« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

リーフ30 今日は乗るぞぉ〜!(^o^)

まず、コメントをいただいておりながら、
返信が遅れていますこと、大変申し訳ありません。
昨日、やっと仕事が一段落付いて、
今日は、来年を迎える準備をします!
本日、ぼちぼちとお返事を書きます!ご容赦くださいm(_ _)m

ということで、
今日はカミさんも年内の仕事が終わり、今日からお休み。
大晦日の買い物をするために、リーフ30のステアリングを握ります。

それでも、なんとなく、昨日の夜に
リーフ30を持ち出しまして、近所を走ってみました。
中1の息子を隣に乗せて・・・。

息子は開口一番
「シートがなんだか良いねぇ!」
「ん?ちょっと乗り心地は?」
「ブラックの内装になって、雰囲気が変わったねぇ」
「全体的に気に入ったよ!」
というものでした。

そう、ダンパー類は初期型の方が良いです。
でも、シートはこの最終型の方があんこの按配が良いですよね。

運転しているのはもちろん自分ですから、
D、ECO、Bとチェンジしながら走ってみました。
もちろん、暖房を効かせて!

リーフ30のエアロスタイルは
オーテックがVCM(Vehicle Control Module)を
専用チューニングしているので、
このクルマのオーナーさんはご存知のように
初期型のDドライブと同じか
それよりもキレのある走りをします。

走行中に切り替えると
ガツンと反応が変化して、
ステアリングを握っていて、顔がニンマリしてしまいます。

エアロなら、そうこなくちゃね。

バッテリーに余裕があるものだから、
ついついアクセルペダルを踏んじゃう・・・
なんだか初期型が納車された頃を思い出していました。

それはね、うれしいことなんです。
初期型はこういった冬の電費が下がる次期は
暖房を入れるのをためらい、
ドライブモードをDにすることは
めったになかったですもんね。

これは、年末年始の休日に
高速道路で移動してみようかな。
あの初期型では青息吐息で越えていた
九州自動車道の熊本県南部の
肥後トンネルを余裕で走破するのではと思っています。

さてさて、そろそろ明るくなるでしょうか?
今日は家庭のために、がんばるぞぉ!

そうそう、芸能人の岡村さんも交通事故を起こしちゃったみたい。
そうほうケガなくて良かった。
なんとなくみんな気ぜわしかったり、
帰省された方が慣れない街を走っておられます。

こんなとき、事故だけは避けたいものです。
皆さんもどうぞお気をつけください。

今年も大変お世話になりました。
どうか、良いお年をお迎えください!(^o^)/



2016年12月30日 (金)

コンテンツベースの教育を受けてきた私たち

ちょっと今日は趣向を変えて・・・
学校に行く子どもたちをもつ親としてのお話です。

今、文部科学省の中央教育審議会では
次の学習指導要領の改訂に向けて、答申をまとめています。

こちらから読むことができます。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)(中教審第197号)

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年から
2030年を目途にしている次期学習指導要領。

これにそってまずは義務教育段階から
スタートしていきます。

この次期学習指導要領のキーワードは
「資質・能力」です。
コンピテンシーって言われるものです。

これからの時代に必要な人間としての
資質・能力・・・
思いやりであるとか
他者を認めていくことであるとか
社会全体でさまざまな個性を認め合う
ソーシャルインクルージョンなどが挙げられます。

考えてみると現在そのような資質・能力は
子どもたちはいつ学んでいるのでしょう。

それは幼稚園や保育園の頃からですよね。
例えば、ご飯を食べること、掃除をすること、
規則正しい生活をすること、
仲間とけんかになったら、お互いにその原因を確かめ合って
納得し、謝り、認め合うことなどなど
そう、コンピテンシーベースの教育です。

ところが・・・
小学校からの学校教育では
これまで、主に「学習内容」を中心に学んできました。
つまり、コンテンツベースの教育が中心でしたよね。

それが、大学等を卒業すると社会に出て
そういった社会性や人間性が問われて
再びコンピテンシーベースの教育になっていくわけです。

そう、これまでの小学校からの学校教育では
コンピテンシーベースの教育は行われてきたものの
どちらかというとコンテンツベースの教育が主流だった。
それをコンピテンシーベースの教育も積極的に
取り入れながら、コンテンツベースの教育を
そこに生かしていこうというものでしょう。

文科省の資料をちょっと読み込んで
子どもたちが受けていく教育の流れを学びたいと思っています。
それは、人材育成の大切な学びだと思っています。

2016年12月29日 (木)

あなたのクルマは止まれるのか?

