« BMはi3で行くのね | メイン | 秋がやってきた! »

2017年9月 1日 (金)

クルマ同士の意思疎通 AIとテレマティクス

9月になりましたね。
朝夕がちょっと涼しくなってきました。
うれしい!
そしてそして、サッカーワールドカップ出場!おめでとうございます!!!!!

さて、いつかも書いたように
自動運転技術が進歩するには
クルマ同士の意思疎通が必要になると思っています。

私たちドライバーの「あ・うん」の呼吸みたいな。

そんな場面はいくらセンサーやカメラをつけても難しいですよね。

いつものAutoBlogGreenさんのこちらの記事に

Smart Vision EQ Fortwo is the future of autonomous city cars

Smartのクルマが「On My Way」って表示しながら
走っている様子が紹介されています。

写真もこの記事から

20170831_170141
ま、いろんな意思をこうやってアピールするって
わかりやすいけど、実際はインパネに
「ここは相手に進路を譲るよ」
とか
「進路を譲ってくれた後続車に御礼のハザード」
とか
表示するかもなって思っています。

そして、鍵となるテレマティクスで
瞬時に相手のクルマにも
制御信号と共に表示用のメッセージを送る・・・
なんてこともやるんじゃないかな?って思っています。

AIが発達して、クルマ同士が意思疎通する・・・
きっとできるようになりますって!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34079933

クルマ同士の意思疎通 AIとテレマティクスを参照しているブログ:

コメント

車どうしの通信! 車の未来には夢が詰まっていますね。
お互いに通信していれば出会いがしらの衝突もない。でも、過渡期
にはどうか? 「通信しない車が走っているよ」なんて情報を伝えあわ
ないといけない。自転車や歩行者の情報はどうする? 際限ないよう
な・・・
そして、今の移動通信システムの信頼度は、
「通信が途切れても直ちに生死に直結するわけでない」
て感じですが、それを通信する側でカバーしなければならない。
結局交差点の手前では徐行するしかない???

いつかはEVさん!
コメントをありがとうございます。

おっしゃるように
問題は非搭載車。
今も自動ブレーキに代表されるように
ほんとはつけてほしいクルマについていませんよね。

ほら、前を行く高齢の方。
シートにレースのカバーをつけたカローラを
大切に乗られていることはわかります。
でも、そのカローラには自動ブレーキはついていない・・・。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索