« アクアって、内装も良くなっていますよね。 | メイン | ランドクルーザープラド 納車前整備中 »

2018年3月 1日 (木)

ドイツに見るディーゼルの未来・・・

3月になりましたね。
春の嵐・・・皆さんは大丈夫でしたか?
思わぬ被害に遭われた方もいらっしゃるかも?
お大事にされてくださいね。



さてさて・・・ディーゼル・・・
自分もかつて
日産のテラノ、そしてマツダのCX-5に乗っていました。
今回もプラドを買うに当たって
ガソリンモデルと比較をしました。
だから、関心はあるんです。

かつて吐いていた黒煙の対策として
簡単に言えば
燃料がよく燃えるようにエンジンを改良し、
さらにDPFで捕まえて、定期的にその黒煙の成分を燃やすようになりました。
さらに、プラドのディーゼルモデルのように
アドブルーによって排ガスの浄化を進めています。

そのディーゼルはトラック等で物流を支えていますし、
日常生活で欠かせないエンジンだと言えます。

ところが、ドイツからニュースが飛び込んできました。
ソースはNHKです。

こちら

ドイツ ディーゼル車の市街地乗り入れ禁止を裁判所が容認

この動きはやがて欧州にも影響を与えていきますし、
それは欧州でクルマを販売するメーカーに
大きな影響を与えることになるのでしょう。

やっぱり、ドイツ、欧州は特に乗用車の部門で
EVやPHEV等へ大きく舵を切っていくのです。
ディーゼルモデルがどうなるのかは
素人の自分にはわかりません。

きっと国沢師匠もこの記事に関心をもって
情報を収集されているでしょうから、
近いうちに何らかの答がでるだろうなって期待しています。

師匠、よろしくお願いします。

筆者 拝

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34109107

ドイツに見るディーゼルの未来・・・を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索