« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

S13やS14が元気(^o^)/ in 福島

福島のエビスサーキット!
「世界中のドリフト大好き」の人たちが集まる
聖地になっていますよね。

昨夜のニュースキャスターでも紹介していました。

うれしかったのは、
S13やS14がとっても元気に走っていたこと。

いやいや10万㎞超えのモデルでも
100万超えは当たり前!
一頃の代名詞だったAE86は・・・
手を出しやすい価格のタマが少なくて。
すっかりS13や14になっていますよね。

こうやって改めてS14を見ると
今や日本にはこんなモデルはもうないなあって
感慨深いです。
トヨタの86ももうなんかね。
ふっくらしていて、ちょっと違う。

先日、国沢師匠も書いておられましたが、
かつてのモデルにちょっと安全対策をして
リバイバルさせると面白いけどなぁ。

クルマ好きのヺヂサンたちが泣いて喜びますよ。

自分がV37スカイライン・ハイブリッドを買ったのも
案外そんなところが好きだったりして。

ドリフトって公道ではダメですけど、
リアがすーっと流れる感覚は好きですね。
今でもBMWのE36のリアの流れる感覚が
とっても素直だったことをカラダが覚えています。

こちらがエビスサーキットのサイトです。

くるまの遊園地 エビスサーキット

GW中もイベント盛りだくさんですね!

2017年4月29日 (土)

Appleの自動運転技術は売れるか?

Appleの自動運転技術のためのテストカーが
走り始めたことをBloombergが伝えていますね。

こちら

Check Out the Lexus That Apple's Using to Test Self-Driving Car Technology

20170428_233110

レクサスの450hをベースとしていますが、
写真を見ると(写真はBloombergの記事から)
フロント、フェンダー、ルーフなどに
センサーやカメラがあるのがわかりますが、
なんともアップルらしくない装備ですよね。

野暮ったいといいますか、
とりあえずといったやっつけ感が強いですね。

アップルがクルマを作る・・・
それはなかなか難しいのではないかと思います。
ま、テスラのようにやれば、面白いですけど、
そこまでは考えていないのではないかと思っています。

それよりむしろこの技術を
自動車メーカーに売り込むのかもしれません。

圧倒的な高価なものになるのか、
安価で広く一般に普及させるものになるのか
注目ですよね。

2017年4月28日 (金)

NISSAN リーフのラリーカーをサポート!

皆さん!
黒いボンネットに赤いボディの
ラリーカーといえば!!!

コレですよね!

20170427_230246

そう!サファリラリーのブルーバード!
写真はこちらの日産ギャラリーのサイトから

ところが、こんなリーフがモンゴルラリーに登場です!

Adventurer Chris Ramsey to drive 10,000 mile Mongol Rally in Nissan LEAF electric car

20170427_230912


そして、AutoBlogGreenさんにも記事が!!!

20170427_230747

ねっ!
ブルーバードのカラーリングをモチーフにしています。
白いところがいっぱいありますけどね。

そして、おやって気付きますよね。
フロントガラスにはでっかく
NISSANのデカール!
そして、2本の動画共に最後にNISSANのロゴとテーマの曲が入ります。

これって日産の公式なサポートなのでしょうかねぇ。
そうなるととっってもうれしい出来事です。ニュースです!
国沢師匠!!

2017年4月27日 (木)

常識破りなクルマがアップルから出るのでしょうか?

アップルにとって、今の稼ぎ頭はiPhoneですよね。
ジョブズが去って久しくなりますが、
iPadしかり、iPhoneしかり・・・
残念ながら彼の時代に実現したデバイスを超えるものはまだ出ていません。

経営陣は「次」が欲しい!って声を受け止めると共に
何かをやりたいと考えているでしょう。

クルマのソフトウェアに活路を見出そうとしていますが、
自動車産業はなかなかそう思い通りにはいかないですよね。
だって、アップルのCarPlayと
クルマの基幹ソフトウェアとの融合は
これまで自動車メーカーが築いてきた中枢部分を共有することになり
自動車メーカー自体を囲い込むことになってしまいます。

自動車メーカーはナビゲーションも含めて
アップルに手の内をされけ出すことはないのでしょうから。

そのような事情からか、
アップルは自動車そのものにも打開策を見出そうとしています。

それをいつものAutoBlogGreenが伝えています。
こちら

考えてみると・・・

自分の愛車のV37スカイライン・ハイブリッドは
DAS:ダイレクト・アダプティブ・ステアリング・・・
つまり、通常手にしているステアリングはバイワイヤ・・・
いわば、ゲームのステアリングと同じで
クルマの進行方向はコンピュータが判断し、制御しています。

そうなると別にステアリングは円である必要もなく、
極端な話、ジョイスティックでも良いわけです。

そんなクルマと人とのインターフェイスに
アップルはねらいをつけているのだと思っています。

2017年4月26日 (水)

我が生涯に一片の悔いなし! 稀勢の里関!

