなっているなんて・・・
そうお感じの方も多いかと思います。

自分たちが高校生の頃はいろんな原付バイクが走っていました。
特にスクーターが本格的になった時代で
ホンダのタクト、パッソル、パッソーラ
ヤマハのジョグ、
スズキはジェンマなどがありましたね。

自分は高校3年の後半に
ホンダのスペイシー50を買ってもらい、通学に使っていました。
大学生になってからは、ヤマハのパッソーラを買いましたが、
このパッソーラはリアランプがホンダのCB750Kのようで
あんまり速くはなかったですが、乗りやすかったですね。

このブログをお読みなる方は
結構自分と同じヺヂサンが多いでしょうから
皆さん、スポーツ系やアメリカン系(ヤマハのスペシャルなど)
スクーターなどにお乗りになった方も多いのでは?

ま、普通免許で乗ることができる排気量をアップしようという動きもあります。
また、出川哲朗さんのように電動バイクもあります。(足が短いですが)

打開策ですか・・・
パイが小さくなっているので厳しいのはわかっていますが、
もっと値段を下げて、
もっとおしゃれで格好いいバイクを出して欲しいな。
今の若い子達は価値あるものにはしっかりとお金をかけるでしょうし、
もっとネットに繋がるなどの機能も欲しいですね。

さて、どんなアイディアを各メーカーは出してくるのでしょう?

2017年8月12日 (土)

ランフラットタイヤの交換〜V37スカイライン・ハイブリッド

5万㎞近くを走ってきたV37スカイライン・ハイブリッド。

極低速で交差点の角を曲がったり、
スーパーなどの駐車場を巡る際にステアリングを切っていくときに
何かの周期的な音が出ていました。(グウン、グウン・・・みたいな)

メカの方の大径タイヤの偏摩耗が要因かもしれない・・・

タイヤの減りも気になっていましたし、
雨天時の走行の際にも気をつけた方が良いかな?って
思っていたので、昨日、4本とも交換してきました。

銘柄は
ダンロップのランフラット
SP SPORT 5000 です。

Img_4799
ランフラットは固い!ってことで
ノーマルタイヤに変えるか非常に迷いました。
また、価格もとんでもなく高いですもんね。

自分もネットを探しました。
245/40 R19のタイヤを・・・

候補はいくつかでてきて、
ネットオークションに出ている「バリ山」のノーマルタイヤ

新品のランフラットタイヤなどなど
いろんなマーケットも。
知り合いに依頼もして・・・。

なんとか4本、新品でとても安い価格のこのタイヤを見つけてきました。

結果!見事、その音は解消されました!
メカニックさん!ありがとうございます。

そして、新しいタイヤってゴムがしなやかで乗り心地がまるで変わりました。

このタイヤは標準のタイヤよりもパターンが細かくて
より優しい乗り心地で、静かに走るようになりました。
これだったら、ランフラットでもいいなって思います。

Img_1655
これで、V37スカイライン・ハイブリッドのしなやかな、
そして、疾い走りが蘇ります!!

最後に・・・
このタイヤをディーラーに持ち込んだのですが、
別の業者に交換を依頼。
その交換工賃がたいそう高額で・・・。
ランフラットがあまり普及していない田舎は大変です(^^;)

2017年8月11日 (金)

夢 楽しさ・・・未来を意識した国沢師匠の記事

国沢光宏さんを師匠と呼ばせていただいています。

たくさんの記事を広範囲に書かれる姿勢はピカイチです。

その多様な視点、そして、行間を読み取ることを意識すると
さらに記事に深みがあり、裾野が広がることがわかります。

先日のグレートレースでのご活躍、
私たちクルマ好きにとって、夢のようなお話でしたよね。

アメリカの大地を
ヒストリックカーで走る。
パートナーは「スバル」。
クルマを探し、それを走らせる・・・

師匠を支える名メカニックを始め、多くの皆さん。
凄いことです!

このところ、マツダの新技術を紹介されています。

そうか、マツダはそうくるのか。
相当な自信があるんだな。

それでも叱咤激励の記事になっています。

時に印象を悪くする企業もあるかもしれません。

でも、それが企業自体の風通しを良くし、
成長に繋がるという素直さや謙虚さがあれば
師匠の記事もありがたいと思えます。

師匠と共にクルマの社会の夢を語り、
楽しい未来を語り合いたいと思います。

未来のことを「予測困難」というネガティブな
「がんばらなきゃ!」って記事にする人が多いですが、
僕は
「未来は無限大であり、無限の可能性がある!」

そんな立場で行こうと思っています。

今日も師匠の記事の行間を読みたいと思います。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索