TOYOTA Feed

2019年1月31日 (木)

やっぱり、キノコミラーがないとね。

ランドクルーザープラドの最上位機種には
キノコミラーはありません。

マルチテレインモニターがついているからです。

また、クルマの運転席から向かって
左側のドアミラーの付け根に広角カメラを後付けするキットも
販売されていて、車検対応らしく、
これつけたら堂々とキノコを外すことができます。

自分のTXのLパケには
キノコが付いているってことはお伝えしましたとおりです。

ちょっと早めにディーラーに立ち寄ることができまして、
昨日届いたキノコミラーを早速、付けていただきました。

やっぱ、このミラーがあった方がクロカン4駆らしいですわ。
スッキリしたボンネットもいいなあって思っていましたが、
今回、なくなってみて、
「あった方が似合っている!」って思っちゃってます。

これから、洗車機に入れるときはくれぐれも気を付けなければ!

でもなあ、洗車機の布ブラシがかからないから
クルマのフロントは
手洗いしてから洗車機を通すのが
ちょっと面倒なんだよなぁ・・・(^o^)

2019年1月30日 (水)

グローバル化とAI ナンバープレートって要らなくなる?

トヨタのスープラが出てきましたね。

日本でもそう多くは売れないでしょうけど
厳しい自動車業界にあっては、
夢を語れるようなクルマ=華が必要ですよね。

さて、このスープラのフロントの
どこにナンバープレートをつけたらいいのか?

国沢師匠が記事にしておられます。

こちら
2 日本の大きなナンバーがクルマをカッコ悪くする?
新型スープラはいったいどこに くるまのニュース 1/29(火) 10:30

私も日本のクルマ等のナンバープレートについては
大きさや形状といった規格から変更すべき時期に来たと思います。

今やスポーツイベント前に
軽自動車だって、白いナンバープレートをつけることが
できるという時代です。

先日も知人と話していて、
最近は軽だと思っていても、白いナンバープレートなんで
なんかなぁ・・・という話題になりました。

ここで一気にナンバープレートの規格も
「2020」を境に、
新しくしたらどうでしょ?

ヨーロッパやアメリカの規格に準じたら良いと思います。

その方がデザイナーにとっても朗報かと。

こういった方向がコストダウンにつながって
国際競争力も上がりますよね。
官民挙げて、裾野の広い自動車産業を支えなくちゃ。

民業は民業で・・・
というきれい事ばかりではすまない時代です。

ここからは、私見なんですけど、
これからのAIやARの時代を考えますと
そのうち、クルマにスマホなどのカメラを向けたら
登録情報が表示されるようになると思います。

ナンバープレートだって意味なくなる時代がもうきていると思います。

筆者 拝

2019年1月29日 (火)

洗車機にご注意を!!!!!

この写真、ご覧になったら・・・あらっ?

Img_0588

そうです。
俗に言う「キノコミラー」
・・・補助ミラー(アシストミラー)がないんです。

雪道を走った後にドロドロになりますし、
塩カリもたくさん跳ね上げていますので、
高圧洗浄で下回りまで流した後に、洗車機に入れました。

コーナーポールがあるクルマであること
ボタンで選択したはずでした。

もし、押し忘れても、センサーが働いて、
洗車機は止まるだろうと洗車機に入れたんです。

洗車機が動き始め、回転布ブラシが前方に来たら・・・

「ん?止まらないなぁ・・・そうしたら・・・

「バキッ!」

カランカラン・・・絶句・・・

見事にキノコのミラー部分がポッキリ・・・

あらら・・・しょうがないな・・・

洗車が終わると、ガソリンスタンドの係員がメモ用紙を持ってきて
深々と礼をして、「修理費用の全額を補償します!」

近くに購入したトヨタディーラーがあるので、
営業担当に連絡すると、すぐに手配します!
手際よく見積書をつくってくれて、
それをガソリンスタンドに持っていきました。

18,400円なり!

