住まい・暮らし Feed

2017年11月14日 (火)

物流を学ぶ機会とキャリア教育

今や自分にとっても欠かせないもの・・・
それは宅急便です。

通販サイトを利用する人にとっては「日常」ですよね。

直接店舗に行くことと通販を利用することは
使い分けであって、
その人が便利に生活できるための手段の一つです。

その物流業界は働き方改革においては
真っ先に取り上げられるようになっています。

人々にとって便利であるからこそ
安心して働く人がいてほしいですよね。

自分などはヤマトや佐川や郵便局などの配達員の方には
時間指定をした場合には夕方や夜などは
「お疲れさまです!」との声と共に
仕事を終わってからどうぞと冷蔵庫からビールを渡しています。
(毎回ではありませんが)
やっぱり、お疲れさまってお互い様ですもん。
仕事は仕事!って、割り切ることもありますが、やっぱり人情。
僕はそんな人間なんです。

さて、先日の国沢師匠の記事にいいなあって思った会社がありました。

こちらの記事

大型トラックと乗用車はお互いを尊重しなくちゃ(11日)

ここにアイエヌラインという会社の名前が登場します。
会社のサイトにリンクが貼ってあるのですが、
どれどれ・・・と読んでいると・・・

こんな記事が

社会科物流交流授業in天籟寺小学校

学校で物流の出前授業をされているのですね。

こりゃ、いいなあって思った次第です。

小学校も良いけど、中学校にも行って欲しいですよね。
なかなか目の前の進路がよくわからない中学生にとっては
具体的なものとどんな人生を送りたいかっていう
夢や目的、そしてそれを実現するための目標が大切です。

そう、キャリア教育です。

そして、今からどんどんお世話になるであろう物流についても
考える時間が必要ですよね。

2017年10月 9日 (月)

さまざまなドラマ・・・「競技」と「納得」に思う

良い天気の連休です。
皆さん、いかがお過ごしですか?

うちは子供たちが中間テスト前。
ほんとは遊びに行きたくてウズウズしていますが、
今日もうちで勉強です。

中学生の末っ子は
土曜日にバドミントンの試合で良いゲーム運びをしました。
惜しくも決勝トーナメントは逃しましたが、
勝率と得失点差で並び、直接対決までいきましたから。

本人が納得している・・・それが一番かな。

昨日はモータースポーツはF1、
国沢師匠もEVレース・・・といろいろとありました。

人も地域の運動会で盛り上がっていました。

世界体操も内村選手は残念でしたが、
白井選手はよくやりました。
あとケガさえ気をつけて、筋力をバランス良くアップさせれば、
内村選手の後継として、大きくジャンプアップですよね。

女子の村上選手は大成長しています。
日本の女子体操界が激変しますよね。

スポーツで競い合う・・・

勝ち負けがあるのですが、そこに私たちは魅力を感じます。

仲良しでいくのも平和で良いのですが、
日々の努力を続け、それを発揮すべく舞台に挑む。

そこには様々なドラマがあります。
ハレであっても、影であってもそれぞれの舞台です。

本人が納得している・・・そのドラマに惹かれます。

皆さんも交通安全に気をつけて、
焦らず、気は長く、楽しく、輝く、それぞれの一日を!

2017年10月 6日 (金)

ん?何か届いた・・・グリーン・リンケージ倶楽部??

昨日、自宅に往復はがきが届きました。
ん?なになに?
グリーン・リンケージ倶楽部・・・。

きっと同じハガキが先代リーフの初期型を買われた方々に届いているかと思います。
対象者は
「平成23年度および平成24年度の電気自動車」の補助金を利用された方
となっています。

こちらがグリーン・リンケージ倶楽部へのリンクです。

リンク先は「環境経済株式会社」。

このように説明してあります。
・・・経済産業省では、平成25年度より、
国内の地球温暖化対策の一つとして、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用による温室効果ガスの排出削減量等をクレジットして国が認証する「J-クレジット制度」を実施しています。(中略)J-グリーン・リンケージ倶楽部はJ-クレジット制度(※1)に則った排出削減プロジェクトで、こうした要件を満たす為に、補助金の申請時に誰でも入会できる、国が用意したプロジェクトです。・・・


J-クレジット制度はこちら

補助金でお世話になっている
次世代自動車振興センターの総本山でもあるわけです。
いや、総本山は経産省ですね。

往復はがきで報告する内容は
・会員番号
・補助金が公布されたクルマのナンバー
・現在の所有の有無
・上記質問が「有」だったら、他のCO2削減プロジェクトへの入会の有無
となっていました。

その後、モニター調査(1日の走行メーターの写真を送る)があるかも?
ってかいてありました。

それについては先のグリーン・リンケージ倶楽部のサイトに

・・・本事業では、これらの個人向け温室効果ガスの排出削減活動の取りまとめを行うとともに、制度参加者に対してアンケートを実施する事で、より効果的な個人向け排出削減活動へ向けて展開を図ります。・・・

とありますので、その一環なのでしょう。

集約するデータがこれくらいで良いのかな?って思いますが、
ま、それはこの団体にお任せしましょう。

地球温暖化を飲み込んでしまうほどの
大規模な気候変動が起きていますよね。

みんなが安全で安心に暮らせる世が一番なのですけどね。

2017年9月13日 (水)

やっぱり来た!人間ドラレコ

ドライブレコーダー!
皆さん、付けておられますか?

