« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月 8日 (水)

良かったね!日産自動車さん!(^o^)/ 走りながら考え、積み重ねる!

きっかけは「リーフ」から・・・

目標があり、それをバックキャスティングで考え、
それを目指して、走りながら、考え、積み重ねていく・・・
そんな姿が日産自動車さんから見えてきます。

日産の1月のワン・ツーが話題になっていますね。

こちらの日産のニュースリリースにも!

写真はこのニュースリリースから

20170207_132200


巷ではサニー、ブルーバード以来ではないか?
30年ぶり?

なんてことも!

このノートの売れ行きから見えてきたものは
一つのボディを長く作り続け、
コストダウンを図り、
その余力を新しい技術の搭載に使うという戦略。

実はリーフも同じです。
バッテリーを中心とした心臓部分を
積み替えていくことでよりよく進化させていく・・・

かつての日本のクルマたちは4年に1回という
モデルチェンジサイクルがありました。
私たちヺヂサン世代は染みついているモノがあります。(^^;)

でも、そうではない。
それでも、良いモノは売れる!
それも、今の勢力を最大限に生かしながら
目標を目指していく・・・
立ち止まらない、走りながら・・・

そんなコーポーレートアイデンティティ(ちと古いか?)が
日産自動車さんのCMコピーである
「やっちゃえ!」
につながっていけば、
この会社はもっともっと元気になるように思います。

かつて「日産からハイブリッドはでないのか!」

という消費者の声に困惑の表情を浮かべていた
各販売会社のセールスマンの皆さんが
満面の笑みを浮かべていらっしゃる様子が見えてきます。

そのきっかけは「リーフ」だったのですよね!

2017年2月 7日 (火)

濃い霧でのアイサイト・・・

昨日の朝、通勤途中の道で
思わぬ濃霧に出会いました。

川の側の集落沿いの道なのですが、
一番濃いところで視界が50mを切っている状態。
急ぎ、ヘッドライトとフォグランプを点灯させました。

このちょい先の交差点は有視界でも危ない状況でした。
こちらが優先でしたが、もちろん大きく減速して交差点に進入。

右手から最新型のレガシィがやってきていました。

私はこの交差点を徐行レベルで左折して、
住宅がある道に入り、
レガシィが安全確認をして、私の後に続きました。

?!

レガシィがついて来ない・・・

数百メートルで霧もなくなり、
ヘッドランプはそのままデイライトにして、
フォグランプを切って、職場に到着しました。

しばらくして、レガシィが到着。
同僚が代車として借りたクルマだったんです。

その同僚が開口一番
「アイサイトが効かなかった!!!」
「バッテンマークが出た!!!」
「スカイラインはどう?」

濃い霧において、アイサイトがエラーを表示したわけです。

スカイラインはミリ波レーダーとテレビカメラなのですが、
この濃い霧でもエラー表示は出ませんでした。

この同僚は新しいアイサイトでカラーで認識していることも
理解していたので、このアイサイトのエラー表示に驚いたわけです。

ま、すべてをクルマ任せにしてはいけませんが、
濃霧の際のアイサイトには留意した方が良いという結論でした。

V37スカイライン・ハイブリッドは
大雨の走行中の大きな水たまりに入ったときに
大きな水しぶきでイエローの警告ランプが点いたことが一度だけあります。

やはり、車間を空けて、気をつけて運転しましょう!

2017年2月 6日 (月)

トランプさんの戦略で注目している点

国沢師匠も書かれていますが、
トランプさんになって
アメリカの姿が再びハッキリと見えるようになってきましたね。

融和を図ってきたオバマさんは
たしかに人心を魅了するお話や態度が美味かった。
しかし、それは総花的といいますか
ハッキリしないアメリカになっていったように思います。

国沢師匠もそうですが、
僕たちヺヂサン世代はジャパンバッシングの時代を知っています。
そんな見方でアメリカを見つめる視点。

そんなこんなをわかったいて、
自動車産業の米国進出を見てきましたよね。

ここ数日の日米の防衛協力から
対日の路線がはっきりしてきました。

と自動車のことからちょっと話は変わりますが・・・


露骨なのが、対China。

北京はどうすべきか
今、侃々諤々の議論をしていると思われます。
これほどオバマ路線と異なるとは思っていなかったはずですから。
そして、さらに、日本に何かを求めてきていると思います。

それがどんな形で出てくるのかが
ちょっと気になりますけど。

トランプ政権の対China(中国)路線に注目しています。

2017年2月 5日 (日)

福島の皆さん!寄り添っていきましょう!!

