« V37スカイライン ステアリングと後席内張の交換 | メイン | ロンドンをテスト走行〜リーフの自動運転仕様 »

2017年3月14日 (火)

DASのその後〜V37スカイライン・ハイブリッドのステアリング交換

昨日書いた
V37スカイライン・ハイブリッドの
ステアリング交換後のトラブル・・・。

一昨日のディーラーからの帰り道に
スーッと左側に流れていく所作は
ある程度修正されていくことが確認できました。
良い制御システムが入っています。

しかし、昨日の通勤時に自分なりに様子を観察したところ・・・

その1 ステアリング・センターのズレ
ステアリングがセンターから0.5度くらいでしょうか
左にずれています。

その2 左方向にジワリジワリと進む
ステアリング・センターのズレほどではないのですが、
手のひらでステアリングを遊ばせていると
クルマの進行が少しずつ左に向かうことがわかります。
危険なことはありません。

自分はこのDASの鬼のような直進性にも惚れています。
こちらのメーカーのサイトには
このように紹介されています。

20170313_221419

ねっ!
しかし、それだけの高性能を保つためには
やはりDAS専用のチューナーが必要なのですね。

これは最初、ディーラーも知らなかったことなので
これからV37スカイライン・ハイブリッドの
ステアリング交換を考えている方
(ターボモデルもDAS付きになれば)は
ディーラーに専用のチューナーがあること
その整備の必要があることを
よーく確認してくださいね。

きっと専用チューナーで整備したら
また、あの直進性が戻ってくるはずです。
それを改めて確かめたみたい!って、思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34047874

DASのその後〜V37スカイライン・ハイブリッドのステアリング交換を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索