« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

かっこよく しかも 合理的なデザイン ジャガーのi-PACE コンセプト

電気自動車って
エンジンがないので
従前のエンジン関係の部品を大幅に減らすことができますし、
クルマの基本的なデザインも今までのものに
とらわれないものができますよね。

リーフも初期型と比べると
モータールームがさらにスカスカになって、
余裕があるのがわかります。

鼻先も軽くなったし、
初期型よりも重量配分がより中心に寄っています。
ステアリングの味付けがさらに軽くなったことは
賛否両論ありますが、自分はスイスイ感が増したと感じています。

ということは、
リーフももっとフロントは小さくできるでしょうし、
キャビンスペースを広げることもできます。
もちろんトランクスペースもね。

そのあたりをうまく押さえているなって思うのが
ジャガーのEVである
i-PACE コンセプトです。

こちらの写真はジャガーのWebサイトから

20170330_214938

ま、フロントグリルが他のモデル同様にあるので
もうちょっとがんばれ!って思いますが、
その他はほぼ満点に近いとてもEVらしい合理的な
しかも格好良さを兼ね備えたナイスデザインだと思います。

コンパクトなフロント
大きなキャビン
でっかいタイヤ(これは格好良さには必要!)
それが四隅に踏ん張っている!
そこそこのリアスペース。

こういったデザインが
人々を引きつけ、EVの世界により効果的に誘うのでしょう。

次期リーフは今の日産の考え方に照らすと
骨格は今のリーフと同じでしょう。
フロントとリアのリデザインでしょうから、
根本からデザインを見直すのは
その次のリーフからになるのでしょうかねぇ・・・。

そうなると、
リーフに代わる別のEVが出てこないとイカンですな。
そのためにはもっと日産のクルマが売れないと・・・(^^;)

2017年3月30日 (木)

リーフをすすめてよかった。

自分がリーフ30に乗り換える頃、
同僚がリーフの相談にやってきました。

奥様が長距離通勤をされていて、
毎月3000㎞は走るとのこと。

同僚「どうですかねぇ?リーフ。」
自分「リーフならすぐに元は取れますよ!
   自分が買ったディーラーなら
   破格の条件なので、買い!!です。」

セールス担当を紹介して、
自分と同じかそれ以上の条件が出て、即決でした。

自分は、Xのエアロの白ですが、
その方はXのノーマルの黒にしました。

実は同僚も長距離通勤なので、
奥様が仕事が休みの時は黒リーフで通勤。

昨日も駐車場に黒リーフが見えたので、
声をかけてみました。

とってもニコニコ。

同僚「スイスイ走って、気持ちよいです!」
  「とっても良いクルマです!」

と、すっかりお気に入り。

良かったなぁ。
やっぱり、補助金も出て、破格の条件で、
日本中のディーラーで
これだけの条件が出たら、
爆発的に売れると思います。

だって、総支払いが
ノートのe-Powerよりも良いんですよ!

新型のリーフが登場する秋。
この条件が全国のディーラーで出るのでしょうか?
それとも自分の知り合いの販売グループだけの
一過性の台風で終わるのでしょうか?

リーフをお考えの皆さん
アンテナを高くしておいてくださいね。

2017年3月29日 (水)

今の日産の勝利の方程式! 師匠、初代リーフ、仕方がないです(>_<) 

自分は初期型リーフをリーフ30に乗り換えた
いわば、根性なしかもしれません。

自動ブレーキつきのリーフが欲しくて
さらに、あの値引きで、低金利だったので・・・。

師匠が記事にされたいたように
日産自動車さんの一部には
どうしてもトヨタの初代プリウスのようにはいかなかったようです。

師匠の記事はこちらでした。

リーダーズⅡを見て日産リーフを思う(26日)

ユーザーを大切にして、
顧客の絶大な信頼を得るよりも、
利益を生み出すことを最優先。

確かに、それが日産自動車全体を守ることになります。
利益を生み出し、それを研究費にまわす。
ひいては、さらに魅力的なクルマを生み出すことにつながることが
結局はユーザーに還っていくって考えもよーくわかります。

次のリーフも
セレナやノート路線と同じでしょう。

ベースはそのままで
メカの中心を大変更。
外見は大幅な色直し。

それが今の日産の勝利の方程式!

