« しまったぁ。アレクサだったかぁ!!!!! | メイン | メリークリスマス & 今一番気になるクルマ »

2017年12月24日 (日)

時代は変わっても・・・EVへの移行も海外からなのか・・・

新型のリーフ
日本よりも欧州での認知が高まっているようですね。

いつものレスポンスさんにこんな記事がありましたね。

日産 リーフ 新型、欧州で受注が1万台突破…発売2か月

40kWhのバッテリーを積んで
250㎞くらい走りますから
いよいよ実用的になったと市場が判断したのでしょう。

ついこの間まで欧州と言えば
ディーゼルだったのですが、
一気に電動化の動きが広がっているのでしょう。

こんな姿を見ていると
日本で生まれたのに
日本からではなく、海外から電動化が進んでいく・・・って
ちとさみしい。

これは60kWhのバッテリーを積んだリーフの価格が非常に気になります。
日産自動車にとって
ここが正念場であり、
固体電池が出てくる前にEVの市場を制しておきたいですよね。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34098899

時代は変わっても・・・EVへの移行も海外からなのか・・・を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索