日記 Feed

2018年9月 8日 (土)

北海道の地震(T_T)

北海道で大きな地震がありました。
お亡くなりになった方にお悔やみ申し上げます。
と共に、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

熊本地震を体験しましたので、とても心配です。
余震も続いて、よく眠れないことでしょう。
また、ヘリコプターが飛びまわり、気になってしまう方も多いかと思います。
熊本でも地震後、ヘリコプターが嫌いになった!という知り合いがいらっしゃいます。

どうかここはがんばってください!

大江千里さんが歌っておられるように
必ず夜は明け、朝はやってくるのです。

熊本地震後に、大江千里さんとメッセージをやり取りすることができました。
大江さんは熊本にも足を運んでいただいて歌を、勇気を届けてくださいました。
きっと北海道の皆さんへの想いも同じです。

KUMAMOTO

この曲は大江千里さんご自身がyoutubeに公開されています。

リンクを貼っておきます。

ブログを読んでくださっている

piazzaさんからコメントをいただきました。

ここにも公開させていただきます。

「久しぶりに自分のブログにも書きましたが、今回の地震で軽く被災したのでリーフ買ってよかったと思いました。」
正確にはLEAFtoHomeとセットですが。
お忙しいとは思いますがブログの更新期待しております!

Leaf to HOMEが活躍しているのですね!
素晴らしい!

そして、被災されたとのこと、心痛みます。
どうかお気を強くもたれてくたさいね。

なかなか更新せずにすみませんm(_ _)m
今、業務上でWebサイトの担当をしておりまして、
いろんな記事を上げています。

こちらのブログも忘れたわけではないのですが、がんばります!

2018年7月13日 (金)

原付免許で110CC程度のバイクに乗れるようにしたら良いのに!

かつて自分の家にはお袋が乗る50CCのホンダ・スーパーカブがありました。
自分も乗ることがあって低燃費でよく走りました。壊れもせず。

日本にはスーパーカブという素晴らしいバイクがある!

これは自分の一つの誇りでもあります。

でも、世界との認識の違いをベトナム生活で知りました。

かの国にはChinaの影響もあってか、
HONGAなどのシールを貼ったまがい物もあるくらい
HONDAのブランドイメージはとても高いものがあります。

ある日、ベトナムでの友人のロンさんと話していて
バイクの話になりました。

私「おっ、カブじゃん!とっても良いバイクだよね」
ロンさん「うん。HONDAって人気だし。」
私「でも、ロンさん、乗ってるバイクはHONDAだけどカブじゃないね」
ロンさん「カブは良いバイクだけど、50CCじゃ、パワーがないからダメだよ」
私「そんなにパワーが要るの?」
ロンさん「だって、家族で一度に4〜5人、乗ることがあるからね〜」
私「そうか!だから、110CCなんだ!」

そこで、国沢師匠の記事・・・

災害に備え12万円で買えるバイクなどいかがか?

こんなに安価で良いバイクがあるなら
じゃんじゃん日本にも入れれば良いのに!って思います。

でも、そうなると・・・

高価なバイクと安価なバイクが日本で競合して
互いにパイを食い合うかもと心配になります。

ですから、乗ることができる人口を増やした方が良いと思います。

若者が・・・って心配する向きもありますが、
もう若者の人口はあてにならないくらい減っています。
それに18歳で成人ですもんね。

50CCというジャンルは残しつつ
110くらいまでは原付免許で可能という仕組みまで広げて欲しい。

それは、660CCという軽自動車も同じです。

海外展開まで考えると1000CC以下ぐらいにもっていかないと
海外では勝てないのではと考えます。

もう良いんじゃないかな。そんな時期に来てるんじゃないかなって
考えています。皆さんは?

2018年7月10日 (火)

できることから支援したい

大阪北部での地震の後、
広島では大きな水害が発生しています。

小さな川に流れ込んだ流木が橋に引っかかり
そこに次々と上流からの流木や土砂が堆積し
市街地に自然のダムができてしまい、溢れてしまいました。

晴天なのに洪水警報。

広がる被害にもどかしさや気をもんでおられる方も多いことでしょう。
ボランティアで向かうという方もいらっしゃることでしょう。

私が以前いた職場では災害派遣で大阪へ、
そして、これから広島へ向かうと聞いています。

私たちの職場でもできることから支援しようと
話し合って、募金活動を行うことにしています。

まずは、それぞれの家庭や個別の安心・安全が一番です。

東日本大震災

熊本地震の復興もまだ道半ばなのです。

防災士の資格を取る方も増えているといいます。
そういった防災意識が国民的に広がることをうれしく思います。

私たち一人一人、それぞれができることから
支援の輪は広がるのです。

筆者 拝

2018年7月 9日 (月)

避難所の人の出入りにもご注意ください

広島での水害、大きな被害になりました。

お亡くなりになった方やそのご関係の方々にお悔やみ申し上げます。
そして、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

皆さんのお宅やお知り合いの方はいかがでしたか?