バレンタインデー・・・
熊本地震からやがて10ヶ月を迎えます。

余震はほぼなくなってきたものの
もしや・・・という不安は常にある状態が続いています。
自分のところは直接的に大きな被害はなかったのですが、
大きな被害を受けられた地域の復興は
まだまだこれからです。

これまでも阪神淡路、新潟、東日本・・・
最近では鳥取と
この日本ではいつどこでおきてもおかしくない
大地震への備えが必要です。
それは、物資と「心」でしょう。

その「心」で大切なのは
自分も何度もこちらで書かせていただいているように
「寄り添う」ということです。

今年度も全国中学生人権作文コンテストが
全国各地で実施されました。

なかでも注目されたのは
宮城県大会の作品の一つ
「福島県民お断り」でした。

こちらが
宮城県人権啓発活動ネットワークのサイトでの
人権作文コンテストの紹介ページ

キャプチャーページはそのサイトから

20170204_225929

作品のPDFへのリンクもありますので
ご覧になってください。

http://www.moj.go.jp/jinkennet/miyagi/topics/pdf/h28/20161222_02.pdf

この作品の中に
福島県から熊本地震の被災者へ物資を届けた際に
心ない言葉が出てきたことを述べてあります。

私は熊本県民として、
とても申し訳ない気持ちになりました。
いや、こんな気持ちになるのは私ばかりではないでしょう。
我が子たちは
「ひどいことを」
「熊本にもそんなことを発する人もいるんだ」
「いつの時代も差別をする人がいる」
「自分の先入観だけで人や物事を判断することは許せない」
と憤り、考え込んでいました。

この作文の筆者の方の最後にあるように
自分と同じ。

相手を理解し、寄り添う心が必要ですし、
それが当たり前であって欲しいと心から願います。

大切なのは「感性」。

その感性を豊かに、
小林麻央さんのご一家のように

・ありがとうございます。
・愛しています。
・今日も良い一日でした!

という言葉がみんなのご家庭で溢れていきますように。

2017年2月 4日 (土)

人材枯渇社会の到来・・・

昨日の地元紙、熊本日日新聞で
九州経済調査協会が九州経済白書を発表との記事。

その白書では
「人材枯渇社会の到来への備えとその戦略」を述べています。

人口減少社会は予想を超える速度で訪れます。
人材不足は進み、
24時間営業はできなくなっていますよね。
最近よく話題になっている
「働き方を変える」ですが・・・
裏を返せば
働き手がいないためにサービスできなくなることを
示しているのです。

人材不足は外国人労働力で補う!

看護分野や農業分野がよく例として出されていましたが、
ITにも及んでいます。

実際に東京五輪を控え、
九州各県のIT技術者は枯渇していて
地場企業はその人財を東南アジアや南アジアに求めています。

そこで安価な人件費を求めていくわけですが、
昨今、なかなか難しくなっています。
ITといえば、インドですが、これはもう無理。
そして、ベトナムはもちろん、ミャンマーでさえも
人件費は高騰しています。

そこで、注目されているのは
カンボジアであり、バングラディシュです。

カンボジアにはJICAが手厚くサポートしていますし、
バングラディシュの皆さんは
ライバルであるインドに追いつくために
人材育成に力を入れています。
しかも、人件費は圧倒的に安価。

九州各県の中小地場企業は
こういった国々から人材をかき集めているのです。

日本人の人口は減る一方。

このままでは・・・と言い続けても
一向に改善されない教育環境と子育て環境。

なかなか人口増加に転じる気配を感じません。

まさにグローバル人材の育成になっていくわけで
それは、日本人が海外に出ていくのではなく、
日本に来た外国人との共存における
「グローバル社会」の到来を考えておかねばなりません。

2017年2月 3日 (金)

あなたが好きなアメ車は!?

