« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月 7日 (火)

出てこないかな?リーフのSUVバージョン

さてさて、リーフのNISMOがでましたね。
ほとんどショーモデルと一緒でなかなか格好いい!
ボンネットを黒くすれば、まんま!

18インチのアルミを履いているし、
NISMOなんでボディとほぼツライチだし
自分も興味があります。

でも、問題は「暑い!」&「熱い!」

そう、これまでのリーフには
バッテリークーラーがないという致命的な欠点があります。

だから、熱くなると電気が入らないという充電上の問題が露呈しています。

こんだけ列島全体が暑いとヤバいですよね。
日産自動車はわかっていると思うんです。

私はリーフ30であろうと新型の40のリーフであろうと
たいして違わないと思っています。
確かに足は長くなったけど、
遠出をしても帰りの充電がままならないならいっしょ(^^;)。

要は使い方の問題で、スタイルはそれぞれの好みですから。

ただ、使い方とは言っても、エネルギーの補充が
これぐらいの暑さでもままならなくなるなんて・・・。
怒る人は怒りますよね。
自動車としてどうか・・・って問題になっちゃいます。

以前はデスバレーとかにクルマを持ち込んで耐久テストとかしていたのにな。
リーフもやっていると思うけど。
充電に関しては放置なのかなぁ・・・。

こうなってくると
ちまたで噂のリーフ60(E-PLUSとか言われてますね。iPhoneみたい)
がどうなるかですけど・・・
バッテリーの大きさの問題もあるので、そのままかも。

走行可能距離が長くなったから、充電しなくて良いからいいじゃん!
って考えで売るのかな。
もし、可能なら、SUVみたいに車高を上げるってしないかな?
こんなアイデアも日産では出ていると思います。
そうなると、車高アップの分だけバッテリーケースに余裕が生まれるので
そこにクーラーを入れてしまえば、良いですもんね。

もともとバッテリーが中心にあって
車重バランスも低重心で安定していますし、
水にも強いし、
SUVで出てきたら売れるんじゃないかと
リーフNISMOのブラックのアルミを見ながら
これにグッドリッチのホワイトレターを履いて
車高を上げたリーフSUVも
良いかもって思った次第です。

バッテリー・・・これからどうなるんでしょうね。
身売りしちゃったし・・・。

あらら、国沢師匠も同じような記事をお書きになってらっしゃる!

リーフ30から40はマイチェンと考えるので
フルモデルチェンジするまでは改善しないのかな(^^;)

2018年8月 6日 (月)

サービスキャンペーンを済ませてから リーフ30

遅ればせながら
リーフ30エアロのサービスキャンペーン。

受けてきました

こんな感じ
入庫前 残走行可能距離 112㎞

Img_1864_2

適用後 残走行可能距離 126㎞

Img_1865

ま、あんまり変わりませんな。(^^;)

サービスのスタッフさんによると
エアコンを切っていれば、150㎞くらいの走行可能距離を示したそうな。

ま、これで満充電時にエアコンを切っていれば、
たぶん走行可能距離は200㎞を超えるはずですので
楽しみにしておきます。

リーフのNISMOも出てきましたね。
そんなリーフを見ながらあれこれ考えていますので
また明日。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索