« 若人達の学び 農業高校を訪問しました | メイン | 新型のカムリとマークX »

2017年6月21日 (水)

AIにはない。私たちは感性を磨き続けたいですね

AIがどんどん私たちの生活に入ってきています。
ネットにつながったスピーカーフォンが
グーグルやLINEから登場するようです。

声で操作する・・・。

これが生活にうまく合う方もいらっしゃいますから
一概に「自分は使わないよ!」って
単純に一蹴できません。

そんなAIですが、できないというか
持ち合わせていないものがあると思っています。

そのひとつが「感性」です。

私たちがもつ「感性」はAIを超越したもので、
それは私たちの生活を豊かにし、
人々の生活、お互いを大切にすることにもつながります。

AIが道を選択するときに、
その選択は人間がプログラムした値で
ビッグデータをもとに判断することになります。

たしかに成功率60%と40%の選択肢があれば、
60%の方を選ぶようにするでしょう。

でも、たとえ、40%を選んで失敗しても
得られる別のものが価値あるものならば、
40%を選ぶのが人です。

そこに、私たちの感性が働き、
感動したり、痛みを感じたり、
充実感を味わったり・・・そんなこともあるのです。

これからの時代は解のない世界ではなく、
解は無限大にある世界です。

だからこそ、私たちの感性が大切になってくるように思います。

AIが判断するのが正しい?
それは、人が作ったプログラミングとビッグデータによるものである。

それをわかって、これからの時代を生きていきたいものです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34067523

AIにはない。私たちは感性を磨き続けたいですねを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索