音楽 Feed

2016年7月 9日 (土)

杉山清貴さんのNewアルバム OCEAN

杉山清貴さんのNewアルバムが届きました。

OCEAN

杉山さんらしいタイトルですよね。

これ!

Fullsizerender_32

うちわは初回限定盤の特典なんです。
職場でつかっちゃおっと!

でね!
このパッケージを開いたら・・・
ニコッってしちゃいましたよぉ・・・。

こちら・・・

Fullsizerender_33

このストライプのCD。
いいな!

そして・・・
2枚目と3枚目のDVDも・・・

このDVDには
熊本から日比谷の野音のコンサートに駆けつけた
お友達と熊本地震への応援メッセージが入っています。

Fullsizerender_34

そして、そして、このアルバムには
菊池桃子さんとのデュエット曲も入っているんですよ〜。

「風の記憶」って曲です。

この曲に関する桃子さんのブログ記事はこちら

OCEAN

2016-07-06 


ほらほら始まった・・・って、思わないでくださいませ。

杉山さんとオメガトライブって
自分の大学生の頃、すっごく流行ってまして。
今でもよくクルマの中で流すんですよ。

海辺のドライブに欠かせませんよね!

これをV37スカイライン・ハイブリッドのなかで聴く!

こりゃ、ドライブが楽しくなるな・・・。
この夏の1枚に決定っす!

杉山さん、熊本への応援、ありがとうございます。

2016年5月 2日 (月)

嵐と小山薫堂さん! & 安部恭弘さんのブログに感謝

みなさんは嵐の「ふるさと」って、歌をご存知ですか?
昨日の20時53分〜54分までの1分間。
嵐とその「ふるさと」の作詞を手がけた小山薫堂さんがタッグで
熊本の民放4局同時で熊本応援メッセージを流してくださったんです。

涙しました。

ヤフーのニュースはこちらでした。

ありがとう、嵐の皆さん。
そして、小山薫堂さん。
小山さんが作られたこの歌の歌詞には
熊本の・・・天草の・・・阿蘇の・・・風景が目に浮かびます。
良い歌です。



大好きなアーティスト。
このブログでも紹介した大江千里さん!
いろんな支援に御礼のメッセージをお送りしたら、
きちんと返事もくださって・・・。
そして、このブログでも紹介している
安部恭弘さんもご自身のブログで熊本の地震のことに
触れておられました。

短い文章の中に、安部さんらしい優しさが溢れていて
ありがたいなって頭を下げました。
(パソコンに向かってね(^^;))

安部さんのブログはこちらです。

熊本地震

九州の皆さん頑張ってください

そういや、安部さんのコンサートも行きたいけど
行けてないなあ・・・。
申し訳ないです。
安部さん、熊本にもずっとファンでいる者がいます。
たぶん、もっといます。
きっと自分の元カノもね(^^;)

ぜひ、お越しください!!

コロッケさん、スマップの中居さん、ローラさん、佐々木希さん、杉良太郎さん
・・・多くの芸能関係の方も被災地の応援に来てくださっています。

長引く避難生活、収まらない余震になかなか心が落ち着きません。

それでも、復興は少しずつですが進んでいます。
多くのボランティアの方がお見えになっていて、
うまくマッチングする場合もあれば、
人手が余るところともっと欲しいところがあって、
これは物資の場合も同じです。

それぞれが助け合って、動いているからとっても良いのですが、
人や物資の適宜分配には、情報が集約されて、そこからみんなが取り出せる・・・
そんな情報システムが必要だなって感じています。

たぶん、技術的にはたいしたことはないと思うんだけどな。


さて・・・
GW、少し休みを入れた昨日でした。
地震後、あちこちと出かけたり、
何度も打合せをしたり、
余震に備えたり・・・と、疲れが出てきたかな。
夕方、ほんの少し、家族とBBQ。
夕方は冷たい風が吹いて、ちと寒かった。
被災地を思いながら、火をおこしました。

Fullsizerender_20

子どもたちにはいっぱい食べてもらおうって
はりきって用意して(カミさんは仕事でしたので(^^;))
カミさんにも食べてもらって・・・。

なんとなく、あまり自分は食が進まず。
ま、そんなに自分がなっても仕方がないっす!
元気出さなきゃね!