昨日のニュースには
相撲ファンは驚いたことでしょう!
自分はとーってもうれしかったなぁ!

先場所、大相撲ファンの心をわしづかみにした
横綱 稀勢の里関。

5月場所の化粧まわしがなんと!
北斗の拳のラオウになるというニュースでしたね。

こちらのコアミックスのWebサイトによると・・・

弊社は、新しいプロジェクトとして、新たに「漫画×大相撲」のコラボレーションを行い『北斗の拳』のケンシロウ、ラオウ、トキを描いた化粧まわしを制作し、第72代横綱稀勢の里関に提供いたします。
 稀勢の里関は、大相撲5月場所で横綱として史上初めて漫画キャラクターが三つぞろいで描かれた化粧まわしを着用し、土俵入りをする予定です。
※5月6日に開催予定の「横綱昇進披露宴」にて実物をご覧いただけます。

とありますので、ラオウばかりではなく、
ケンシロウ、トキという北斗三兄弟が描いてあるのではと
期待しています。

ラオウ・・・北斗三兄弟の長兄で、
とんでもなく強く、
そして、ケンシロウと同じくユリアを愛し
北斗神拳伝承者であった孤独の哀しみを背負った男です。

最後にケンシロウとの宿命の戦いに敗れたラオウは
「我が生涯に一片の悔いなし」という名台詞と共に
天に還ります。

自分のコミックからその場面をちょっとだけ・・・

Fullsizerender_5

そんな稀勢の里関のファンはますます増えることでしょうし、
また、北斗の拳にスポットが当たることを
ファンとしては喜ばすにはいられません。

このブログで北斗の拳のことを書くことになるとは!
ありがとうございます。
稀勢の里関!
ますますファンになりましたよ(^o^)/

2017年4月25日 (火)

クルコンの上限撤廃(^o^)/

国沢師匠の記事で知りました!
クルコンの上限が撤廃されたんですって!

こちらの記事

クルコンの設定可能車速、国産車も上限撤廃に

こりゃ、よかった。

自分のV37スカイライン・ハイブリッドも
アダプティブクルコンがついていますが、
上限は114㎞/hです。たしかね。

いっつもセットしていて、
うーん、この根拠って何だろ?って思いながらも
目的地に着いちゃうと
次のことが待っていて、あらら・・・後回し・・・
ってな状態だったんです。

なんでも自主規制だったらしく、
国交省も別にぃ?みたいな・・・(^^;)

お役所の顔色をうかがうのは
今も昔も同じかもしれませんが、
「自主規制」ってものを洗い出してみれば、
案外、根拠がないものだったりしてね。

日産自動車さん!
せめて、スカイラインやフーガの114km/hの設定を
180㎞/hに変えてくださいな。
たいした書き換えじゃないと思うんですけどね。

2017年4月24日 (月)

今日は4月24日 スカイラインの誕生日

今日、4月24日スカイラインが生誕60年を迎えます。

こちらの写真は日産自動車のサイトから

20170422_222314

還暦ですか!
赤いスカイラインも宣伝用にはよかったかもね(^o^)

販売台数が全盛期の40分の1って記事がありますが
どこが書いたかと思ったら、某新聞社でした。

はいはい。もういいです。

今のV37はインフィニティQ50として売られていて
北米を中心に海外では、そこそこ売れているんですけどね。

それから、価格帯が全く違いますよ。
もはやクラウンと肩を並べているのですから。
ま、クラウンほどは売れていませんけど(^^;)

スカイラインって、
それぞれのモデルでイメージが異なるので
あんまりスポーツとか若者に売れる!とか
違うんですよね。

思い出してみると・・・

箱スカって、スポーツかつ高級車のイメージ

ケンメリやジャパンは、若者のステータスみたいなイメージ
・・・それは、ソアラに近いかも?

ニューマンは、安部恭弘さんの音楽と共に爽快!

