« 豪雨の高速道路! V37スカイラインの高い操安性 | メイン | 次期リーフはやっぱり40kWh?! »

2017年7月 8日 (土)

2040年の電気自動車

地球温暖化対策を推進するフランス政府が、ガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃する計画を発表した。
以上、CNNのこちらのニュースから

フランス政府、ガソリン車の販売を2040年までに全廃
2017.07.07 Fri posted at 11:59 JST

ボルボも電気自動車生産にシフトすると言います。

2040年までに欧州は電気自動車へ
クルマの世界を変えようと考えているわけですが、
無理だろうと思いますが、23年も未来の話です。

23年ですよ!

どうなっているか、サッパリわかりません。
予想するのは無理でしょう。
だって、23年間の時代の変化って恐ろしいくらいのものですから。

ただ、このぶち上げられたバルーンは
さしずめ、欧州対アメリカのようでもあります。
もっというなら、欧州EU対トランプ政権?

産油国としての地位を謳歌しているアメリカ。
それに対する欧州の意地みたいなもを感じています。

ま、そこで、CNNのニュースを持ってきたんですけどね(^^;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34070611

2040年の電気自動車を参照しているブログ:

コメント

ハハハ、23年後ですか・・・ しかもハイブリッドも有り。
これじゃボルボの2年後と同じですよね。
きっとルノーの都合に合わせて徐々に前倒しするのでしょうが、
スローガンとしてのインパクト無いですね。

いつかはEVさん!
コメントをありがとうございます。

フランスも迷いが見えます。
いやEU、イギリスもなんとなく不透明。
この予測不可能な将来に対して
政治は道を示すべきなのでしょうが、
いよいよ機能不全?
それが心配です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索