2016年5月 1日 (日)

西原村にも手厚い支援を!&帰ってきたV37スカイライン・ハイブリッド

今日から5月です。
GWが始まっていますが、
皆さん、いかがお過ごしですか?
昨日から被災地入りを一時停止して、
休みを入れました。
おかげさまで、
熊本には全国からたくさんのボランティアの皆さんが来られています。
ボランティアでなくてもどうぞ熊本にお越しください。
余震もいくぶん減ってきたようでもありますし・・・。
でも、こんな感じなので・・・まだまだ気は抜けないかな・・・(T_T)

20160501


支援で気になってきたことが・・・
震央付近の益城や南阿蘇が
マスコミに良く取り上げられていますが、
その間の西原村も大きな被害を受けています。
そちらにも支援が必要です。
よろしくお願いしますm(_ _)m



さて、V37スカイライン・ハイブリッドの助手席、
運転席からのカタカタ音のその後です。

いつものディーラーの腕利きのメカニックさんが
こういった音対策の探知機が本社にあるらしく、
取り寄せて原因追及をしてくださいました。

結果は・・・
前回と同じ、シートレールからだったんです。

ありゃ?対策品に交換したんじゃ?・・・

そうなんです。
それで、数ヶ月間はよかったんです。
でも、春の訪れと共に再び音が出始めたんですよね。

この対策品に交換後も音が出ることは
本社のスカイライン対策チームも把握していないらしく・・・

そう、追って沙汰を待て・・・みたいになっています。
しくしく(:_;)

きっとやがて連絡が来るでしょう。
今は自宅に帰ってきていて、
再び自分の相棒として活躍してくれています。

安全のための運転支援がやはり秀逸で
安心して運転できるという素晴らしさはピカイチのクルマです。
お時間のある方はぜひ試乗なさってみてください。
その乗り味はもちろん、
運転支援システムを確かめてみてくださいね。

2015年11月20日 (金)

MOGURA 深まる秋とアコースティックサウンド

唐突ですが、
皆さんはどんなジャンルの曲をお聴きになりますか?
タイトルにしていますように、
アコースティックサウンドも
たまにはいいよねって方もいらっしゃるかと思います。

今日は、二人組の一人が熊本出身という
MOGURA(もぐら)を紹介します。

多摩川沿いの街、狛江市を活動の拠点とする
拓とT2という二人からなるアコースティックデュオです。

拓の幅広い帯域の豊かなヴォーカル

T2の表情に富んだアコースティックギター
が紡ぎ出す世界は今のお気に入りなんです。

ま、拓が熊本出身なので、皆さんに紹介したくて(^^;)

こちらがMOGURAのCD。

Fullsizerender51

彼らのようなまだまだメジャーになっていない
ミュージシャンは
昨今、なかなかCDを出すことが出来ません。

それだけでも、かなりの実力者であることを
わかっていただけると思います。

このCD「INSIDE」には彼らの曲から厳選された
4曲が収められていますが、
2曲目の「さくら君想う」なんかとっても気持ちが良い。
3曲目の「ミッドナイトDrive」は
フルバンドで奏でてみたら・・・って思います。
それだけ、実力があるデュオってことです。

秋が深まってきました。
爽やかな秋から趣のある、散る紅葉が切ない感じもしています。
そんな時にもアコースティックサウンドって
心に響きますよね。

そうだった!
宣伝しなきゃ!
MOGURAのCDはAmazonでも購入できまーす!
熊本出身のデュオをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2015年8月21日 (金)

I'm just a fool in love with you ♪

I'm just a fool in love with you!

このフレーズを読んで、
ああ、あの歌だって分かった方は
きっと僕と同じ世代!

そう、Jim Photogloの
fool in love with youです。

この歌の歌詞は・・・
彼女と別れたよ。
ちょっと悔しい・・・
でも、まあ、いいんだ・・・っていう
失恋の歌なんですけど、
サバサバしたメロディーで大好きな曲。

ここに、Youtubeのリンクを貼っておきますね。


JIM PHOTOGLO
FOOL IN LOVE WITH YOU


いや、自分は所謂AORが好きで、
マイケル・マクドナルドや
デビット・フォスター、
ロビー・デュプリーなんかも大好き。

ここんとこ、
AppleMusicでいろんな曲の再発見があって
楽しいんです。

同系統の歌手に
JDサウザーがいます。

いや、あの退かぬ、媚びぬ、省みぬ!の
聖帝サウザー様ではないですよ(笑)

AppleMusicを検索していて
JDサウザーがセルフカバーとイーグルスをカバーしたアルバムを出していたなんて知らなかった!

そして、JDサウザーを聴いていて、
このI'm just a fool in love with youのメロディが
頭に浮かんできたわけ。

誰だったけ?
歌っていたのは・・・。

早速、検索すると出てきました!
そう、Jim Photogloだったんです。
懐かしい!とてもうれしかった。
思わず口ずさんでしまう。懐かしい曲。

今日は朝からスカイラインの中で
この曲を聴いて仕事に行きます!

