« 大好きな柴犬 ※昨日の補足 | メイン | そうかフェアレディZなのね リーフ・エアロスタイル »

2017年1月 8日 (日)

次期リーフ CES2017 ホントに60kWhのバッテリー?

クルマと情報通信技術・・・CES2017で盛り上がっていますね。
nissanはDeNAやマイクロソフトと組むとアナウンスされました。

国沢師匠も記事にされているように
クルマ業界のIT VS アップルやAndroid陣営の様相です。
こちら

自動車産業vs携帯産業のバトルが面白くなる!(5日)

僕たちは次期リーフに関してとっても気になっています。

ネット上には
あのIDSコンセプトや
自動運転技術が進化し、
スタイルをブラッシュアップさせたリーフの写真などが
アップされています。

こちらのcarwatchさんの記事

日産 ゴーンCEO、「CES 2017」基調講演でNASAの技術をベースに開発した自動運転車管理技術「シームレス・オートノマス・モビリティ」概要公開


リーフにはプロパイロットが搭載!
ってゴーンさん。
このあたりは予想通りですよね。

ところが、考えてみると・・・
新型バッテリーの搭載や
それにともなう走行可能距離の大幅アップについては
あまり語られていません。
CESだからなのかもしれませんが、
プロパイロットに走行可能距離の大幅アップが
アナウンスされると完璧なのにな・・・。

同じような懸念の記事がAutoBlogGreenさんに!

こちら



そうなんですよね。

先日のテスラとパナソニックのバッテリー工場についてのNewsでは
大幅なコストダウンを可能にしたと。

リーフに60とか50とかのバッテリーが積めるのか
もしかしたら、リーフ30の
30kWhからそんなに大きくならないかも知れません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34027244

次期リーフ CES2017 ホントに60kWhのバッテリー?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索