« パナソニックのオーブンレンジNE-BS700が・・・ | メイン | クルマがルンバになっちゃう »

2017年12月18日 (月)

新型リーフとボルボV40のデザイン

先日、ボルボV40をリーフ30で追走する機会がありました。
リアのブーメラン型のコンビネーションランプがよく似ていますよね。
でも、決定的に違う点がありました。
それは

ルーフの高さとサイドウインドウのデザインでした。

リーフの立場から言えば、
残念ながらあのスタイルに及ばないように思います。

新形をお乗りのみなさん、納車をお待ちの皆さん。
ごめんなさい。

V40のリアはウインドウを上下に狭くしていくことで
スポーティなデザインを実現しています。
ルーフラインとの融合は絶妙です。

そのきれいなデザインと引き換えに
サイドウインドウが居住スペースに食い込んでいて
リアシート周りの空間が狭められて、
居住性を犠牲にしていることもわかります。

一方の新型のリーフは
先代の高く、伸びやかなルーフラインを継承して
居住空間は優っているとも言えます。

でも、なんか違う。

つまり、この「新型」といわれるリーフは
先代のデザインの焼き増しであって、
オリジナルではないことがとっても残念。

あのコンセプトモデルに似せてはいるけれど。

そんなことを考えながらボルボV40の後を走っていました。

やはり、NISMOバージョンを待ちたいな(^-^)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34098017

新型リーフとボルボV40のデザインを参照しているブログ:

コメント

Kさん!
ありがとうございます。
返信が大変遅れてすみません。

そうそう!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索