これが新しいシルビアや新しいZに広がるなら
それはそれで面白いとも言えます。

2017年3月28日 (火)

トヨタがLCとスープラで来るなら、日産は・・・

トヨタの新型のレクサスLCクーペが登場しましたね。

写真はレクサスのサイトから

20170327_145750

ヘッドライトやリアライトの
垂れ目デザインは、昨今の定番である前後のデザインに生かされています。
ま、自分は好きではないので、いいんです。
リアを褒める方もいらっしゃいますが、マセラティみたいでもあるし、
ブガッティなども視野に入れていて、総花的なデザイン。

リアのちょっと広がったショルダーラインは
先代のスカイラインクーペも連想されます。

このLCの派生になるのか、
BMWと連携したスープラも個性的なデザインで出てきそうですね。

両車ともその評価が楽しみです。
国沢師匠はちと辛めの見方をされていますよね。

対する日産はどうでしょう?
日産とインフィニティには
日本市場への投入が待たれる
インフィニティQ60ことスカイラインクーペと
フェアレディZがその対抗馬となるのでしょう。

トヨタレクサスの高めのプライスタグよりも
少し安価にした設定のため、
価格的にバッティングすることもないでしょうが、
購買層の関心は高いでしょう。

フェアレディZには先代よりもロングノーズにしてもらえたらな
って思っています。
かつてフェアレディZはプアマンズポルシェと呼ばれていましたが、
今回はロングノーズにして、かつての240Zみたいになってほしいというのが、
個人的希望です。

ロングノーズのFRモデルになれば、
フェラーリみたいなモデルでもいいかな?って思います。

そういったかつてのフェアレディZを愛するファンは
世界中にいらっしゃることと思います。
でも、もうデザインは済んでいるかも知れませんねぇ(^^;)

2017年3月27日 (月)

稀勢の里関 男泣き あなたは大横綱になる!

横綱稀勢の里関
萩原 寛(ゆたか)さん!
優勝おめでとうございます!

NHKのテレビ中継で見ていました。
あなたが国歌斉唱で君が代を歌いはじめた時、
自分はグッとくるものがあって
涙がこみ上げました。

再びあなたに画面が切り替わったとき、
私と同じく「男泣き」をされていましたね。

その姿に多くの視聴者、
そして、会場にいる皆さんも
心打たれたのです。

前々日からこの相撲界の歴史に残る名勝負は
用意されていましたね。

照ノ富士関が勝ちたいがあまりに
大関というつとめを投げて、
琴奨菊関に立ち会いの変化で勝つという
事件を起こしました。
いわば「悪役」が誕生したのです。

あなたは日馬富士関の強烈な押しを受けとけたものの
右肩にケガをしてしまいました。
前日の取組の鶴竜関の一番が
横綱昇進後の初優勝が絶望的になったことを私たちに伝えました。

しかし、ケガをおしてまで
横綱としてのつとめを果たそうとする姿に
日本人は「日本人」を見出したのです。
あなたの姿に涙する人が
私も含めて多く多くいたはずです。

そして、今日。

照ノ富士関は
もうあなたのケガを
弱点をつくようなマネはできませんでした。

それは、あなたの横綱としてのオーラがそうさせたのです。

今日の土俵は
本割り、そして、決定戦の2番共に
正々堂々と闘うことが求められ、
あなたと照ノ富士関は闘いました。

そして、右手一本のあなたの強さは
大横綱のオーラに覆われ、
闘う鬼神がそこに見えると共に
「日本の相撲道」を示してくださいました。

ありがとうございました。
多くの相撲ファンが心からお礼を伝えていることでしょう。

私も心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

注 この記事の大半は、昨日の取組の後、一気に書いたものです。
  「今日」など日付が合わない点がありますことをご了承ください。

2017年3月26日 (日)

スマホの春 子どもたちとの関係で大切なこと

新年度の季節、ケータイ各社は
学割キャンペーンを打ち出して、高校生や大学生向けの
サービスを展開しています。

スマートフォンデビュー!

