« これからも国沢サポーターとして | メイン | デフ交換 V37スカイライン・ハイブリッド 代車は・・・ »

2017年12月 2日 (土)

スマートフォンなどの携帯端末と子どもたち

今日はちといつもと異なるお話を・・・

とある学校の保護者の皆さんに
スマートフォンなどの携帯端末と子どもたちの付き合い方について
お話をする機会がありました。

今、ほとんどの子どもたち(18歳以下の児童)はスマホなどの携帯端末をもっています。

もう、
「スマホや携帯を持つか、持たないか」を議論することは終わり、
「それらをどう使うか、どう付き合うか」
いや
「どう使わせるか、どう付き合わせるか」
になってきています。

その一方、SNSが関係した児童の犯罪被害(加害も)は増える一方です。
(警察庁調べのデータ)

私たち大人は、子どもたちを被害者にも加害者にもしてはいけない。

今日の話の要点は
「何のために、スマホを持たせるのですか?」

「スマホを持たせることを通して、どんな人に育てるのか?」
を親子で考えて、
持つなら、持たせるなら、
責任を持ってもたせて欲しいということでした。

そう、サッカー部という活動のために
ユニフォームやシューズを買い与える。
サッカーというスポーツをする機会を通して、
保護者の皆さんがめざす子供たちの、人としての姿があるはずです。

スマホなどの携帯端末についても
同じように考えるべきで、同級生が持っているから・・・とか
高校生になったから・・・ではないはずです。

大人の世代はこういった最新の機器やテクノロジーに
おっかなびっくりで、?が多いためによくわからない・・・
という方も多くいらっしゃいます。

しかし、
現実の相談相手の素晴らしさ

豊かな表現

相手への思いやりなどなど
スマホなどを知らなくても、大人ができることがたくさんあるのです。

その素晴らしさを伝えていく・・・

これが情報端末を与える保護者の
スマホなどを通して、どんな人に育てていくのかに関わってくると思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34095745

スマートフォンなどの携帯端末と子どもたちを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索