学び・教育 Feed

2017年5月21日 (日)

How to ビデオの隆盛

今、How to ビデオ 真っ盛りですよね。

林先生から?ブームとなった学習ビデオ。
他にも料理がありますよね。
それから製品ガイドみたいなYouTuberもたくさんいらっしゃいます。

オンライン研修と銘打って、
企業も会議や研修を代替えしていますし、
農家さん向けのHow to も増えています。

スマートフォンが広がって、
その特長を生かしたコンテンツが増えているんですよね。

携帯会社さんも
データ通信量が増えれば、それだけ利益にもなりますしね。

何かを知りたい・・・
私たちの欲求があります。

「へぇ」みたいなテレビもあります。

手軽に学べる良さがありますが、
大切なのは
それを自分のものとするためには
それ相応の
主体的、自主的な行動なり、思考が必要だということです。

うちの子も学習ネタを
ときどきiPadで見ていますが、
わかったつもりになってるかもです。(^^;)

大切なのは目標!
あくまでもこれらは手段なのですから。

2017年5月 3日 (水)

気候変動・・・答は無限にある社会ですから。

地球という長い長い歴史を刻んできた星に住む私たち。
地球という星のスケールからすると私たちの歴史ってほんの少し。
この星の気候はさまざまな要因から
少しずつ変化しているように思えます。

自分は地球温暖化を否定するわけでもなく、
ただ気候変動というサイクルに
これまでも、これからも入っており、
そのサイクルに応じて生きていくしかないなって思っています。

例えば、
地球温暖化・・・
アメリカのゴアさんの名前は聞いたことがある人も多いでしょう。
今、トランプ大統領になって、
アメリカ・ファーストの掛け声と共に
地球温暖化を否定していますよね。
そりゃ、ゴアさんは黙っていないでしょう。
ビジネスもあるでしょうしね。

で、彼が動きました。

こちら・・・

「不都合な真実」でノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア氏の続編映画「不都合な結末」予告編


そうかといえば、もっと激しい変化だ!
という科学者もいます。

こちら・・・

「危険なレベルでの天候変化が数十年以内に起きる」と科学者が警告

どちらもGIGAZINEさんから・・・

いろんな見方が出るのは仕方がないし、
良いことだと言えます。
ま、あっちだ!こっちだ!と動かずに
とりあえず、様子を見ておきましょう。

東日本大震災や熊本地震を受けて、
ハッキリしてきたのは
「想定外はないこと」

そして、答がない社会ではなく、
「答は無限にある社会」だと思っています。


2017年4月 5日 (水)

IoTと農業

まずはこちらのグラフを・・・

20170404_220415

これは、独立行政法人 農畜産業振興機構

からのものです。

肉用の子牛の価格が近年急上昇していることを示しています。

平成18年度は米国産牛肉の輸入禁止などの影響で
子牛価格が上昇した年なのですが、
それ以来の高水準。
東日本大震災の影響で牛の飼育頭数が減ったことも一因です。

このように子牛は
肉用牛を育てている畜産農家にとって
とても大切な収入源となっています。

ところが、子牛を産む・・・
出産は、母牛にとっても大変なこと。
上手く出産を手伝ってあげないと子牛が死んでしまうこともあるそうです。

そんな大切な子牛とIoTの関係が注目されています。

それがNTTDoCoMoさんの「牛温恵(ぎゅうおんけい)」なんです。

母牛が出産する際に、体温が上昇するということで
体温計を母牛の体内に設置して、その兆候を農家に通知。
これまでは、人が見回って確かめていた母牛の健康状態や
出産時の事故を減らそうというものです。

こちらがNTTDoCoMoさんのサイトからの図です。

20170404_221233

なるほど、こうすれば、端末に送られてくる情報をもとに
牛の管理ができます。

IoT・・・あらゆるものがネットにつながる・・・って
わかったようでわからんところもありましたが、
これはとてもわかりやすいですよね。

こういった農業とインターネットの発展が
未来の農家を支えていく、
そして、失敗といったキケンを減らすことになり、
ひいては後継車不足の解消へとつながっていくのだと思います。

将来は農家になる!