そういったご家庭が多いかと思います。

その理由としては
一番は、やっぱり、万が一親子での連絡体制だと思います。
東日本大震災、熊本地震と
想定外はない時代における連絡手段として、
スマートフォン、SNS等は大きな役割を果たしてきました。
さらには、ちょっとした会話の補助、
コミュニケーションツールとしてもスマートフォンの役割は高いです。
今や、写真は当たり前で、動画を手軽に共有する時代です。
テレビ電話・・・もう死語ですよね。

親子や仲間で大切な情報を共有すること

そのためのツールを持たせる!という理由です。

これからの時代には必須であり、
もっともっと進化するのでしょう。

こういった利便性につきものなのが
「安全なのか?」という不安や犯罪です。

物事には「光と影」がつきものですが、
スマートフォンの世界にもそれはあり、
例としてあげた熊本地震に於いても
先般事件となった「ライオンデマ」などがあります。

そのほかにも
根も葉もない噂やその拡散、
書き込みによる炎上、
氏名や住所といった個人情報の特定、
詐欺、
心や身体を傷つける犯罪・・・などなど
我が身に降りかかったらゾッとするような件が起きています。

じゃ、どうしたら良いのか?

大切なことは「約束」と「次の行動」です。

今や幼少の頃から
お父さんやお母さんのスマホに触れることのある
子どもたちです。
絵本機能やゲーム機能等を利用する場合もあるでしょう。
最初は保護者が面倒を見ていても
だんだんと子どもたちに使用を任せる場合も出てくるでしょう。

その時に「約束」をすること

それは使うことを保護者に確認することから始まり、
使用時間や使うコンテンツなどを「約束」することです。
そういった「約束」を積み重ねていくこと。

それは、その子の人生にも影響を与えますよね。

「約束」をきちんと守ることは「信頼」につながり、
それは友達との信頼関係から
幼保小中高・・・と人生の歩みに大切なことですよね。

スマホもその一連の流れの一つと捉えましょう。

それから、「次の行動」と書きましたが、
それは、「スマホの後に、やることをあらかじめ決めておくこと」です。

それが決まっていると何しようかな〜って困ることもないです。

よく言われます。
「ピンクのスマホを想像しないでください」

人の脳は面白いものでダメと言われても想像しますよね。

だから、スマホはダメだよ!って言っても、
スマホを考えてしまいます。
これは、薬物やアルコール依存症などにも使われているのですが、
次にやることを決める・・・そういった習慣をつけていくことが
メリハリのある生活習慣につながっていきます。

スマホの春・・・どうか皆さんも楽しく快適に使ってくださいね。

といっても、我が家では子どもたちには
1台のガラケーもどきを与えていて、
それは連絡用にしか使っていませんけど。

2017年3月25日 (土)

懐かしい!Technicsのターンテーブル

昭和の世代の自分は
オーディオマニアの親父に影響を受けています。

ですから、Technicsから14万8000円というプライスタグをつけた
SL-1200GRが登場するって話に、
昨今のLPブームを改めて感じたところです。

ソースはこちらのギズモードさん

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える? 買えない?

おお!ターンテーブルかぁ!と
このプレーヤーを懐かしく思った方は
私と同じ昭和の世代です(^o^)

自分の親父は若い頃から真空管アンプを
自作したり、小遣いを貯めて
ラックスのアンプを買ったりしていました。

また、スピーカーもアルテックの
マンタレーホーンをコンパクトなボディに積んだ
バレンシアでは不満足だったのか
A7などをデーンと置いたり、
それは処分して、JBLの4343を買ってましたね。

アンプはサンスイのα、そして、ヤマハC2,B2などなど・・・
アキュフェーズもね。

プレーヤーはデノンの大理石、
カートリッジはMCが良いってオルトフォン、デノンでした。

ジャズやクラッシックがかかっていましたが、
JBLですからウエストコーストサウンドでしたね〜。

いつかも書きましたが、
かつてのLPはA面とB面に分かれていて
まさに「アルバム」でした。

片面ごとにストーリーがあって
曲順にもメッセージが込められていました。
それを感じながら曲を聴くのが味わい深かったですし、
ライナーノーツも読んでみると
いろいろな背景も学べて、面白かった。
歌詞もじっくり読めましたしね。

今やそれをネットが肩代わりしていますが、
インプレッションは人それぞれです。

この音楽の世界にも
情報の取捨選択、整理分析などの力が必要になっていて、
こういったアナログの世界は
逆に不必要かどうかわかりませんが、
まず、限定された情報から
さらなる情報は自分で探究していく・・・
そういった部分があって良いのだと思っています。

そうそう、
アナログの音の世界の話でしたね。

このブログを読んでくださっている方の中には
こういったLPのアルバムを大切にして
いらっしゃる方もおられると思います。

きっと、また、時間を見つけて
ゆっくり音楽の世界に浸るか・・・って
思っておられるのかもしれません。

自分はもう少し子育てが進んでから
親父が残してくれたオーディオを
しっかり味わいたいと思っています。

2017年3月24日 (金)

ノート e-Power効果が出てきた!

