« セレナの事故は深く検証する必要あり! | メイン | 千葉の事件に思う・・・電費の良くなる春の到来! »

2017年4月16日 (日)

熊本地震 本震から1年・・・

1年前の未明の午前1時25分頃
震源地から離れた自分の家も
突然の地鳴りに目が覚め、
緊急地震のアラートが鳴り響く中、
2日前とは全く異なる大きな揺れに襲われました。

地鳴りがした瞬間、
カミさんと飛び起き、来る!来る!って声をかけあったのを覚えています。

その後、津波に関する情報が流れ、
少し高台にある我が家の近くには大きな運動場やサッカー場があり、
海の近くの人たちが避難するクルマであふれていました。

幸い津波はなく、ホッとしたのですが、
その頃、震源地近くの益城町や揺れが大きかった
西原村や御船町、そして、阿蘇で大きな、大きな被害が出ていました。

前震の後、もう大きな地震は来ないだろうと
避難所から自宅に戻った方で
この本震による自宅の倒壊でお亡くなりになった方が大勢いらっしゃいます。
また、前震から続いた余震のために、
自宅に帰らずに車中泊や避難所に残り、難を逃れた方もまた大勢。

自分はすぐに職場に出ていこうとしましたが、
上司がまだそこで待て!と。
もっと大きなことが起きるかも知れない・・・
前震から
まさかの本震に皆がおびえていたのです。

これからが復旧であり、復興に進む!という
意識が国民の皆さんにあり、
熊本はいろんな面で支えていただいています。
少しずつ、日常が戻ろうとしています。

しかし、まだ4万人という皆さんが
自宅ではなく、仮設住宅などで過ごしておられます。
隣との防音に悩み、家庭学習のままならない
子どもたちがいます。
地震後、数年経って、荒れる子どもたちも出てくると言います。

また、孤独なまま過ごし、死に至る方もいます。
今まで過ごした地域や家から離れるという決断を下す方もいれば、
なんとか家を建て直そうとがんばる人もいます。

坂道もいつまでも上り坂は続きません。

私たち、人には「自己回復力」があり、
苦難にも柔軟に対応する「レジリエンス」があります。
私自身もそれを感じることがあります。

でも、1年経った今も、あの光景を思い出し、
ボランティア等で出会った方々を想うとき、
自然と涙が溢れることがあります。

そこにほんの少しの皆さんの支えがあれば、
自己回復力は飛躍的に高まるのです。

どうか、これからも熊本への支援を心からお願いする次第です。
私たちも東北をはじめ、さまざまな皆さんと
一緒に歩きます。
どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

筆者 拝

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34055439

熊本地震 本震から1年・・・を参照しているブログ:

コメント

こんばんは。

本震から一年、、、まだまだなのですね。

>レジリエンス

逆境に耐え、適応する力が人間にはある、、、
今の私に当てはまる、光明にも思える言葉です。

私に出来ることは、僅かです。
ですが、忘れずに思い、出来ることを続けます。

そうすることで、生きて行けます。

しんがりさん!
コメントをありがとうございます。

貴殿にとっての
レジリエンスが発揮されているのですね。
僕は春からちょっと新しい仕事も加わって
ドタバタしています。
でも、新しいことは私の頭を若返らせてくれます。
へこたれずに楽しもうと思います。

しんがりさん!
そのお優しいお心と共に歩かせてください。
これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索