一昨年は熊本地震
昨年は北部豪雨と支援に向かった自分としては
いてもたってもいられない気持ちになっています。

新しい職場での対応も同じように判断判断の連続なので
今年は広島へは行けないかもしれません。
すみません。

そこでなのですが、注意喚起の意を込めて
国沢師匠の記事に呼応して書きたいと思います。

こちらの記事

水害に遭った地域は今夜から火事場泥棒に注意して欲しいです

空き巣被害について注意喚起をされています。
同様に避難所もいろんな人が出入りしていて
わけのわからないにせのボランティアが来ているかもしれません。
どうかお気をつけください。
こう書くと疑心暗鬼になってしまうかもしれませんが、
彼らはプロなので
いかにも「ボランティア」をしています。

でも、狙っているのは慌てて持ち出しになった貴重品等なので
くれぐれも管理に黄は気をつけていただきたいです。
そして、避難所の出入り口にはチェックする役割分担をしてください。

たとえ真のボランティアが疑われても
事情がわかっているのできちんと理解して対応します。

食料や水の供給でもトラブルもあるかと思います。
さまざまな人間模様が繰り広げられるのですが、
ほんのちょっとのゆとりやアンガーマネジメントで状況は変わります。

立場の弱い方
障がい等をお持ちで十分にその意を伝えることができない方
避難所での集団生活が苦手な方などなど
いろんな立場の人がいらっしゃいます。

どうかお心にゆとりを持たれて
助け合いの人間関係を築いていただきたいですし、
ボランティアはそういった心のケアにも取り組んでください。

応援しています。

筆者 拝

2018年6月26日 (火)

桃子さんのストーカー被害に思う・・・

菊池桃子さんへのストーカー被害が
またしても発生して世間が驚き、心配しています。

大人になりきれていない・・・

そんな人が世の中にはいます。

アイドルや歌手、女優さんが自分に向かって
ニッコリと微笑む・・・
ごひいきの方からだったら、ファンなら誰だって舞い上がって喜びますよね。
でも、それは自分だけではなく、自分はその他大勢の中の一人であって
それを分かった上でファンとして支援する・・・。

それが分からないまま自分だけに微笑んでくれたと勘違いしてしまう・・・。

わがままな、自分勝手な恋愛感情を抱いてしまう・・・。

大人になりきれていない・・・。

そして、自分だけのものと思い込み、
独占欲が生まれ、迷惑も顧みずに行動してしまう・・・。

ある臨床心理士の方は
もしかしたら、男性にそういった傾向の方が多いかもしれないと
以前、話をされていました。
これは、もしかしたら・・・ってことなのですが。

その人を大切に思っているのなら
かけがえのない存在と思っているのなら

その人の幸せを一番に考えるべきですし、
自分勝手なわがままなんて捨て去るべきですよね。

桃子さんがご家族とともに
その生活に不安や恐怖を抱いて生活をされるということは
大切に思うファンとしてとても悲しく思います。

笑顔でいていただきたいですし、
ご家族もそれぞれの人生の夢に向かって
全力で進んでいって欲しいと願います。

広げていけば、全国にこういったストーカー被害に遭われている方が
今もいらっしゃるのではないかと思うと心が痛みます。

遠慮なく警察に相談していただきたいですし、
警察も親身になってガードしてください。

桃子さん、ご家族の皆さんに平穏で
安全・安心な日々が訪れることを願ってやみません。

2018年6月18日 (月)

大阪地震に想う・・・

本日の朝の大阪での地震。

皆さんはいかがですか?
ご無事でしたか?
お亡くなりになった方、そのご家族ににお悔やみ申し上げますとともに
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

阪神淡路大震災が頭をよぎる方も多いでしょうし、
若い世代はかつての教訓を改めて噛みしめていらっしゃることでしょう。

2016年の12月、神戸ルミナリエを訪れた際に
運営資金が厳しくなっていて、募金活動をされていました。
いつこの鎮魂のイルミネーションがなくなるか
わからないという話を聞きました。
防災関連の予算も削減が進み、風化も課題だと。

私は熊本地震への御協力に感謝を伝え、
しっかり募金活動をし、周囲のゴミ拾いをしました。

地震はいつどのような形で起こるかわかりません。

一度起きると
多くの人々に多大なる被害を与え、その心を傷つけます。

今回、倒れてきたブロック塀等が命を奪いました。

全国のブロック塀をもう一度見直すべきではないでしょうか?
全国の調査が必要でしょうし、
その補強や撤去、新たなる壁の設置などに手厚い補助が必要です。

新たなる対策が必要です。


2018年3月24日 (土)

