« ドレスが青か金色か・・・って、話題になりましたよね | メイン | 子どもたちの主体性を伸ばす取組のカギは「地域」 »

2017年3月 4日 (土)

改めて、リーフの内装の建て付けの良さ

皆さんのリーフの内装の建て付けはどうですか?

自分は7万㎞オーバーの初期型と
乗り換えたリーフ30、
どちらもビシッとしています。

シートのがたつきなど
いくつかの音対策が必要だった
V37スカイライン・ハイブリッドよりも
ずっと良いのがリーフです。

もともと静かに走るEVですから、
当初から「音」に関する対策は
相当練られたものだったことがわかります。

冒頭に書きましたように
初期型のこのキッチリとした内装は
素晴らしいなって思います。

リーフ30もそうあってほしい。

それから、乗り換えてみて
いくつか見つけたことの中から・・・

フロントのドアから
フェンダーの隙間を見ると
はみ出ているのは吸音のシール材。
遮音対策は進化しています。

この徹底した品質管理がリーフの源と言えます。

新型?のリーフの噂が出ていて、
秋だろうということです。

この新しいリーフもかっちりとした
建て付けや吸音など
進化していて欲しいなって!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34044636

改めて、リーフの内装の建て付けの良さを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索