« 新型 QX50 スカイライン・クロスオーバー | メイン | スマートフォンなどの携帯端末と子どもたち »

2017年12月 1日 (金)

これからも国沢サポーターとして

いよいよ12月師走となりました。
まささんからV37スカイラインのデフの修理について
コメントをいただきましたが、
ほんとメカの方の力量って大切なサービスですよね。
メカの方も寒い中にがんばってくれていますので、
こちらも丁寧に応対しています。
お互いに気持ちよくありたいですよね。


さて・・・
国沢師匠が来年度のサポーターを募集されています。

2018サポーターのお願いです。今年もよろしくお願いします。

僕がかつてのうなぎ屋さん「美登里」を訪問したのは・・・
こちら

2012年2月21日 (火)
大きな手&優しい皆さん 国沢師匠

もう6年になろうとしています。

辛辣な表現と共にエールを送る国沢師匠のスタイルは
大きな共感を呼ぶと共に反感も買うことになります。

でも、各メーカーからのいわゆる袖の下なんかを
受けておられないので、いつも記事は「ぴしゃり!」という
表現がピッタリ。

あの美登里の店の奥のこたつで
じっくりと記事を書いておられた姿が
自分は忘れられないのです。

そして、あの大きな、あったかい手。

最近は「言いたい放題」も配信されています。
この「言いたい放題」が素晴らしいのは
映像と共にテキスト、文字としておこしてあるという点です。

じっくりその意図を知りたい方はもちろん、
聴覚に不自由のある方にとっても素晴らしい配慮です。
自動車評論のユニバーサルデザインが行き届いています。

これは情報をアウトプットする上で大切なことであり、
これからの時代を見据えているとも言えます。

師匠、僕たちは師匠と共に日本のクルマ社会を見ていきたいと思います。
これからもわずかばかりですが、サポートさせてください。
また、お目にかかるのを楽しみにしています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34095579

これからも国沢サポーターとしてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索