2015年8月11日 (火)

日産リーフとAppleMusicの相性は?!

iOS8.4において
AppleMusicがスタートしました。
皆さんは使っていらっしゃいますか?

自分は取りあえず、3ヶ月間のお試しをやっています。
いろんな曲に出会えたり、
タイプ別にセレクトされた曲を楽しんだり、
アーティストの新たな一面や知らなかった曲を聴いたりと
楽しんでいます。

好きな音楽はクルマの中でも聞きたいわけで
USBケーブルを使って
iPhone6Sをクルマとつないでいます。
iPod扱いになっています。

ところが、
AppleMusicになって、リーフとの間で
トラブルが起こるようになってきました。
スカイライン・ハイブリッドではトラブルはないんです。

たぶん、初期型リーフに搭載してある
クラリオン製といわれるナビとオーディオシステムが
iOS8.4あるいはAppleMusicと
不具合を起こしているようなのです。

具体的な症例は・・・
USBでつないでiPhoneにダウンロードした
AppleMusicの楽曲を再生する場合
スカイライン・ハイブリッドは
iPhone6Sにダウンロードした曲名を表示し、
AppleMusicのリストそのままに再生できます。

ところが
リーフは次のような不具合を見せます。
・曲のリストが表示できない。
・数曲再生すると、プレイリストを無視し、
 iPhone6Sのアイウエオ順(降順)のア行の曲に変わってしまう。
・iPhone側の問題かと思って、
 iPhoneを何度リセットするが、改善されない。
というものです。

リーフのナビとオーディオのアップデートで
対応できるのか、調べてみる必要がありそうです。

2015年6月 6日 (土)

V37 スカイライン BOSEサウンドシステム

自分のV37スカイラインには
BOSEサウンドシステムをオプションとしました。
これをつけて、さらに値引きしてもらったんです。

このBOSEサウンドシステムは
14万円なのですが、
スピーカー一式

デジタルアンプ

デッドニング
そして、
サウンドチューンと
素人にはありがたいサウンドオプションとなっています。
そう簡単に14万程度でこのシステムは
なかなか組めないかと思います。

さて、納車されると
ダッシュボードの左右奥の
スピーカーにBOSEのプレートが
確認できました。

いつものサウンドチェックに使っている
Joe JacksonのCDを用意しました。

すると・・・
ん?
これってBOSE?
いや、違う。
全然BOSEらしくない。

どっかに設定があるな・・・って
ありました。
ここです。
1 設定→オーディオ

Fullsizerender24

2 サウンド設定

Fullsizerender25

Driver's Audio Stage

Fullsizerender27
などをONにしてあげたら・・・
ダイナミックなBOSEサウンドのお出ましです。
ここでホッと一安心。

CX-5のBOSEよりも音は良いですよ。
このスカイラインの空間を
さらに気持ちよくしてくれます。
CX-5はフロントウインドウに音場が広がりましたが、
V37スカイラインはヘッドフォンに近い音作りと言いますか、
楽器類がより自分に近くで鳴っています。


試乗車等のBOSEサウンドをお試しになるときに
もし、思ったような音がしないって思ったら、
これらの設定をぜひご確認ください。
これらがOFFだったら、平板な味気ない音がでるだけです。

そうそう、
昨日は高速道路と一般道を100㎞ほど走りました。
アダプティブクルーズは95㎞/hに設定して。
スタンダードとエコモードを使い分け。
一般道は半分は渋滞路をノロノロ運転しました。
その結果、気になる燃費は17.5km/L程度となっています。

3.5リッターのエンジンを積んでいる割には
やっぱ燃費良いですよね。

2015年5月18日 (月)

和楽器ユニット おとぎ 八千代座公演 安田知博さん

尺八
筑前琵琶
胡弓

笙・・・

和楽器が奏でる音は、
どこか私たちに迫るものがあります。

普段はポップスやロックを聴いていても
こういった音を耳にすると
心に響いて、
安らぎもありますし、
かきたてられる心もあります。

私の大先輩の方のご子息が
尺八の奏者 安田知博 さんです。
安田さんは、この和楽器ユニット おとぎ
のメンバーでもあり、
朗読の分野でもご活躍をされています。

和楽器 ユニット おとぎ のサイトはこちら

サイトをご覧になると
おわかりになると思いますが、
安田さんは小学生の頃から
盲学校で学んでこられました。
そう、ピアノに辻井さんがいらっしゃれば、
尺八に安田さんあり!なのです。