自動ブレーキつきのクルマへの関心はどうでしょう?
皆さんの周りではどうですか?
自分の職場はあまり関心が高くないんです。

自分のクルマを見て、
「高い車買っちゃって〜」って
言われて、
必ず、燃費の話になるんです。
スカイライン=ガソリン大食らい
というイメージがあるみたい。
「ハイブリッドで、リッター16㎞ぐらいは朝飯前!」
って話をすると、「ホ〜」。

いやいや
そうではなくて、
「このクルマはしっかり止まるんですよ!」
って話をすると「はぁ?」みたいな顔になる人がほとんど。

自分がV37スカイライン・ハイブリッドにした理由の一つは
自動ブレーキなどの運転支援システムの性能の高さです。

リーフ30にも自動ブレーキはついています。
これも買い換えの大きな理由の一つ。

ただし、V37スカイラインとリーフ30の
自動ブレーキ性能は随分異なります。
その性能差は大きく、
同じように考えていたら、大変なことになります。

ご自分のクルマの自動ブレーキ性能を
確かめるためには動画が一番。
自動車評論家さんもご自分のサイトでテスト動画を
上げておられますが、
V37スカイライン・ハイブリッドにしても
疑問符が付くようなテスト動画があって、信用できません。

今のところ、やはりJNCAPさんのテストが
長く丁寧に取り組まれてきたので、
一番、参考になると思います。

こちらが
JNCAPの予防安全性能アセスメントのサイト
です。

また、こちらのテストは
メーカーから持ち込まれたクルマが
新しくなり、性能がアップすると評価も当然変わっていきますので、
ときどき覗かれることをオススメします。

こちらのサイトを見ていて、
「自動ブレーキ」という言葉を流行らせたのは
日産自動車なのですが。
最近、自動ブレーキの動画があまり更新されません。
開発は進んでいるのでしょうが、
これでは、ライバルに比べて
劣りはじめたように感じられます。

「やっちゃわないと!nissan!」

2016年12月28日 (水)

海岸沿いを走ったら・・・

今日は御用納めの会社等が多いことと思います。
自分の勤め先も仕事納め。
でも、サービス関係の方で大忙しの方もいらっしゃることでしょう。
私たちはとてもありがたく思っております。
どうかお身体をご自愛なさってくださいね。

さて、昨日、仕事で海岸沿いの道を走りました。
折からの西風に白波が・・・

Fullsizerender_6
こんな感じになっていました。

ですから、消波ブロックに砕ける波が
飛沫となってクルマにかかります。

堤防沿いには水たまりができていますが、
これが超ー危険。
朝から雨が降っていたとはいえ、ほとんどが「塩水」だからです。

だから、左端の水たまりは対向車との間隔を考え
速度を調整して、
スカイラインのタイヤがかからないように走りました。

帰ったら、
速攻でいつものガソリンスタンドで洗車!!

特に重点的に行うのは
「タイヤハウス」と「下回り」です。

塩水って、クルマに大きく作用して、
この「タイヤハウス」「下回り」が一番キケンなんです。

中古車業者さんや
ディーラーが気にするのは海岸沿いを走っていたクルマ。
下回りの防錆処理をしていないクルマは
後から思わぬところから錆びていくからです。

皆さんも海岸沿いを走ったら
寒いけど面倒がらずに
入念な洗車をオススメします。

2016年12月27日 (火)

リーフ30 エアロスタイル ちょっと変化してます

リーフ30になって
変化したところを見つけました。

それはセンタートンネル。
初期型よりもセンタートンネルが高くなっていることに
気が付きました。
バッテリーパック及びその関連部品を
床下に収めるためなのでしょう。

それから、ドアを閉じたときの音が良くなっています。
重厚感のある音にチューニングしてあります。

自分の初期型なんか
バックドアを閉じるときの音って
「バシャン」という
なんとも安っぽい音でした。

しかし、リーフ30はバックドアでさえ
「ドン!」と良い音がするんです。

ま、いろいろと違いを見つけていきますね。

さてさて、自分ちのリーフ30は
白のエアロスタイルなんですが、
北海道のshinさんから
お仲間はみんな白のエアロスタイルとのこと!
shinさんも中期の白のエアロスタイル。

ま、白のエアロスタイルってカッコイイんです。

あのフロントは
リーフRCを彷彿とさせるものがありますよね。
その辺もナイス!

