« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

国沢師匠の挑戦は続く! グレートレース!

我らが国沢師匠が
渡米され、日本で調達されたスバル360で
グレートレースに挑戦されています。

4日目も何とかゴールに辿り着く~(WebカートップDay4)

凄いな!

私たちサポーターがいるとはいえ、
私なんかほんの少ししか支援することができず、
それでも多くの私費を投入して、
モータースポーツに新たな分野を切り拓いてくださっています。

電気自動車のリーフや
アイサイトつきのインプもCVT?でしたよね
そういったクルマでラリーに挑戦する。

それも国沢アジアの名の通り、タイでも師匠は有名。

その勢いがメーカーに伝わり、
トヨタはMIRAIのラリーカーを用意しましたし、
今回の新型リーフは走行可能距離の向上と合わせて
モアパワーで走りのよさもアピールすると言われています。

今回のチャレンジであるグレートレースには
アメリカでも人気のスバル
それも自分も幼いときに叔父に乗せてもらっていた
360!で出場されています。

師匠の記事にその様子がアップされていますが、
喜多見さんという名メカニックの手によって
元気に走っているという驚き!!!

そして、現地の人々に大歓迎されて、
子供たちが笑顔でコクピットにおさまっている姿に
思わず、笑顔になります。

師匠!
僕たちは応援しますよ!
無事にゴールしてください!

2017年6月29日 (木)

言い出しっぺや囲い込んだ方の勝ち?!

今日もリーフネタです。
皆さん、ご存知のように、
先日、プロパイロットを搭載した新型リーフの
運転席の一部が紹介されましたね。

20170628_163721
Nissan teases an image of 2018 Leaf's self-driving technology

先日のエクストレイルといい、
プロパイロット・・・
自動運転技術を新車ごとに出してくるのではないかと思います。

思い出してみてください。
「自動ブレーキ」なる言葉を広げていったのは
日産自動車でした。

当初はちょっと不安が残る技術ではありましたが、
カメラ技術(モービルアイ:イスラエル)の進歩で
単眼カメラでも十分な動作が確保されつつあります。

文字通り、自動ブレーキになってきています。

ですから、この自動運転技術:プロパイロットも
まだまだ改善の余地があるのはわかっています。
しかし、こうやってイメージを先行させて、
言葉を広げていくと・・・
日産自動車が広げたんだ・・・って
企業としても良いイメージに繋がっていきますよね。

先日のレクサスのLSの発表では
トヨタ自動車はこういった運転支援については
控えめなアナウンスでしたよね。

責任はとれないよ・・・って消極的になるよりも
未来を見せて、技術の進化でカバーするというスタイルの日産自動車。

モービルアイもそうですが、
技術の進歩は我々の想像を超えているんです。

だから、柔軟に取り入れていくスタイルが吉ですよね。

もちろん、
V37スカイラインにも
マイチェンで搭載してくるかも?って思ったけどまだか?

2017年6月28日 (水)

新型リーフの姿 じわじわと・・・

全国各地で新型リーフの関係者試乗会が実施されているようですね。
いつもコメントをいただく、
「信濃のぐっさん」さんからは・・・
「中部でも静岡某所のサーキットでディーラーマンにお披露目があったようです。」

「シーザー・ミラン」さんからは・・・
「関東でもCAさん向けの試乗会が有ったようです。
試乗会でも最新スポーツカー相手に加速力の競争が有った様なので、今以上に瞬発力をアピールして来そうですね。」

さらに、「源さん」さんからは・・・
「150kWのBOLTがゴルフGTIとのドラッグレースをして互角以上の戦いを見せる動画を見ました。時期リーフは110kW~130kWクラスになるようなので、相当に速いと思います。」

うーむ。やはりサーキット。

閉鎖された空間ですので、
実施しやすいでしょうし、
かん口令にもピッタリですもんね。

さらに、加速力を体感、実感する試乗会。
パワーアップしたリーフ!

関心ある皆さんがディーラーマンとの関係から
話を漏れ聞くことになっています。

ま、
「これ以上は言えません。」とか
「口外できないことになっています。」
などの言葉がついていますので、
自分もそれは守っている状態です。

試乗会中の写真がもらえるわけではないですしね。
たぶん撮影禁止でしょうし。
それでもどこからか漏れてくるのだと思います。

EVのレースも今以上に盛り上がっていくのでしょう!