一昨日、安田さんら
おとぎの皆さんのコンサートが
熊本県山鹿市の古き芝居小屋
「八千代座」で行われました。

600人近くの方が来場され、
超満員の芝居小屋は熱気に包まれました。

Img_3079

その芝居小屋の中に
和楽器の音色が響きました。
尺八や琴、琵琶、胡弓といった
和楽器が時に優雅に
時に激しく音と心を共鳴させ、
それは私たち聴衆を魅了しました。
全国にも名高い山鹿小の合唱部とのコラボも
素晴らしかったですし、
最後の30数分にも及ぶ
古事記をテーマにした組曲も
チャレンジ魂を感じました。

写真は最後の演奏で
安田さんから許可をいただいて
撮影したものです。

Img_3082

古き伝統を守るこの「八千代座」には
坂東玉三郎さん、市川海老蔵さんらも
毎年のように公演に来ていただいています。

皆さんも機会があれば
この和楽器ユニット「おとぎ」
そして、安田知博さんをぜひ!

2014年8月10日 (日)

かっこいいぜベイビー!神楽坂清三郎さん!

東京大学の先端研で多くを学んだその日の夜、
自分は新潮社のある新宿の矢来町に行きました。

そう、神楽坂清三郎さんにお目にかかるために。

忌野清志郎さん・・・
RCサクセション・・・
ご存知の方も多いかと思います。

大好きな曲がいっぱい!
そして、清志郞さんが好きだった自分です。

その清志郞さんは
2009年の5月2日にお亡くなりになりました。

彼の歌が聴けない・・・
そんな悲しみの後、
あの震災が起こり、発電所の事故も起きました。

彼が生きていれば・・・

そんなことをずっと考えていたんです。

そんな時、国沢師匠が教えてくださいました。
「面白い人がいる!ただの清志郎さんの物まねじゃない!」

Facebookを見ると・・・
神楽坂清三郎さんがそこにいました。
見るからに清志郞さんの真似?
ライブの動画も見てみました。
なかなかすごい!やる!

その正体は
国沢師匠と同業の
荒井さんだったんです。

荒井さん・・・この方も
あの伝説の自動車誌「NAVI」の
編集に携わってこられたライター!
自分も誌面で存じ上げていた人でした。

Facebookへの投稿にも
きちんと、そしてその場に応じて
楽しくもまじめにも返答・・・。
相手を思ってくれる人であることは
すぐにわかりました。

自分と国沢師匠とのやりとりも
Facebookでご存知だったのでしょう。

私たちはネットを介して、つながりができていきました。

「ネットの光」です。

その神楽坂さんが
あたりはすでに暗くなって
窓から明かりが漏れる新潮社から
さっそうと登場!
自身が携わっておられる
「Engine」を片手に!

私にその「Engine誌」を渡すと
渋谷で友達が待っているから行きましょう!
(実はそのお友達も神楽坂さんのFacebookで知り合った方)

それから、神楽坂さんと話す話す!

10年ほど前から始まったという音楽人生、
それまではギターもピアノも触ったことがなかったという・・・
(ギター人生は僕の方がずっと長いじゃん!)
さらに
神楽坂清三郎誕生の秘話、
今、完成を待つ
オーダーメイドのすんごいギターのこと、
そして、クルマのことも・・・。


お友達とも初対面ですが、
それがそうは感じない温かさ!
とっても楽しい夜でした。

神楽坂清三郎さん
そう、荒井さんは
熱く、たおやかで、かっこいい生き方をしている
まさに
キャリアを積んだ人生の先輩でした。

先輩は来る9月6日、7日に
長野のSUPER WEEKEND 2014に出演されます。
これってすごい!
武田真治さん!ぐっさんも!
そして
神楽坂清三郎さんが!名を連ねてるんです!
皆さんもぜひ!

自分は遠くて行けませんけど(T_T)

神楽坂清三郎さんのWebサイトはこちら

長野のSUPER WEEKEND 2014はこちらです。

2014年5月17日 (土)

今夜はSONGSを!

今日、5月17日(土)の
NHKのSONGSはこちら!

写真をクリックして
SONGSのサイトへ・・・

20140515_231228

そう、菊池桃子さんの登場です。

自分のちょっと複雑だった
青春時代のアイドル
菊池桃子さん。

お母さんとしても
大学でキャリア教育を教える先生としても
注目している方です。

その桃子さんが
先日、デビュー30周年のアルバムを
発表されました。

もちろん買いましたよ。

こちらが過去記事


こちらの

菊池桃子さんのブログによると

歌はもちろんのこと
講演や
大学の授業にも
カメラが入ったとのこと。

ファンのみならず、
生き方についても
学び方についても
キャリア教育の視点からも
注目しているんです。

お時間のある方はぜひ!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索