« サイドステップの効能〜ランドクルーザープラド | メイン | まだまだ長生き ミヤマクワガタ 記録かも? »

2018年3月 7日 (水)

何という心地良さよ ランドクルーザープラド

つい先日まで
V37スカイライン・ハイブリッドで通っていた道を
代車のプリウスPHVで走り、
アクアで走り、
ついにランドクルーザープラドで走るようになりました。

通い慣れた道・・・
直線や大小のコーナー、
荒れた路面、ギャップのあるところなど
覚えています。

そんな路面をランドクルーザープラドはどう走ったのでしょう。
それは国沢師匠が10年近く前に書かれた記事を彷彿とさせるものでした。

こちらの記事

トヨタ車イチ乗り心地の良いランクルプラド

そう、この記事は2009年10月9日付けとなっています。

今のランドクルーザープラドは基本的にこの頃と変わっていません。
途中2010年に左ハンドル車のVSCに関するリコールがなされていますが。

そして、自分が乗っている2.7リッターのガソリンモデルは
その記事がごとく
素晴らしい乗り心地を提供してくれたのです。

例えば・・・
荒れたアスファルトで路面に大小のひびが入っているような箇所では
荒れた路面を走っていることはわかるのですが、
ざらざらゴトゴトといった感触は押さえられています。
路面の白線のゼブラマークとその厚みはわかりますが、
それをやわらかーく包んだように伝えてくるのです。

また、ゴーッとロードノイズが聞こえてきそうですが、
音はしているのにとても柔らかな音になっています。

それに、路面のギャップもそう。
ドン!と来るようなところでは
グッと車体が身体に伝えてくるものの
悪い感触のショックはほぼありません。

あら、越えちゃった・・・みたいな・・・

これがV37スカイライン・ハイブリッドなら
ひびがはいった箇所をタイヤが通過するごとに
ゴトゴトといった感触を腰に伝えてきていました。
路面の状況をストレートによく伝えてくれるのですが、
良い面は角がとれたストレートさが好きでした。
いつか書いたように、まさに腰で乗る、受け止めるって感じですね。

ランドクルーザープラドはどれもがソフト、
包み込んだような当たりの柔らかさがあって
これがラダーフレームだなって
オフロードでも生きるんだなって、わかります。

ま、これも自分の主観なので
申し訳ないのですが、
先に挙げた国沢師匠もそうなんで、
最近でもあまりその評価は変わっていらっしゃらないです。
10年近くも守っているって、コストダウンもありますが、
お値段的にもパフォーマンスはすごいクルマです。

もし、試乗されたことのない方は
一度、試してみてください。
できれば、ガソリンモデルの方がいいなって思います。
巡航するときの「ランドクルーザー感」はよりあるかと。
ディーゼルモデルはエンジンで乗るってところがありますしね。

今回、ランドクルーザープラドを購入するに当たって、
相談したんですけど、ちょっと背中を押してくださいました(^o^)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34110108

何という心地良さよ ランドクルーザープラドを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索