店長が対応してくれて、その場で現金を渡してくれ、
週末にはキノコミラーが届くことになりました。

今回はボディに傷が入らなかったのが、不幸中の幸いでしょうか。

皆さんも洗車機に入れるときに、キノコミラーにはご注意ください。

追伸
キノコミラーを折りたたんでも、あぶない!って店長が話してくれました。

筆者 拝

2019年1月28日 (月)

雪道、やっぱり強い ランドクルーザープラド

私が仕事をしている地域でも
先日、待望の?雪が降り積もりました。

たいした積雪ではなかったのですが、
早速、ダンロップ・ウインターマックスの実力を試してみようと
出かけました。

結果、すこぶる安定。

いつもの乾燥路と同じくらいの速度で走っちゃいそうなくらい。

いやいや危ない!危ない!(^^;)

圧雪路でストップする際は、
タイヤの停止直前にABSが働くことがありますね。
「ガガッ!」

これは他のクルマでもちょっと気分が良くないですが。

他は冒頭の通り、安定、安定。
のぼり坂では、パワーに押されてズルズル・・・ってなることも
ありましたが。その点くらいを気をつければ、安定なんですよね。

自分のウインターマックスは1年落ちを安く譲ってもらったんですが、
劣化も少なく、これで安心して走れます。

ただ、雪道を走った後は、ドロドロですよね。

また、前後のバンパーにセンサーをつけていますが、
前のバンパーに雪が付着して、それが反応することがありました。
きっと雪国の方でセンサーをおつけの方は、気を使っておられるかもしれません。

筆者 拝

Fullsizerender

Fullsizerender_2

2019年1月16日 (水)

新型スープラを見ていて思い出すクルマは・・・

出ましたね!新型スープラ。
僕たち、ヲヂサンたちにとってセリカXXの発展系です。

セリカも好きなクルマだったなぁ。
小学生の頃は、今でいう、ダルマ・セリカの1600GTに憧れていました。

さて、新型スープラ・・・。

一度は試乗してみたいなぁ・・・ってクルマです。

国沢師匠も記事にしておられますが、以下です。

新型スープラのデザインどうよ?


僕はなーんかあのクルマに似ているバランスだなあって
思っていました。

思い出すのは・・・!

BMWのZ3のMクーペです。
そう、かつてのドイツ軍の鉄兜みたいなクルマです。

ロングノーズで
キャビンが後退していて・・・スパッとテールを切ったコーダトロンカ。

ま、スープラの方が肉感的ですけどね。

BMWと組んだことにも頷けるように思っています。

皆さんはどうですか?

筆者 拝

2019年1月 6日 (日)

まだ見ぬ雪とダンロップ・スタッドレス

冬とはいえ、比較的暖かく雪を見ない日が続いている
熊本県の阿蘇地方です。

昨年の春から主な仕事場になっているので
ランドクルーザープラドにとってピッタリ。

先にこのブログでもお伝えしていたように
昨年11月には、ダンロップのスタッドレスタイヤ
ウインターマックスに履き替えて、急な降雪に備えています。

雪に不慣れな自分にとっては
昨年末から現在に至るまで積雪ある道路を走ることがないので
ちょっと安心しています。

こうやって降雪がない道を走っているわけですが
気になるのはスタッドレスタイヤの摩耗です。

で、どうかといいますと
結論は、減りに強いってことです。

サイプが刻まれたトレッド表面には
細かいパターンがありましたが、それはほぼなくなりました。

でも、タイヤの角のショルダーもしっかりとしていて
いつ雪が積もっても大丈夫!って伝えてきてくれています。

北海道からは大雪で空港のダイヤも混乱しているとのこと。
こういったタイミングにあった方々にはお見舞い申し上げます。

1月のこれからはどうでしよう?
きっと1月末から2月にかけて、降雪があるでしょう。
そのときに備えて、走るルートなども備えておきたいと思います。

筆者 拝

2018年11月21日 (水)

新型カローラとクラウン トヨタ方式か

新型のカローラが
グッとスポーティなデザインとなって
話題となっています。

先日、オレンジ色のハッチバックに乗った初老?の
ご夫婦のカローラ・スポーツが前を走っていました。

そろそろといったちょっと眠たい走りには
なんだかなぁ〜と思いましたが、
きっと新車で、ご夫婦で、ドライブなんだろうなぁと
思った次第。

まっ、いいか。

カローラのセダンもスポーティなデザインですよね。
これで、フィールダーも出てくるでしょうから、
ファンはきっと楽しみでしょう。

これまでの代々カローラ、というオーナーにとっては
「こんなに若々しくなって!」
と遠慮される方もいらっしゃるかもと思いながらも
「いやいや、いいじゃない!」って方も
案外いらっしゃるかもしれません。

そんなことを考えていたら、
「クラウンと同じ路線なんだな・・・」って
思えてきました。

評判の良い新型のクラウン。

僕も良いなあって思っています。

でも、当初はディーラーのセールスからも
若々しすぎるかも?ってちょっぴり不安の声もありました。
でも、売り出したら、大反響!
うれしい悲鳴を上げているみたい。

コンシューマが求めているデザインは、ずっとスポーティ!

