学び・教育 Feed

2017年9月29日 (金)

わあ!国沢さんだぁ!子供たち喜ぶ!

このところ
動画による配信をされている国沢師匠。

言いたい放題

スバルのSTIのレポートなど

しばらくお目にかかっていないのですが、
やっぱりこうやってお姿を拝見するとうれしい。

実は私の子供たちも
ラリー観戦に行ったり
いろいろと接していただいたりと
つながりを持っていただいています。

ですから、こうやってネットを通じて国沢さんのお姿を拝見し、
それをリビングで流すと
子供たちが「わあ!国沢さんだ!」って
とってもうれしそうに画面に見入っています。

国沢さんとのつながりがあるために
動画からも幅広い世代を対象に話をされる様子が伺えて、
それも彼らに響いているみたいです。

クルマ馬鹿の親父の影響か
クルマには興味があるみたいで
リーフ30やV37スカイラインに家族5人で乗るときも
狭い!窮屈!なんて不満は出てきません。
もう中高生なんですけどね。

モーターショーに行きたいとは言いませんが、
自分なりのクルマ観をもっているみたい。

地方の田舎ですので、クルマは必要な道具です。

せっかく使う道具なら
安全で快適であったほうがいいですもんね。
経済感覚と合わせて、将来を考えてくれるといいなった思います。

彼らの将来、クルマ社会はどうなっているのでしょう?
どう変わっていくのでしょう。

2017年9月 7日 (木)

新型が登場しました・・・そろそろ

昨日、以下のような記事をアップし、
いろいろご意見をいただいて、一旦、下げさせていただきました。
新型リーフについて
コメントもいただき、ディスカッションをしたいって方もいらっしゃいます。
こんな私にそんなお相手がつとまるのかと・・・。

書き続けるか、いろいろと悩んでいます。
取りあえず、アメーバあたりに変えてみても良いかなって
思ってもいます。

国沢師匠
リーフを通じて知り合ったお仲間がたくさんいらっしゃいます。
ま、新型リーフはちょっと買えませんし。

初期型リーフを買われた皆さんは
ひじょーに迷っておられると思います。

もし、私が金銭的に余裕があったとしても
すぐには買いません。
1年以上、様子を見ます。
やがて、オーテックバージョンやニスモバージョンが出ると思いますし、
60kWhの大型バッテリー搭載車も出るでしょう。

それに中古車価格がどうなるかも見守るでしょう。

走行可能距離も・・・

うーん。
皆さんとディスカッションしたくなってきました(^^;)

もうちょっと考えます。


いよいよ新型リーフが登場しました。

そろそろ自分の役目も終わるかなと思っています。

国沢師匠に誘っていただいて、
リーフにまつわる記事を書いてきました。

ページビューもありがたいことに
180万に迫っています。

過去の記事も読んでいただいています。

本当にありがとうございます。

いろいろと綴ることは大変勉強になりました。
短文でまとめていくことはとても難しく、
自分の仕事の上でも大変な学びとなりました。

ネットに自分の文を載せることは大変気を使う日々でもありました。

見えない相手を意識する・・・

それがとても学びになったのです。

コメントをいただく皆さんにもいろいろとお教えいただき、
ありがとうございました。

新しいリーフがまた新時代を切り拓きます。
そうであってほしいと思います。

まだまだ暑い日が続きます。

どうか皆さん、お身体、そしてお心をくれぐれもご自愛ください。

筆者 拝

2017年8月30日 (水)

感動ポルノと24時間テレビ インクルーシブな社会にもっと広がっていくといいな

今年の24時間テレビをチラチラ見ていました。
昨年は「感動ポルノ」って言葉が駆け抜けて、
Eテレがそれに疑問符を投げかけていましたね。
そのEテレが
同時間帯に
「障害者ががんばっているのを見て面白いですか?」って
強烈なメッセージを発信していました。

24時間テレビ側も様々な社会情勢を検討したのでしょう。

ギネスに挑戦!などちょっと趣向を変えた番組にしていました。

でもね、やっぱり・・・。

自分の家族とも話題にしました。

高校生の娘からは
同級生達と「番組の見方」について話題になったそう。

いいぞぉ!

