« サービスキャンペーンを済ませてから リーフ30 | メイン

2018年8月 7日 (火)

出てこないかな?リーフのSUVバージョン

さてさて、リーフのNISMOがでましたね。
ほとんどショーモデルと一緒でなかなか格好いい!
ボンネットを黒くすれば、まんま!

18インチのアルミを履いているし、
NISMOなんでボディとほぼツライチだし
自分も興味があります。

でも、問題は「暑い!」&「熱い!」

そう、これまでのリーフには
バッテリークーラーがないという致命的な欠点があります。

だから、熱くなると電気が入らないという充電上の問題が露呈しています。

こんだけ列島全体が暑いとヤバいですよね。
日産自動車はわかっていると思うんです。

私はリーフ30であろうと新型の40のリーフであろうと
たいして違わないと思っています。
確かに足は長くなったけど、
遠出をしても帰りの充電がままならないならいっしょ(^^;)。

要は使い方の問題で、スタイルはそれぞれの好みですから。

ただ、使い方とは言っても、エネルギーの補充が
これぐらいの暑さでもままならなくなるなんて・・・。
怒る人は怒りますよね。
自動車としてどうか・・・って問題になっちゃいます。

以前はデスバレーとかにクルマを持ち込んで耐久テストとかしていたのにな。
リーフもやっていると思うけど。
充電に関しては放置なのかなぁ・・・。

こうなってくると
ちまたで噂のリーフ60(E-PLUSとか言われてますね。iPhoneみたい)
がどうなるかですけど・・・
バッテリーの大きさの問題もあるので、そのままかも。

走行可能距離が長くなったから、充電しなくて良いからいいじゃん!
って考えで売るのかな。
もし、可能なら、SUVみたいに車高を上げるってしないかな?
こんなアイデアも日産では出ていると思います。
そうなると、車高アップの分だけバッテリーケースに余裕が生まれるので
そこにクーラーを入れてしまえば、良いですもんね。

もともとバッテリーが中心にあって
車重バランスも低重心で安定していますし、
水にも強いし、
SUVで出てきたら売れるんじゃないかと
リーフNISMOのブラックのアルミを見ながら
これにグッドリッチのホワイトレターを履いて
車高を上げたリーフSUVも
良いかもって思った次第です。

バッテリー・・・これからどうなるんでしょうね。
身売りしちゃったし・・・。

あらら、国沢師匠も同じような記事をお書きになってらっしゃる!

リーフ30から40はマイチェンと考えるので
フルモデルチェンジするまでは改善しないのかな(^^;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34138958

出てこないかな?リーフのSUVバージョンを参照しているブログ:

コメント

冷却装置が付いたe-NV200 40kwhもたぶんあると思うけど、付いていたらこのあたりが現時点ではベストなのかなぁ。
これに自動ブレーキ、オートクルーズ付いたらいいのに!って思います。

いつもちょこちょことコメントさせて頂いてすみません。以前もコメントさせていただきましたが、我が家のリーフも残クレ最終年で今月新車購入か買い取りか選択しなければなりませんでしたがやはり買取を選択しました。心の中では60kwリーフやNISMOリーフならと思っていましたが、バッテリーの熱管理問題が決定的でした。アウトランダーPHVも心が揺らぎましたが我が家にはリーフto homeがあるので落選でした。2年後にはバッテリー管理も完璧になった日産iMX購入したいですね

asobousさん
いつもありがとうございます。

そうでしたね。
e-NV200がありましたね。
エアコンと同じ冷媒を使っていましたよね。
やはり、シャシーに余裕があって
スペースができるのでしょうね。

こう暑いと・・・(^^;)
今のままではリーフにはきついですよね。

piazzaさん
コメントをありがとうございます。

おお!
買い取りをされましたか!
大切なバッテリーが貴殿の家計に貢献しますね!
いいなぁ。LEAFtoHome・・・
うちはまだ踏み切れません。

リーフ60、バッテリー管理会社も変わりますし
どうなるんでしょ?
大勢は変わりませんかネェ(^^;)

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索