ブラックのエアロも良いですけどね。

今日からカミさんが通勤に使ってますが、
自分はまだそんなにステアリングを握っていないんです。

自分の仕事納めの後もカミさんは仕事。
ほんと年の瀬の30日ぐらいには
昼間にステアリングを握ることが出来るかも?ってな具合。

だから、28日の仕事納めのあと、
夜のドライブでもしてみようかと考えています。
もちろん安全運転で!

最後に
コメントの返事が遅れておりまして、すみませんm(_ _)m
仕事がさばけずにバタバタしております。
明日以降、お返事します!

2016年12月26日 (月)

リーフ30 納車されましたよ!

昨日、カミさん待望の
リーフ30が納車されました(^o^)/

今日、いろいろ写真を取りたかったのですが、
ちと忙しくて・・・
特徴的な部分だけ・・・

Img_2647_3タイヤはダンロップのエナセーブを履いています。
ブルーのアルミはなかなかですね。
内装は・・・

Img_6311_3ブラック。
引き締まって見えますね。
気に入ったのはシート。
クッションは厚めに感じますし、
改良されていますね。

じっくり見ていて、一番感慨深いのは
このモータールーム。

Img_0498_3

Img_0326_3
初期型と比べるとスッカラカン!

軽いって大切なポイントだし、
クラッシャブルゾーンにとっても
これだけ余裕があると良いですよね。

代車はガソリン車のノートだったのですが、
このリーフの世界を知っている者からすると
やっぱりガサガサした感じがありました。
音もうるさいと感じていました。
カミさんと同じ。

やっぱり、リーフの世界は良いです。
スムーズだし、上質だし。

せっかく納車されましたが、
明日から雨との天気予報。
それがちと残念だなぁ。

追伸
ネット上で、ときどき、
「納車しました」って記述を見かけます。
納車するのはセールスやディーラーであって
僕たちは納車されるんですよね。
ま、ヺヂサンは気になるのであります(^^;)

2016年12月25日 (日)

地元の雄 慶徳二郎先生と木村和也さん

昨日は地元の雄である
慶徳二郎先生と木村和也さんによる
RKKラジオの公開生放送に行ってきました。

Img_4782

このRKKアナウンサーである木村さんとは
かれこれ数年来のお付き合いをさせていただいていまして、
自分の仕事の上でもアドバイスをいただいたり、
奥様のアクセサリーのお世話になったりしています。

自分は朝から仕事をしていて、
お昼近くに何とか段取りをつけて、
本番直前に会場入りできました。

挨拶に顔を出すと
「間に合ったんですか!よかったぁ!」と
木村さん。
お二人に挨拶をすると本番がスタートしました。

そうでした・・・。
慶徳二郎先生のことを・・・。
慶徳 二郎(けいとく じろう)さん。
またの名を、いや本名か、山内 要(やまうち かなめ)と
おっしゃっていて、
熊本の誇るローカルタレントさんです。

若かりし頃は、NHKの爆笑オンエアバトルにも
「びゅんびゅん」という名前のコンビを組み、
けっこう活躍されていたんですよ。

詳しくはこちらのウィキペディアで・・・

山内 要さんは
熊本地震の際に消防団である自らの責任感から、
熊本市内の避難所の運営を昼夜を問わず対応されました。
益城町で復興のお手伝いをしていた自分にも
そのご活躍は伝わって、勇気をいただきました。
そのお礼も伝えてきました。

そんな山内さん・・・いや
慶徳二郎先生は
公開生放送において、
落語
そして、
新曲「あいつに会いに行こう!」を披露されました。
歌手でもある奥様がお作りになった歌で
さびの部分は良いフレーズですぐに覚えました(^o^)

Img_2708

CDの販売も!!もちろんですタイ!!!
1枚1000円!!
奥様の復興支援の曲も入っていて、全5曲入り!
「あいつに会いに行こう」のカラオケバージョンも入っているんですよ!

ほら!

Fullsizerender_5

あれ?3枚も買ったの?
そう、買ったんです。

丁度その時に
財布には札の最少額は5千円札。
千円札がなーい!
私の前に二人しかいなーい!