皆さん、新型のリーフが
どんなクルマになるのか、楽しみですよね。

2017年6月27日 (火)

思い出を語り合うこと

海老蔵さんが麻央さんとの思い出の写真を
ブログに公開してくださっています。

海老蔵さんが思い出を麻央さんに語りかけたり、
御家族とその思い出を語り合ったりすること

それが麻央さんへ通じる思いとなりますし、
海老蔵さん、二人のお子様、お母様などの御親族と
思いを共有することになります。

それは、自分の心を整理して、
麻央さんと共に今後を歩む力となり、
旅だった麻央さんの今後の旅路を進む力ともなります。

そして、海老蔵さん、お二人のお子様達が
今後を生きていくための大切な時間だと思います。

さぞやおつらいことだろうと多くの皆さんが思っております。

そう、みんなが一緒に歩いています。

海老蔵さん、このように日々を綴っていただいてありがとうございます。

我が家では海老蔵さんの綴った日々を読み聞かせしていくことにしました。

これは私だけではない、家族みんなの気持ちです。

私たちも語り合わせてくださいね。

筆者 拝

2017年6月26日 (月)

愛とは分かち合うこと

小林麻央さんが旅立たれて、ご主人の海老蔵さんが憔悴されています。
心配になっていらっしゃる方も多いかと思います。

ホントはずっと麻央さんの側にいてあげたいでしょうに、
喪に服したいところでしょうに、
役者として、舞台に立ち続けること。
それを、定め(運命)として受け入れて、
自分の立ち位置を確かめるようなブログを書いておられます。

愛とは何?

以前、友達に尋ねられたことです。
その友達はちょっと大きな悩みを持っていました。
あまり詳しくは書けませんが。

僕はこう答えました。

愛とは、分かち合うことだよ。

と。

友人のホッとした顔が忘れられません。

たのしいことも・・・
つらいことも・・・
苦しいことも・・・

分かち合う。

その究極が「愛」だと思っています。

その源を失った哀しみは、その方にとって
私たち外野の想像を超えるものです。

そっと見守りながら、分かち合いたいと思います。
海老蔵さん!みんながあなたと歩いています。

2017年6月25日 (日)

新型リーフ ねらいは「走りのEV」

新型リーフの登場が迫っています。
スペックや写真、予想CGなど
いろいろと噂が出てきましたが、
このところ、ディーラーから徐々に話が出ていますね。

僕もいろいろと集めているんですが、
だんだんとその姿が見えてきました。

そのコンセプトはズバリ!

「走りのEV」

です。

走行可能距離の表示が300㎞オーバー?みたいなのですが、
それは、ま、バッテリーの容量でなんとでもなります。

もっと大切なのは・・・
パワーアップしているらしいのです。

九州では、あの大きな某サーキットで
ディーラーの上席を集めた試乗会が開かれたといいます!

サーキットですよ。

これは、爽快に走る!ことをアピールしていると思いませんか?

電費の追究は、日産の膨大な先行投資が効いている
充電網で「もういいかな?」ってことなのでしょう。

バッテリークーラーなどがついているといいですね。
そうなると、モータースポーツで活躍するでしょう。

国沢師匠の意見と投資が
かつての走りの日産、技術の日産を突き動かしたのかもしれません。

2017年6月24日 (土)

小林麻央さん・・・これからも・・・

このブログでもご紹介し、
別アカウントのアメーバでも書いてきた
小林麻央さん・・・。

昨日の悲しい知らせに
いつもと変わらぬ仕事だったのですが、
なんとなく空回りでした。

帰り道、V37の車内では
カーラジオやテレビの音声が
麻央さんのことを伝えていました。

ご主人の海老蔵さんは
朝からそのことを伝えておられて
それでもいつもと変わらぬように
振る舞っておられました。

役者としての「強さ」を見せていらっしゃいました。

舞台の合間に会見も開かれて
その姿に胸打たれた方も多くいらっしゃったことと思います。

自分は麻央さんのブログから伝わる
「素晴らしい感性」にとても共感しています。

だから、毎晩、リビングに集まる家族に
麻央さんのブログを読み聞かせしていました。

ご主人の海老蔵さん
お嬢さん、
歌舞伎王子さまのかんかんさん、
そして、御家族、
さらには、麻央さんのブログに集う多くの皆さんとともに
日々を綴っておられました。

