« IoT:その脆弱性に関心を! | メイン | ちかづくV37スカイライン・ハイブリッドとのお別れ »

2018年2月16日 (金)

皆さんはどこを見て、運転していますか?:相手意識をドライブにも!

相手意識・・・

クルマを運転するときに
この相手意識はとても大切です。

国沢師匠の昨日の記事を読んで思いました。

こちらです。

ガソリン高。燃費走行について言いたい放題!

こちらの対談記事は
なにも省エネ運転だけを話しておられるだけではありません。

道路を利用するものやことへの配慮について
鋭く指摘されています。

運転全般に深く関わることばです。

産業界ではKYT:危険予知トレーニングもあります。

この「予知」がとても大切です。

クルマの運転には危険が隣り合わせですよね。

自分のクルマの動きばかりではなく、
周りの状況も掴む必要があります。
歩行者、自転車、バイク、オートバイ、そして、対向車、後続車・・・

だから、いろんなところを見るし、聞くんですよね。
そのためにミラーがあり、カメラが付いています。

自動運転車がたくさんのカメラとレーダーを積んでいますが、
それくらいことを私たちはやっているんですよね。

小学校等にお子さんを通わせている方
通わせていた方は
学校でこの言葉を聞かれたこともあるかもしれません。

相手を慮る(おもんばかる)
思いやりはもちろんですが、
自分の意思を伝えるときにも相手の様子をつかんで
文章を書いたり、話をしたり、写真や動画を見せたりする必要があります。

自分も仕事で物書きをたくさんしますが、
読み手にとって
この文言はどうか
とても考えます。

ブログに至っては、大変気を遣います。
でも、ときどき至らぬことがあって
申し訳なくて・・・すみません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34107169

皆さんはどこを見て、運転していますか?:相手意識をドライブにも!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索