そんな若者達の未来をネット技術が支援する時代となりました。

2017年4月 1日 (土)

今日から4月です!(^o^)/

今日から4月1日!
新年度は土曜日からのスタート。
皆さんはどのようにお過ごしですか?

異動のあった方、
新入学の方、
お子様やご親類で新入学の方など
いろいろと変化のある月です。

自分は異動もなかったのですが、
今日、明日と新規採用の方の研修のために仕事です。

毎年のことですが、
新しく仕事に就かれた(疲れたじゃないっすよ(^^;))
フレッシュな皆さんと過ごすことで
自分も初心に返り、自分の仕事を見つめ直すことができます。

ここで以前紹介した記事を掲載しますね。

熊本のRKKというテレビ局で活躍された
アナウンサー 清原憲一さんの「一生初心」。

一生初心 清原憲一さんに学ぶ

歳を重ねても
驕り高ぶらず、
きっちりと筋を通し、
人々のお世話になると頭を下げ、
自分を客観視して、仕事を重ねていきたいと思います。

皆さんにとって
良い新年度のスタートでありますように・・・。

がんばりましょう!

2017年3月27日 (月)

稀勢の里関 男泣き あなたは大横綱になる!

横綱稀勢の里関
萩原 寛(ゆたか)さん!
優勝おめでとうございます!

NHKのテレビ中継で見ていました。
あなたが国歌斉唱で君が代を歌いはじめた時、
自分はグッとくるものがあって
涙がこみ上げました。

再びあなたに画面が切り替わったとき、
私と同じく「男泣き」をされていましたね。

その姿に多くの視聴者、
そして、会場にいる皆さんも
心打たれたのです。

前々日からこの相撲界の歴史に残る名勝負は
用意されていましたね。

照ノ富士関が勝ちたいがあまりに
大関というつとめを投げて、
琴奨菊関に立ち会いの変化で勝つという
事件を起こしました。
いわば「悪役」が誕生したのです。

あなたは日馬富士関の強烈な押しを受けとけたものの
右肩にケガをしてしまいました。
前日の取組の鶴竜関の一番が
横綱昇進後の初優勝が絶望的になったことを私たちに伝えました。

しかし、ケガをおしてまで
横綱としてのつとめを果たそうとする姿に
日本人は「日本人」を見出したのです。
あなたの姿に涙する人が
私も含めて多く多くいたはずです。

そして、今日。

照ノ富士関は
もうあなたのケガを
弱点をつくようなマネはできませんでした。

それは、あなたの横綱としてのオーラがそうさせたのです。

今日の土俵は
本割り、そして、決定戦の2番共に
正々堂々と闘うことが求められ、
あなたと照ノ富士関は闘いました。

そして、右手一本のあなたの強さは
大横綱のオーラに覆われ、
闘う鬼神がそこに見えると共に
「日本の相撲道」を示してくださいました。

ありがとうございました。
多くの相撲ファンが心からお礼を伝えていることでしょう。

私も心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

注 この記事の大半は、昨日の取組の後、一気に書いたものです。
  「今日」など日付が合わない点がありますことをご了承ください。

2017年3月26日 (日)

スマホの春 子どもたちとの関係で大切なこと

新年度の季節、ケータイ各社は
学割キャンペーンを打ち出して、高校生や大学生向けの
サービスを展開しています。

スマートフォンデビュー!