今日は節分!
立春!
鬼は外、福は内ですよぉ!

さて、昨日の国沢師匠の記事を読みながら
カマロが好きな方って多いのかな?って。

こちらの記事

私もお国のためやむを得ずカマロ買いますよ。ただ安くなったらです(1日)


コメントをいただいた、
シーザー・ミランさんもカマロがいいなって。

自分はね、
GMだったら、断然キャディです。
それもキャディATSのセダン!

写真は
こちらのキャディのサイトから

20170202_220341

ホワイトも良いなあ。

でもなぁ。
左ハンドルは地方では有料道路で不便なんですよね。
せめて右ハンドルを入れて欲しいな。

そうかぁ・・・。
金利も安いんだ・・・。

お国のためかぁ・・・。

キャディもいいけど
VOLTやBOLTもいいなあ。

おっといかんいかん!
お金がありませーん(>_<)

2017年2月 2日 (木)

楽しいね クルマの顔 (^o^)/

ちょっと前に話題になったのですが、
やっぱり楽しくてここでも紹介させてください。

クルマの顔・・・
皆さんのクルマはどんな顔をしていますか?

V37スカイラインのTypeSPは
まあ、厳ついお顔をされてます。
全体的なフォルムが好きでこのお顔もまあいいかって
思っています。

リーフはカエルみたいだったのですが、
エアロスタイルになって
ちょっと精悍になりました!好きですね。この顔。

そんなクルマの顔を表現したのがこちら

20170201_223015


サイトはこちらです。

Cars and their faces

(source) Aug 26 2015


皆さんのクルマや
関心のあるクルマはありましたか?

デザイナーも
自身が考えたクルマの顔を
こんな感じにしてみる方もいらっしゃるのかな?

2017年2月 1日 (水)

新しいiPadシリーズの登場間近?!

暦も今日から2月!
新年明けてから、もう1ヶ月経っちゃいました。
皆さん、それから御家族の皆さんは
インフルエンザやノロウィルスは大丈夫ですか?
手洗いでしっかりウィルスをこそぎ落としましょう!

さてさて、巷ではそろそろ新しいiPad登場の噂が出てきましたね。

こちら
いつもの気になる、記になるさん

モデルチェンジに向けた在庫調整が始まった?? 日本や欧米のApple Storeで「iPad Pro 12.9インチ」と「iPad Air 2」の出荷予定日が1週間以上に


自分もビジネスにプライベートに使っている
大型のiPadの12.9インチが
登場したのが2015年の9月頃で
発売が同年の11月でした。
1年以上が経過していますので、そろそろですよね。

スマートキーボードの必要性はあまり感じません。
もともとデカいので、ソフトウェアキーボードで十分。

それよりもアップルペンシルの使い勝手が良くて
Goodnoteに直接メモするスタイルが定着しています。
さらに、Mazecの日本語変換も便利です。

まさにペーパーレス。

次のiPad12.9はどうなるのでしょう?

たぶん、もうちょっと薄くなって、軽くなりますよね。
今でもよっこらせって持ち上げていますので、
軽くなると大変有りがたい。

それから、これまでの9.4インチサイズは
筐体はそのままで画面が大きくなると言われています。
そう、ベゼル(周囲の部分)が小さくなれば
画面は大きくなりますもんね。

このベゼルいっぱいに画面を大きくするのは
これまでの9.4インチ版だけでしょうか?

12.9インチ版が14インチ近くの画面になったら・・・
それは楽しみですが、
その技術はもうちょっと後ですかね〜。
12.9インチでもうちょっと元を取りたいか?

いずれにせよ、もう1ヶ月もしないうちに
ネットは新型の情報で溢れることでしょう。

スマホの画面が大きくなって・・・と
なんだかんだいっても
ペーパーレスにはiPadくらいのサイズがないと厳しいんです。
とくにヺヂサンには(^^;)

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索