鉄仮面は、モータースポーツ!GT-Rの再来を期待させました。

7thは、ちと路線が変わっちゃって、勘違いな高級車路線。うーん残念。

R32は、小型軽量化して、よく売れました。GT-Rも出てきましたし。

R33は、GT-Rはあんまり評判良くなかったですが、
R32がコンパクトすぎたので、また、少し大きくなって、バランスがとれてきましたよね。

R34は、箱スカのイメージも出たのですが、無骨なデザイン過ぎ?

R35は、おっちゃんグルマになっちゃった。

R36は、35のおっとりのイメージを変えることには成功しました。

そして、V37。インフィニティ路線で価格帯がグンと上がりました。
でも、僕はそのハイブリッドと高い安全性とスポーツが
贅沢にバランスされていて、とっても好きです。

日産自動車のサイトでは歴代モデルを見ることができますし、
イベントも行われますね。
自分も近くだったら行きたかったな。
行かれる予定の方、楽しんできてくださいね(^o^)

最後に、スカイライン!誕生日おめでとう!

2017年4月23日 (日)

SmaStation 中居さんと香取さんの共演(^o^)

昨日のSmaStationご覧になりましたか?
香取慎吾さんの情報番組で
テレビをあんまり見ない我が家も
子どもたちも中学生、高校生になって
週末にみんなで楽しんでいます。

昨日はあの中居正広さんがゲストとして出演!
香取慎吾さんとSMAP仲間の共演ってこともあって、
ファンの人は楽しんだでしょうね!

よかったです!

ご飯の友の特集だったのですが、
中居正広さんがほぼ唯一?でしょうか
本音で「うまい!」ってコメントしたのが
北海道の鮭キムチでしたよね。

自分も知らなかったので
(よくスマステを見て、買う商品があるんです)
ネットで注文したらですよ・・・

中居正広さんの発言の後、
あの某大手通販サイトの鮭キムチが
なかなか注文できなくなってしまうほどの
大混雑!
サーバが一時対応できなくなっていました!

それだけ、みんなが注目した発言であり、
一言の効果がこれだけとは!

この番組も17年になるんですね!
これからも香取さんと小林克也さん、大下容子さんの
絶妙なタッチとこの貴重な生放送を楽しみにしています。

2017年4月22日 (土)

こんなテールパイプもたまらん!ニューコルベットがニュルへ

今日はちょっとタマゲタ排気管を見たので・・・
ソースはいつものAutoBlogさん

こちらの記事

写真はその記事から

これはノーマル(以前のタイプ)

20170421_150323
これはそれの上を行くものです。

20170421_150429
このテールパイプ!
スゴいっす!

きっと何らかの排気システムを試しているのだろうなって
思います。
その舞台がニュルですから、
パワーとの両立を図ろうとしているのでしょう。

アメリカからモノを買う!

それがますます加速しそうな昨今の情勢です。
でもなあ、日本のクルマのマーケットはこれから厳しいだろうからな・・・。
交通の「足」としてのクルマが必需品の
地方で、アメリカンなクルマたちが闊歩することは
あまり考えられないけどな。

コルベットも「乗ってみたいクルマ」ではありますけどね。
スープラなども出てくるので、
こういったクーペは世界中では流行るかもしれません。

2017年4月21日 (金)

明神丸さん!カツオの塩たたき!

高知に行ったら、
やっぱりカツオのたたきです。
それも藁焼きの塩たたきで決まりです。

ひろめ市場が有名ですが、
その側のメインアーケード、その周辺にも
カツオのたたきの有名店はたくさんあります。

自分はホテルのバイト風のお兄さんと
いろいろとお話しして、
明神丸さんに決めました。
ま、いろいろと歩いてみたんですけどね。

その藁焼きの風景がこちら・・・

myoujinkaru.m4vをダウンロード 

手際よい調理ですよね。
見事な手さばきでした!上手い!!

そして、出てきた塩たたき

Img_1612

塩ばかりではなく、
ニンニクをはじめ、
ミョウガやネギなどいろんな薬味もあって楽しめます。
翌日までこの塩たたきの味を舌が覚えていて
とーっても美味しかったんです。

それからこちらは、ウツボの唐揚げ!

Img_2523

こちらが明神丸さんのWebサイトです。

高知に行かれたら、一度は行ってみて
塩たたきを味わってみてくださいね!(^o^)/

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索