そういったご家庭が多いかと思います。

その理由としては
一番は、やっぱり、万が一親子での連絡体制だと思います。
東日本大震災、熊本地震と
想定外はない時代における連絡手段として、
スマートフォン、SNS等は大きな役割を果たしてきました。
さらには、ちょっとした会話の補助、
コミュニケーションツールとしてもスマートフォンの役割は高いです。
今や、写真は当たり前で、動画を手軽に共有する時代です。
テレビ電話・・・もう死語ですよね。

親子や仲間で大切な情報を共有すること

そのためのツールを持たせる!という理由です。

これからの時代には必須であり、
もっともっと進化するのでしょう。

こういった利便性につきものなのが
「安全なのか?」という不安や犯罪です。

物事には「光と影」がつきものですが、
スマートフォンの世界にもそれはあり、
例としてあげた熊本地震に於いても
先般事件となった「ライオンデマ」などがあります。

そのほかにも
根も葉もない噂やその拡散、
書き込みによる炎上、
氏名や住所といった個人情報の特定、
詐欺、
心や身体を傷つける犯罪・・・などなど
我が身に降りかかったらゾッとするような件が起きています。

じゃ、どうしたら良いのか?

大切なことは「約束」と「次の行動」です。

今や幼少の頃から
お父さんやお母さんのスマホに触れることのある
子どもたちです。
絵本機能やゲーム機能等を利用する場合もあるでしょう。
最初は保護者が面倒を見ていても
だんだんと子どもたちに使用を任せる場合も出てくるでしょう。

その時に「約束」をすること

それは使うことを保護者に確認することから始まり、
使用時間や使うコンテンツなどを「約束」することです。
そういった「約束」を積み重ねていくこと。

それは、その子の人生にも影響を与えますよね。

「約束」をきちんと守ることは「信頼」につながり、
それは友達との信頼関係から
幼保小中高・・・と人生の歩みに大切なことですよね。

スマホもその一連の流れの一つと捉えましょう。

それから、「次の行動」と書きましたが、
それは、「スマホの後に、やることをあらかじめ決めておくこと」です。

それが決まっていると何しようかな〜って困ることもないです。

よく言われます。
「ピンクのスマホを想像しないでください」

人の脳は面白いものでダメと言われても想像しますよね。

だから、スマホはダメだよ!って言っても、
スマホを考えてしまいます。
これは、薬物やアルコール依存症などにも使われているのですが、
次にやることを決める・・・そういった習慣をつけていくことが
メリハリのある生活習慣につながっていきます。

スマホの春・・・どうか皆さんも楽しく快適に使ってくださいね。

といっても、我が家では子どもたちには
1台のガラケーもどきを与えていて、
それは連絡用にしか使っていませんけど。

2017年3月23日 (木)

歌舞伎王子さまの4歳

闘病しながら
ブログを綴っておられる小林麻央さん。
闘病の思いを載せて、日々の様子を綴っておられます。

こちら

息子 4歳!


ご子息の勸玄(かんげん)さんが4歳の誕生日。
かねてから歌舞伎王子のかんかんさん。
稽古に精進することがもう頭にしっかりあって
将来が楽しみです。

自分はこうやって麻央さんのブログに共感し、
その想いをブログにするぐらいしか
寄り添うことができませんが・・・。

自分の場合・・・
義理のお母さんや妹さんが乳がんにかかり、
自分の妻自身も乳がんを心配しての毎日ですので、
自分の家族皆が麻央さんの日々を応援しています。

自分は毎晩、家族がリビングにそろっているとき、
麻央さんのブログを朗読しています。
(ちょっと朗読は得意かな?(^^;))

麻央さんの想いはストレートで
読みながら、詰まってしまうことも多々あります。

子どもたちは画面の写真も見ながら
しっかりと聴いていて、家族の時間となっています。

麻央さんのブログがこれからもずっと続き、
元気や勇気、そして、寄り添うことの大切さを
私たちに伝えてくださることを
病に打ち勝ってくださることを
心から祈っています。

2017年3月16日 (木)

春休みが危ない! 子どもたち(児童生徒)に注意!