かつて、マークⅡやクレスタやチェイサー、ソアラが流行った頃
カローラは、セダンやAE92のレビンやトレノも
兄貴分を真似たデザインで成功していました。

この新型カローラからもそんな意図が見えます。

もうクルマを買うのは
若者よりも私たちの世代なのかもしれません。
そんな人々に訴求するデザインなのでしょう。

2018年11月15日 (木)

スタッドレスに履き替えた その後 ランドクルーザープラド

先日、お伝えしたランドクルーザープラドのスタッドレスへの履き替え。
その後の様子について書きますね。

交換したのは
ホイールがFJクルーザーの鉄チンホイール
タイヤはFJクルーザー用のサイズのタイヤで
サイズは265/70 R17になります。
銘柄は、ダンロップのウインターマックスSJ8です。

さて、このタイヤの履き心地ですが・・・。

まず、燃費は あまり変わりません。

乗り心地は 良いです。
サマータイヤは、19インチの
ダンロップ グラントレックAT23でした。
17インチへのダウンということで
タイヤのサイドウォールの厚みが増して、
空気量も増えたことが良い乗り心地に影響しています。

ロードノイズは 
もともと静かなランドクルーザープラドですが、
ちょっと増えたかなって思うくらいですね。

剛性は 高い方でしょう。
スタッドレスですから、
タイヤのトレッド面は押せば柔らかいのですが、
しっかり踏ん張っています。

でも、速度を上げてコーナリングする際は
ちょっとだけ、アウト側に膨らみますね。
コーナーでは、19インチに比べて
速度は抑えめ、
ほんの少しだけ早めにステアリングを切り始めた方が
狙ったラインをトレースできます。

さて、このスタッドレスは
今のところ、総じて、良好。
少しずつ冷えてきていますし、これからがこのタイヤの本番です。

ちょっと楽しみ。

そうそう、交換した19インチの夏タイヤは
実家の倉庫に横積みで眠っています。

2018年11月 3日 (土)

漢(おとこ)のスタッドレスに履き替え ランドクルーザープラド

皆さん、お久しゅうございます。

久しぶりにここに帰ってきました。
なかなか忙しくて・・・って
いかんいかん、口にしてはいけない言葉ですね。

阿蘇方面に仕事に行く機会が多くて
ランドクルーザープラドは大活躍してくれています。

11月・・・霜月
そう、霜が降りる頃になりました。
そろそろ朝は5度以下になる日が出てきて、
スタッドレスに履き替えました。

こちら

Img_3011

そう、FJクルーザー用にしたんです。
鉄チンホイールに
タイヤも265/70/R17というサイズです。

17インチの純正タイヤは265/65/R17ですが
このタイヤは扁平率が70になりますので、
ちょっと径が大きくなります。

それからオフセットが15と1㎝外に出ますから
ツライチになってバッチリ!

Img_3014

ネットでもこのホイールに変えた方がいらっしゃいますが、
バッチリ装着できることを
トヨタのメカも知らなかったみたいです。

19インチから17インチになりましたので、
タイヤの存在感が増しましたね。
それに黒の鉄チンホイールなので、まさに漢(おとこ)のクルマって感じですよ。
装着しているのはダンロップのウインターマックスSJ8。

ぼちぼちその乗り味をレポートしますね。

2018年10月 2日 (火)

ランドクルーザープラド 2.7リッターのガソリンモデルでもパワーあり!

今のメインのクルマは
ランドクルーザープラドの2.7リッターのガソリンモデルです。

職場が山間地になって、上り下りのワインディングを走る機会が多いのですが
足回りの良さについては何度かお伝えしてきました。

今回は非力だと言われるエンジンパワーについて
ちょっと書きますね。

結論は

トルクも含めて
パワーでは、ディーゼルモデルに脚光が当たりますが、
ガソリンモデルでもそんなに気にしなくて良いですよ。

ということです。

仕事柄、山間地の「なんとかスカイライン」とか「まるまるハイウェイ」などを走るのですが、
制限速度50㎞程度の上りはグイグイと力強く走る!ということです。
アクセルを踏み込むとあらら?という速度まで上がってしまうこともあって
気をつけています。

前はスカイライン・ハイブリッドに乗っていましたが、
このプラドのガソリン・モデルは思っているよりも
力強く、速いってことです。

自分はオフロードを走ることはありません。
でも、何があっても仕事場にたどり着く!というテーマには
このクルマがうってつけだったんです。

だんだんと秋が深まっています。
そろそろスタッドレスに履き替えないといけません。

さーて、どうしましょうかね?

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索