何度か伝えていますように
ノートのe-Powerが元気です。
そして、その元気がディーラーに
更に人を呼び込んでいます。

そうなると・・・
日産自動車の他のクルマにも目が行くようになり、
つられるように他のクルマも売れ始めています。

記事は清水草一さんが書かれたこちらを


【清水草一コラム】日産は賭けに出て勝ったのだ!  2017.3.13


これって、
私も以前書いたことがありました。

こちら

日々の彩りとエコカー: ノート e-Power うれしかったこと

私がよく行くディーラーさんにも
ノートe-Powerの試乗目当てで来られた方が
リーフやセレナに試乗しておられます。
展示してあるセレナにもドアを開けたり、
運転席ばかりか後席にも座ったりされています。

検討のまな板に上がっているわけですよね。

日産のセールスさんは
活気ある店内の様子に喜んでいらっしゃるでしょう。

よかった。よかった!

でも、一つだけ苦言を(言わなきゃ良いのに)。

それは、マツダのようにならないで!ってことです。
私がCX-5を買った頃、
マツダのディーラーは続く新車発表に湧いていました。
それは、今も続いているのでしょうが、
若干、熱が冷めたと言いますか、
同じようなデザインに
ちょっと変化が欲しいと感じている方が多いのでしょう。
販売台数にそれが表れています。

だから、日産自動車さんは
その幅広いラインアップを生かした
新車発表を続けて欲しいと思います。

フレッシュな風を吹かせ続けること・・・

これができたら、このノートe-Power効果が
さらに波及していきます!!!!

2017年3月23日 (木)

歌舞伎王子さまの4歳

闘病しながら
ブログを綴っておられる小林麻央さん。
闘病の思いを載せて、日々の様子を綴っておられます。

こちら

息子 4歳!


ご子息の勸玄(かんげん)さんが4歳の誕生日。
かねてから歌舞伎王子のかんかんさん。
稽古に精進することがもう頭にしっかりあって
将来が楽しみです。

自分はこうやって麻央さんのブログに共感し、
その想いをブログにするぐらいしか
寄り添うことができませんが・・・。

自分の場合・・・
義理のお母さんや妹さんが乳がんにかかり、
自分の妻自身も乳がんを心配しての毎日ですので、
自分の家族皆が麻央さんの日々を応援しています。

自分は毎晩、家族がリビングにそろっているとき、
麻央さんのブログを朗読しています。
(ちょっと朗読は得意かな?(^^;))

麻央さんの想いはストレートで
読みながら、詰まってしまうことも多々あります。

子どもたちは画面の写真も見ながら
しっかりと聴いていて、家族の時間となっています。

麻央さんのブログがこれからもずっと続き、
元気や勇気、そして、寄り添うことの大切さを
私たちに伝えてくださることを
病に打ち勝ってくださることを
心から祈っています。

2017年3月22日 (水)

深紅のiPhone7と来れば・・・

昨日の夜、
アップルストアにちょっとした新製品が登場しましたね。

・深紅のiPhone7&7 PLUS

・iPad Air2の後継モデル

でした。

こちらが深紅のiPhone7

20170321_223057



iPadAir2の後継モデル

20170321_223049

写真はいずれも
こちらのAppleのサイトから

この深紅のiPhoneを見て、
あのアップルロゴの上に黄色の跳ね馬が似合う・・・
って思った人は結構いらっしゃるんじゃないかと。

出るでしょうね。
サードパーティから。

でも、この深紅のモデルには
HIV/AIDSプログラムの資金として
「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付!
という意味があります。

そして、これらは前座?のモデルともなっています。

このあとに
ベゼルが小さくなった新型のiPad Proが控え、
その他のモデルも登場するはずです。

僕はこの深紅のモデルはパスですね。
リキッドブラックの7PLUSを持っていますし。

ベゼルが小さくなる iPad Pro は興味があります。
皆さんはいかが?

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索