« アメリカ車にもっと門戸を開いてみたら? | メイン | 200マイル超え(EPA)のBOLT EV! »

2017年1月27日 (金)

池に石を投げ込む&160万PVの御礼

まずは、昨日、160万PVを越えました。

20170126_221550

たくさんの皆さんに見ていただいて、恐縮です。
頭を深々下げています。
ありがとうございます。
これからもボチボチと書いていくと思いますし、
もしかしたら、春に大きな仕事の変化があれば
週1ぐらいになっちゃうかもしれません。
そのときは、ご容赦ください。


さて、昨日の国沢師匠の記事に対して
それに呼応する記事を書きましたが、
ご意見をいただいています。
ありがとうございます。

ご指摘のように、さまざまな「非関税障壁」があります。
日本独特の交通文化もあって、
そう一概に言えないところもあるかと思います。

自分は国沢師匠は
あえて、これまでの「定説」だったことに
石を投下していらっしゃるんだなって
思っています。

それも、ドボンと一回だけではなくて、
矢継ぎ早に投下されています。
それはこれらの記事に対して
ちょっと大きめのハレーションがおきているから
余計にされていると思うんです。

議論、論議が巻き起こることを「よし」と
されています。

自分もそういった動きになるべきだと思っています。

そうでないと
このままでは、貿易に関して守っている
日本の農業さえもやり玉に挙がって、大変なことになると思います。
一番弱いところを叩かれて
再起不能になるよりも、
海外に工場を持ち、余力あるいは論点をすり替える?
いや、その矛先を変えることもできるであろう
自動車産業が盾となるということも考えねばなりません。

自国第一主義・・・
それを公然と国の姿としようとしている・・・
それも、あのアメリカがです。

いろんな議論が巻き起こることを自分も期待しています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/34032382

池に石を投げ込む&160万PVの御礼を参照しているブログ:

コメント

またまた書き込んでしまいました。
車をはじめとする工業製品に限ると「自由化済みだ!」と
言いたくなる半面、そうではない分野も思い当たり、複雑
な気分ですね。
ここ一週間の米国を見ていると、小松左京さんの小説
 「アメリカの壁」
を思い出してしまいました。舞台設定は違いますが、案
外根は共通かも?
ところで、私自身も3月末で晴れて65の定年退職デス。
44年間の惰性が一瞬で消えるわけでして、正直怖い
です。
老人年齢も75に引き上げられたわけですし、何処か
拾ってくれる所を探して再就職をめざすか? ウ~~ン

いつかはEVさん!
すみません。返信が遅れてですね。
m(_ _)m

この春、定年をお迎えになるのですね!
大先輩でいらっしゃいます。
そして、その勤め上げてこられたことに
敬意とお祝いを申し上げます。

惰性なんかではなく、
それは積み重ねであり、それは努力であり、
いつかはEVさんの人となりです。

自分も勤め上げたいと思っています。
なんとかあと少しですが、がんばります!
先輩!これからもよろしくお願い申し上げます!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索