慶徳二郎先生にお釣りとなるのは二千円ですよね?って聴くと
にっこりわらって「そうでーす!」
「わかりました。3枚買いましょう!」

てなことで、慶徳二郎先生の貴重なCDを
私は3枚持っているわけでございます。

1時間の番組もあっという間に終わり、
今年の締めともなる笑いがよかった。

お二人ともお忙しいことと思いますが、
どうか身体にお気をつけになって、
熊本に元気をたくさんお願いします。
そして、個人的なおつきあいをこれからもね!(^o^)/

2016年12月24日 (土)

愛されるクルマづくり in USA

クリスマスです。
皆さんはどんな日にされますか?
自分はクリスマスケーキを作ります。
お仕事をされる方もいらっしゃるかと思います。
皆様のおかげで世の中がまわっていきます。
ありがとうございます。
そして、お世話になりますm(_ _)m

さて、長く愛されるクルマ・・・
これに関する記事がGIGAZINEさんから
新車購入から10年後もオーナーが手放さない「長年愛される自動車」ランキングが発表される

これを読んでみますと
日本車って改めて長く愛されるのだなって思います。
ユーザーフレンドリーで
壊れず信頼高く、
アフターサービスが良くつきあえる・・・
そんなイメージがすっかり定着しているのですね。

それから
あちらはF150やシルバラードといった
ピックアップやSUVには確固たる地位があることも
改めてわかります。

韓国勢が食い込んできていますが、
なかなかそうカンタンではないみたい。
でも、きちんと入っていることは間違いなく、
トランプさんの的にならないように
しっかりと現地の方々の雇用を確保していって欲しいと思います。

技術力を上げてきているChinaも
きっと大攻勢をかけてくると思いますが、
まず、この現地雇用ができるかどうかがカギでしょう。
それは、中国からの出稼ぎの保証であってはならず、
さらには、国としてのさまざまな情報などについても
「信頼」されることも必要でしょう。
それには、相当な時間がかかるかと思うのです。

考えてみると
クルマ馬鹿の自分は長く所有したクルマって
ないんですよね。

思い返しても・・・
5年以上乗ったクルマって
初代のリーフだけかもしれません。
もうちょっと乗りたかったけどな。
カミさんの
自動ブレーキつき!という課題には勝てませんでした。

そう、乗り換え、乗り換えしているパターン。
新車でも中古車でも構わないですけど。

そんな自分からすると10年以上乗り続けるという
「愛車」のニュースはとても興味深く読んでしまいます。

2016年12月23日 (金)

寄り添うこと!感性を高めて・・・被災された方々と歩む

東日本大震災で被害を受けた方達、
そう被災された皆さんのうち福島県、
原子力発電にかかる事故で非難された方達への
いじめや差別が浮かび上がっています。

子どもたちへのいじめから
大人に対しても同様の事例が明るみに出ています。

自分は憤りを覚えます。

熊本も地震によって被災された方が多くいらっしゃって
少しでも力になればと被災地に通った者として
この福島から「やむを得ず」逃れた方達も
同じように逆境に耐えて、がんばっていらっしゃると思い、
心から寄り添いたい。

想定外はなく、
いつ自分が同じような状況になるか
わかりません。

だからこそ、精一杯、寄り添いたいと思い、
自分は行動しています。

それは先日のルミナリエでも同じでした。

日本各地で地震は起こり、
そのたびに傷ついた方々がたくさんいらっしゃいます。

時は経っていきますが、
傷ついた心はそのままです。

だから、一人でも多くの人たちが
自らの感性を高め、
寄り添ってほしいと願います。

いつの時代も弱い者、
苦しい者の立場を理解しようとせず、
心ない言動をする方がいらっしゃいますが、
そんな人ばかりではありません。

原子力発電所の事故で非難されている皆さん!
感性を高め、寄り添い歩くことの大切さを
心に強く持つ人々はたくさんいらっしゃいます。
自分も、そして職場の仲間も。

皆さんと一緒に寄り添い、前へ歩みます。

2016年12月22日 (木)

「耳からうどん」 とってもうれしゅうございます!

チャラリーン♪
鼻からぎゅうにゅー・・・♩ 
じゃなくって!

「耳からうどん〜♪」

の、あの話題のアップルの製品。

そう!
あの air pods !
写真はアップルストアから

20161221_223106


いま、アップルストアで注文したら6週間待ち!

20161221_223124

なのです。

自分が注文したのは12月14日。
当時は4週間待て!という案内でした。
たしか、年明けの1月15日あたりだったと思います。

ところが

Mimikaraudon

昨日の夜にこのメールが!
自分へのクリスマスプレゼントになっちゃいました!
とってもうれしゅうございまーす!

自分はBOSEのクワイエットコンフォートの35という
Bluetoothのヘッドホンを持っているので、
聴き比べてみますね!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索