昨日の国沢師匠の記事に呼応した記事です。
こちら

4月に突出する小学1年生の交通事故

動画を見ているともうヒヤヒヤ。

ここで、学校に関わることの多い自分からも
皆さんへ注意喚起。

子どもたちの行動は「春休みが危ない!」のです。

それは学校の状況に一因があります。
春休みは、夏休みや冬休みと異なります。

学年末であること。
学校にとっての1年間が終わった時期であること。
そして、
学校にとっては「人事異動」の時期で
先生方が別の学校に異動されたり、
ご退職されたりしています。
だんだんと人手不足になり、
生徒指導の部分も弱くなりがちなのです。

そうなると・・・
校区に対する注意意識が全体的に下がる傾向にあります。

宿題も出されていますが、
夏休みや冬休みのように
スクーリングも減りますし、
家庭に対する先生のサポートも減りがちなのです。

つまり、子どもたちの行動の把握がしづらくなり、
目が届きにくくなる・・・

子どもたち自身も
暖かくなってきますから、心も開放的。
注意力が下がる場合もあるでしょう。

この師匠が私たちに示してくださった
ビデオのような光景が全国各地で頻発すると思っていて良いと思います。

どうか、ご家庭では今一度
交通安全意識を高めていただくと共に
ドライバーである私たちは
「飛び出してくると思って!」
ステアリングを握りたいものです。

今日も気をつけてステアリングを握ります。

2017年3月12日 (日)

311に思う・・・寄り添っていくこと

3.11 祈りの日でした。 

自分は午後から自宅に帰って
ちょっと横になったのですが、
あの時間が気になっていました。
不思議とその10分くらい前に目が覚めました。

学校から帰ってきた娘と一緒に
あの時間、2時46分に黙祷をしました。 

小林麻央さんのブログを
いつも家族の前で朗読をするのですが、
家族であの日のことを思い出していました。

もうすぐ4月。
熊本地震も1年を迎えます。

発生後、すぐに被災された地域の支援に行っておりましたが、
それは今も時間を見つけて個人的にも続けています。 

東北がそうであるように
熊本もまた
復興にはまだまだ時間がかかります。 

また、世の中には
さまざまなご病気等と闘っておられる方もいらっしゃいます。 
自分は思います。
病も地震と同じく想定外はないのだと。

だから、いろんなことで困っている人たちと
みんなでいたわり合い
寄り添って未来へ、明日へ、進んでいきたいと
強く強く思っています。

2017年3月10日 (金)

熊本の高校生も「やるバイ!」 トマトのポン・デ・ケージョ

自分たちが
考えたことや企画したことが
具体的になる、実現するって嬉しいことですよね。
それは、人々にエネルギーをもたらし、
次への高みを目指させます。

それは、若い世代も同じです。

熊本県の玉名女子高等学校の食物科の生徒さん達が
熊本県産のトマト(生産高でトップクラス)を
素材にした新しいパンを企画し、
それが商品化されました!

それが、これ!
「トマトのポン・デ・ケージョ」

Img_3573

Img_0555
ピザ風味なんですが、
チーズとピザソースの味がして
もっちり、ふっくら!

うまー!

家族みんなで大喜び!
気が付けば、お父さんが食べるのは・・・
もう!ない!!!!

全国各地で高校生の皆さんが企画したものが商品化されています。
熊本県で有名なのは
「米ろんパン!」(コメロンパン):米粉を使ったメロンパン
そして、
全国的に有名になった元祖「白いイチゴ」
八代にもロールケーキがあったなあ・・・
などです。

これからの日本を背負っていく世代に
もっともっとチャンスを与え、
やる気を引き出す社会でありたいですね!

コレ、大切な「キャリア教育」です!

さてさて、この「トマトのポン・デ・ケージョ」ですが、
残念ながら、熊本県内のローソンでしか買えません。
もっと広がるといいな!

玉名女子高等学校のサイトはこちら。

玉名女子高等学校公式ウェブサイト

ローソンのアナウンスはこちらです。

皆さん、「トマトのポン・デ・ケージョ」をぜひ!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索