多くの視聴者を集め、多くの募金が寄せられている・・・

その人々の思いがインクルーシブな社会にもっと広がっていくといいなって思います。

もともと生物学的、医学的な特性をもった人に
もっとがんばらんといかん!って、努力や根性を語る、強いる・・・
それに感動する・・・

そんな社会から新しい世の中へ!!

2017年8月29日 (火)

うちの子達とも話しました。もし 高速道路 バス故障停車 ガードレールの外へ

先日の高速道路でのバスへの追突事故。
オープンキャンパスに参加し、
近い将来の夢を描いていた多くの高校生が事故に巻き込まれました。

お亡くなりになった方へお悔やみ申し上げるとともに
お怪我された方へお見舞いいたします。

うちの高校生の娘も
この夏、いくつかの大学のオープンキャンパスへ参加しました。
私も参観ついでに参加したので、自家用車で行きましたが、
いつ何時どんなことが待ち受けているかわかりません。

まさに、想定外はない・・・
今回もそのことを突きつけられました。

だから
大切なことは自分の身を守るために
どう動くかということです。

「つなみてんでんこ」もそうであったように
まずは自分の命を守るために
必死に動かねばなりません。

国沢師匠も子供たちに伝えよ!
って記事にされていますが、
我が家でも子供たちと話をしたところでした。

結論は・・・

どんなに雨が降っていても
どんなに先生が待てと言っても
高速道路から出なければならない!
我が子たちは中学生以上なので
先生に伝えることやもし頑なな先生がいたとしても
越えることはできる!

しかし、小学生のお子さんとなるとちょっと心配。
東日本大震災でも不幸にも、ものすごく辛いことですが、
被害に遭った小学校の子供たちがいましたよね。
ですから、この事故の教訓を保護者はもちろん、
学校の先生方にもしっかり考えていて欲しいと思います。

2017年8月11日 (金)

夢 楽しさ・・・未来を意識した国沢師匠の記事

国沢光宏さんを師匠と呼ばせていただいています。

たくさんの記事を広範囲に書かれる姿勢はピカイチです。

その多様な視点、そして、行間を読み取ることを意識すると
さらに記事に深みがあり、裾野が広がることがわかります。

先日のグレートレースでのご活躍、
私たちクルマ好きにとって、夢のようなお話でしたよね。

アメリカの大地を
ヒストリックカーで走る。
パートナーは「スバル」。
クルマを探し、それを走らせる・・・

師匠を支える名メカニックを始め、多くの皆さん。
凄いことです!

このところ、マツダの新技術を紹介されています。

そうか、マツダはそうくるのか。
相当な自信があるんだな。

それでも叱咤激励の記事になっています。

時に印象を悪くする企業もあるかもしれません。

でも、それが企業自体の風通しを良くし、
成長に繋がるという素直さや謙虚さがあれば
師匠の記事もありがたいと思えます。

師匠と共にクルマの社会の夢を語り、
楽しい未来を語り合いたいと思います。

未来のことを「予測困難」というネガティブな
「がんばらなきゃ!」って記事にする人が多いですが、
僕は
「未来は無限大であり、無限の可能性がある!」

そんな立場で行こうと思っています。

今日も師匠の記事の行間を読みたいと思います。

2017年8月 4日 (金)

改めて 涙する 「君の名は。」


毎日30分ずつ、4日間かけて見てきた
DVDの「君の名は。」

普段、あまりテレビの点かない我が家では
家族がそろう夕食時間に見ていました。

アニメで涙したのは初めてです。

ヺヂサンになって
涙腺が緩みがち・・・ってことではないんですけどね。

◎糸守に隕石が落ちたことを確かめた場面

◎3年という時を超えて出会った二人

◎すれ違う電車

◎君の名を確かめ合うラスト

そんなシーンで思わず声を出して、涙しました。

映画館でもそうだったんですが、
何度見ても良い映画だと感じています。

我が家の家族、みんながやっぱりいいね。

子供たちの時間を調整して、

みんなそろって、1時間52分。

次回はしっかり鑑賞したいと思っています。

2017年8月 1日 (火)

