« シーケンシャル・ターンランプとスーパーカー自転車!! | メイン | 栗の赤ちゃん »

2017年6月 6日 (火)

自動車整備工場も例外ではない!2025年問題

私たちクルマのオーナーなら
誰もがお世話になる自動車整備。

ディーラーだったり、
個人経営だったり、
ガソリンスタンドの経営だったり、
カー用品店の経営だったりしますよね。

その自動車整備業界が人手不足になるのでは・・・
といった記事がネットにありました。

自分も気になって、

日本自動車整備振興会連合会

のサイトを調べてみましたが、
記事の通り、平均年齢は44.3歳となっており、
収入は昨年度比で若干上がっているものの
整備に携わる方達は減少傾向のようです。

今、日本は2020年の東京オリンピックを目指して
さまざまな施策が進んでいますが、
実はもっと問題になっているのが
2025年という年です。

より高齢化が進行した社会では
3人に一人が65歳以上であり
今の社会福祉制度が破綻するのではと言われています。

これについてはいつかお話しするとして、
自動車整備についても労働人口不足になるわけです。

そうなると・・・
手っ取り早く考えてしまうと
丁寧な整備にはそれ相応のコストが伴うことになり、
ますますヴィンテージカーは私たちから遠ざかります。
それと引き換えに
メンテナンスが比較的楽なEVが広がるべきではないでしょうか。

クルマ作りの根本から見直さないと
肝心の整備がおろそかになってしまうように思います。

人口不足が現実の問題として
取り上げられるようになった時は
もう遅いのに・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34064571

自動車整備工場も例外ではない!2025年問題を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索