自分はリーフ30には購入時に付けました。
あんまり見ないけど(^^;)

もしもの時のドラレコですよね。
自動ブレーキと同じ。

移動中の出来事を記録して、万が一の時の証拠とする!

たぶん出るだろうなぁ・・・
なかなか出ないなぁ・・・

って思っていたのが、「人間用のレコーダー」です。

そしたら、カナダから出ましたよ!
それも、名前は「Shonin」。
そう、「証人」ですよ。皆さん!

英語で、証人って、a witness。
目撃者って、an eyewitnessなのですが、わざわざ「Shonin」って付けたぐらいですから
日本を意識しているのでしょう。日系の方?

LTE用のSIMカードを取り付ければ
「Shonin」のデータは破壊されるまで
クラウドに保存されて、証拠隠滅を防ぐことができます。

そんな事件に巻き込まれることは恐ろしいですけど。

ソースはこちら

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」

これって、
堂々とつけていれば、人間ドラレコだなってわかりますけど。
いろんな交渉事にもICレコーダーに代わるものにもなりますし。

プライバシーの権利や
肖像権やらいろいろと利用の仕方には課題も出てきそう。
面白そうだけど、ヤレヤレ・・・。

2017年9月 9日 (土)

溢れるリーフ愛?!&これ何でしょ?

ブログを続けることについて迷いを書かせていただきましたら、
たくさんコメントをいただきました。
ご心配をお掛けしております。すみませんm(_ _)m

新型のリーフはちょっと買えそうもないですが、
初期型と最終型のリーフのオーナー、ユーザーとして
その成長を楽しみに、眺めてみても良いかなって思います。

中期モデルのオーナー様からもコメントをいただいています。
大切にお乗りになっている・・・
日産自動車さんは初期型からのオーナーを大切にしてほしいって心底思います。

皆さん、本当にありがとうございます。

いただいているコメントをぜひお読みください。

素晴らしいお仲間であり、リーフを大切に育てていこうという
クルマ好きの皆さんです。

皆さん、新型を買うぞぉ〜!って、凄いなぁ!
そして、
みんな、好きだなぁ〜〜(^o^)/

お返事は書きますが、それよりも皆さんのコメントをぜひとも共有したい!
日産自動車さん!読んでくださいね!


さて、今日はリーフのお話は一休みして・・・

職場近くの農家さんの畑の様子から・・・

1枚目 なにやらたくさんの芽が並んでいます。

Fullsizerender_26


2枚目 少し拡大してみました。

Fullsizerender_26_2

3枚目 まだはっきりしませんので、こちらを。
Fullsizerender_25

何かお分かりになりましたか?

これは蕎麦の芽です。

昼休みにランニングするコース沿いの畑の様子です。

昼休みにランニングをしているのですが、
同じ作物ばかりを作ると連作障害が発生しますので、
今年は蕎麦が多いみたい。
仲の良い農家のおじさんやおばさんと話すとそんな答え。

このところ、自分の楽しみは近くの住民の皆さんとお話をすること。

日頃から挨拶を交わしていると
自然と世間話などをすることができますよね。

相手の懐にスッと入っていくような・・・

皆さん、笑顔の私にホッとした表情で応えてくださいます。

こんな人情が通う場面が好きなんですよね。

しかし、高齢化が顕著で
お話しするのは人生の先輩ばかり。

お話しするときの皆さんの笑顔で
そのしわがその方のこれまでの生き様を語ってくれます。

仲間の通勤のクルマも通るのですが、
みんなの分も挨拶をし、言葉を交わしてていると思っています。

そんな心優しい農家の皆さんが育てている
この蕎麦たちはこれからグングン大きくなり、
年末までにはたくさんの実をつけます。
年越しの蕎麦にもなるようでして、これも農家さんの楽しみみたい。

広い畑一面に芽を出した蕎麦。
もうすぐ咲く、蕎麦の白い花が楽しみです。

2017年6月21日 (水)