しばらくブログはお休みになることご勘弁をm(_ _)m

異動の内示がありました。

今よりもはるかに職責が重くなります。

しばらくはその準備をしますし、
4月からは新しい仕事に没頭せねばなりません。

しばらくお休みになるか
断続的な更新になるかと思います。

皆様、ごめんなさい。
お許しください。

筆者 拝


2018年3月18日 (日)

おすすめ 柳川観光 と 立花うどん

今日も再び
九州は福岡県柳川市の立花うどんをご紹介します。

場所は、柳川の川下り発船場のすぐそば。

お店はとっても有名で
行った!って方がこのブログを訪れる方にも
いらっしゃるかと思います。

人気メニュー、看板メニューがこちら

Img_0632

肉ゴボウうどん・・・

昨日もやっぱり、僕は肉ゴボウそばにしましたけど(^^;)

ゴボウ天も旨いんですよね。
でも、このゴボウ天のトッピングも地域によって違うみたい。

それから、天かすをお願いすれば、
大きなボウルに入れてサービスしてくださいます。
これがカリッとした天かすてんこ盛りで持ってきてくださいます。
他のお客さんとシェアしながら食べるってのも
さらに雰囲気良くて美味しいですよ。

興味のある方はググってみて、ぜひ味わってみてください!
桜の便りも届くようになりました。
柳川観光をぜひぜひ!

昨日も心地よい春風の中をランドクルーザープラドで。
ムーンルーフを開けて走って爽快!!!!

あっ、そうか・・・
花粉症の方には申し訳ないですm(_ _)m

筆者 拝

2018年3月16日 (金)

ふきのとう 主が恋しいね

職場近くの一軒家

おばあさんがお一人でいらっしゃいましたが
約1年前でしょうか・・・
訪問介護が来るようになり・・・
施設に行かれたと聞きました。

職員や職場を訪問される方々が
その一軒家の前を通ります。

家の隣には大きな杉の木が数本あって
大風や大雨の後に
杉の葉が散るようになりました。
特にこの冬は茶色の杉の葉がたくさん。

自分は早めに出勤し、
竹ぼうきとテミを持ってその一軒家に足早に向かいます。

30分ぐらいでしょうか
清掃作業をすると
防寒ツナギを着ていると汗をかきます。

約1週間くらいかけて
通って掃除をしているとだいぶ綺麗な道になりました。

おばあちゃんのでしょうか、
古くなった軽自動車が車庫には止まっています。

おばあちゃんの家の前も道路に面しているところを
掃き掃除・・・

少しずつ茶色の杉の葉を取り除いて清掃をすすめると
・・・気が付きました。

Img_0613
いくつもの蕗の薹(ふきのとう)が
顔を出していました。

大きくなった杉の木の陰になった一軒家。
その庭にたくさんの蕗の薹・・・
おばあちゃんはいなくなって
時が止まった一軒家。

清掃を終えた朝に清々しい気持ちと共に
主恋しや・・・という声を聴いてちょっぴりさみしくもあります。

筆者 拝

2018年3月12日 (月)

忘れない・・・娘の朗読と共に

昨日は7年前のあの日でした。
テレビに釘付けになったあの時、そして、翌日。

そのとき生まれた心は
行動への力となり
熊本地震や九州北部豪雨災害においての
自分なりの支援の源です。
ずっとずっと寄り添っていこうと誓い、行動しています。

昨日、大牟田市での
東日本大震災復興イベントに参加しました。
昨年は都合で参加できませんでしたが。

今年は、一昨年の息子に続いて
我が家の朗読の名手である高校生の娘が
朗読の機会をいただきました。

Img_0598

チャリティイベントはこちら

Img_0594
大牟田市の龍さんが主催者として
陸前高田市などを支援されています。
龍さんのサークルには母も参加しています。

昨日発表されたオールキャストです。
ちょっとぼかしました。(すみません)

Img_0612

いろいろと忙しい娘ですが、
よい機会だと土曜日の夕方に母と練習をして
本番に臨みました。

娘の声は
親馬鹿ではありますが、
アナウンス部でもないけど
しっかりと落ち着いた優しい声をきちんと伝えることができます。

参加された皆さんに
避難所でピアノ演奏でがんばっていた中学生の姿が
お届けできたのではないかと思います。

支援はできることからでいいんです。

このブログに訪れてくださる皆さんも豊かなココロと感性をお持ちです。
皆さんと共に進みたいと思います。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索