« むむっ!セレナNISMO発売とな!!! | メイン | クルマのドクター V37スカイライン・ハイブリッド »

2017年11月24日 (金)

新型リーフに試乗!(遅ればせながら・・・)

勤労感謝の日の昨日、皆さん国旗を掲げましたかぁ?
自分は玄関に国旗とポールを立てて、
日産のディーラーに行ってきました。

V37スカイライン・ハイブリッドの定期点検だったのですが、
ちょっと気になる箇所が見つかりまして、近々ドック入りです。
V37スカイラインに対しては保証も厚くて、
ディーラーのメカの方も良く見てくださいます!
詳細は別途・・・


そうそう、今日はその定期点検の合間に
新型リーフに乗ってきました!

なかなか乗る時間がとれなくて、やっと。

試乗をお願いすると
仲の良いサービスフロントさんがキーを持ってきてくれまして、
「どうぞ、ご自由に!!(^o^)」

Snapseed_3Snapseed_4

では、結論から・・・
リーフが好きな方で
運転に安全安心をもたらす最新の運転支援システムを考えている方は
購入されるときっと大きな満足が得られます!

そして、
最低限の自動ブレーキを備えたリーフ30の方は
特に急ぎ買い替える必要はないと思います。

良い点と普通の点と今ひとつの点の
3つの点に分けて自分の感じた事を・・・

1 良い点
・さらに静かでなめらかにになりましたね。
・パワーが上がって、高速での伸びが気持ちが良いです。
・なのに、バッテリー残量を気にすることがほぼない!
・プロパイロットの出来が良いので、安心して任せられます。

2 普通の点
・スタイル:先代とほとんど一緒。
 むしろ先代のエアロの方が良いかもしれないです。
 NISMOくらいの思い切りが欲しいです。
・乗ったところ、前方は先代のリーフとほぼ同じ光景が広がります。
 もちろんインパネは異なりますが、
 左右の三角窓周辺やドアのライニングなどはほとんど同じ。
 先代からの乗り換えは違和感がない。
 逆に、変わり映えがしないです。
・インテリジェント ルームミラーはもっと進化しそうですね。
・ワンペダルは慣れを要しますが、面白いと言えば、そうかも。

3 今ひとつのところ
・プロパイロットのステアリング制御の入り方。
 グイグイとステアリングを制御するのはやり過ぎ?
 もっと緩やかに介入するぐらいがちょうど良いと感じます。
・プロパイロットの手放しによる
 時間制限からの復帰は片手でもいいかも?
・長くなった充電時間
・インパネ全体の質感が下がり、雑然とした印象です。
・スタイルではフロントオーバーハングの長さがより目立つように感じます。

V37スカイライン・ハイブリッドには
アクティブレーンコントロールがついていて
時速70㎞以上で作動します。
プロパイロットほど優秀ではありませんが、
高速道路のゆるやかなRでは、ほぼ手放しでも走って行きます。
介入の仕方も緩やかで自然な感じで気持ちが良いのです。
新型リーフのプロパイのようにグイグイと反応し、
制御してまっせ!みたいにその存在を示さなくても良いかな。

最後に新型のリーフも良いクルマですよね。
皆さんが購入される気持ちが良く分かります。

家に帰ってすぐ、
リーフ30エアロのステアリングを握って走ってみました。
これで十分快適!ちょっと安心しています(^^;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34094400

新型リーフに試乗!(遅ればせながら・・・)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索