« 僕が初期型リーフに求めていたこと そして、これから | メイン | 新型リーフとボルボV40のデザイン »

2017年12月17日 (日)

パナソニックのオーブンレンジNE-BS700が・・・

昨日はちょっとこわかったことを・・・
3年半使ってきたパナソニックのオーブンレンジで
カミさんがひき肉を解凍しようとした時
「ブーン」という音とともに
電気回路が焼けるような焦げ臭い匂いがしてきました。

ん?

慌ててレンジを止めたカミさん。

自分は様子を見にいって、再度、解凍をON。

またしても、「ブーン」。ぱちぱちと焦げ臭い匂い。

レンジのフロントの左下のパネルを外して、
アルミで覆われた基盤等を見える状態にして、
再々度、電子レンジの状態でスイッチを入れると!!!!

な、なんと、基盤の奥で、小さなバーナーが燃えるように
火が見えるじゃないですか!!!!!!!

火を吹いている!

もう一回だけやってみましたが、やっぱり、火を吹いている!

コンシューマーサービスに電話したら、即、修理担当から連絡があって
今日、訪問してくれることになりました。

このスピード感はさすがパナソニックですが、
一歩間違えれば、火事です。
きっと重大インシデントとして対応してくれるはずです。

皆さんの家にも電子レンジはあると思います。
うちは、まあ、貧乏子だくさんなので、
大きめのオーブンレンジは必須になっています。

電子レンジって10年程度はもつと思っていましたけど・・・
明日以降、経過を報告しますね。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34097915

パナソニックのオーブンレンジNE-BS700が・・・を参照しているブログ:

コメント

3年半程度でとは意外ですね。
テレビ番組では「埃が湿って絶縁不良になり・・・」
なんて最悪条件を重ねあわせたような注意喚起をや
っていますが、やり過ぎの感が・・・
そう言えば、電子レンジは家電製品で唯一、半導体化
出来ずに真空管が使われている機器ですよね。電圧
も数千ボルトの部分が有りますから、ちょっとした基
板の不良で「バーナーが燃えるよう」なんて放電もあ
り得るかも?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索