« プリウスPHV より MIRAI じゃん! | メイン | 夜の運転で気をつけたいこと ランドクルーザープラド »

2018年5月19日 (土)

デザインのバリエーション マツダ・デザイン

師匠がCX-3について書いておられますね。

こちら

CX-3、エンジンと自動ブレーキの性能を向上。売れなければ理由は‥‥


新しい1800CCのディーゼルエンジン
安全装備の更なる充実
上昇を抑えた価格設定

これで売れないはずがない!といった充実ぶり

だけど

あんまり芳しくない・・・

CH-R

ヴェゼル
などどいった今、売れ筋のコンパクトSUVというジャンルに
属するCX-3です。

なぜ芳しくないのか・・・

自分はずばり「鼓動デザイン」に
クルマのデザインに興味のある人は
食傷気味ではないかと思うからです。

だって、今のマツダのクルマって
みーんな同じなんですもん。

面白くない。

先代のCX-5にも乗っていましたけど
3が出て、新型のCX-5が出て、8が出たけど
全くピンとこなかったんです。

いや、そりゃあんたの主観でしょ?って
言われたら、まあ、ハイそうです。って
答えるしかないんですけど。

マツダ・デザインにあんまり幅がないなって
ちょっと悔しいんです。

結局、みんなあのレッドが似合う
なんとなーく、同じデザインから派生したものばかり。

エンジンや安全装備については
面白いクルマを作っている会社だけに、
同じメニューばかりじゃ、飽きちゃいますよ。
と思っています。

勝手なことばかり言って、すみませんm(_ _)m

筆者 拝

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34126938

デザインのバリエーション マツダ・デザインを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索