« SONY MDR-1000X こりゃBOSEの上を行く | メイン | 過去をモチーフに メルセデスのマイバッハ6カブリオレ »

2017年8月21日 (月)

原付バイクの厳しい販売状況

原付バイクが売れない・・・

ヤフーニュースなどニュースサイトは、
こんな記事がありましたね。

バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず

乗る人が少ない・・・
つまり、これまで市場を牽引してきた若い世代が
極端に減っていく時代が本当にやってきました。

人口減少・・・

ちょっと前まではそんなに現実的ではありませんでしたが、
はっきりとわかるようになってきたのです。

原付バイクといえば、
地方の私たちにとって
高校時代、大学時代の大切な足でした。

通勤、通学の足として
クルマやバイクは必需品になるのですが、
こんなに売れなくなっているなんて・・・
そうお感じの方も多いかと思います。

自分たちが高校生の頃はいろんな原付バイクが走っていました。
特にスクーターが本格的になった時代で
ホンダのタクト、パッソル、パッソーラ
ヤマハのジョグ、
スズキはジェンマなどがありましたね。

自分は高校3年の後半に
ホンダのスペイシー50を買ってもらい、通学に使っていました。
大学生になってからは、ヤマハのパッソーラを買いましたが、
このパッソーラはリアランプがホンダのCB750Kのようで
あんまり速くはなかったですが、乗りやすかったですね。

このブログをお読みなる方は
結構自分と同じヺヂサンが多いでしょうから
皆さん、スポーツ系やアメリカン系(ヤマハのスペシャルなど)
スクーターなどにお乗りになった方も多いのでは?

ま、普通免許で乗ることができる排気量をアップしようという動きもあります。
また、出川哲朗さんのように電動バイクもあります。(足が短いですが)

打開策ですか・・・
パイが小さくなっているので厳しいのはわかっていますが、
もっと値段を下げて、
もっとおしゃれで格好いいバイクを出して欲しいな。
今の若い子達は価値あるものにはしっかりとお金をかけるでしょうし、
もっとネットに繋がるなどの機能も欲しいですね。

さて、どんなアイディアを各メーカーは出してくるのでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34078172

原付バイクの厳しい販売状況を参照しているブログ:

コメント

人口が十分の一に減ったわけではないので原因は人口減ではなく、ヘルメット装着、アシスト自転車人気、シャッター街化を促進する異常な駐禁取締り、真逆な二輪駐車場不足です。

大昔はマン島レースなどの区分に50ccが存在しましたが、現在日本以外の地域でのバイク市場の底辺は125ccです。

警察も郵便局も敬遠する50ccを高校生に強要して、30km速度違反で警察不信を植え付けるのは止めるべきです。

電動原付でも掃除機なみ定格600wと規制、メーカーは定格を独自解釈しないとまともな電動原付を設計できない状況です。この類の規制は、絶好調の軽自動車にも当てはまります。

排気量や定格出力で規格を設けるのではなく、「燃費」や「電費」で軽・原付の認定を役人・議員が理解できるようにメーカーは活動スべきです。

懐かしいです
2ストだったからこまめにエンジンオイル足していたような気が・・良い臭いのするオイルがあったような・・
因みにジョグでした

私は『YAMAHA MR50』、、、
バイク屋さんに、
「エンジンオイルはこまめ点検してね」と、
言われてましたね、確かに!


隣町に、中古主体のバイク屋さんがあります。
老若男女を問わず、足繁く通うお客さんが引っ切り無し。
通勤・通学には今でも、原付は必需品なんだと思いますね。

sadさん!
コメントをありがとうございます。

おっしゃるように
まさに、クルマ社会も「多様化」しています。
前年踏襲、これまでこうだったから・・・
官民挙げて、こういった時代についていってないところを柔軟に処理していくことが求められていますよね。

マリモのパパさん!
コメント、いつもありがとうございます。

パパさんはジョグでしたか〜!!!!
ヤマハもホンダもスズキも
それぞれが面白いバイクを出していましたよね!

しんがりさん!
いつもコメントをありがとうございます。

MR50!
またまた出てきました!
皆さん、やっぱり好きだな〜(^o^)

原チャは田舎では重要アイテムですよね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索