AIにはない。私たちは感性を磨き続けたいですね

AIがどんどん私たちの生活に入ってきています。
ネットにつながったスピーカーフォンが
グーグルやLINEから登場するようです。

声で操作する・・・。

これが生活にうまく合う方もいらっしゃいますから
一概に「自分は使わないよ!」って
単純に一蹴できません。

そんなAIですが、できないというか
持ち合わせていないものがあると思っています。

そのひとつが「感性」です。

私たちがもつ「感性」はAIを超越したもので、
それは私たちの生活を豊かにし、
人々の生活、お互いを大切にすることにもつながります。

AIが道を選択するときに、
その選択は人間がプログラムした値で
ビッグデータをもとに判断することになります。

たしかに成功率60%と40%の選択肢があれば、
60%の方を選ぶようにするでしょう。

でも、たとえ、40%を選んで失敗しても
得られる別のものが価値あるものならば、
40%を選ぶのが人です。

そこに、私たちの感性が働き、
感動したり、痛みを感じたり、
充実感を味わったり・・・そんなこともあるのです。

これからの時代は解のない世界ではなく、
解は無限大にある世界です。

だからこそ、私たちの感性が大切になってくるように思います。

AIが判断するのが正しい?
それは、人が作ったプログラミングとビッグデータによるものである。

それをわかって、これからの時代を生きていきたいものです。

2017年6月18日 (日)

すももの収穫

九州は雨が降りません。
やっと田植えが始まっていますが、
水が少ないのでスローペース。
来週後半からの雨に期待ですが、
なんとなーく被害をもたらすくらいの大雨が
その後にやってくるのではないかと心配です。

さて、昨日はお袋とすももの収穫をしました。

こんな具合

Fullsizerender_9

Fullsizerender_10

Fullsizerender_11

今年はなぜか、ヒヨドリの被害がほとんどなく
きれいな色で収穫できました。

また、甘酸っぱくて旨いんです!

取りあえず、家族みんなで食べてますが
どうしようかな。
梅と同じく、ジュースにして、
残りはジャムかな?

家事やるメンはがんばりまする〜!(^o^)

2017年6月11日 (日)

スープジャー&ベジヌードル 菊池桃子さんThanks!

このブログでも時々、紹介させていただいている
自分のキャリア教育の先生、菊池桃子さん。

菊池桃子さんのブログも紹介していますが、
昨日のブログ記事には「スープジャー」が紹介してありました。

こちらです。

スープジャー

これから夏なのにスープジャー?保温?
もちろん温かいスープを入れて!

それも良いと思います。

でも、夏だから・・・菊池さんも書いていらっしゃるように
冷製のものをランチに持っていくことができる!

これって、もうやってるよ!って方もいらっしゃるでしょうが、
さらに、最近はベジヌードルが流行ってきていますから、
大根や人参、きゅうりなどをヌードルにして
持って行けたら・・・。

いろいろとランチも楽しめそう!

健康にも良いし、
家事やるメンの一員でもある自分も
いろいろと工夫できそう!

グッズを揃えて、また紹介します。

2017年6月 7日 (水)

栗の赤ちゃん

いよいよ九州北部は梅雨入りしました。
だんだんとジメジメした季節になっていきますが、
植物にとっては
新緑で芽生えた若葉や命が
水という天からの恵みによって
大きく成長する時期でもあります。

ついこの間、栗の赤ちゃんを見つけました。

知っている人は知っているものです。

こちら

Fullsizerender_6

Fullsizerender_7


たぶん栗の花を見かける頃だと思いますが、
よかったら、その花の茎近くの部分をよーく見てください。

かわいいいがぐりの子供が見えますよ。

そう、栗の赤ちゃんが!

2017年6月 6日 (火)

自動車整備工場も例外ではない!2025年問題

私たちクルマのオーナーなら
誰もがお世話になる自動車整備。

ディーラーだったり、
個人経営だったり、
ガソリンスタンドの経営だったり、
カー用品店の経営だったりしますよね。

その自動車整備業界が人手不足になるのでは・・・
といった記事がネットにありました。

自分も気になって、

日本自動車整備振興会連合会

のサイトを調べてみましたが、
記事の通り、平均年齢は44.3歳となっており、
収入は昨年度比で若干上がっているものの
整備に携わる方達は減少傾向のようです。

今、日本は2020年の東京オリンピックを目指して
さまざまな施策が進んでいますが、
実はもっと問題になっているのが
2025年という年です。

より高齢化が進行した社会では
3人に一人が65歳以上であり
今の社会福祉制度が破綻するのではと言われています。

これについてはいつかお話しするとして、
自動車整備についても労働人口不足になるわけです。

そうなると・・・
手っ取り早く考えてしまうと
丁寧な整備にはそれ相応のコストが伴うことになり、
ますますヴィンテージカーは私たちから遠ざかります。
それと引き換えに
メンテナンスが比較的楽なEVが広がるべきではないでしょうか。

クルマ作りの根本から見直さないと
肝心の整備がおろそかになってしまうように思います。

人口不足が現実の問題として
取り上げられるようになった時は
もう遅いのに・・・。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索