« 冬場のリーフ 30kWhでも十分  | メイン | 自動車会社としての魅力 トヨタ自動車 »

2018年1月31日 (水)

EVのブレークは2020年?!

今、EVといえば・・・
日産リーフ、テスラ、シボレーBOLTあたりでしょうか・・・。

まだまだこれから伸びていく分野です。

欧州自動車メーカーは
クリーンディーゼル問題を受け、一気にEVで押しまくろうとしています。

VOLVOも2019年に
走行可能距離が200マイル超はもちろん
目標を300マイル超というEVを出すとのアナウンス。
VOLVOなどは出すと言ったら出す!
ってメーカーなのできっと出てくるでしょう。

ソースはこちらのAutoBlogGreenさん
こちらの記事

Volvo's first EV will be a hatchback shooting for 310-mile range

そうなってくると
関心はそのバッテリーはどうするのか?ってことです。

バッテリーの進化がEVの進化と直結していますので、
バッテリーのメーカーとしたら
VOLVOだから今のところ中国資本なのでしょう。

中国と言えば、
高度な技術や文化と過去のものが混在していて
今はちぐはぐに見える中国ですが、
いやいやものすごいパワーを持っていて、
その国とうまくやっていくこともこれからの日本には必要です。

きっと中国資本のバッテリーメーカーが幅をきかせてくるのではないかと容易に予想できます。

日本の自動車メーカーは
どんな未来図を描いているのでしょう。
2020年、東京オリンピックはすぐそこ、
なーにそんなに進化してないよ・・・・なんて言っていたら取り残されちゃいます。

各メーカーがEVをラインナップに揃えてくるときが
もう目前に迫っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34104229

EVのブレークは2020年?!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索