家でも「君の名は。」

予約していた「君の名は。」のDVDが届いていました。
見るなら、家族一緒にと決めていたので、
子供たちの塾などがない昨日から見始めました。

勉強もあるので、ずーっと見るのではなく、
タイミング良く小分けにして
見ていこうという作戦。

改めて、感じること。

美しい画。
楽しくも切なく、心の底にも波を立てるキャラクターとストーリー。

それは、立場や環境が違っていても
誰だって、思ったことや経験したことがあること・・・。

いろんな人が
いろんな意見を言いますが、
やっぱり売れただけのことはあると
再度見ながら思います。

それにしても
昭和の私たちにとって
そして、大の映画好きの私にとって
昭和の時代はよかったす!

だって、映画館に一日中いることができて、
何回も同じ映画を見て、
その世界に浸って・・・。

何本も見ていましたね。

中でも「ライトスタッフ」はよく見たなあ・・・。

うちでは、「君の名は。」のブームが再来しています!

2017年7月28日 (金)

私の誇り

今日は一枚の写真から

Fullsizerender_20
私の手にある果物は
アップルマンゴーです。

これは、とある方からいただいたものです。
ご褒美とも言えます。

滅多にないことです。

私はこのアップルマンゴーを
職場でいただいて
大切に冷蔵庫に入れ、
自宅に帰ると真っ先に仏壇にあげて
父を始め、先祖にご報告しました。

暑い中、災害に見舞われて
命を落とされた方
お怪我をされた方
大きな被害を受けられた方がいらっしゃいます。
また、熊本地震から1年以上になりますが、
私も含めて、復興に全力を挙げている方々がいらっしゃいます。

少しでも
少しでも寄り添い
力を合わせ
厳しい時を乗り越えていきたいと思います。

多くの皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございます。

2017年7月23日 (日)

熱いトーク!木村和也さんと山内 要さん

自分が大好きな熊本の放送人に
RKK熊本放送の 木村 和也 アナウンサーがいらっしゃいます。

このブログでも何回か取り上げたでしょうか?

もともとは関東の方ですが、
たしか1991年、平成3年に
TBS系列のRKK熊本放送にアナウンサーとして採用。
2001年(平成13年)に放送中の事故で大ケガをされて、
懸命なリハビリで現在は元気に活躍されています。

そして、お笑いタレントとして
地元で大きな人気を誇る山内 要さんも大好きな方の一人。
熊本地震では避難所運営に昼夜を問わず
献身的な消防団活動をされていました。

時々、叔父の「慶徳二郎」先生とともに
熊本に元気と笑いをくださっています。

昨日のことなのですが、
このお二人が
荒尾市にあるあらおシティモールという
複合施設ショッピングセンターが
20周年ということで
記念のラジオの公開生放送に来てくださいました。

こちら

20170722

まあ、暑い日だったのですが、
お二人の熱いトークに会場は盛り上がりました。

終わってから、
お二人にお土産をお届けしながら、
いろいろとお話。

特に、木村和也さんとはいろいろと話に花が咲きました。
所属されているRKK熊本放送のアナウンス部の上司の方にも
仕事でお世話になっていますので。

30年の記念イベントにもぜひ!
という話が出ていました。
みんな元気にその日を迎えたいですね。
お二人ともこれからもよろしくお願いします。

2017年7月13日 (木)

災害派遣に行っております。

5年前と同じく、今回も豪雨災害が発生しました。
被災された皆さんが少しでも多くの支援を待っておられます。

私も、今週の月曜日から
急遽、福岡県朝倉市や大分県日田市を支援させていただくために
災害派遣として被災地支援活動をしております。

昨年の熊本地震への多くの皆さんからいただいた支援への
恩返しでもあります。

ブログの更新が少し止まってしまいますが、
どうかご容赦くださいますようお願いします。

追って、数日分の記事を書きます。

どうぞよろしくお願いします。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索