« およそ1000㎞ドライブ V37スカイライン・ハイブリッド | メイン | うーむ!やるな!マークXの覆面パトカー »

2017年2月27日 (月)

GTカーとしてのV37スカイライン 素晴らしい!!

昨日の続きになります・・・

タフな使用にも耐えるGTカーというのが今回の結論です。

高知ー九州の片道約7時間半のロングドライブは久しぶりのタフな旅でした。
行程のほぼ中間にフェリーを入れたのは、
半ば強制的に1時間の休憩を入れるためで、
山陽道を通っていたら休憩のタイミングなどが時間的に合わせられずに
とにかく急ごうと休憩をろくに入れずに走っていた可能性があったからです。

今回の九州路と四国路は似たような箇所がありました。
それは、九州路は九州山地の九重越えで、四国路は四国山地越えがあったからです。
どちらもほぼ中間地点までけっこうな勾配の登りと下りのワインディングが
続く道でした。
しかも、九州側は九重の道はけっこう路面が荒れていて
自動車道としてはバンピーな箇所もあります。
ステアリングもしっかり操作する必要がありますし、
エンジンパワーも必要です。
どちらも夜間のドライブも重なりましたので、神経を使いました。

そんな状況だったからこそ、V37スカイライン・ハイブリッドのGTとしての真価が問われる場面であったわけです。

ステアリングは操作が正確かつ楽でした。
荒れた路面の状況と伝えつつも、キックバックも少なく、
ALCの効果でワインディングでも
ジワリと操舵のサポートをしてくれます。

サスペンションもフラフラすることもなく、
姿勢良く下り勾配のコーナーも安心して身を委ねることができました。
ボディもガシッとしっかりしてますよ!

ま、皆さんがおっしゃるようにランフラットのタイヤは硬めですけどね。
荒れた路面でけっこうなロードノイズでしたが、
コンフォート系のタイヤでも変わらないだろうって思います。

エンジンは快適そのもの、余裕綽々で登っていきます!
登り勾配でちょっとムチを入れる場面でもほんの少しうなるだけ!
燃費も良く登りを中心に周りの流れをリードするくらいに走って、
実燃費で約リッター15㎞以上ですから、優秀です。

THS系のハイブリッドなら、
きっとほぼアクセル全開の場面が多々あったでしょうから、
燃費はどうでしょう?
それにパワー不足もあって、ストレスたまりまくりだったでしょう。

佐多岬の「みかんの花がぁ~」の歌のワンコーラスが流れるメロディライン、
美しい瀬戸の夕陽が映える夕やけこやけライン、
雄大な土佐の黒潮ライン、
雪を被った壮大な佇まいの由布岳を横目に走る大分自動車道・・・と
飛行機や列車もいいけど、クルマの旅の良さも再確認しました。

ま、今回は強行軍だったのですが、
今度は家族で行こうねってカミさんと話をしています。

そうでした。

こんな旅を可能にしてくれたのは、V37スカイラインのおかげです。
BMやメルセデス、アウディもいいですけど、
スタイルのキレ、走り、快適性・・・
もっともっと皆さんにこのクルマの良さを知っていただきたいな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34041129

GTカーとしてのV37スカイライン 素晴らしい!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索