その「溢れる感性」は
私を、私の家族を
そして、多くの皆さんの「感性」をさらに高め、
「生きる強さ」も与えてくださっていました。

熊本県の
私の家からほど近い山鹿市には
八千代座という伝統ある芝居小屋があり、
海老蔵さんご一家は舞台のために
何度も訪れていただいていました。

もうすぐ、ご子息のかんかんさんは
舞台が待っています。
お元気になって、その舞台を見つめ、
私たち熊本のファンが待つ八千代座にも来ていただけるものと
信じていました。

「愛」をありがとうございました。

麻央さんのブログはずっと残るのでしょうから、
読み聞かせは続けていきたいと思います。

麻央さん、いつまでも、いつまでも、いつまでも
ご主人の海老蔵さん、お子様達と共に歩いてください。

本当に、ありがとうございました。

筆者 拝

2017年6月23日 (金)

新型リーフ いつものAutoBlogGreenさんに

6月もやがて終わりますが、
新型リーフの登場ももうすぐですね。
心待ちにされている方も多いかと思います。

いつものAutoBlogGreenさんにも記事がアップされています。


写真はこの記事から

20170622_215138

20170622_215159

どうやら、やはり、以前からスクープされていた
リーフのカモフラージュモデルと同じみたいですね。

記事によると
やはり水平基調がポイントで
ヘッドライトやリアコンビネーションランプが
表しているようですね。

フロントはワイド&ローで
より精悍さを増すのでしょうし、
ルーフは流行りのフローティングタイプの
デザインになるみたいです。

なんとなく全体のフォルムは
現行のモデルと似ていますので、
シャシーはそのままなのでしょうか?

いろいろと興味は尽きません!!

2017年6月22日 (木)

新型のカムリとマークX

カムリ・ハイブリッドの2018年モデルが
AutoBlogGreenさんに紹介してありました。

記事はこちら


写真はこの記事から

20170621_232448

20170621_232455

サイドはスポーティでなかなかですよね。

フロントは、好き嫌いがハッキリするかも?
少なくとも日本では爆発的に売れる!ってなことは
厳しいでしょう。
ま、セダン全体が日本では厳しいですもんね。
それは、スカイラインに乗っていてもわかります。

セダンって、基本的なカタチですし、
静粛性にも、ボディ剛性にも有利だし、
乗っていて楽しいんですけどね。

なんでもかんでもそろっているSUVやミニバンが
日本では強いですもんね。

気になるのは
マークXがこれに変わってしまうのではないかということ。

今ではスカイラインの格下になっていますが、
かつてはライバルでした。

国産のFRセダンって
スカイラインとクラウンぐらいになっちゃうのかな?

FRって素直なドライビングだし、良いんだけどな。

2017年6月21日 (水)

AIにはない。私たちは感性を磨き続けたいですね

AIがどんどん私たちの生活に入ってきています。
ネットにつながったスピーカーフォンが
グーグルやLINEから登場するようです。

声で操作する・・・。

これが生活にうまく合う方もいらっしゃいますから
一概に「自分は使わないよ!」って
単純に一蹴できません。

そんなAIですが、できないというか
持ち合わせていないものがあると思っています。

そのひとつが「感性」です。

私たちがもつ「感性」はAIを超越したもので、
それは私たちの生活を豊かにし、
人々の生活、お互いを大切にすることにもつながります。

AIが道を選択するときに、
その選択は人間がプログラムした値で
ビッグデータをもとに判断することになります。

たしかに成功率60%と40%の選択肢があれば、
60%の方を選ぶようにするでしょう。

でも、たとえ、40%を選んで失敗しても
得られる別のものが価値あるものならば、
40%を選ぶのが人です。

そこに、私たちの感性が働き、
感動したり、痛みを感じたり、
充実感を味わったり・・・そんなこともあるのです。

これからの時代は解のない世界ではなく、
解は無限大にある世界です。

だからこそ、私たちの感性が大切になってくるように思います。

AIが判断するのが正しい?
それは、人が作ったプログラミングとビッグデータによるものである。

それをわかって、これからの時代を生きていきたいものです。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索